美星スペースガードセンター  小中学生が発見した小惑星に番号登録
       
小中学生が発見した小惑星に325749番の番号登録 日本スペースガード協会(理事長:高橋典嗣)が2009年に開催した科学体験活動「スペースガード探偵団」 に参加した金高佑斗君(当時井原市立美星小5年生、現在市立美星中学2年生)と茂木遥平君(当時麻布中学2年生、 現在高校2年生)が発見した小惑星 2009 WC53 が小惑星番号 325749番として正式に登録されたことが国際天文 学連合(IAU、本部パリ)により2012年4月6日付け小惑星回報(M.P.C.79055)で公式発表されました。  小惑星は発見者あるいは、発見に最も貢献した観測者がその名前を提案できる天体です。彼らは、この小惑 星の名付け親になる命名提案権を有しています。 この小惑星は、2012年4月24日現在、宵の南東の空、おとめ座にあり、20.3等で輝いています。地球から約3 億km、太陽から4億5千万km離れたところにあり、太陽の周り(火星と木星の間)を約5年3ヶ月で公転しています。 直径は、2.2kmと推定されています。 「スペースガード探偵団」は、日本スペースガード協会が毎年開催している小・中・高校生を対象とした科学 体験活動で2003年から開催しています。新天体発見という体験や科学に貢献できたことを実感し、参加者の科 学・理科への興味関心を高めることを狙いとしています。   2009年11月22日(日)〜23日(月)美星スペースガードセンター(岡山県井原市美星町)で実施した「スペー  スガード探偵団」には、小学生(7名)、中学生(4名)、高校生(3名)の14名が参加し小惑星の観測・検出に挑戦  しました。夜半前は曇っていたものの午前1時頃からは晴れ始め、口径1m望遠鏡を使用し小惑星の撮影・撮影  画像からの検出を行いました。中には眠い目をこすりながらがんばった参加者もいました。結果は、NEA(地球  近傍小惑星)こそ発見できませんでしたが、9個の新小惑星を発見し国際天文学連合小惑星センターにより仮符  号が付きました。 小惑星325749番の軌道要素 元    期(Epoch):2012年3月14.0日 TT = JDT2456000.5 平均近点離角(M)  :277.41605 近日点引数 (Peri.):217.94227   (単位°:2000.0分点) 昇交点黄経 (Node) : 79.06352 軌道傾斜角 (Incl.): 10.61592 日々運動量 (n)° : 0.18731561 離心率   (e)  : 0.1447681 軌道長半径 (a)AU : 3.025195   (天文単位) 周期    (P)年 : 5.26 絶対実視等級(H)  : 16.0 スロープ  パラメータ(G)  : 0.15    

小惑星325749番の画像

2009年11月22日14時59分(世界時)撮影 口径1.0-m望遠鏡+CCD 露出時間240秒


小惑星325749番の2012年4月10日の位置関係

軌道図は太陽系を北から見た図です。各惑星、小惑星ともに反時計回りに公転します。


2009年11月22日〜23日開催のスペースガード探偵団の様子

1m望遠鏡の説明


1m望遠鏡のドーム内で


小惑星検出ソフトの解説


1m望遠鏡の操作説明


集合写真


参加者が新発見した小惑星

番号 仮符号 パーソナル符号 発見者
1 2009 WX52 TMS001 橘、西山、竹本
2 2009 WV52 TMS002 橘、西山、竹本
3 2009 WY52 TMS003 橘、西山、竹本
4 2009 WW52 TMS004 橘、西山、竹本
5 2009 WU52 WS001 渡辺姉妹
6 2009 WZ52 AAS001 田中、高橋、森下
7 2009 WA53 AAS002 田中、高橋、森下
8 2009 WB53 a0418 渡辺、新井、茂木(真)
9 2009 WC53 pe002 茂木、金高

HOME