美星スペースガードセンター  小惑星「Ebina」誕生
       
小惑星「Ebina」誕生 日本スペースガード協会(理事長:高橋典嗣)は、岡山県井原市美星町にある美星スペースガードセンター で2000年8月27日に発見した小惑星 36472番に海老名の名称を付けることを国際天文学連合小惑星センター(米 国、スミソニアン天文台)に提案していましたが、小天体命名委員会の審査を経て、国際天文学連合(IAU、本部 仏国、パリ)により2011年12月10日付け小惑星回報(M.P.C.77507)で公式発表され、小惑星「Ebina」が誕生しま した。  海老名は神奈川県に中央部に位置する市の名称で「星の学校」や当協会が主催した「スペースガード探偵団」 開催など天文教育活動に熱心です。  この小惑星は、2011年12月23日現在、ふたご座にあり、18.7等の明るさで輝いています。地球から約2億3千 万km、太陽から約3億7千万kmの離れたところにあり、太陽の周り(火星と木星の間)を約3年5ヶ月で公転してい ます。直径は約3.1kmです。 小惑星回報に掲載された命名文 (36472) Ebina = 2000 QQ26 Discovered 2000 Aug. 27 by BATTeRS at Bisei Spaceguard Center. Ebina is a town in central Kanagawa Prefecture. In the city, activities such as “Star School” and “Spaceguard Tanteidan” have contributed to the promotion of astronomical education.     小惑星「Ebina」の軌道要素 元    期(Epoch):2012年3月14.0TT JDT2456000.5 平均近点離角(M)  :131.19375 近日点引数 (Peri.):265.38883   (単位°:2000.0分点) 昇交点黄経 (Node) : 75.78660 軌道傾斜角 (Incl.): 4.61046 日々運動量 (n)° : 0.28614208 離心率   (e)  : 0.1683416 軌道長半径 (a)AU : 2.2807704   (天文単位) 周期    (P)年 : 3.44 絶対実視等級(H)  : 15.2 スロープ  パラメータ(G)  : 0.15    

小惑星 (36472) Ebina の画像

2011年11月20日15時18分(世界時)撮影 口径1m望遠鏡 露出時間2分


小惑星 (36472) Ebina の12月23日の位置関係

軌道図は太陽系を北から見た図です。各惑星、小惑星ともに反時計回りに公転します。


HOME