小惑星ニュース - JSGA Web News No.26 -
2006年のNEOの接近 Web News No.16にある AAA天体の中で2006年に地球に0.10 AU以内に接近するNEOは, 以下の表のとおり,32個の特異小惑星がある.なお,以下の表と情報は,天文年鑑2006 「今年,地球の接近するNEO」(p.230)による. 接近日(JST) 接近天体 惑星 接近距離 接近日(JST) 接近天体 惑星 接近距離 年 月 日 AU 年 月 日 AU 2005 12 28 2004 YG1 地球 0.065 2006 7 3 2004 XP14 地球 0.0030 2006 1 2 1997 YM9 地球 0.030 2006 7 13 2000 HB24 地球 0.054 2006 2 21 2005 CN61 地球 0.078 2006 7 29 (54509) 地球 0.077 2006 3 6 (23187) 地球 0.020 2006 8 30 2002 VZ91 地球 0.086 2006 3 19 1999 AO10 地球 0.091 2006 9 10 (85640) 地球 0.071 2006 3 22 2001 FO127 地球 0.029 2006 9 19 2004 SC56 地球 0.093 2006 4 9 2002 FU5 地球 0.092 2006 9 21 2004 FX31 地球 0.095 2006 4 12 2004 FG11 地球 0.051 2006 9 27 2002 TZ57 地球 0.046 2006 4 16 2004 WG1 地球 0.085 2006 10 3 2001 CB21 地球 0.048 2006 4 27 2001 SG276 地球 0.090 2006 10 22 2001 UP 地球 0.031 2006 4 31 2002 GK1 地球 0.100 2006 10 26 2002 JV15 地球 0.082 2006 5 14 2004 BF68 地球 0.099 2006 10 26 2000 UR16 地球 0.064 2006 5 17 2002 LX 地球 0.053 2006 11 22 2001 WV1 地球 0.037 2006 6 2 2004 VM24 地球 0.045 2006 11 30 2004 QD14 地球 0.062 2006 6 4 2004 DC 地球 0.026 2006 12 17 2003 SM215 地球 0.088 2006 6 11 2003 YN107 地球 0.022 2006 12 20 2004 XL14 地球 0.028 2006 6 29 2003 OS13 地球 0.089 2007 1 3 2001 YE4 地球 0.038  次の表には,今年,接近する小惑星の中で,移動速度の速いものや明るくなるものを 抜粋して掲げた.この表の接近の日付は,上の表にあるものでなく,観測条件の良い時 期や光度が明るくなる時期が選ばれている.このため,上の表に掲げられた接近日とは 必ずしも一致しない.また,日付,接近距離,移動量,光度,太陽からの離角,赤緯は, 接近前後の最大(最小)値であって,表に掲げられた日付のものではない. 表中,*がついたものの経路図が天文年鑑2006年(p.230〜231)の全天図の中にある. また,xのついた小惑星の軌道精度は低いことに注意. 接近 日々 最高 太陽 小惑星 接近日 接近距離 運動 光度 離角 赤緯 年 月 日 AU 。 等級 。 。 2004 YG1 2005 12 28 0.07 5.6 16 154 +3 1997 YM9 x2006 1 1 0.03 5.0 18 154 +48 2005 BM1 x2006 1 16 0.07 5.0 22 102 +34 (85804) 2006 1 30 0.39 1.3 15 138 -20 2005 CN61 2006 2 21 0.08 2.1 22 113 +4 2002 FB x2006 2 26 0.07 2.2 24 89 +7 (23187) 2006 3 6* 0.02 45.0 12 89 +11 (10115) 2006 3 10 0.11 4.3 15 89 +11 2003 CQ20 2006 3 13 0.10 3.6 17 121 +16 1999 AO10 2006 3 19 0.09 2.0 22 78 -45 2001 FO127 2006 3 22 0.03 5.7 22 108 -17 2003 SA224 2006 3 26 0.20 1.3 14 155 -19 2003 BD44 2006 4 2 0.18 3.8 15 99 -18 2002 FU5 2006 4 9* 0.09 7.0 18 95 +30 2004 FG11 2006 4 12* 0.05 15.7 17 81 +49 2004 WG1 2006 4 16* 0.09 6.7 14 97 +26 2001 SG276 2006 4 26* 0.09 5.4 13 155 -32 2002 GK1 x2006 5 1 0.10 4.0 21 64 -9 (5731) 2006 5 4 0.21 2.8 15 119 -48 (68950) 2006 5 13 0.13 3.7 14 119 -7 2004 BF68 2006 5 14 0.10 2.9 21 34 +33 2002 LX 2006 5 17* 0.05 8.6 18 67 +37 2004 VM24 2006 6 3* 0.05 10.3 22 90 +25 2004 DC 2006 6 4* 0.03 15.6 14 67 +8 2003 YN107 2006 6 11 0.02 3.4 29 20 +5 (1566) 2006 6 27* 0.30 4.2 17 60 +20 2003 OS13 2006 6 29* 0.09 11.5 15 96 +77 2004 XP14 2006 7 3* 0.003 102.3 11 94 +63 2000 HB24 2006 7 12* 0.05 7.2 20 74 -27 (54509) 2006 7 29 0.08 4.0 20 84 -3 (3103) 2006 8 4* 0.13 4.0 13 115 -15 (11405) 2006 8 12* 0.15 3.0 12 161 -9 (2100) 2006 8 23* 0.21 2.4 15 104 +16 2002 VZ91 2006 8 30 0.09 3.3 23 102 -23 (4450) 2006 9 9* 0.15 5.1 15 105 -4 (85640) 2006 9 10* 0.07 6.1 18 97 +75 1993 HD x2006 9 12 0.05 14.5 19 77 +41 2001 SP263x2006 9 17 0.08 4.7 22 107 +21 (1981) 2006 9 18 0.36 1.9 15 122 +44 2004 SC56 2006 9 19 0.09 2.9 19 148 +16 (4257) 2006 9 21 0.30 2.5 15 148 -30 2004 FX31 2006 9 21* 0.10 6.2 14 123 -45 1998 UO1 2006 9 24* 0.13 6.5 14 124 +55 2002 TZ57 2006 9 27* 0.05 7.8 19 134 -43 2001 CB21 2006 10 3* 0.05 8.5 15 111 +26 2001 UP 2006 10 22* 0.03 9.5 21 77 +35 2002 JV15 2006 10 26 0.08 5.3 17 69 -9 2000 UR16 2006 10 26* 0.06 8.4 21 79 -37 (85713) 2006 11 13 0.22 3.6 15 97 +33 2001 WV1 2006 11 22* 0.04 11.7 18 91 -10 2004 QD14 2006 11 29* 0.06 6.4 18 75 -5 (1980) 2006 12 2* 0.36 1.2 13 161 +10 (5143) 2006 12 14 0.40 1.2 14 96 +21 2003 SM215 2006 12 18 0.09 4.1 25 95 +65 2004 XL14 2006 12 19* 0.03 15.8 14 162 +41 2001 YE4 2007 1 3* 0.04 10.1 16 102 +72  今年に接近するNEOの中で,注目すべき接近は,次のとおり. (1). 3月6日頃に(23187) 2000 PN9が地球に0.021 AUまで接近し,12等まで明るくなり, 日々運動45゚の超高速で空を移動する. (2). 6月4日頃に2004 DCが地球に0.026 AUまで接近し,14等級まで明るくなり,日々運 動 15゚.6で空を移動する.なお,この小惑星は追跡観測が行なわれ,軌道が改良さ れている. (3). 7月3日頃に2004 XP14が地球に0.0034 AUまで接近し,11等級まで明るくなり,日 々運動 102゚の超高速で空を移動する.この速度は,今年,地球に接近する小惑星 ではもっとも速い.なお,この小惑星は,2005年7月まで追跡され,軌道が良く決 まっているので,接近日の7月3日と4日の1時間ごとの我が国(美星)からの観測 可能時刻における位置予報を下の表に示した.この位置予報は,我が国全域で使用 できる.なお,7月2日は観測できない. 2004 XP15の位置予報(時刻はUT) 日心 日々運動 地平 Date 2006 UT α (2000) δ 地心距離 距離R 光度 移動量 方向 高度 Mo. D. h h m s 。 , " AU AU V , 。 。 7 3 11 23 01 22.5 +70 22 10 0.00398 1.016 11.1 5896.8/293.2 +21.9 7 3 12 22 13 20.5 +71 36 33 0.00427 1.016 11.1 5158.5/281.8 +30.0 7 3 13 21 27 39.3 +72 00 35 0.00458 1.016 11.2 4521.5/270.8 +38.1 7 3 14 20 47 16.6 +71 47 25 0.00491 1.016 11.3 3975.9/260.9 +45.6 7 3 15 20 13 23.2 +71 09 46 0.00525 1.016 11.3 3505.0/252.5 +51.3 7 3 16 19 45 47.4 +70 17 50 0.00561 1.016 11.4 3097.0/245.4 +54.2 7 3 17 19 23 36.6 +69 18 50 0.00597 1.016 11.5 2743.8/239.6 +53.6 7 3 18 19 05 49.1 +68 17 27 0.00634 1.017 11.6 2434.7/234.8 +49.8 7 3 19 18 51 30.1 +67 16 35 0.00672 1.017 11.6 2163.3/230.8 +44.0 7 3 20 18 39 54.5 +66 18 00 0.00710 1.017 11.7 1925.9/227.5 +37.1 . . . . . . . 7 4 11 17 37 45.0 +58 04 42 0.01307 1.018 12.8 576.1/221.5 +52.8 7 4 12 17 35 45.6 +57 46 40 0.01348 1.019 12.8 554.9/220.9 +60.1 7 4 13 17 33 53.0 +57 29 08 0.01388 1.019 12.9 533.8/219.9 +65.5 7 4 14 17 32 07.6 +57 12 02 0.01429 1.019 12.9 512.6/218.7 +67.2 7 4 15 17 30 29.8 +56 55 19 0.01470 1.019 13.0 490.4/217.2 +64.4 7 4 16 17 28 59.9 +56 39 00 0.01511 1.019 13.1 467.2/215.5 +58.2 7 4 17 17 27 38.1 +56 23 08 0.01553 1.019 13.1 443.3/213.8 +50.4 7 4 18 17 26 24.4 +56 07 45 0.01594 1.019 13.2 418.5/211.9 +41.9 7 4 19 17 25 18.7 +55 52 56 0.01636 1.019 13.2 393.2/210.1 +33.4 7 4 20 17 24 20.4 +55 38 45 0.01677 1.020 13.3 367.9/208.4 +25.2  良く知られた番号登録小惑星では,6月27日頃にアポロ型小惑星(1566) イカルスが地 球に0.297 AUまで接近し,17等級まで明るくなり,日々運動4゚.2で空を移動する.イカ ルスは,5月21日に近日点を通る.8月1日頃にアポロ型小惑星(11405) 1999 CV3が地球に 0.154 AUまで接近し,12等級まで明るくなり,日々運動3゚.0で空を移動する.8月6日頃 にアポロ型小惑星(3103)イガーが地球に0.128 AUまで接近し,13等級まで明るくなり, 日々運動4゚.1で空を移動する.8月8日頃にアテン型小惑星(2100) ラシャロムが地球に 0.214 AUまで接近し,15等級まで明るくなり,日々運動2゚.4で空を移動する.ラシャロ ムは,5月22日に近日点を通る.9月9日頃にアポロ型小惑星(4450) パンが地球に0.146 AUまで接近し,16等級まで明るくなり,日々運動5゚.1で空を移動する. これらの接近小惑星については,接近日が近づけば,随時,その情報を配信する予定 である.  なお,年に何回か,「今,10等級の天体が空を移動中です」という発見報告を受ける. その場は「それは,人工衛星でしょう」で片付ける以外,ほとんど手段がないが,上の 表を見てもわかるとおり,軌道の知られた小惑星だけでも,13等級より明るくなって, 人工衛星並の速度で移動する小惑星が6個もある.今後,このような天体の捜索する手 段も重要となる. JSGA Web News No. 26 2005 Nov. 5 日本スペースガード協会 (c) Copyright JSGA 2005 中野 主一

Web News Index