[日本スペースガード協会]

IMPACT Workshop(1999年6月1日〜4日) について


会員の祖父江様からの情報です。


*1999年6月9日受付

[日本語要約]

 IMPACT Workshop:1999年6月1日〜4日、イタリア・トリノ
 メモ作成者   :Jonathan Tate氏
 日本語訳    :祖父江氏

ジョナサン Tate (fr77@dial.pipex.com) から

「Hot DEBRIEF 」や「小惑星とすい星の衝突の脅威に対応するため国際的なモニタリングプログラム」のワークショップが1999年6月1日から4日 迄、TORINO で開催された。

このスポンサーはIAU、 ASI 、NASA、 ESA 、 Spaceguard 財団、 IACG 、惑星ソサエティ、 Alenia Aerospazio− Divisione Spazio 及び Provincia di Torinoであった。

この会議は "Beginning the Spaceguard Survey"というテーマで、1995年9月Vulcano (Italy)島で開催されたIAU WGNEO後援のワークショップのフォローアップであった。このワークショップの目的は脅威に対応するための統制の取れた努力の必要性を強調することと、効率的な国際的な協力体制の基礎を築くことにあった。

Tuirnワークショップには 多くのNEO 研究の分野で世界的な専門家、NASAの高官、IAUと他の後援団体から多数参加した。

ワークショップの目的は:

会議の構成は最初にカンファレンスで多くのトピックについて概略が解説される全員出席のセッションが開催された。これは参加者全員に最近の開発について、最新の情報を提供することにあった。概略説明の後に、カンファレンスは特定問題の討議、及びIAUに提出される推薦案の作成など4つのサブグループに分かれた。サブグループによって承認された推薦案は、そこで(Floor)承認するか、否かを全員参加のセッションで討議した。

サブグループ委員長によって「言葉 の細工:word Smithed」がなされて、最終案の同意がなされるまで、IAUに提出されるであろう推薦案を詳述することはまだ可能ではないが、其の会議でのなされた重要な陳述、討議、及び推薦案の一部をリストすることは可能である。

それで、以下に若干のbulletポイントを示すが、結果が発表されるやすぐに完全な報告書が発行されるはずである。

どうかこれが完全な報告からほど遠いことを知っていただきたい。しかしながらワークショップの味わいのいかばかりかを感じていただくことを希望する。


[原文]

Jay Tate
Spaceguard UK

Jonathan Tate氏による会議報告の原文

DEBRIEF ON TORINO IMPACT WORKSHOP
>From Jonathan TATE

A "HOT DEBRIEF" ON THE WORKSHOP ON "INTERNATIONAL MONITORING PROGRAMSFOR ASTEROID AND COMET THREAT" (IMPACT), HELD IN TORINO, ON JUNE 1-4,1999.

The Sponsors of the workshop were the IAU, ASI, NASA, ESA, Spaceguard Foundation, IACG, The Planetary Society, Alenia Aerospazio - Divisione Spazio and the Provincia di Torino.

This meeting was a follow up to the IAU WGNEO sponsored workshop on the island of Vulcano (Italy) in September 1995, entitled "Beginning the Spaceguard Survey". The aim of that workshop was to emphasise the need for a co-ordinated effort, and to establish the basis for effective international co-operation on the subject.

Participation at the Turin workshop included a high proportion of the world expertise in NEO studies, and high ranking members of NASA, the IAU and other sponsoring organisations.

The objectives of the workshop were:

The structure of meeting was to hold an initial plenary session during which the conference was briefed on a number of topics, to bring everyone fully up to date with recent developments. After the briefings the conference split up into four sub-groups to discuss specific issues, and to produce recommendations to be passed to the IAU. These recommendations, once agreed by the sub-groups were then discussed at another plenary session where they were agreed by the floor, or not.

While it is not yet possible to detail the recommendations that will be passed to the IAU, as they have yet to be "word-smithed" by the sub-group chairmen and agreed in their final forms, it is possible to list a few of the significant statements made, discussions had and recommendations made. So, below are some bullet points, to be followed by a full report as soon as the results are published.

Please be aware that this is a far from complete report, but I hope that something of the workshop's flavour comes through.

Jay Tate

Spaceguard UK