小惑星ニュース - JSGA Web News No.55 -
特異小惑星 2005 SB216が彗星と判明 LONEOSサーベイから2005年9月30日にうお座を撮影した CCDフレーム上の次の位置に 発見された19等級の小惑星の1夜の観測が報告された.2005年11月下旬になって,この 小惑星は,10月3日のLINEARサーベイの1夜の観測群にその姿が見つかった.また, LINEARサーベイの10月30日の1夜の観測群中,さらにキットピークの9月23日に行なわ れていた1夜の観測群中にも,発見前の観測が見つかった.これらの観測から計算され た軌道は,軌道長半径がa= 7.19 AU,近日点距離q= 3.80 AU,離心率がe= 0.47と, 彗星型の軌道であった.その後,この小惑星には,11月に2夜の観測が見つかった. 12月7日と29日に,40-cm f/4.0 反射でこの小惑星を観測したイタリーのフォグリア ら(S. Foglia et al., Novara Veveri)は,天体は少し拡散状であることをみつけた. 彼は,バッジー(L. Buzzi, Varese)による60-cm反射での2006年2月4日の観測でも, 天体が拡散状であることを報告した. ハワイ大学の観測グループによるマウナケアの 2.2-m反射での2月7日の観測では, 天体は,ぼけており 4".4のコマの内部が東北東に 約2".7に伸びていることが確認され, この小惑星は彗星であることが判明した.なお,彼らは,その CCD全光度を19.2等と報 告している(IAUC 8668). 2005 UT α (2000) δ Mag. Sept.30.38046 00h 54m 39s.28 +14゚ 22' 54".3 19.1 次の軌道は,2005年9月23日から2006年2月7日までに行なわれた31個の観測から決 定したもの.平均残差は0".49.なお,彗星は,しばらくの間,太陽の近くを動き,観測 できない.再開は,今年秋頃となるだろう. T = 2007 Feb. 11.3907 TT Epoch = 2007 Mar. 1.0 TT ω = 83.5918 e = 0.463598 Ω = 1.6986 (2000.0) a = 7.117271 AU i = 24.0978 n゚= 0.05190794 q = 3.817716 AU P = 18.99 年 2006/ α (2000) δ △ r Daily Motion Elong. Phase m1 0h TT h m 。 , AU AU , 。 。 。 等 Feb. 14 00 54.54 +17 35.4 4.854 4.365 13.3/ 64 55.1 10.7 19.2 24 01 02.90 +18 33.8 4.945 4.338 14.3/ 63 47.5 9.7 19.3 Mar. 6 01 11.98 +19 37.0 5.022 4.312 15.2/ 63 40.2 8.5 19.3 16 01 21.68 +20 44.3 5.083 4.286 16.0/ 63 33.2 7.3 19.3 26 01 31.91 +21 55.1 5.129 4.261 16.6/ 63 26.7 6.0 19.3 Apr. 5 01 42.62 +23 08.6 5.157 4.236 17.0/ 63 20.7 4.8 19.3 15 01 53.73 +24 24.3 5.169 4.212 17.4/ 63 15.7 3.7 19.3 25 02 05.19 +25 41.7 5.164 4.188 17.6/ 63 12.7 3.0 19.2 May 5 02 16.95 +27 00.3 5.142 4.165 17.8/ 63 13.0 3.1 19.2 15 02 28.93 +28 19.6 5.103 4.143 17.8/ 63 16.2 3.9 19.2 25 02 41.10 +29 39.3 5.049 4.121 17.8/ 63 21.1 5.1 19.1 June 4 02 53.38 +30 59.1 4.980 4.099 17.6/ 62 26.7 6.4 19.1 14 03 05.72 +32 18.7 4.897 4.079 17.4/ 62 32.7 7.7 19.0 24 03 18.03 +33 38.1 4.800 4.059 17.1/ 62 38.8 9.0 19.0 July 4 03 30.23 +34 57.2 4.692 4.039 16.6/ 61 45.1 10.3 18.9 14 03 42.22 +36 15.9 4.573 4.021 16.0/ 60 51.6 11.4 18.8 24 03 53.87 +37 34.5 4.444 4.003 15.3/ 58 58.2 12.5 18.8 m1 = 11.0 + 5 log △ + 7.5 log r 軌道と残差: P/2005 SB216 (LONEOS) Epoch 2007 Mar. 1.0 TT = JDT 2454160.5 T 2007 Feb. 11.39070 TT Nakano q 3.8177164 (2000.0) P Q n 0.05190794 Peri. 83.59183 +0.08467208 -0.99633537 a 7.1172714 Node 1.69860 +0.67356494 +0.04828284 e 0.4635983 Incl. 24.09775 +0.73426216 +0.07060171 P 18.99 (+/- 0.45 day) From 31 observations 2005 Sept. 23-2006 Feb. 7, mean residual 0".49. Residuals in seconds of arc 2005/ 051003 704 0.5+ 0.9+ 051106 704 0.1- 0.2- 050923 691 0.4- 0.5- 051030 704 0.1+ 0.7+ 051106 704 0.6- 0.8- 050923 691 0.3+ 0.2- 051030 704 1.6+ 0.6+ 051106 704 0.5+ 1.7- 050923 691 0.4+ 0.1- 051030 704 0.8+ 0.6+ 051207 147 0.1+ 0.9- 050930 699 0.2- 0.8- 051030 704 0.0 0.2- 051229 147 1.0+ 0.3- 050930 699 0.3+ 1.0+ 051030 704 0.4- 0.4+ 2006/ 050930 699 0.3- 1.6+ 051102 704 0.1- 0.1- 060204 204 0.2+ 0.5- 050930 699 0.4+ 1.1- 051102 704 0.5- 0.2- 060204 204 0.4+ 0.6+ 051003 704 0.6+ 1.2+ 051102 704 1.3- 1.0+ 060207 568 0.0 0.0 051003 704 0.9- 0.8- 051102 704 0.1+ 0.1+ 060207 568 0.0 0.0 051003 704 0.8- 0.1- 051106 704 0.1- 0.9- 060207 568 0.0 0.0 JSGA Web News No. 55 2006 Feb. 15 日本スペースガード協会 (c) Copyright JSGA 2006 中野 主一

Web News Index