[日本スペースガード協会]

ニュージーランド大火球、ツングースカ捜索、衝突確率の公表について


会員の祖父江様からの情報です。
*1999年7月20日受付


[日本語要約]

1. 概要

今週は3件のニュースの要約を送ります。
最初に先週ニュージランド上空の大火球と隕石の爆発のニュースです。 既にTVの報道でご 存知の方もいらっしゃると思いますが、落下物の回収については確認しておりませんが、 その報告があれば、続報を出したいと思います。

2番目のニュースは1908年にシベリア、ツングース地域に隕石が落下し、森林が広範囲に破壊されたといわ れております。この当時は十分な調査が実施されず、詳細が不明でした。 最近のNEOの関心の高まりとともに、 この現場に最新の観測、測定器材を動員して再調査が 計画されており、遠征隊はイタリアで編成され、 7月14日に現地に向かったと報道されました。 当ニュースは調査の概要を紹介したものです。 なおこの遠征隊の活動状況については次のホームページ (http://www-th.bo.infn.it/tunguska/press1607_en.htm ) でアクセス出来ます。

3番目はMPCのマースデン博士がイタリアのチームに対する批評(Spaceguard News No.3 7月8日付け、 3−2 マースデン博士の見解)ついて補足したもので、最新の観測データが 発表されるごとに衝突確率を計算し、 Webで公表することに疑問を呈しています。(NEODyS のホームページ http://newton.dm.unipi.it/neodys/about.html 特に衝撃の 恐れがある小惑星1999 AX10及び1998 OX4の接近時の情報を掲載 )
これが報告された後実際には既に1999AX10という小惑星は、1955年にパロマで撮影 (Spaceguard News No4 ,7月19日付け、JPLのNear-Earth Object Program Officeから)されたフイルムにそれが撮えられており、 軌道解析の結果、21世紀中頃の衝突の 可能性は皆無と報じられています。 ここではマースデン博士の補足ニュースを送ります。尚、!999AX10の詳細及びその後の動向については 多くのニュースが流れており、 次回それらを纏めて送る予定です。


2. Meteor explodes in sky above New Zealand
  CNN Interactive CNN.COM ,
http://cnn.com/WORLD/asiapcf/9907/07/BC-NewZealand-Meteor.ap/index.html
July 7,1999


[日本語要約]

ウェリントン、ニュージーランド( AP ) − 「水曜日、 隕石が、不気味な青い光と地球に 破片を浴びせかけて、ニュージーランドの上空で爆発した」と権威筋及び目撃者が語った。
負傷者の報告はない。しかし当局は瞬速で横切った隕石を見たことを報告した人々から何百 という電話の洪水状態であった、と緊急サービスが語った。

ウェリントンのカータ天文台 は「爆発が午後4時15分(0615 GMT )頃に起き、空が煙で 覆われた後に、目撃者からの電話の洪水となった」更に「それは航空機からとレーダ でも認め られ、航空管制官が電話をしているようでした」と天文台のジョン・フィールド公報 担当官が語った。 警察は何百という人々が首都、ウェリントンの北300キロの東海岸の 都市ネピア(Napier)と ウェリントンからほぼ同じ距離にある西海岸のニュウプリマスの間の北 ニュージーランド島の 遥か遠い上空を 横切っていく光の筋を見たことを 報告したと言った。

大きな爆発音とともに、蒸発した痕跡と青い煙が空に掛かっている状態で 隕石は明らかに大気中 で分裂したと警察報道官が語った。 ニュウ・プリマス航空クラブの教官、ブラッドリー氏は、隕石が飛行機の真上を横切った時、 空中で、「それは明るいライトの様で、閃光のようであった」と述べた。

他の目撃者、Te Aroha町の住民 は 明るいせん光の後、「巨大な火の玉が落ちた様だ。ものすごい 赤い輝きがあり、ポンとはじけた様であった」、と語った。 またある男性は 天然ガスタンカーに引火・爆発したように聞こえたと述べた。 フィールドは隕石が金属質か石質のいずれかで、自動車程のサイズであった。 石質隕石は 大気を通過中に分裂し、石のシャワーの様にこなごなになった、と彼が解説した。 彼は 世界全体では、およそ毎週 1個の隕石が地球に落ちると言った。 警察は地上への落下物の報告は その地域全域からあると言っている。 しかし夜になって から、破片を発見したと言う報告がなくなった。


[原文]

WELLINGTON, New Zealand (AP) -- A meteor exploded in the sky above New Zealand on Wednesday, casting an eerie blue light and showering the earth with fragments from space, authorities and witnesses said.

No injuries were reported, but authorities were flooded with hundreds of calls from people who reported seeing the streaking meteor, emergency services said.

The Carter Observatory in Wellington said the explosion occurred about 4:15 p.m. (0615 GMT) and was followed by smoke in the sky _ and a flood of phone calls from witnesses. "It was picked up by aircraft and on radar, so we've had some air traffic controllers calling too," said John Field, the observatory's public programs officer. Police said hundreds of people reported seeing a bright streak across the sky over a remote part of New Zealand's North Island, between the cities of Napier, 186 miles (300 kilometers) north of the capital, Wellington, on the east coast and New Plymouth, about the same distance from Wellington, on the west coast.

With a loud explosion, the meteor apparently broke up in the atmosphere, leaving a vapor trail and blue cloud hanging in the sky, the police spokesman said, on customary condition of anonymity. Brendon Bradley, an instructor with the New Plymouth Aero Club, said he was in the air when he saw the meteor streak over the top of his plane. "It was just a bright light, exactly like a flare," he said. "Afterwards there was smoke in the sky." Other witnesses described a bright flash, followed by an explosion and a cloud of brown smoke. "A big fiery ball came down. There was a terrific red glow and it sort of went pop," said Eric Ray, a resident of the town of Te Aroha. One man told police the explosion sounded like a natural gas tanker igniting, the police spokesman said. Field said the meteor could have been either metal or rock and was probably as big a a car. A rock meteor would have broken up as it came through the atmosphere and broken into a showerof stones, he said. He said that throughout the world about one meteor falls to Earth each week. Police said reports of objects seen falling to the ground were received from across the region. Night has since fallen, and there were no reports of any pieces being found.


3.Tunguska
(1) Return to Tunguska (ツングスカに戻る)
BBC News Online Science Editor Dr David Whitehouse
(BBCニュース、オンライン科学エディタ、デイビッド Whitehouse 博士)
June 28、1999


[日本語要約]

ロシアの(シベリア)端に遠征隊を派遣することで、科学者が今世紀最大の宇宙の衝撃の 謎を解くことを期待する。 衝撃は1908年6月30日に、中央シベリアの Tunguska で起きた。 警告なしで、宇宙空間を 飛んでいる小さなすい星か隕石が地球に衝突し空中で爆発した。 衝撃はTNT換算で20メガトンで、広島型原爆 1,000個分の威力に等しく、2,200平方キロの 範囲で 6千万本の木がなぎ倒されたと推定されている。 もしロンドンあるいはパリの上空で 爆発が起きていたなら、何十万という人々が犠牲となったであろう。 現場を最初に検証した遠征隊は1938年にロシアの科学者 L.A.Kullik が指揮をした。 彼のチームはクレータを発見できなかったが、非常に多くの破壊された跡を見つけて驚いた。

それで はTunguskaミステリーを始めよう :
このような巨大な破壊を起こした物体は何か? そしてなぜそれはクレーターを残しておかなかったか? 湖の底(Lake Bottom) その物体は地表に衝突する前に、爆発で蒸発させるに十分壊れ易い岩と氷からなる小型すい星であったか、 低密度の隕石であったかもしれない。答えを捜すために、ボローニャ 大学の第2次遠征隊は一連のハイテク 装置で装備し孤立している地域に向かおうとしている。チームの Foschini 博士はBBC News Online に、 主要な目的のひとつはCeko湖 の湖底の たい積物を研究する事であると語った。この湖は1908年の 爆発の中心から8 km (5マイル)離れ、幅は約500メートル、深さ 47m ある。 湖床からサンプルを採取するボーリングの位置を決めるに構造的な地図が必要で、 その作成ため 「潜水湖底ペネトレーションシステム」を使用するであろう」と彼が言った。 同時に、「サイド走査音波探知機」 が湖底の超音波写真を撮り、遠隔制御された潜水型 リモートカメラ が研究で使われるであろう。 大きな破片。「ボックス corer 」の使用で、手を触れないで サンプルを採取できるであろう。 Foschini 博士はそれが何であったか決定するため、宇宙物体の分裂した 微粒子を集めることを 期待し、 同様に彼らは木の樹脂で固形された微粒子を捜し求めるであろう。 これは前回 、1991年の遠征隊で実施された。 研究者は同じ地域の正確な空中の調査に着手して、 そして1938年に Kullik によって得られたデータとを比較するであろう。

1938年の写真と新しい調査の比較は、爆発で倒された木の方角に関するそれ以上の 情報を与えるであろう。 ある科学者は大きな破片が本体の衝撃前に地面に到達したと信 じている。 もし宇宙物体が隕石なら、 これらの破片を発見することは可能であろう。探査は それらの破片を発見するために 金属探知器と neodymium 磁石を使って Tunguska の地表にある岩の回りで行われよう。


[原文]

Return to Tunguska . Tunguska: 91 years after the impact .
By BBC News Online Science Editor Dr David Whitehouse .

Scientists hope to solve the mystery of the greatest cosmic impact of the century by undertaking an expedition to a remote region of Russia. The impact happened on 30 June, 1908, at Tunguska in central Siberia. With no warning, a small comet or meteor hurtling through space collided with the Earth and exploded in the sky. The impact had a force of 20 million tonnes of TNT, equivalent to 1,000 Hiroshima bombs. It is estimated that 60 million trees were felled over an area of 2,200 square kilometres. If the explosion had occurred over London or Paris, hundreds of thousands of people would have been killed. The first expedition to reach the site was led by Russian scientist L.A.Kullik in 1938. His team was amazed to find so much devastation but no obvious crater. So began the mystery of Tunguska: What was the object that caused such destruction and why did it leave no crater?

Even today some dead trees remain .
It may have been a small comet, made of rock and ice, that was fragile enough to be vaporised in the explosion before it struck the ground. Alternatively it may have been a low-density meteorite.Lake bottom . To search for answers, the second University of Bologna expedition is about to travel to the isolated region taking with them a battery of high-tech equipment. One of the team, Dr Luigi Foschini, told BBC News Online that one of their main aims will be the study of sediments at the bottom of Lake Ceko. This lake is 8km (five miles) away from the centre of the 1908 explosion. The lake is about 500 metres wide and 47m deep. "We will be using a 'sub bottom penetration system,' to make a structural map of it to decide where to drill for samples from the lake bed," he said. At the same time, a "side scan sonar" will take ultrasound photographs of the lake bottom. A remotely-controlled, underwater telecamera will also be used in the research. Large fragments. Undisturbed samples will be collected by using a "box corer." Dr Foschini hopes to collect microparticles from the disintegration of the cosmic body to determine once and for all what it was. They will also continue a search for microparticles preserved in tree resin. This was carried out on the earlier expedition in 1991. The researchers will also undertake an accurate aerial survey of the region and compare their data with that obtained in 1938 by Kullik. The comparison between the 1938 pictures and the new survey should give further information on the direction of the trees felled by the explosion. Some scientists believe that large fragments may have reached the ground before the main impact. If the cosmic body was a meteorite, then it may be possible to find these fragments. A search will be made for them among the ground rocks of Tunguska using neodymium magnets together with a metal detector.


[日本語要約]

(2) First News from Tunguska99(Tunguska99 からの最初のニュース)
 Bologna, 16 July 1999.
 For the Tunguska99 Press Office、 Luigi Foschini
 遠征隊はTunguska99と命名され、イタリア出発から、中央シベリアのクラスノ ヤルスク到着迄を報告している。

遠征隊は1999年7月14日9時(現地時間)にボローニャを出発した。 モスクワ経由で 7月15クラスノヤルスクに到着した。途中モスクワで税関と悪戦苦闘の末、 3台の携帯 無線機を差しおさえられた。この小さな問題を別にして、遠征隊は7月15日に クラスノ ヤルスクに到着、早速ヘリコプター Mi - 26を搭載した。同時に人工衛星電話の テストを 実行し、正常動作を確認した。 尚 7月16日に、現地時間10時00分、 クラスノヤルスクを出発の予定。


[原文]

First News from Tunguska99.
The expedition has left Bologna on July 14, 1999 at 9 o'clock (local time) to reach the Forli' airport by bus. The Iljuschin Il-20 was loaded and land off at 12:00 (local time). Destination: Moscow. Please find photos of the departure from Forli' airport at the Tunguska Photo Gallery.

In Moscow, the expedition has overcome the main difficulty of the journey: the Russian Customs. All the equipement and the instruments were unloaded and inspected. The check takes about 4 hours and half. The Russian Customs sequestrates three walkie-talkie only. Prof. Longo tried to explain that, in Italy, even children use walkie-talkie and they are not dangerous. But he does not succeeded in getting back the three walkie-talkie.

Apart from this little problem, the expedition goes on. They reached Krasnoyarsk on July 15 and they loaded the helicopter Mi-26, that will be used to reach the Ceko lake. We have also carried out a communication test by satellite telephone: it is all right. They will leave Krasnoyarsk on July 16, at 10:00 local time. Bologna, 16 July 1999.

For the Tunguska99 Press Office.
Luigi Foschini


4 . Is It Necessary to Recompute Impact Probabilities Daily?
衝撃の確率を毎日再計算する必要はあるか?
著者:MPC ブライアン・G・ Marsden 、
CCNet Digest(July 5、1999)


[日本語要約]

Milani博士及びChesley博士が、先週木曜日、私の「批評」に気分を害したらすまない。 しかし批判は、実際に計算をするでなく、Chesley がMPML(Minor Planet Mailing List) で 発表した、どちらかと言えば奇妙な主張についてだけであった。 1999 AN10の 「衝突のリスクは数週間前に比べおよそ1.6倍悪化し、名目上の軌道は 2044年に実際衝突 に近づくよう動いた」という見解は、実際に少数の人々を警戒させた。 それは私が現在の観測の 状況と釣り合いを取ろうとした理由である。私は去年3月11日以来、小惑星のニアミスや衝突の 可能性について大衆が認識する真の 問題が計算間違いでなく、事を述べようとする方法から生じ ていると思う。 私は多くのCCNet 読者が「ユニークな衝撃確率のようなものはない」、そして 「名目上の解はこの計算では 重要ではない」ことを十分に知っていると思う。 事実は MPMLメモ が特に名目上の軌道と 10万分の1の衝撃確率にそれとなく言及したことである。

けれども先週の木曜日、私のメッセージにもっと深いポイントがあった。それは全ての新鮮な 観測 データのたびに種々の1999 AN10 衝撃確率を再計算をする事が(そしてWWWで公表 する)本当に 必要があるかどうか疑問であった。どちらかと言えば周辺的にNEOの努力に 関係する多くの人々が、 衝撃確率がNEOの脅威を真剣に受けとめるべきかについて、多くの 究極の情報を実際に規定する他の 軌道のパラメータとの関係でユニークに定義され、有用な 量であるという考えに取りつかれた。 1999 AN10 の最も重要な衝撃確率は次の数ヶ月間コースによって増加するであろう。現在の観測 シーズンが今年末に終わるとき、2044年の衝撃確率がおよそ2倍になることは本当にありそうである。 要点はそれが現在値の数倍以上にはならないということである。なぜ私は「次の 数カ月かそれ以上の 観測が大変励まされるはずである」と言ったか? ポイントは物体が かすかであるということである。 若干の観測(毎月2晩のデータと、かつ出来るだけ多くの月々のデータ)を必要としている。

もし何も言われなければ、何も行われないのである。2027年の地球接近の状況で、2044年の衝撃 の確率は(本質的にゼロである)に急に下がるより、むしろ劇的に低下するであろう。更に「危険な」 2027年以降の公転周期が1.7年という可能性がなくなる事を望んでいる。現在、唯一の根本問題 である摂動の結果生じる不確実性が、どちらかと言えば予期しない再発見の観測で、2027年の 近傍通過が不可避なことが明らかとなった5月以来 この状況は全く変ってしまった。他方、2001年10月 にはるか南側で、ふさわしく 大きな望遠鏡にアクセスすることで我々は決定的に2044の危険を解消されるか、 代わりに衝撃確率を4倍にするかである。 その時それは直径1キロの物体の衝撃の背景確率は 際立って 高くなる(まだ心配する水準ではないけれども)。先週の前半、CCNetは同じピサチームが1998 OX4 について、次の半世紀の間に4個の衝撃可能性を識別した最近の論文が注意を引いた。 軌道が非常に不確定(そして本質的に 不鮮明性)であるため、いかなる計画的な再発見の試みも失敗する ことを運命づけている。 1998 OX4 が衝撃軌道上にあるなら、その小惑星がそこに存在すべき空の 位置に探索 範囲を制限し、地球衝撃の可能性を排除する事を提唱している。新しくないが、大規模な捜索 を減らす「仮想衝撃物体:virtual impactors」のアイデアは良いものである。私は1973年 9月の アストロノミカルジャーナル誌の論文でその概念を利用した。論文では1862年に 109P /スウィフト - タトルすい星 の発見時に、近日点の通過を肉眼で観測出来ないという仮定の上で、そのすい星を捜すため最も可能性 のある領域と時を示した。何故ならばそれを 検出するに最も都合の悪い場所であったからである。

1千万分の1という、ゼロ以外の衝撃確率が1998 OX4(9日間の弧をベース)に示されて いるが、 要点は同等サイズの未知の物体の衝撃確率より数桁小さいという物体を見失うべきではない。 なぜなら 論文の全体の強調点は物体を観測しない事(non−obsevation)を奨励することにあり、観測しない事 が実施されたなら、適切な衝撃の確率は本質的にゼロに下がる。 私は衝撃確率の実際の計算が無関係で あるもう1つの例について述べる。 error-ellipsoid(エラー長円体)を考察した。そう遠くない将来に ある特定の計算可能な瞬間、 地球を横切るということである。それには1999 AN10があり、1997 XF11もある。 1997 XF11の 発見に先立って、1990年の観測があった。(当時は誰も全くそれに気付いていなかった) 「仮想インパクト」の論文で著者は、適切に、どのようにNo-Observingキャンペーンを推進 するかについて、 ある程度注意を払っている。

勿論、 特にアマチュア天文学者など多くの観察者が、NEOが発見されるやいなやNEOs のフォローアップ 観察をする準備ができているいることを知ることは素晴らしい。 観測者はポシティブな観測を望んでいる。 しかしネガティブ観察は別の問題で、多くの無駄な探索となろう。もし対象物が存在するなら、非常に かすかな光であろう。頼りは大型望遠鏡である。2001年の 1999 AN10についてポジティブな観測 を提案した。 けれども、仮想インパクトのシナリオは、 過去に発見し、見失った物体に当てはまる。 将来、 NEO が発表 されるやすぐに、ピサグループが その衝撃分析をするという可能性がある。 厄介な物体を見失わないように しようとする インセンティブがそれで、見失う可能性を緩和する最良のツールは、有力な大型望遠鏡である。 勿論、それぞれ南北両半球で少なくとも一基の(大型望遠鏡が)必要である。少なくともNEO天文学者の 仕事の見地から、衝撃確率を計算する(あるいは推測する)ことの 価値は何であるか? 答えは、勿論、 衝撃の可能性に関する情報を他に、例えば NEO以外の 仕事をしている 天文学者、マスコミ及び一般世論に それを利用させる事である。我々天文学者は 何がニュースの価値があるかについてマスコミにアドバイス するために真剣な態度で集まることを 期待される。2001年10月までに1999 AN10 や、2003年2月までに 1998 OX4 等が抱える最も 当面の問題を解決できる事は 評価できるが、結果に満足していないかもしれない。 多くのNEO学者は、1999 AN10が5月に再発見された時、1999 AN10 が(少なくともより長い間) 「消え失せる」であろうと考えた。 マスコミに我々が完全に全知であることを確信させることは本当に容易でない。


[原文]

(1) IS IT NECESSARY TO RECOMPUTE IMPACT PROBABILITIES DAILY?
From Brian G. Marsden

I am sorry if Andrea Milani and Steve Chesley were upset by my "criticism" last Thursday, but my criticism was only of the rather curious statement by Chesley in the Minor Planet Mailing List, not of the manner in which they actually carry out their calculations. His remarks, with regard to 1999 AN10, that the "collision risks increased by a factor of about 1.6 since a few weeks ago" and "unhappily, the nominal orbit actually moved closer to the 2044 collision" actually seem to have alarmed a few people, and that is why I tried to put the situation into perspective with regard to the current observations. I think we are all well aware, and have been since March 11 last year, that the REAL problem of the public's perception of asteroidal near misses and possible collisions stems from the way things are stated, not >from any mistakes in the calculations. I think that most CCNet readers are now well aware that "there is no such thing as a unique impact probability" and that "the nominal solution is not important for this kind of computations." The fact is that the MPML note specifically alluded ("unhappily") to the nominal orbit and an impact probability of 1 in 100,000, the latter having become a popular barrier at which people sit up and take notice.

But there was a deeper point in my message last Thursday, and that was to question whether there is really a NEED to recompute (and publicize in the WWW) the various 1999 AN10 impact probabilities with the arrival of every new observation. Too many people rather peripherally involved with the NEO effort have become quite obsessed with the idea that the impact probability is a useful quantity, uniquely defined, in relation to other orbital parameters that actually provide more definitive information about whether an NEO threat should be taken seriously. It is INEVITABLE that 1999 AN10's more significant impact probabilities (defined in some manner that is at least consistent) will increase over the course of the next few months. It is indeed very likely that, when the present observing season ends toward the end of this year, the 2044 impact probability will be roughly TWICE its current value. Should that be cause for concern? Certainly not. The point is that it cannot then be more than a few times what it currently is. If I can assert this to be the case, some may ask, why did I say that "further observations over the next several months are very much to be encouraged"? The point is that the object is faint, we do want SOME observations (data on two nights each month, say, for as many months as possible), and if nothing is said, nothing gets done.

At some stage, we can hope (and that is really the only verb we can use) that the 2044 impact probability will drop dramatically, rather quickly going down to "essentially zero" when, depending on the circumstances of the 2027 approach to the earth, the possibility that the "dangerous" post-2027 revolution period is 1.70 years can be eliminated. It is very likely that this hope will not be met this year. Even if some authorities feel that it is, there is enough flexibility in the assessment of the maximum permissible errors that others will argue that it isn't. This situation is quite different from that in May, when the recovery observations rather unexpectedly showed the inevitability of the 2027 close pass, the uncertainty in the resulting perturbations being the sole root of the current problem. We may in fact have to wait until 2004 before we can resolve the problem, hopefully in a favorable manner... On the other hand, with access to a suitably large telescope at the far-north opposition in October 2001, we may definitively purge the 2044 danger--or, alternatively, quadruple the impact probability, which could then be significantly above (though still not worryingly above) the background impact probability for 1-km objects. (Of course, as Andrea Milani and Steve Chesley have stated before, we should not be out of the woods as regards other impact opportunities for 1999 AN10 during the next several centuries.)

Earlier last week, the CCNet drew attention to the recent paper by the same Pisa team on 1998 OX4, where four impact possibilities have been identified during the next half century, but the extreme orbital uncertainty (and intrinsic faintness) effectively dooms any deliberate recovery attempt to failure. Rather understandably, they propose to eliminate (hopefully) the possibility of earth impact by restricting search activities to the sky positions (at the appropriate times) corresponding to where 1998 OX4 would have to be if it were on the impact trajectories (and praying not to find it there). The idea of considering "virtual impactors" in order to cut down on the need for an extensive search is a good one, although it is not particularly new. For example, I made use of the concept (in reverse) in my paper, in the September 1973 issue of The Astronomical Journal, showing the most likely regions and times to search for comet 109P/Swift-Tuttle, on the assumption that it was not observed with the naked eye at perihelion passages in the centuries prior to its 1862 discovery because it was unfavorably placed for detection. Although non-zero impact probabilities, on the order of 1 in 10 million, are specified for 1998 OX4 (on the basis of the 9-day arc), the point should perhaps not be lost that these probabilities are several orders of magnitude smaller than those of unknown objects of comparable size. As it happens, this point IS lost, because the whole emphasis of the paper is to encourage the making of "non-observations" of the object. Of course, if and when those non-observations are made, the relevant impact probability immediately drops to essentially zero--unless the non-observation turns out not to be a non-observation of the object, in which case the 1-in-10-million chance would spectacularly increase. I mention this as yet another illustration that the actual calculation of impact probabilities is largely irrelevant. What counts is that the error ellipsoid (or other measure of the orbital uncertainty) does, at some specific and calculable moment or moments in the not-too-distant future, intersect the earth. And so it is with 1999 AN10. And so it was with 1997 XF11 (even if nobody was fully aware of this at the time), prior to the discovery of the 1990 observations.

In their "virtual impactors" paper the authors pay some attention, appropriately, to how a non-observing campaign might be undertaken. Yes, it is fine to know that there are many observers, particularly amateur astronomers, ready to make follow-up observations of NEOs immediately after discovery. Observers like to make positive observations, because there is something, including a publication, to show for it. Observations one expects to be negative are another matter, however, and there are only so many wild-goose chases many observers are willing to entertain. In instances where the object, if present, would be very faint, the only recourse is to some large telescope somewhere--as for the proposed positive observations discussed above for 1999 AN10 in 2001.

But, in large measure, the virtual-impactors scenario applies to objects seen and lost in the past. In the future, there is every likelihood that the Pisa group will perform its impact analysis as soon as an NEO is announced. There would thus be incentive to try not to lose a troublesome object, and although that is certainly not always possible, the best tool to mitigate against possible loss is, again, that proverbial large telescope. Yes, nowadays even more than new search programs, that is what we need - at least one in each hemisphere.

So, given that, at least from the point of view of the working NEO astronomers, it is impact POSSIBILITIES that are important, what, indeed, is the value of calculating (or estimating) impact PROBABILITIES? The answer is, of course, that they are for the consumption of others: non-working NEO astronomers, the press and the general public. And therein lies the problem. We astronomers are expected to get together in a concerted manner to advise the press on what is newsworthy. We can, ourselves, appreciate that we can solve (and probably to our satisfaction) the most immediate problems involving 1999 AN10 by October 2001 and those involving 1998 OX4 by February 2003. But, conceivably, we may not be satisfied with the outcome. Most of us thought that 1999 AN10 would "go away" (at least for a longer while) when it was recovered in May. It is really not easy to convince the press that we are completely omniscient.


5. 訳者の所感

ニュージランドの大火球は多くの人々を驚かせたようである。隕石発見を期待したい。 ツングースかの調査は数ヶ月かそれ以上先となろうが結果が楽しみである。マースデ ン博士の見解は、地球に衝突する可能性のある小惑星が発見された時、 一般にどう公 表するかという本質的な問題であるが、専門家同士の論議と併せ、 実際の具体的な個々のケースの積み重ねが必要なのでは。 以上