最近のニュースから

小惑星衝突を自動監視システム(SENTRY)稼動の話題-1
祖父江 博臣



 最近地球近傍を度々小惑星が通過するニュースが報じられています。こういう状況で2002年3月12日、NASAは“小惑星衝突を自動監視システム(SENTRY)”が稼動したことを公表し、その概略を電子メールにて配信しております。このニュースはこの概要を纏めたものです。このシステムには4月4日現在、37個のNEAが登録され、その詳細を( http://neo.jpl.nasa.gov/risk/)で参照出来ます。
1.概要
 (1)タイトル:SENTRY-An Automatic Near-Earth Asteroid Collision Monitoring System(SENTRY)-自動地球近傍小惑星衝突監視システム。)
 (2) 著者:ドナルド、ヨーマンス(Donald Yeomans)、Manager、NASA Near-Earth Object Program Office
 (3) 配信元&配信日:NASA&2002年3月13日

表1:現在の衝撃リスト:37個のNEAが登録(2002年4月15日現在)
小惑星名称 対象期間 衝撃
可能数
衝撃
確率(cum.)
衝突
速度(km/s)
絶対
光度(mag)
推定
直径(km)
パラモ
スケール(cum.)
パラモ
スケール(max.)
トリノ
スケール(max.)
2002 CU11 2049-2049 1 1.3e-05 26.40 18.3 0.730 -1.28 -1.28 1
1994 WR12 2054-2101 132 8.4e-05 9.85 22.2 0.129 -2.95 -3.80 0
1979 XB 2056-2101 3 3.3e-07 24.54 18.5 0.685 -3.07 -3.15 0
2000 SG344 2068-2101 69 1.8e-03 1.37 24.8 0.040 -3.07 -3.43 0
2002 EZ11 2066-2087 2 2.1e-07 27.41 18.2 0.780 -3.14 -3.26 0
2000 QS7 2053-2053 2 1.3e-06 12.32 19.6 0.420 -3.28 -3.46 0
1994 UG 2025-2102 85 7.3e-06 6.31 21.3 0.187 -3.37 -3.51 0
1994 GK 2051-2071 7 6.1e-05 14.87 24.2 0.050 -3.83 -3.84 0
2000 SB45 2074-2101 83 1.5e-04 7.54 24.3 0.050 -3.86 -4.28 0
2001 CA21 2020-2073 4 1.7e-08 30.66 18.5 0.678 -3.89 -4.10 0
1998 OX4 2038-2101 15 2.6e-06 12.16 21.3 0.184 -3.90 -4.47 0
1998 HJ3 2100-2100 2 7.2e-08 24.23 18.4 0.700 -3.94 -4.16 0
2002 EY2 2021-2076 3 6.5e-08 15.84 19.4 0.440 -4.04 -4.06 0
2002 GO5 2077-2078 2 1.9e-08 27.78 17.9 0.872 -4.08 -4.19 0
2001 FB90 2021-2067 3 3.2e-08 26.60 19.9 0.362 -4.37 -4.45 0
2001 BB16 2084-2100 4 5.4e-06 3.57 22.6 0.100 -4.57 -4.70 0
2001 GP2 2043-2099 32 1.0e-04 2.58 26.9 0.010 -5.26 -5.71 0
1996 TC1 2054-2075 4 9.4e-07 24.04 23.9 0.060 -5.28 -5.52 0
1995 CS 2042-2073 6 3.7e-06 24.91 25.5 0.030 -5.34 -5.70 0
1994 GV 2048-2086 23 9.2e-05 8.15 27.5 0.010 -5.40 -5.99 0
2001 AV43 2066-2094 7 4.2e-06 3.68 24.3 0.050 -5.42 -5.77 0
6344 P-L 2022-2052 2 2.8e-08 15.34 21.1 0.207 -5.44 -5.67 0
2001 QJ96 2032-2032 1 2.9e-08 26.69 22.0 0.130 -5.49 -5.49 0
2000 LG6 2075-2101 20 8.6e-04 2.10 29.0 0.010 -5.49 -5.91 0
2001 BA16 2033-2051 4 5.3e-06 4.90 25.8 0.020 -5.77 -5.80 0
1999 RZ31 2056-2056 1 4.5e-07 8.20 23.8 0.060 -5.92 -5.92 0
1999 SF10 2080-2100 3 1.0e-06 4.76 24.0 0.050 -5.98 -6.23 0
2001 SB170 2089-2096 3 5.3e-08 22.49 22.4 0.110 -6.00 -6.28 0
1997 TC25 2046-2090 5 7.7e-07 12.49 24.7 0.040 -6.13 -6.33 0
1997 UA11 2053-2073 2 5.1e-07 12.02 25.1 0.030 -6.34 -6.36 0
2002 CB19 2049-2049 1 5.7e-08 15.73 24.8 0.040 -6.99 -6.99 0
2001 UO 2020-2020 1 5.4e-09 16.28 24.1 0.050 -7.28 -7.28 0
1991 BA 2014-2096 11 8.7e-07 18.03 28.7 0.010 -7.48 -7.97 0
2000 SZ162 2070-2096 3 5.3e-07 4.18 27.1 0.010 -7.67 -8.01 0
2001 YN2 2020-2020 1 3.2e-09 18.49 24.9 0.030 -7.85 -7.85 0
2002 AN129 2080-2080 1 6.9e-08 11.35 26.1 0.020 -7.88 -7.88 0
1998 WD31 2080-2080 1 4.2e-10 10.60 22.5 0.110 -8.39 -8.39 0


小惑星名称:小惑星の公認番号か仮名称。MPCで管理。
対象期間:衝撃が検出された対象期間、典型的に数百年間。
衝撃可能数:検出され明確に区分可能な潜在的な衝撃可能数。
衝撃確率(cum.):検出された全ての潜在的な衝撃の衝撃確率の合計。
衝突速度:地球との相対的な速度。
絶対光度:観測者から1天文単位(1 AU)離れた小惑星の光度。
推定直径:アルベドをpV = 0.154と仮定したときの直径の推定値。実際の直径は2倍ほど異なる可能性がある。
パラモ(Palermo)スケール (cum.) & (max.):パラモ技術衝撃危機スケール(Palermo Technical Impact Hazard Scale)で格付けされた累積及び最大の危機度合。
トリノ(Torino)スケール(max.):トリノ衝撃危機スケール(Torino Impact Hazard Scale)で格付けされた最大危機度合。

<つづき⇒>

あすてろいど38号Topへ