[日本スペースガード協会]

「1997年 夏の講演会」のお知らせ

国際スペースガード財団を主催されているA.カルーシ教授及び、 キットピーク天文台においてスペースウオッチ計画を進められている T.ゲーレル教授をお迎えして、以下のような講演会を企画しました。 是非ご参加下さい。

人類は恐竜より賢いか −講演会のテーマ−

 6500万年前に恐竜は絶滅した。その原因となる説の中で小惑星・彗星 の地球衝突が有力である。次にいつそのような天体の衝突が起こるので あろうか。それは100万年に1回とも1億年に1回とも言われている。 人類にもそのような絶滅が待っているのであろうか。天文学はその可能性 を示し始めた。そのような不幸な事態は避けられないわけではない。 人類は恐竜より賢いはずであるから。

◆第1回講演会(大阪)

日時 1997年8月30日(土) 午後1時 〜 4時30分
場所 毎日新聞社オーバルホール
   大阪市北区梅田3−4−5
主催 毎日新聞社 日本スペースガード協会

プログラム

   挨  拶  国際スペースガード財団 A.Carusi 氏
   映像展示  ハイビジョン映像
   技術紹介  天体観測における情報通信最新技術(NTT予定)
   <お楽しみ抽選会>
   シンポジウム  宇宙の宝もの、地球に接近する小惑星
           −小惑星の地球衝突の可能性とスペースガード−
           衝突を繰り返して天体は形成された
           恐竜はなぜ絶滅したのか
           地球近傍小惑星の発見、監視、追跡の必要性
           衝突の災害予測
           地球外資源としての小惑星
           衝突予防の技術と資源開発技術
        出席 T.Gehrels  アリゾナ大
           磯部秀三  日本スペースガード協会会長 国立天文台
           輿石 肇  早稲田大学非常勤講師
        司会 毎日新聞編集委員

◆第2回講演会(名古屋)

日時 1997年8月31日(日) 午後2時 〜 5時
場所 名古屋市科学館
主催 日本スペースガード協会
後援 名古屋市科学館

プログラム

   1.Andrea Carusi(惑星科学研究所:イタリア)
       人類は恐竜より賢いか  −国際スペースガード財団の発足−
   2.Tom Gehrels(アリゾナ大)
       地球に近づく天体はこんなにある −スペースウオッチ望遠鏡の活躍−
   3.磯部秀三(国立天文台)
       安全とコストを考える
   4.質疑応答

◆第3回講演会(東京)

日時 1997年9月1日(月) 午後6時30分 〜 8時30分
場所 五島プラネタリウム
主催 日本スペースガード協会
後援 五島プラネタリウム、読売新聞社

プログラム

   ※第2回講演会(名古屋)と同じです。