[日本スペースガード協会]

ツングースカ探索(続報)


会員の祖父江様からの情報です。
1.Live from Tunguska(ツングスカからの実況):7月24日
2.ツングスカからの続報(Tunguska99 Update - July 26, 1999)
3.Tunguska での最後のオペレーション(Last operations in Tunguska)
4.訳者の所感

*1999年8月7日受付


1. Live from Tunguska(ツングスカからの実況):7月24日

[日本語要約]

セコ(Ceko)湖の探索は順調である。我々はbathymetryを得た。それは深さ 54mと56mの間でファンネル型の湖であった。湖底では大量の木材が堆積されて いたのにも関わらずその堆積物は部分的に集中しており、ボーリングコアを 採取するに自由な広いゾーンが残っていた。 我々は、潜水型TVカメラで 相当の水深まで振り撒かれた植物を見た。水深100mまでの湖底の沈殿物を 地震-音響プロファイル-メーカーで調査した。最初のコアボーリングを する予定である。

今日はまだ、1908年の事件の爆発メカニズムのいくつかの仮説の検証と、 その地域の植物の発展について「Tunguska Natural Reserve」の情報を 与えるために航空写真調査を始めるであろう。

昨日、参加者の多くがヘリコプターで爆発の中心部に移動した。そして GPSで地理座標を測定するため、沼や森林をで約12Km程歩いた。

Tunguskaからいくつかの写真を参照してください!
( http://www-th.bo.infn.it/tunguska/tu99foto.htm )
ボローニャ、1999年7月24日
Tunguska99報道室


[原文]

件名:  Tunguska99 Update - July 24, 1999
                                Press Release
                             Live from Tunguska
                http://www-th.bo.infn.it/tunguska/press2407_en.htm
The exploration of Ceko lake goes on successfully. We have obtained a bathymetry, that shows a funnel-shaped lake with a depth between 54 and 56 m. Even though there are on the bottom large accumulations of trees, these accumulations are sufficiently concentrated and leave free wide zones of the bottom, allowing the core boring.

We have seen, with a submarine tv camera, a strewn vegetation till great depth. We have investigated, with a seismic-acoustic profile-maker, sediments under the bottom of the lake untill 100 m depth. Today and tomorrow we will make first core boring.

Still today, we will begin the aerophotographic survey in order to verify some hypotesis about the explosion mechanism of the 1908 event and to give to the "Tunguska Natural Reserve" some informations about the development of the vegetation in the zone.

Yesterday a large group of participants moved, by helicopter, to the explosion epicenter and walked for about one dozen kilometers in marshes and forests, making measurements of geographical coordinates by means of GPS.

See some photos from Tunguska!
(http://www-th.bo.infn.it/tunguska/tu99foto.htm)

Bologna, 24 July 1999
For the Tunguska99 Press Office
Luigi Foschini


2. ツングスカからの続報(Tunguska99 Update - July 26, 1999)

[日本語要約]

可視光と赤外線の航空写真調査の大部分は7月24日に実施された。 次の数日間、航空機は最後の調査を予定している。

ある科学者グループ爆心地近くの複数のポイントに到達の後、 チコ湖のベースキャンプに戻った。このグループは、衛星システムを 使っていくつかの参照ポイントの地理的な座標軸を測定した。 これらの測定は、この遠征の期間中に撮影された写真で、Kulikの 上空からの視野を比較するに使用される。

 今日、昨日及び一昨日の三日間、チコ湖の湖底からボーリング サンプルのコアを抽出する作業は完了した。22個のコアは、水深10m から50mの間ですでに抽出された。あるコアは長さ180cmあった。

 コア採取のボーリングを行う前に、及び抽出の位置を設定するため、 その湖の位置座標と数カ所の水深が測定された。

ボローニャ、1999年7月26日
Tunguska99報道室


[原文]

                          Tunguska99 Press Release
                               July 26, 1999
                           More news from Tunguska
A large part of the aerophotographic survey, in the visible and infrared range, was carried out on July 24. In the next days the aircraft will make its last survey.

A group of scientists reached several points in the place near the epicenter and came back to the base camp on the Cheko lake. This group carried out the measurement of geographical coordinates of some reference points by using the satellite system. These measurements will be used to compare Kulik's aerial views with photos taken during this expedition.

The day before yesterday, yesterday and today, the works of extraction of core boring samples from the bottom of the Cheko lake were done. 22 cores are already extracted at depths between 10 and 50 m above the water level. Some of these cores are 180 cm long.

Before to do more core boring, in order to locate the extraction places, the geographical coordinates and depths of several points in the lake were taken.

Bologna, 26 July 1999

For the Tunguska99 Press Office
Luigi Foschini


3.Tunguska での最後のオペレーション(Last operations in Tunguska)

[日本語要約]

昨日、1999年7月27日、 より表面の層(湖底から更に2メートル以上の 深さ)の地層の層位を再構築するために、 Cheko 湖のレーダー合成起伏図の 作成が行なわれた。

何枚かの合成図が新方法(多数のカバーにおいて)の手段で陸地から行われた。 それは材料の物理的特性の情報を得ることと、地中の波のスピードを高い精度で 計算することである。

Tunguska 事件の研究で非常に重要で、湖でなされたボーリングのコアの目盛り 付けと非連続帯を見つけるために、分析のあいだ中、陸地と湖の合成図が結び つけられるであろう。

陸地の合成図は永久凍土層(常に凍りついた土壌レイヤ)を調査する目的が あった。最初の合成図によれば、平均深さがおよそ50センチメートルであった。 湖の合成図とのリンクは同じく Cheko 湖で不連続の土壌 / 永久凍土層の可能な 連続帯を見つけるであろう。

合計28本のコアが湖底から採取され、そして italian 研究室で分析されるであ ろう。 我々はTunguska99 科学遠征隊が計画した「本来の場所である」仕事 の スケジュールを 完全に 遂行したと思う。

今日、科学機具とキャンプ用具を荷造をし、明日遠征隊はクラスノヤルスクに移動 するであろう。 そして遠征隊は Il - 18D でモスクワ行きに乗継ぎ、現地時間 7月30日11時にForliに到着の予定である。


[原文]

Yesterday, 27 July 1999, a radar relief of the Cheko lake is carried out, in order to reconstruct the stratigraphy of more superficial layers (depth lower than two metres from the bottom of the lake).

Several reliefs are done from land, by means of a new method (at multiple cover), that allows to get informations about the physical characteristics of materials and to calculate, with precision, the wave speed in the soil.

Land and lake reliefs will be linked during the analysis, in order to locate the discontinuities, calibrated from core boring done in the lake, and of great interest in the study of the Tunguska event.

Land reliefs have also the purpose of studying the permafrost (soil layer always frozen) that, according to first reliefs, it is at a mean depth of about 50 cm. The link with lake reliefs will allow to locate the possible continuation of the discontinuity soil/permafrost also in the Cheko lake.

A total of 28 cores have been extracted from the bottom of the lake, that will be analyzed in italian labs. We think that we have completely carried out the schedule of "in situ" works planned for the Tunguska99 Scientific Expedition.

Today, we pack scientific instruments and camp equipment in order to load the helicopter Mi-26, that will bring the expedition to Krasnoyarsk tomorrow. The expedition will continue to Moscow with an Il-18D. We plan to arrive in Forli' on friday 30 July at 11 local time (more or less two hours).

Bologna, 28 July 1999

For the Tunguska99 Press Office
Luigi Foschini


4.訳者の所感

最新の装備(測定機や分析器)で約2週間の現地調査が実施された。 約90年前に起きた衝撃の全体像をビデオで再生するがごとく明らかに なること、新たな新事実が明らかにされることを期待いしつつ、調査報告の 発表を待ちたい。
sobue
以上