[日本スペースガード協会]

小惑星1998 OX4の接近情報


「日本スペースガード協会」からのコメント:
この小惑星1998 OX4の地球衝突の確率は10の-7乗です。
この確率は、発見されていない小惑星の衝突確率とほぼ同じ程度のものです。
したがって、この小惑星が地球に衝突する可能性はほとんどありません。
もちろん、天文学者はこの天体を引き続き観測する必要はあります。


会員の祖父江様からの情報です。


*1999年6月11日受付

[日本語要約]

地球に衝突の可能性がある他の小惑星の発見
SpaceViews
1999年6月9日

1年程の僅かな期間に3度目である。

天文学者が21世紀地球に衝突する可能性がゼロでない非常に小型の小惑星を発見した。

イタリアの天文学者アンドレア Milani と同僚は今月の初めにイタリアのTorinoで開催された IMPACT会議 の最後に衝突の可能性を報告した。

イタリアの科学者は昨年アリゾナの Spacewatch 望遠鏡で発見された小惑星1998OX4が、2046年1月に1千万分の1の確率で地球に衝突することを見いだした。

この話の内容全体: http://www.spaceviews.com/1999/06/09a.html


[原文]

Another Asteroid with Earth Impact Probability Discovered
SpaceViews
June 9, 1999

For the third time in a little over a year, astronomers have found an asteroid that has a very small, but non-zero, probability of impacting the Earth next century.

Italian astronomer Andrea Milani and colleagues reported the impact probability at the end of the IMPACT conference in Torino, Italy, earlier this month.

They found that 1998 OX4, discovered last year at the Spacewatch telescope in Arizona, has a 1-in-10 million chance of hitting the Earth in January 2046.

Full story here:
http://www.spaceviews.com/1999/06/09a.html


SpaceViews Newsの記事Another Asteroid with Earth Impact Probability Discovered"から掲載


[日本語要約]

地球と衝突の可能性があるもう一つの小惑星が発見された:

1年と少しの間に3回も、天文学者は来世紀に地球と衝突の確率が非常に僅かではあるが、ゼロでない小惑星を発見した。

天文学者は1998OX4で発見された衝突の様な衝突確率は将来ありふれた事になると信じている。

そのことは探査の努力をするほど、小惑星の軌道が地球に近づくより多くの小惑星を見出す事にある。

イタリア人天文学者のAndrea Milaniと彼の同僚は、今月の初めイタリア、トリノで開催されたIMPACT会議の終わりに衝突の確率を報告した。

彼らは、アリゾナにあるSpacewatch望遠鏡で昨年に発見された1998OX4が2046年1月に1000万分の1の確率で地球に当たるチャンスがあることがわかった。

衝突のこの確率は、任意の年に直径1km又はそれ以上の未発見の小惑星の衝突確率よりはるかに少ない。

したがって、この発見はアカデミックな好奇心以上にはならない。

更に、Milaniと彼の同僚はこの確率が他の研究者によって確認される必要があると述べている。

昨年の3月以来、1998OX4を将来のある時点で、僅かでも地球に衝突する可能性があることが明らかとなった三番目の小惑星となった。

4月に、小惑星1999AN10は、2039年に地球に当たる可能性が10億分の1あることが発見された。

その後の解析で衝突の可能性は1000万分の1に訂正された。

公表されていないが2044年に50万分の1のオッズよりもはるかに大きな他の衝突の可能性がある。

1998年3月に、小惑星1997XF11は、2029年に地球と衝突するという僅かな可能性があると端的に考えられていた。

しかし、一般に公表してからほぼ一日以内に、新しいデータは、その年に衝突するといういかなる可能性を取り除いた。

天文学のコミュニティーで最もよく討論したことは衝突の脅威について情報を普及させることだ。

そのようなプロトコルは将来はるかに多く必要とされるであろう。

ある人は、小惑星探査の増加は同じ衝突確率で(衝突の可能性がある)新しい小惑星が増加すると信じている。

「しかしながらXF11やAN10と対照的に、大多数のPHAs [潜在的に危険な小惑星]はもはや小惑星が実際に衝突する非常に僅かなチャンスしかない為に報道価値がない」とBenny Peiserは指摘した。

彼は世に知られている、ケンブリッジ・コンファレンス・ネットワークのモデレーターで、その電子メールリストは小惑星の研究者によって利用されている。

更に重大な衝突のリスクが確実となる例外的な場合のみ社会の関心が高まるであろうと同氏は言う。

1998OX4が2046年に地球に当たるチャンスは僅か1000万分の1である。

これは未発見の小惑星による衝突の確率よりはるかに小さい。


[原文]

ublished: 1999 June 9
Another Asteroid with Earth Impact Probability Discovered

For the third time in a little over a year, astronomers have found an asteroid that has a very small, but non-zero, probability of impacting the Earth next century.

Astronomers believe such impact probabilities as the one found for 1998 OX4 will become more commonplace in the future, though, as stepped-up search efforts turn up more asteroids whose orbits bring them close to Earth.

Italian astronomer Andrea Milani and colleagues reported the impact probability at the end of the IMPACT conference in Torino, Italy, earlier this month.

They found that 1998 OX4, discovered last year at the Spacewatch telescope in Arizona, has a 1-in-10 million chance of hitting the Earth in January 2046.

This probability of impact is considerably less than the probability of an impact in any given year by an undiscovered asteroid 1 km or greater in diameter, so the discovery is of little more than academic curiosity. Moreover, Milani and colleagues note that this probability has yet to be confirmed by other researchers.

The discovery makes 1998 OX4 the third asteroid since last March which has been found to have a small impact probability at some point in the future.

In April asteroid 1999 AN10 was found to have a 1-in-1 billion chance of hitting the Earth in 2039.

Later analysis changed that probability to 1-in-10 million while uncovering another possible impact with significantly greater odds -- 1-in-500,000 -- in 2044.

In March 1998 asteroid 1997 XF11 was briefly thought to have a small possibility of impacting the Earth in 2029. However, within a day of the public announcement new data eliminated the possibility of any impact in that year.

The astronomical community has debated the best was to disseminate information about impact threats.

Any such protocols will likely be needed much more in the future, some believe, as increased asteroid searches turn up new asteroids with similar impact probabilities.

"In contrast to XF11 and AN10, however, the vast majority of these PHAs [potentially hazardous asteroids] will no longer be newsworthy due to their minuscule chances of actual impact," noted Benny Peiser, moderator of the Cambridge Conference Network, an electronic mailing list used by asteroid researchers.

"Public interest will only arise in exceptional cases which prove to have significant impact risks."

1998 OX4 has only a 1-in-10 million chance of hitting the Earth in 2046, far less than an impact by an undiscovered asteroid.