JSGA - 目的 -


定款第3条より

JSGAロゴ

 太陽系はその誕生から現在に至る生成過程において、天体の衝突を絶えず繰り返しており、地球ももちろんその例外ではない。人類は幸いにも今までに大きな天体衝突現象をその歴史に留めてはいない。しかし小惑星や彗星のような小天体の衝突は近い将来においても起こり得る現象であり、しかもそれは地球上の生物に深刻な影響を及ぼし、多くの種の生存を危険にさらす可能性を持っている。
 本協会はそのような災害から地球環境を護ることを目標として、地球に衝突する可能性のある小惑星、彗星をはじめとする地球近傍小天体の発見と監視を行い、またこれらの天体に関する広範囲な研究の促進とその啓蒙普及を図っていく。このような活動は全地球的規模で進める必要がある。したがって本協会は常に国際的立場を堅持し、国際スペースガード財団(英文表記International Spaceguard Foundation、略称SGF)をはじめ、諸外国の目的を同じくする団体と連携をもって活動する。


NPO法人になるまでについて(1999年11月まで)

◇「国際スペースガード財団」について

  ※年次報告(1997年3月:英語)
  ※年次報告(1999年  :英語)


HOME