小惑星ニュース - JSGA Web News No.137 -
大火球 Fireballs on 2008 April 11, July 10, July 11 美星スペースガードセンターの橋本就安氏(Nariyasu Hashimoto, BSGC)から, 最近出現した次の3個の大火球の解析報告が届いた.火球1は,2008年4月11日21時 46分に出現した光度が-5等級の火球で,この火球は,徳島県藍住町にある人工天体落 下監視カメラと岡山県美星にあるBSGCのスカイモニター(http://www.spaceguard.or.jp/SKY_MONITOR/index.html) によって捕らえられた.火球2は,2008年7月10日00時53分に出現した爆発時の光度 が-9等級の大火球で,最近運用が始まったBSGCの落下天体監視カメラと香川県満濃公 園に設置された人工衛星落下監視カメラで捕らえられた.火球3は,2008年7月11日 23時39分に出現した光度が-6等の火球で,この火球はBSGCと満濃公園の監視カメラで 捕らえられた 橋本氏は,得られた天球上の飛行経路から,それぞれの火球について,経路上の 交点から求めた見かけ上の輻射点(R. P.)と対地経路と飛行速度を計算した. λ(出現点)φ 高度(Km) λ(消滅点)φ 高度(Km) α(R.P.)δ 平均速度 突入速度V∞ 。 , 。 , 。 , 。 , 。 。 火球1 132 42 +34 42 83 132 24 +35 00 36 186 0 11.5-Km/s 14.4-Km/s 火球2 134 12.2 +35 24.0 105.9 134 13.7 +35 46.2 77.6 298 -19 25.3 火球3 134 39.6 +34 54.8 89.2 134 21.4 +35 41.2 40.8 301 -23 20.4 25.0 OAA計算課では,それぞれの火球について,橋本氏から報告された観測データから 次の日心軌道を計算した.いずれの火球も,V∞が11-Km/s以下では解がなく,火球1は 28-Km/s以上,火球2は36-Km/s以上,火球3は37-Km/s以上では双曲線となる.OAA計算 課で求めた見かけ上の輻射点,真輻射点,対地速度Vと日心軌道は,次のとおり.いず れの火球も,アポロ型天体に属する軌道を運行していた.なお,火球2については,V∞ が求められていないので,これを28.0-Km/sと仮定した. 4/11の火球 7/10の火球 7/11の火球 α δ α δ α δ 輻射点= 189.03 -0.08 297.81 -18.59 300.56 -23.32 真輻射点= 193.82 -8.53 297.64 -21.17 301.59 -26.97 V = 9.14 25.69 22.39 Km/s T = 2008 June 10.07 2008 Aug. 24.85 2008 Aug. 30.99 TT ω = 78o.37 107o.76 108o.20 Ω = 201.89 287.68 289.54 (2000.0) i = 0.72 0.16 5.61 q = 0.8159 0.4314 0.4694 AU e = 0.3038 0.7895 0.6954 a = 1.1719 2.0488 1.5409 AU n゚= 0.77689 0.33610 0.51528 P = 1.27 2.93 1.91 年 なお,参考のために,4月11日の火球の衝突軌道を下に示す. JSGA Web News No. 137 2008 Sept. 10 日本スペースガード協会 (c) Copyright JSGA 2008 中野 主一

Web News Index