天の川の秘密(第3回)

奥志 伝足(Occi Dental)作/挿絵:JONA
(正確にはみっちゃん 口承/奥志 伝足 口伝)



ピリカ、聞こえる? 何処かで誰かが歌ってる、、、、

 星の流れに 身を占って
  ♭どこをねぐらの 今日の宿
    荒む心でいるのじゃないが、
泣けて涙も涸れ果てた、 、 、

みっちゃんには よく意味分かんないけど、
星達が泣いている感じがするよ、
星達の元気が融けて、人間の心の中に沁みこんで来る
おじいちゃんが、そんな話をしてたよ、
ホントは、
星たちは静かに心を送っているだけなんだけど、
地球のこころと、
バラバラになった人間のこころと、合わさると、
バラバラになった人間のこころは弱いから、
一緒になろうとしても、うまく繋がらない、
地球のこころから漏れちゃうんだよ。
だから、人間はバラバラになっちゃいけないんだよ。

みんなのこころが溶け合えば世界中、
宇宙全部のこころが一つになるのに、
73KB
なんで、みんな、バラバラになろうとするんだろう?
こうして、ピリカとくっついているのが一番気持ちが良いのにぃ、
星たちは時々怒って爆発したり、唾を吐いたり、
真っ青になったりするけども、
それは、みんなとお〜い、昔の話なんだよ。
今は、だんだん静かに仲良しになってきたし、
みんな元気いっぱいなんだよ。
だって、雲がお家に帰って、空に雲が居ない時に空を見ると、
ぜ〜〜〜んぶの、星がいつも出て来てるだろ?
星たちには休みが無くても元気、元気、だよ。

でも、
人間は星達から貰った元気を貯めておいて
そんな時に、元気で悲しみを熔かすんだ、
溶けた悲しみは、光になって心の中で光りだす、
光になったら、もう、誰にも止められない、
光と光はぶつからない、こころだから、
宇宙全体に、どこまでもどこまでも、滑ってゆく
その光を星達が見てるから、星は何でも分かる、

その光を集めて、天の川に流すと
元気が宇宙全体に広がっていく、人間の心が
宇宙全体に、ゆっくり、ゆっくり、と広がっていく、
悲しい心を宇宙に広げちゃいけないから
元気を沢山、沢山、溜めておかなくちゃいけないよ。

悲しみは人間の心の中にしか無いから、
さっきの歌は、人間が作ったんだから、人間のせいだよ。
毎日、毎日、星たちが送ってくる元気を
心の中の、おっきなダムに、たくさん溜めるんだ。
人間の心は いくらでも大きくすることが出来るんだよ
宇宙全体の元気を入れておくことも出来るし、
それを全部、いっぺんに、みんなにあげることも出来る
だって、それは、こころから、 、 、 、

ピリカも悲しい時があるよねぇ?
時々、そんな顔してるよ、でも、
それは、みっちゃんにしか 分からないんだよ。
だって、おかぁさんや、おとうさんは、
ピリカのこころの中に入れないから、ね。

みんなのこころの中に入ると、
ほかのこころとの自分のこころの区別が付かなくなるから、
とっても気持ちがいいんだ、そして、
今の、みっちゃんと、ピリカのように、
みんなで空間に浮かんでいるような気分になるんだ。
これは、
おかぁさんや、みんなに教えてあげなくちゃ、
でも、ね、
こういうことって、朝になると、みんな忘れちゃうんだよねぇ、、、


55KB ほら!
周りは星ばっかり、星だらけになってきたよ。
すごい、すごい、だんだん側に寄ってきて、
ウハッ!
ぶつかりそうぅ〜〜
体にぶつかっても痛くないよ、
体をすり抜けて行く星も居るよ、
すごく気持ちがいい、
うわぁ〜〜〜、段々集まって来て、
こころの中にも入ってくるよ、
こころの中が星で一杯になりそう、 、
すごく元気になってきた気分だよ。

天の川よりも体が大きくなってきたよ。
ピリカ! 見て、パクも泳いで追いかけて来たよ。
楽しそうに〜〜〜〜
だめだなぁ、
ピリカは、
目を細くして、眠そうなんだもん。
だめだよ!
目を開けていないと、流されちゃうよ。
この流れは、どこへ行くのだろう?
                (つづく)

 あすてろいど38号Topへ