日本スペースガード協会 公開講演会

       宇宙環境問題への取り組み


日本スペースガード協会では、スペースデブリによる人工衛星の衝突問題、3月のロシアの MIRの落下に関する問題、さらに地球近傍小惑星(NEA)の衝突問題を考えるための公開講演会 を下記のように行います。多くの方が聴講していただけますよう、お願い申し上げます。                 プログラム 1.主催者挨拶    人間活動の生み出した環境問題について  吉川 真(日本スペースガード協会副理事長) 2.宇宙開発事業団のスペースデブリ問題への取り組み   古濱 洋治(宇宙開発事業団理事) 3.アメリカのスペースデブリの光学観測        John Africano(Boeing Cooperation) 4.日本のスペースデブリ・NEA観測     磯部 しゅう三(日本スペースガード協会理事長) 5.宇宙開発事業団挨拶                 齋藤 勝利(宇宙開発事業団理事)   日時 2001年10月21日(日)  午後1時30分〜4時30分   場所 東洋大学 白山キャンパス1号館1階 1102番教室(地図)        〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20        地下鉄 都営三田線 白山駅  徒歩5分            営団南北線 本駒込駅 徒歩5分   入場無料・事前申し込み不要   問い合わせ先  日本スペースガード協会             〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-3-14                    グローリア初穂武蔵境609             TEL&FAX 0422-30-7650(月・水・金)             e-mail  spacegd@cc.rim.or.jp   主催 日本スペースガード協会   共催 アメリカ航空宇宙局(NASA)、倉敷市、日本宇宙フォーラム   後援 文部科学省、環境省      岡山県、岡山県教育委員会、岡山市、岡山市教育委員会      倉敷市教育委員会、美星町、美星町教育委員会      国立天文台、宇宙科学研究所、航空宇宙技術研究所、宇宙開発事業団      日本天文学会、日本惑星科学会