美星スペースガードセンター(宇宙デブリ及び地球近傍小惑星観測施設) お問合せ


デブリの観測

 地球の周りにはスペースデブリと呼ばれる「宇宙のゴミ」が沢山 存在しています。これらは、人類が打ち上げたロケットや人工衛星 の使われなくなったものやそれらの破片です。現在、そのような宇 宙ゴミのうち8000個ほどについては軌道が分かっています。実際には、発見するのが難しいより小さなゴミが非常に多数地球の周りを 回っています。このようなスペースデブリは非常に高速で運動しているために、宇宙ステーションや人工衛星にとっては、その衝突が 心配されています。

 美星スペースガードセンターでは、地球の周りの人工天体の光学 観測も行っています。主に、静止軌道にある人工天体の観測を行っ ていますが、低軌道のものについても観測を試みています。静止軌 道にある衛星を撮影する場合には、望遠鏡を固定して撮影します。 また、低軌道の人工天体の場合には移動速度が早いために撮影が 難しい場合もあるのですが、必要があれば人工天体の動きに合わせて望遠鏡を動かしながら撮影を行っています。



TOPへ戻る



LRE衛星 ロシア宇宙ステーション・ミール
H2Aで打ち上げられたLRE衛星。
[2001年9月4日撮影]
衛星を追尾撮影しているために、周りの星が流れている。
  ロシア宇宙ステーション・ミール。
[2001年1月30日撮影]
点線状になっているのはタイムマークを入れているため。
スペースデブリの分布様子   スペースデブリの分布
地球の周りのスペースデブリの分布様子。   「通信総合研究所提供」
スペースデブリの分布
[3Dアニメーション]
カメラ 画像をクリックすると
アニメーションをご覧になれます。(ご覧になるには、プレーヤをdownload
してください。)

Copyright(C) Bisei Spaceguard Center. All Rights Reserved.