[日本スペースガード協会]

IMPACT Workshop について(その2)

―トリノ会議の議事録の要約(Morison氏からの議事録)―


会員の祖父江様からの情報です。
*David Morrison氏からの手紙
*TORINO INTERNATIONAL SPACEGUARDワークショップからのハイライト
*Benny J Peiser氏からの手紙

*1999年6月13日受付


*David Morrison氏からの手紙

[日本語要約]

NEOsの友人達へ:
以下は先週Torinoで開催されたIMPACTワークショップの3件の要約報告である。
各報告はそれぞれの展望を示している。
ワークショップで纏まった諸提案は後日利用できるであろう。
しかし、これらが未だ最終報告の素案にもなっていない。
他方これらの非公式の報告は、NEOコミュニティーで興味があるかも知れない。
このメッセージの終わりに、インターネットで2件の新しいNEOリソースに関する情報を載せている。

David Morrison


[原文]

Dear Friends and Students of NEOs:

Following are three summary reports on last week's IMPACT workshop inTorino, each representing an individual perspective.
At a later time anumber of recommendations developed from the workshop will be available,but these have not yet been drafted in final form.
Meanwhile, these informal reports may be of interest to the NEO community.
At the end of this message, I also include information on two new NEO resources on the Internet.

David Morrison


*TORINO INTERNATIONAL SPACEGUARDワークショップからのハイライト

[日本語要約]

TORINO INTERNATIONAL SPACEGUARDワークショップからのハイライト:

IMPACT (小惑星および彗星の脅威に対応する国際的な監視計画) 1999年6月1-4日
David Morrisonによって


[原文]

SOME HIGHLIGHTS FROM THE TORINO INTERNATIONAL SPACEGUARD WORKSHOP:

IMPACT(INTERNATIONAL MONITORING PROGRAMS FOR ASTEROID AND COMET THREAT)

June 1-4, 1999

By David Morrison


*Benny J Peiser氏からの手紙

[日本語要約]

TORINO 影響ワークショップから帰って > ベニーJ Peiser から 4日間の発表、審議と採決の後に、Turinでの IMPACT ワークショップは非常に有益な覚書をもって先週の金曜日に終わった。

多くの些細な意見の相違にもかかわらず、衝突の危険と NEO 探索の国際的な研究は同じ方向で噛み合って動いているという一般的に認識がある。

次の2〜3年内に多くの国で追加の探査プログラムが計画されて、空の探査範囲はまもなく飽和状態に近付いている。

明らかに、このような範囲の広い探査範囲は主要な前進であるであろう。

それでもなおかつ10年の以内に1キロ以上のすべてのNEOsの90%を検出するというSpaceguard 探査の目標達成を実際に保証するか否か、疑問のままである。

他に次のような問題が同じく扱われなければならないであろう:
1Km以下の非常に微かな光の物体の探索は充分大きな望遠鏡でアクセスが必要であること、及び検出されなかった(又は、実際に検出されて / 予測された) Tunguska タイプの衝撃イベントをどう取り扱うか扱うであろうか?
フォローアップ探索は潜在的な衝突の危機を計算するに重要性がある。
国家政府と資金財団(機関)に向けられた政治的に重要な宣言で、IMPACT ワークショップの参加者は政府は国立Spaceguard センターの設立と地球規模でのSpaceguard 計画で国際的な協力を容易にするために、そのセンターに財政的に支援することを強く提案した。

IMPACT ワークショップのより現実的な成果の一つは かなり大きな地球に近接する物体が衝突する可能性の将来予測をどう扱う方法の問題と関連して極めて改善された危険スケールの上に一般協定であった。

正確な詳細は次の4週かそこらでIAUによって最終的に取り纏められるが、今は XF11 や AN10のような未来のケースでもっと良い方法で処理出来る一般に受け入れられたツールがある。

ワークショップの最終の結果と提案は7月 / 8月頃に発行されるであろう。

そして最後に 私はTurinで CCNetの購読者の約20%の方々(ほとんどの方には一度も会ったことがない)に会うことが喜びであったと言いたい。

名前を表に、1対1をベースの個々のミーティングは多くの参加者の間のコミュニケーションと討議を改善するに確かに役だっている。

私は最近の AN10 討論を省みてある種のミスと誤解が友好的な方法で整理されたことがうれしい。

私は以下にTorino で討議された問題のハイライトの一部をJay Tate のワークショップdebriefとして添付する。

私はそれ以上の報告、印象とコメントが後に続くであろうことが確信する。

ベニーJ Peiser


[原文]

BACK FROM THE TORINO WORKSHOP

From Benny J Peiser

After four days of presentations, deliberations and decisions, the IMPACTworkshop in Turin ended last Friday on a very positive note.

Despite a number of minor disagreements, there is a general perception that international research on the impact hazard and NEO searches are gearing up and moving in the same direction.

With additional search programmes planned in a number of countries in the next couple of years, the sky coverage is soon approaching saturation.

Obviously, achieving such a comprehensive coverage would be a major breakthrough.

Yet it remains questionable whether it would actually guarantee the Spaceguard Survey's goal of detecting 90% of all NEOs >1km within the next 10 years.

Other problems will also have to be addressed:
the search for fainter objects (< 1 km) requires access to sufficiently large telescopes; how will we deal in the event of an undetected (or, indeed, detected/predicted) Tunguska-type impact?

Follow-up
searches will remain important for any calculation of potential impact hazards.

In a politically important statement, directed at national governments and funding agencies, the participants of the IMPACT workshop strongly recommend that governments should establish national Spaceguard centres and to support these centres financially in order to facilitate international collaboration in the global Spaceguard programme.

One of the more practical results of the IMPACT workshop was the general agreement on a much improved hazard scale in conjunction with the question of how to deal with future predictions of possible impacts by a sizeable near-Earth object.

While the exact details will be finalized by the IAU in the next four weeks or so, there is now a generally accepted tool on which future cases such as XF11 and AN10 can be handled in a better way.

The final results and recommendations of the workshop will be published in July/August.

And finally - can I just say that it was a pleasure to meet almost 20% of CCNet subscribers at Turin - most of whom I had never met before. Putting a face to a name and meeting individuals on a one-to-one basis has certainly helped to improve the communication and discussion among many participants.

I am particularly glad that some of the mistakes and misunderstandings regarding the recent AN10 debate were sorted out in an amicable manner.