自己紹介のページ

-会員の方々の投稿-
高間 厚 (東京都)




高間 厚(たかまあつし)さん

あすてろいど+あるこほる=?

 こんにちは。一応正会員の高間 厚と申します。みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。
 冒頭に一応、と書きましたが、「?」と思う方もいらっしゃるのではと思います。というのは、まだまだ知識も乏しく、アマチュアの「ア」の字にも遠く及ばないような、それはそれは遥か彼方に煌く星の一瞬の輝きをたまたま見ちゃった、ぐらいの人(=私)が、何だか偉そうなことを言ってるぞ!みたいなもので、正会員というのはなんだかおこがましい気持ちがするからなのです。
 では、そんなド素人な私が、なぜ日本スペースガード協会の正会員になっているのか?というと、答えは超簡単!事務局の浜村さんとお知り合い、だからなのです。なーんだ。浜村さんが今の仕事(JSGA)に就く前に勤務されていたプラネタリウム(東京S区)に、私もたまたま事務職員でいたので、まあ職種は違うけど同僚だったわけです。
 「あすてろいど」によりますと、浜村さんは昨年4月からJSGAにお勤めですが、私も昨年4月に人事異動でその職場からは離れてしまいました。その時点で離れ離れになってもおかしくはないのでしょうが、そのほかのOBや現役の方々と日本酒ペースガード協会(どこかで聞いたような?)を設立し、美しい星を眺め、語り、そして美味しいお酒を味わうという活動?を開始したのです。

 話は変わりますが、私はもともと理科は好きだったので、投映時の誘導整理やらワークシート配布やらとそれなりにお手伝いしてきました。ただ、小さい頃から天文分野は苦手で、オリオン、カシオペア、北斗七星くらいは分かるけど、くらいの知識しかありませんでした。そのプラネでは、小学生向けのカリキュラムとして星座早見を自作してプラネで使い方を学習する授業があり、苦手意識があった私も挑戦してみました。
 でき上がってみると使いたくなるのが人情というもの。それからというもの晴天と暇さえあれば、自宅近くで星空を観望してみました。分かるというのは面白いもので、何だか星座や星の名前がスイスイと頭に入ってきます。でも、道路とかで見てたから傍から見たらただの変な人だったかも?
 以前なら見つけられなかった星を見つけられるようになったことや、百武彗星やヘール・ボップ彗星などもばっちり見られたのは、とても大きな収穫でした。

 職場を異動してからは、なぜかOBであるこほるの調査・研究をする機会が増え、そんな集まりの中で浜村さんから「あすてろいど発送の手伝いもできますよ。会員になりませんか?」という天使のような囁きが私をこの協会へと引きずりこみました。以来、本屋で協会の出版物を見付ければつい買ってしまい、分からないながらもじっくり読んでみています。もっとたくさんの事を知りたいと思っていますが、そろそろ脳ミソの記憶容量も限界で、歯痒い思いです。でも、面白いなと思うことに色々と興味を持って少しづつでも知識を増やしていければいいなあ、と思っています。また、2回目となったJSGAのツアーでマダガスカルで初めて皆既日食も見られて、とても感激しました。
 「あすてろいど」も私には難しい内容が多いのですが、何度も読み返して少しずつ理解していきたいなあ。