[日本スペースガード協会]

小惑星衝突問題の取り扱いについて


会員の祖父江様からの情報です。
*1999年7月24日受付


先週ニュース速報でお知らせ致しましたように、1955年パロマで撮影されたフイルムに 小惑星1999 AN10のイメージが写っていることが、2人のドイツ人アマチュア天文家によって発見されました。 このデータ解析の結果、この小惑星と地球との衝突の可能性がなくなったことが 明らかになっております。 今週のニュースではその記事のフォローアップとトリノで 討議された衝突脅威のスケール化の速報を配信致します。


(1)天文学者が小惑星1999 AN10の衝撃問題を解く
(2)古い写真を残しておくことに価値があった
   ※(1)、(2)とも小惑星1997 XF11や1999 AN10が提起した問題、過去のデータベースの活用を提唱している。
(3)トリノ会議で討議された小惑星の脅威の客観的な指標


(1) Astronomers Solve Asteroid 1999 AN10 Impact Problem - At Least for Some Considerable Time
(天文学者が小惑星1999 AN10の衝撃問題を解く − 少なくとも若干の重要な「タイム」のために)

   * ニュースソース; CCNet Special, 13 July 1999: Asteroid 1999 AX10 Problem Solved
   * 発信者;B, Peiser から

[日本語要約]

小惑星1999 AN10が発見されたのは正確に半年前であり、その潜在脅威が広く知られるように なってから丁度3カ月経過した。小惑星1999 AN10の物語は小惑星1999 AN10が2039年 (CCNet Special,13 April 1999)に地球と衝突するという潜在的なリスクについてMilani博士 他のWebペーパに留意するようにとの私のメッセージ以後、世界中の見出しを飾った。

2週間前に、ピサ大学に本拠地を置くチームは衝撃の危険が10万分の1と際立って増加したと 主張しさえした。今、2人のアマチュアと2人のプロの天文学者が40年の時を経て惑星地球に 衝突する潜在的に脅威のある小惑星1999 AN10についての心配を取り除いた。 2人のドイツ人のアマチュア天文学者グナディグ(Gnadig)氏とドップラー氏が44年前の、 小惑星の写真の像(イメージ)を発見した。そしてMPCのマースデン博士とウイリアム氏が 軌道を計算し少なくとも21世紀の大部分の間、小惑星1999 AN10がもはや地球と衝突する危険が 無いことを示した。 マースデン博士とウイリアム氏は2076年以降何が起きるであろうか言うことができないし、 しかし彼らはすぐに何か性急なことについて何も期待していない。マースデン博士とウイリアム氏の 計算の重要な結果は2040年代の衝撃可能性が今本質的にゼロということである。興味深い事に、 グナディグ(Gnadig)氏とドップラー氏は科学的共同体で一般に入手可能なデジタルスカイサーベイ(DSS) で1995年の小惑星のイメージを見つけ出した。 小惑星1999 AN10の衝撃確率を計算したチームが明らかに公表の前にこのデータをチェックしていない ことに非常に驚いている。結局のところ、彼らはちょうど最初から短期の「問題」を発表するのを避ける ことができたはずである。この最も最近の小惑星が引き起こした主な教訓は、マースデン博士(MPCの部長) が類似の1997 XF11の事件が発生して以来力説していた大げさな脅えである。本来的に風変わりな確率計算よりも もっと重要なことは(そしてよりずっと信頼性が高い)難しい事実と真の観察のデータである。 もし、この天文学的なデータベースを充分に改善が出来ないなら、純粋にギャンブルゲームのような短命でかつ 大いに投機的な確率統計に頼らなければならないであろう。


[原文]

It is exactly half a year ago that asteroid 1999 AN10 was discovered - and three month to the day that the its potential threat became widely known. The story about 1999 AN10 made headlines around the world after I drew attention to the web-paper by Andrea Milani, Steven Chesley and Giovanni Valsecchi on the potential risk of asteroid 1999 AN10 hitting the Earth in 2039 (CCNet Special, 13 April 1999). Two weeks ago, the team based at Pisa University even claimed that the impact risk had significantly increased to a probability of 1:100,000. Now, two amateur and two professional astronomers have dispelled the concerns about potentially hazardous asteroid 1999 AN10 colliding with planet Earth in 40 years time. The discovery of 44-year-old photographic images of the asteroid by Arno Gnadig and Andreas Doppler, two German amateur astronomers, and orbital computations by Brian Marsden and Gareth Williams of the Minor Planet Center in Cambridge (Mass.), show that there is no longer any risk of asteroid 1999 AN10 colliding with Earth at least for most of the twenty-first century. Marsden and Williams cannot say what will happen after 2076, but they don't expect anything immediately precipitous. The important result of Marsden's and William's calculations is that the impact probability in the 2040s is now essentially zero. Interestingly, Arno Gnadig and Andreas Doppler found the 1995 image of the asteroid in the Digital Sky Survey (DSS) which is generally available to the scientific community. It is quite astonishing that the teams involved in calculating impact probabilities for 1999 AN10 apparently failed to check this data before going public. After all, they could have avoided announcing a short-term "problem" right from the start. The main lesson to come out of this latest asteroid scare underscores what Brian Marsden, the Director of the Minor Planet Center, has stressed ever since the similar 1997 XF11 affair errupted: More important (and much more reliable) than inherently erratic probability calculations are hard facts and real observational data. Unless we can improve this astronomical data base substantially, we will have to rely on short-lived and highly speculative probability statistics which begin to look like a game of pure gamble. Benny J Peiser


(2) It Pays to Save Old Photographs (古い写真を残しておくことに価値があった)

   * ニュースソース; CCNet Special, 13 July 1999: Asteroid 1999 AN10 Problem Solved
   * 発信者;B.Marsden

[日本語要約]

昨年3月14日、「ニューヨーク・タイムズ」に1997 XF11の8年前の写真を参照をする事について Browne氏に手紙を書いた。勿論、ヘリン氏とローレンス氏は1990年3月パロマの18インチの シュミット望遠鏡で2夜連続で得られたフイルムで、1997 XF11のイメージを当該小惑星と特定し測定した。 そしてMPC及び他の機関で、その軌道計算の結果、悪名高い物体が予見可能な将来、地球に衝撃を与える いかなる可能性も排除した。 そして今、44年前のパロマのイメージを識別する事と、軌道計算の結果 地球はほとんど1997 XF11と同様悪名が高い1999 AN10の衝突から少なくとも21世紀の大部分を通して 衝突から全く安全である事を示した。

事の始まりは、今年4月、1999 AN10は1月にLINEAR計画よって発見された多分0.8Kmの物体が、 次の6世紀かそこらの間、特にここ45-50 年間に、ある時地球に衝突することで注目を集めた。 本当に、当初の特定な衝撃確率は非常に低かった。何故ならばそれが起きるには物体が2027年に地球に 大接近する事が必要であった。しかしその当時はほとんど起きない事が明らかであった。従って1999 AN10に 対する興味が科学コミュニティーで、かなり強くなっていた。そして5月の再発見に結びつく観測で 2027年の大接近が不可避であることが示された後、多分人の注意を喚起する点で、2040年の衝撃確率が 本質的に大きくなった。 この状態は、1997 XF11が1990年の観察が発見される前の利用可能な観察をベースに 2040年代に衝撃を与える可能性について1997 XF11が 新聞の見出しを飾った翌日の状況と非常に類似していた。

この2件の状況の類似性は更にいっそう完全である。1999 AN10の1999 年以前のイメージが存在しないことが 広く行き渡ていたにもかかわらず、 ドイツのアマチュア天文家、Gnadig氏 とドップラー氏は、その1999の発見した時と同様、 1955年1月26日の(フイルムの)一枚から見つけた。被写体は赤緯 北70度付近で輝いていた。

さらに、Gnadigとドップラーはデジタルスカイサーベイと名付けられた、即利用できるリソースでそのイメージを 発見した。パロマ・スカイ・サーベイからの45分間赤に感度が高い(フイルムで)露出をデジタル化した長い痕跡は 非常に弱かった。しかもそれは予想される位置の月の直径の内に位置していた。さらに、 痕跡の長さは 1999 AN10の予期していたものと一致した。それはおよそ2千万マイル離れていた。けれどもこのようなケースで サーベイの露出はハードコピーを利用する方が良い、そしてそれはほとんどのプロの居る天文台で利用出来る。 もう1つには、2個の別のイメージがある。赤に敏感な露出が完了の直後、12分間青色に敏感な露出が始められた。 単に赤いプレートのペーパーコピーはデジタル化されたイメージより一層鮮明なイメージを示すだけではなく、 青いプレートのそれはより一層鮮明なイメージであった。1955年の痕跡の端の計測は容易ではなかった。 とにかく露出の初めと終わりは分単位で時間を測定するという事実で 結果を妥協した。

しかしながら、これらの欠点にもかかわらず、弧の長さ(arclength)が130倍になったことは、1999 AN10の軌道の確定を 劇的に改善した。2027年8月7日ミスする距離は0.0026 AU、ちょうど月迄の距離である。そして、最も接近する事が確認された かなり大き目の小惑星である。数時間ほど、それは8等星程の明るさで輝くであろう。1.74年より若干長い次の公転周期は 完全に2044年、2046年 に近いアプローチそして2034年の大接近で衝突の可能性を完全に排除した。そしてその時最小距離は 1955の観察時のそれに匹敵するであろう。

称される2044年の遭遇の時、物体は2億マイル以上離れて太陽の反対側にいるであろう! 2027年以後の次の重要な接近は 2076年2月迄ないであろう。 その距離は0.05 AU以内となる。しかしミスする距離は0.008 AU以下にはならないであろう。 過去に溯る計算で、ミスする距離は1946年8月7日に0.0062AU、 1990年8月8日に0.025 AUであった。


[原文]

From Brian G. Marsden

So wrote Malcolm Browne in The New York Times on March 14 last year with reference to some eight-year old photographs of 1997 XF11. It was of course the identification and measurement by Eleanor Helin and Ken Lawrence of images of 1997 XF11 on films obtained with the 18-inch Schmidt telescope at Palomar on two consecutive nights in March 1990, and the resulting orbital computations by us and others, that removed any possibility that the infamous object could impact the earth during the foreseeable future. Now it seems that the recognition of 44-year-old Palomar images and the resulting orbital computations show that the earth is also quite safe from impact by the almost equally infamous 1999 AN10, at least through most of the twenty-first century.

Beginning this past April, attention has often been drawn to the possibility that 1999 AN10, a presumed half-mile object discovered by the LINEAR project in January, could hit the earth at some time during the next six centuries or so, conceivably even only 40-50 years >from now. Any specific impact probability was initially very small indeed, largely because it required the object first to make a very close approach to the earth in 2027, and it was initially not at all clear that this would happen. Interest in 1999 AN10 was therefore considerably augmented, in the scientific community, at any rate, when the post-conjunction recovery observations in May showed the inevitability of the 2027 close approach, after which the impact probabilities for the 2040s were substantially increased, perhaps even just to the point where one might want to take notice. This situation was very comparable to that of the possibility of impact in the 2040s by 1997 XF11 on the basis of the observations available before the 1990 observations were discovered, the day after 1997 XF11 made the headlines.

The similarity between the two situations is now even more complete. Despite a widespread feeling that pre-1999 images of 1999 AN10 did not exist, the German amateur astronomers Arno Gnadig and Andreas Doppler have now found one, from 1955 Jan. 26, when, as at its 1999 discovery, the object was located above north declination 70 degrees. Furthermore, Gnadig and Doppler found the image in a resource that is readily available, namely, the Digital Sky Survey. The long trail on the digitization of the 45-minute red-sensitive exposure from the Palomar Sky Survey is very weak, but it was located well within a moon's diameter of the expected position. Furthermore, the length of the trail matches what would have been expected of 1999 AN10, then some 20 million miles away. But in a case like this it is better to utilize hard copies of the Survey exposures, which are also available at most professional observatories. For one thing, there were two separate images, a 12-minute blue-sensitive exposure having been begun shortly after the red-sensitive one was completed. Not only does the paper copy of the red plate show the image somewhat more clearly than does the digitized image, but that of the blue plate shows a very much clearer image. Measurement of the ends of the 1955 trails is not easy, the result in any case being compromised by the fact that the beginnings and ends of the exposures are timed only to the nearest minute.

Nevertheless, despite these shortcomings, the 130-fold increase in the arclength permits a very dramatic improvement in the orbit determination of 1999 AN10. The miss distance on 2027 Aug. 7 will be 0.0026 AU, just the distance of the moon, and therefore now the closest confirmed approach of a sizeable minor planet. For a few hours it should become as bright as eighth magnitude. Its subsequent revolution period of slightly more than 1.74 years completely eliminates the possibility of close approaches in 2044, 2046--and even 2034, when the minimum distance will be comparable to that at the time of the 1955 observations. At the time of the purported 2044 encounter the object will be more than 200 million miles away, on the far side of the sun! The next significant approach after 2027 will not be until Feb. 2076, when the distance is likely to become less than 0.05 AU, although a miss distance as small as 0.008 AU would not be possible. Computations into the past show miss distances of 0.0062 AU on 1946 Aug. 7 and 0.025 AU on 1990 Aug. 8.


(3) New Torino Scale Measures Asteroid Threat(小惑星の脅威を測る新たなトリノスケール)

   * R.Britt explorezone.com
   *July22,1999(NASAのBaalke氏から7月23日配信されたメール)

[日本語要約]

地震にはリヒタースケール(一般にマグネチュドと呼ばれている)があり、 竜巻にはFujita(藤田博士が考案)スケール、ハリケーンには細かい分類がある。 そして今、小惑星にその衝撃の脅威を推定する独自の計測システムを導入した。 科学者、メディア、及び一般社会が小惑星や彗星の潜在的な危険性を評価するのを支援するため、 MITの教授がスケール(尺度)を考案した。そのスケールは地球と衝突のリスクを測るにゼロから 10の範囲で(係数化)している。


[原文]

New Torino Scale Measures Asteroid Threat Earthquakes have their Richter Scale. Tornadoes have the Fujita Scale, and hurricanes fall into neat little categories. Now asteroids have a measurement system all their own, one that estimates the threat of impact. In an attempt to help scientists, the media and the public assess the potential danger of asteroids and comets, an MIT professor created a scale, which runs from zero to 10, to gauge the risk of a collision with Earth. Full story here: http://explorezone.com/archives/99_07/22_torino_scale.htm


(4)訳者の所感
短期間の観測データから、衝突の確率を計算し、一般に公表する意味について、 今回のケースも昨年同様、 慎重にと言う警鐘であろう。特に過去世界中の天文台 で撮影されている膨大なフイルムの情報化 (データベース化とその共有)が必要である事を示した事例であろう。 Peiser氏及びマースデン博士が強く指摘されていた。その意味では小惑星衝突の脅威が係数化されていれば、 不確定な場合でも相対的な危機の程度が客観的に把握出来て便利でろう。今回、それが発表された事は良い タイミングであった。これが定着する事を期待したい。
以上 sobue