[日本スペースガード協会]

宇宙探査船(DS-1)小惑星 Brailleを訪れ、其の起源の謎を解明!


会員の祖父江様からの情報です。
*1999年8月16日受付


(1) ニュースメール(配信元)

* Successful DS1 Flyby Sheds Light On Asuteroid Mystery
  JPL Univerce , August 6, 1999
  John Watson
* Asteroid eludes camera but yields sccrets
  CNN Interactive , August 3, 1999
  Robin Lloyd ( Senior Wighter)
* Experimental Cfaft Limks Wayfaring Asteroid to Distant Parent Body
  Space Com, August 3, 1999
  Greg Clark ( Staff Writer)


(2) 概要

8月6日、NASAはアメリカの探査衛星(Deep Space1)が小惑星Brailleに 7月29日13;46(日本時間)訪れ、高度26Kmで飛行(Flyby)し、赤外線と 分光観測を行ったと発表した。
観測データの分析結果、Brailleは次のような特徴を持っていることが明らかとなった。

* 長径22Km、短径10Kmのコルクの栓抜きに似た非常に歪な形状で その、自転周期が9日であること。
* 小惑星Vestaと同じ起源であること。
* 軌道が非常に不安定で、約4000年程で、ドリフトして地球近辺に 戻ること。

DS-1の本来の目的は将来の宇宙探査船を開発するため、小型で経済的、 かつ地球のトラッキング(制御)から独立した意思決定と自立運行能力など 備えた宇宙船の新機能を評価することにあった。特に新型のイオンエンジン と自立型ナビゲーションシステム(AutoNav)など12項目の技術テストで、NASA は満足すべき結果であったと発表している。
尚、ミッションは2年間延長され、2001年1月にウィルソン-ハリントン彗星、  その数ヶ月後にボレリー彗星を訪問することが加えられた。


(3) 詳細

3-1:成功したDS1の近接飛行は小惑星の謎を明らかにする
(Successful DS1 Flyby Sheds Light On Asteroid Mystery)

[日本語要約]

差出人: Ron Baalke(送信日時: 1999年8 月10日6:08)
JPLユニバース(1999年8月6日)、J。ワトソン記

 NASA's Deep Space 1 実験宇宙船(DS-1)が成功裏に、ミッション目的を100 パーセント以上の成果で、最新の宇宙自動操縦システムを使用し、日本時間 7月29日午後1時46分、小惑星9969ブライユ(Braille) のおよそ26キロの上空を 飛行した。歓喜したオペレーションチームは歴史的な230号舘内のDS-1オペ レーション統制エリアに返信された予備的なデータを見た。それはAutoNav 自動操縦システムが小惑星Brailleに正面からクローズアップするように 宇宙船を巧みに操縦したことを示していた。

「これは驚く程成功したミッションの劇的なフィナーレである」と Rayman博士、主席ミッションエンジニア兼ミッションマネージャー 代理、語った。「Brailleとの遭遇は我々に12の最新技術のテストと評価を 完了させ、そしてボーナスに若干のエキサイティングな科学上の成果が 得られた。

完全に診断された小さいソフトウェアの障害がDS-1の欠陥検出 ソフトウェアによって検出された。それはいくつかのイベントの 原因となる保護プログラムを起動させた:そのエベントには宇宙船の 緊急でない活動を停止させること、太陽電池を太陽に向けて適応 させること、光と熱に敏感な機器を太陽の方角から離すこと、 新しいコマンドを待ち受ける間は低い利得のアンテナに切り替える ことなどである。

「これはプロジェクトで最も挑戦的な、そして劇的な日で あった」、とRayman が語った。「近接飛行の直前の16時間は、 本当に、本当に面白かった」。我々は安全なイベントにし、 我々はそれから回復した。そしてDS-1の飛行経路を更新するため 弾道修正の策を詰め込むことに成功した。

科学の結果が7月30日金曜日の朝、一連のテレメータのセッションで 衛星送信された。宇宙船の統合化された分光器の赤外線センサーと 画像処理機器からの結果は驚くほど重要であることが分かった。 なぜならデータはNEAであるBrailleと Vesta の間の構成要素の指紋は ほとんど同一であることを示している。そして、Vestaは火星と 木星の間の主要な小惑星帯の大きな小惑星である。

「 VestaとBraille間のこの明確な繋がりは重要な発見である」と Soderblom博士は語った。博士は米国地質調査所に所属し、宇宙船の 統合化された分光器と画像処理機器を使用するDS-1の実験のチーム リーダである。

それで目新しい宇宙船が自身を操縦してBrailleを通りすぎる事で、 技術マイルストーンを追い越しただけでなく、同様にそれは今 科学者が深宇宙の「家系」の謎について思い巡らしているようだ。

科学者が困難な質問と取り組んでいる:Brailleは父親(Vesta) にそっくりなのか、多分ずっと以前に破壊された大きな天体から 放出されて、どこか他の場所を起源とする2人の兄弟なのか?

科学者は宇宙船の赤外線分光器で集めた3組みのデータから彼らの 発見がなされた。スペクトルとよばれたプリズムの様に光を色の 要素に分解する器具から生成されたデータ形は小惑星の異なった 部分を再接近の直後に採取された。

Brailleの長軸は2.2キロと推定され、その短軸は1キロ程である。この 細長い小惑星は不規則な形状であることが予想されていた。そして 再接近の約15分後に撮影された2枚の白黒写真がこれを立証した。

対照的に、Vestaは1807年に発見され、約500キロの直径である。現在まで 発見された4番目の小惑星、Vesta はBrailleと高い視覚反射率又は albedo がよく似ている。事実 Vesta は主流の小惑星帯の中で最も 反射率が高いのである。

近接飛行の調査結果を別として、プロジェクトの科学者はBraille が永遠に 地球の軌道の内や外側に漂流する小惑星の1つで、それが数千年内に地球の 近辺に戻るであろうと決定した。

近接飛行の間に目でみられる画像の形成(白黒写真の撮影)に影響を与えた 明白な目標追尾の問題の診断を継続する。事前の結果は小惑星が非常に 不規則な形状であることと、太陽からの相対的な方位、これらの異常な 状況下のカメラの反応に責任があることを示唆している。

1998年10月24日の打上げで、DS-1はNASAの新千年間プログラム (New Millennium Program)下の最初のミッションで、そして将来の宇宙と地球を観測する ミッションに向けた新しい技術をテストすることにあった。 DSー1でテストされた技術は将来の科学宇宙船をより小型でかつ廉価に、より自立 能力を備え、一層独立した意思決定の能力を持たせることにある。其の結果、 宇宙船が地上管制官からの監視と干渉に頼らないようにすることである。

船内に搭載された12の新技術は、宇宙船の自立型自動運行システム以外の全てが 打上げ以後、完全にテストされていた。小惑星への大接近で、AutoNav は最後の 5パーセントのテストを完了した。科学的成果はこの技術評価ミッションの ボーナスであった。

DS-1の打上げから現在までのミッション状況報告を含めて、その小惑星の近接飛行 プレスキットを次のオンラインで利用できる。
http://www.jpl.nasa.gov/ds1news .


[原文]

Successful DS1 flyby sheds light on asteroid mystery By JOHN G. WATSON NASA's Deep Space 1 experimental spacecraft successfully flew approximately 26 kilometers (16 miles) above the surface of asteroid 9969 Braille at 9:46 p.m. Pacific time Wednesday, July 28 (04:46 Universal Time July 29), using a sophisticated new space autopilot system, exceeding 100 percent of the mission's objectives. An exultant operations team looked on as preliminary data returned to the Deep Space 1 operations control area in historic Building 230, indicating that the AutoNav autopilot system skillfully flew the spacecraft to a face-to-face closeup with asteroid Braille.

This was by far the closest flyby of an asteroid ever attempted and yet one more accomplishment in JPL's long history of encounters with previously unexplored solar system bodies.

"This is a dramatic finale to an amazingly successful mission," said Dr. Marc Rayman, chief mission engineer and deputy mission manager. "The encounter with Braille has allowed us to complete the testing and validation of 12 new technologies and to return some exciting science as a bonus.

"JPL can be proud that one of its missions has now visited the smallest solarsystem body ever targeted."

Ten minutes after the flyby, when the spacecraft signals reached Earth after a 10-minute journey, the team burst into spontaneous applause at the news that the spacecraft was turning back to face the asteroid, a clear signal that the flyby had succeeded.

Making the encounter all the more memorable-and serving as a testimonial to the team's quick ability to think on its feet-was the fact that the spacecraft experienced a "safing" event earlier in the day, starting at about 5 a.m. PDT on July 28 and ending at about 11 a.m. PDT. A small software glitch, now fully diagnosed, was detected by Deep Space 1's fault-detection software, which triggered a protective program that causes several events: the spacecraft halts non-critical activity, orients its solar panels toward the Sun, points light- and heat-sensitive instruments away from the Sun and reverts to its low-gain antenna while awaiting new commands.

"This has been by far the most challenging and dramatic day on the project," said Rayman. "The last 16 hours before the flyby were really, really exciting. We had the safing event, we recovered from it and we managed to squeeze in a trajectory correction maneuver to update Deep Space 1's flight path.

"The entire operations team deserves great praise for its heroic response to an event that otherwise would have eliminated any chance of conducting the encounter," he added.

Science results were downlinked in a series of telemetry sessions through Friday morning, July 30. The results from an infrared sensor within the spacecraft's integrated spectrometer and imaging instrument proved to be startlingly significant, for they showed nearly matching compositional fingerprints between near-Earth Braille and Vesta, a much larger asteroid in the main asteroid belt between Mars and Jupiter.

"This clear link between Vesta and Braille is an important finding," said Dr. Laurence Soderblom, from the U.S. Geological Survey, team leader for Deep Space 1 experiments using the spacecraft's integrated spectrometer and imaging instrument.

Thus the novel spacecraft not only passed a technology milestone by flying itself past Braille, but also it now has scientists pondering a deep-space "family tree" mystery.

Scientists are wrestling with a thorny question: is Braille a chip off the old block, Vesta, or are the two siblings that originated elsewhere, perhaps thrown off a larger body long since destroyed?

The scientists made their finding from three sets of data collected by the spacecraft's infrared spectrometer. Called spectra, a form of data resulting from the instrument breaking light into component colors much like a prism does (usually displayed as graphs), the data sets cover different parts of the asteroid and were taken just after closest approach.

Braille's longest side is now estimated at 1.3 miles (2.2 kilometers) and its shortest side appears to be 1 kilometer (0.6 miles). This elongated asteroid was expected to be irregular, and two black-and-white photographs taken approximately 15 minutes after closest encounter have helped to confirm this.

By contrast, Vesta, discovered in 1807, has a diameter of about 500 kilometers (310 miles). The fourth asteroid ever discovered, Vesta shares with Braille a high visual reflectivity, or albedo. In fact, Vesta is the most reflective of the main-belt asteroids.

Apart from flyby findings, project scientists have determined that Braille is one of the asteroids that drift in and out of Earth's orbit over eons and that it will return to Earth's vicinity within a few thousand years.

Diagnosis of an apparent target-tracking problem that impacted visible imaging (the taking of black-and-white photos) during the flyby continues. Preliminary results suggest that a combination of the asteroid's highly irregular shape, its orientation relative to the Sun and the camera's response under these unusual conditions are responsible.

Launched Oct. 24, 1998, Deep Space 1 is the first mission under NASA's New Millennium Program, which tests new technologies for future space and Earth-observing missions. The technologies that have been tested on Deep Space 1 will help make future science spacecraft smaller, less expensive, more autonomous and capable of more independent decision-making so that they rely less on tracking and intervention by ground controllers.

Of the 12 new technologies on board, all but the spacecraft's autonomous navigation system had been completely tested since launch. With the asteroid encounter, AutoNav finished its last 5 percent of testing. Science return was a bonus for this technology validation mission.

A Deep Space 1 asteroid flyby press kit, along with mission status reports from launch to the present, is available online at http://www.jpl.nasa.gov/ds1news.


3-2; 小惑星がカメラを避けたが、秘密をもたらした
(Asteroid eludes camera but yields secrets)
Lloyd記 (1999年8月3日)

[日本語要約]

(CNN)− 先週NASA宇宙船カメラを避けた栓抜きの形をした小惑星は − 今から4千年以内に地球 に衝突し、大災害の損害をもたらすであろう、と 科学者が火曜日、語った言った。

小惑星BrailleとDS-1との遭遇から返されたデータは、小惑星の軌道が地球と 衝突することに、長い時間に亘って移行することを示した、とSoderblom 、 小惑星の写真を撮り損ねたカメラチームを率いる米国地質調査所 (U.S. Geological Survey) 研究者、が言った。

「およそ4,000年関に、(小惑星の)軌道の変化が、地球の近くに接近する かもしれない確率を増加させて、地球の軌道の中心となる位置に動かされるで あろう。それがY6K 問題になるであろう」、と Soderblom が、千年期 コンピュータバグについて彼の冗談で笑いながら言った。

小惑星科学者Ryan(ニューメキシコハイランド大学)は、小惑星が、燃え 尽きる前に地球の大気を 通過するに十分な大きさで、そして地球と衝突すると 言った。

「差渡し2キロメートルで、何かこのサイズは地球上で本当に大惨事の衝撃で あろう、そして地球全体の(惨事の)帰結をもたらす」、と彼女が言った。 「それは極小さいが、しかし幸か4000年間、この事を心配することとなる。」

Soderblom とRyanはNASAのジェット推進研究所(JPL)からの記者会見 放送で彼らのコメントをした。JPL は1億5200万ドルのDS-1プロジェクトを 監督し、9月にその主要なミッションを終える予定になっている。

薄暗く、ねじれた小惑星がカメラの裏をかく

9カ月の飛行の後、DS-1は木曜日Brailleの16マイル以内にさっと舞い降りた。 それは地球上のジェット旅客機の僅か2倍の高度で飛行し、スペースシャトル の2倍の速度で移動する 。主席ミッションエンジニア、Raymanが語った。

「我々が成し遂げた正確さは、地球でサッカーボールを蹴って、月のゴールを 勝取るようなものである」、と Rayman が言った。

ミッションは12の最新で、いちかばちか(リスキー)の技術のテストであり、 11の技術は何れも非常によく機能を果たした。宇宙船は通常の化学推進剤の 10倍も強力な推力を実現するイオン推進システムによって押し進められた。

DS-1が Brailleと遭遇の時間内に小惑星を見つけ、より接近するよう宇宙船の コースを修正し、次に写真を撮る為、宇宙船の自立ナビゲーションシステムに 頼ろうとしたとき、失敗した。

カメラは遭遇の前の最終の時間にナビゲーションの目の代わりになった、と Rayman は言った。しかし、小惑星がその奇妙な形状のため予期したより 暗かったので、それは遭遇の70分前にBraille を見失った。カメラはその ぼんやりした映像を検出するに十分な感度がなかった。

「それは暗い田舎の道路で自動車を運転する様なもの」、と彼が言った。「もし あなたが周りをちらっと見ただけであるなら、その情報だけに頼ったならば、 あなたの目的地に到達することを期待できない。」

ミッションは期待された全てではないが、小惑星の赤外線とスペクトルの データを返信してきた。

遭遇の15分後に、恐らく、太陽の光を反射するに、逆の角度がもっと 良かったので、カメラは小惑星を発見できた、と Rayman が言った。

「宇宙船が小惑星を通過した直後に、宇宙船はその標準トラッキングモード 切り替え、そして非常に複雑なターンで宇宙船の方向を転換し、ポインティングは 機能を失っていたが、それは写真とスペクトル両方を集めた」、と彼が言った。

遭遇の6時間前迄に、宇宙船が不意にそれを「安全」モードにした後、フライト・ エンジニアは宇宙船を救うため死に物狂いに働いた。エンジニアが後にデータの 収集を可能とした DS1 のソフトウェアの「英雄的な」 reconfiguring を 行った、とRayman が言った。

「小惑星の近辺でイオンを検出するよう設計されている機器は何も検出しな かった」と、プロジェクト科学者、Nelson は50ヤード離れた場所からボウリング ボールの匂いをかぐ努力と比較して語った。

アリゾナ (Arizona) サイズの小惑星の従兄弟

遭遇からの分光データが小惑星の成分が、地球に落下し、実験室で精通している 若干の隕石と同様、 Vesta という巨大な、よく知られている小惑星のそれに 非常に近いことを示す、と USGS の Soderblom が言った。

2番目に最も大きい識別された小惑星であると思われいるVesta は、アリゾナ程の 大きさで差渡し500キロもあり、そしてコアと地殻を持つ小惑星の少数派の 一つである。殆どの小惑星がちょうど鉱物と岩の寄せ集めである。

小惑星科学者Ryan と Soderblom はBrailleが Vesta から叩き出されたと考えてい る。 しかし火星と木星の間にある小惑星ベルトに、 Vesta が残留する間に、どのように より小さい岩が地球に接近する軌道になったのかを学ぶことはまだこれからである。

宇宙船から13,000から14,000キロにあるBrailleについてとられたイメージが小惑星のはっきりしない写真を公開するためにマージされ、そしてエンジニアがそのイメージを栓抜き形に変換した。

「これは本当に不規則な形状の天体であり、そしてあなたが農業祭で得られるねじれ た風船の仮説の視点に導いた」、と Soderblom が言った。

科学者はBrailleの幅が約1キロで、自軸で9日毎にゆっくり自転していると考えてい る。

我々の太陽系の構成と進化について非常に基本的な事について、理解することに大 変 興奮していると、Ryanは語った。「衝突は我々の太陽系で非常に普通のプロセスであ る。 これは衝撃モデルの巨大な実験室のようである。

フライト・エンジニアが、金曜日にすい星Wilson - Harringtonに向けてDS-1のイオ ン 推進エンジンを点火した。そして宇宙船は2001年1月にその彗星まで飛行し、 数カ月後にすい星 Borrelly を通過するのに(飛行を)継続するであろう。 NASAは近接飛行を監督し、データ収集を保証するミッションオペレーターに支払 う べき費用をまだ割り当てていない。

Wilson-Harrington 彗星は1949年に最初に発見されたときは彗星に似ていたが、現 在では 汚れた雪だるまより乾いた小惑星に似ているので科学者の興味をそそっている。

Rayman は2つの来たるべき目標が明るくて、科学者がよく理解しているので、 宇宙船のカメラが彗星を検出することがより容易である、と言った。


[原文]

Asteroid eludes camera but yields secrets
By Robin Lloyd(CNN Interactive Senior Writer )
August 3, 1999 Web posted at: 5:16 p.m. EDT (2116 GMT)

(CNN) -- A corkscrew-shaped asteroid that dodged a NASA spacecraft camera last week could crash into Earth four millennia from now and cause catastrophic damage, scientists said Tuesday.

Data returned from Deep Space 1's encounter with the asteroid Braille showed that its orbit will shift over time such that it could collide with Earth, said Laurence Soderblom, a U.S. Geological Survey researcher who heads up the camera team that failed to photograph the asteroid.

"It'll be driven in to a point in about 4,000 years where its oscillations will be centered on the Earth's orbit, increasing the probability that it may have near approaches to the Earth and could become the Y6K problem," Soderblom said, chuckling at his joke about the millennium computer bug.

Asteroid scientist Eileen Ryan, with New Mexico Highlands University, said the asteroid is big enough that it would make it through the Earth's atmosphere before burning up and crashing to Earth.

"Something this size, two kilometers (across), would really be a catastrophic impact on the Earth and could cause global consequences," she said. "It's tiny, but luckily we have 4,000 years to worry about it."

Soderblom and Ryan made their comments at a news conference broadcast from NASA's Jet Propulsion Laboratory. JPL oversees the $152 million Deep Space 1 project, set to conclude its primary mission in September.

Dim, twisted asteroid foiled camera

After a nine-month journey, Deep Space 1 swooped on Thursday within 16 miles of Braille, flying only twice as high as a commercial jet would over Earth but traveling twice as fast as the space shuttle, said chief mission engineer Marc Rayman.

"The accuracy we achieved would be like kicking a soccer ball on the Earth and scoring a goal on the moon," Rayman said.

The mission was a test of 12 advanced, risky technologies, 11 of which functioned quite well. The spacecraft is pushed along by an ion propulsion system that achieves thrusts 10 times more powerful than conventional chemical propellants.

The failure came when Deep Space 1 tried to rely on its autonomous navigation system within hours of its encounter with Braille to locate the asteroid, correct the craft's course to pull in close and then photograph it.

The camera doubled as a navigation eye in the final hours before the encounter, Rayman said, but it lost track of Braille 70 minutes before the encounter because the asteroid was more dim than expected due to its odd shape. The camera was not sensitive enough to pick up its faint reflection.

"It's like driving your car down a dark country road," he said. "If you only glimpse your surroundings, you can't expect to reach your destination based on that information."

The mission returned some infrared and spectral data on the asteroid but not all that was hoped for.

Fifteen minutes after the encounter, the camera detected the asteroid, probably because it had a better reverse angle for reflecting sunlight, Rayman said.

"Right after the spacecraft flew past the asteroid, it switched back to its normal tracking mode and turned the spacecraft in very complex turn, and the pointing was dead on and it collected both pictures and spectra," he said.

Up to six hours before the encounter, flight engineers worked frantically to rescue the spacecraft after it unexpectedly put itself in a "safe" mode. Engineers performed a "heroic" reconfiguring of DS1's software that made possible the data that were collected later, Rayman said.

An instrument designed to detect ions near the asteroid detected none, said project scientist Robert Nelson, who compared the effort to smelling a bowling ball from 50 yards.

Cousin of Arizona-sized asteroid

Spectroscopic data from the encounter show that the asteroid's composition is remarkably close to that of a huge, well-known asteroid called Vesta, as well as some meteorites that have fallen to Earth and been studied in laboratories, the USGS's Soderblom said.

Vesta, thought to be the second largest identified asteroid, measures 500 km (310 miles) across -- about the size of Arizona -- and is one in a minority of asteroids with a core and crust. Most asteroids are just a jumble of minerals and rocks.

Asteroid scientist Ryan and Soderblom think Braille was knocked from Vesta but have yet to learn how the smaller rock came to have an orbit that approaches Earth while Vesta remains out in the asteroid belt between Mars and Jupiter.

Images taken of Braille 13,000 to 14,000 km from the spacecraft were merged to reveal a fuzzy picture of the asteroid and engineers translated that image into a corkscrew shape.

"This is really an irregular shaped object and led to the hypothetical view of a twisted balloon you'd get at the county fair," Soderblom said.

Scientists think Braille is about 1 km wide and rotates slower on its own axis than most asteroids -- once every nine days.

"This is very exciting for understand very basic things about our solar system formation and evolution," Ryan said. "Collisions are a very common process in our solar system. This is like a giant laboratory impact model."

Flight engineers turned on Deep Space 1's ion propulsion engine Friday to push it toward comet Wilson-Harrington, which it will fly by in January 2001, continuing on past comet Borrelly several months later. NASA has yet to allocate money to pay for mission operators to oversee that fly-by and ensure that data are collected.

Wilson-Harrington intrigues scientists because it resembled a comet when first discovered in 1949 but now looks more like a dry asteroid than the a "dirty snowball."

Rayman said the two upcoming targets are brighter and better understood by scientists so it will be easier for the spacecraft's camera to detect them.


3-3 ; 実験的宇宙船が放浪する小惑星と遠くの親とを結び付けた
(Experimental Craft Links Wayfaring Asteroid to Distant Parent Body)
グレッグ・クラーク (Greg Clark) 記
8月 (Aug) 03 1999年15:45:53 ET

[日本語要約]

先週新たに名付けられた小惑星Brailleを通過したDeep Space1(DS-1)宇宙 船は、小惑星帯で最大の1つと、そして地球 (Earth) 上で採取された隕石及び極 小さく不規則な形状のBrailleとを結びつけて、小惑星の構成要素についての驚く べき情報を科学者にもたらした。

DS-1の分光カメラによって返信されたデータはBrailleが火星 と木星 の間に ある小惑星ベルトで太陽を公転する巨大な小惑星 Vesta と比べて同じ要素で構成 されていることを示していると、今日NASAのジェット推進研究所、プロジェ クト科学者が発表した。

Braille と Vesta は完全に異なる軌道にあり、以前はお互いに関わりを持たない ように思われたから、その発見は注目に値した。 Braillehは火星の軌道の内側を 通過する特異な軌道にある。 それ自身のユニークな化学成分は、地上で発見された 隕石のおよそ6パーセントと同じであり、指導的な科学者は2つの小惑星と隕石が 共通の起源を共有すると結論を下した。

「これは言わば3冠を勝ち取るようなものである」、とDS-1のプロジェクト科学者、 B. Nelsonが語った。写真は千語の価値があるといわれ、同様にスペクトルは 1千枚分の写真と同じ価値があった。

宇宙船はBraille の(解像度の)良い写真が得られなかった。実際に宇宙船は ごく小さい、倒れている岩をほとんど完全に見失った。なぜならBrailleを発見 することに問題があったからである。Braille は差渡し2.2キロの長さの長方形 をした小惑星である。DS-1科学チームのカメラ -分光器グループのリーダ、 Soderblom は その形状が奇妙にねじれたカーニバル用風船− ピエロや奇術師に よって使われた種類 −と比較した。

Braille はそれほど小さいので、宇宙船のカメラは最接近の2日前までそれを 検出することができなかった。宇宙船のコンピュータが岩を発見したとき、 そこに在ると計算していた位置から400Km離れていた、と Soderblom が語った。 これは後方となった薄暗くて小さな小惑星に宇宙船の科学器具を向けるため 緊急にミッションコントローラを送信した。彼らはきわどくこれを達成した、 しかしただ宇宙船が増速してBrailleから離れようとしていたときであった。

BrailleとVesta がこの様な同類の材料で構成されているという発見は科学者を Brailleと小惑星ベルトの同様に構成された他の小惑星が、実際 Vesta の一部で あると推測するように仕向けている。DS-1科学チームのメンバーで、テネシー 大学の地質学者、Brittは space.com とのインタビューで、BrailleとVesta が 同じ起源を共有することは「かなり確かである」と言った。

Vesta は内惑星のそれに類似している複雑な地質学の歴史を持っているほとんど 球形の小惑星である。その表面は科学者が信じているが、溶けて内部から流れ出た 玄武岩の岩で構成されていた。

「 Vesta がこの特定の(化学物質)の署名ではるかに最も大きな小惑星 である」、と Britt が言った。「そして他のものはそれらが多分 Vesta の破片であり得たほど十分小さい。」

破片はもう1つの小惑星で激しい衝突でVestaから打壊されることが出来た はずである、と Britt が言った。彼は、Vesta の表面がこのような一貫 した成分を持っているから、Vesta とBrailleがそれぞれ別々の大きな 親天体から来たことはありそうもないと言った。もし Vesta がいずれかの より大きな天体の破片であったなら、それは、その表面の大きい地域が サインを示すという状態で、異なった状態 − 表面 volcanism ではなく− の下でできたことについてのずっとより大きい変化を示すであろう。

Vestaは激しい衝突の結果生じた大きな衝撃クレータの傷跡ーを纏っている。 その大惨事の衝突は何百万年も後に、隕石が地球への道筋を見いだし、そして Brailleの軌道が内部の太陽系に、物質を噴出することができたはずである。

Braille の成分の上出来の分析は小惑星と太陽系の歴史を理解することに注目 すべきステップである、と Britt が言った。小惑星という名前のおよそ11,000 個から、科学者が全体の5パーセントの成分を理解している、と彼が言った。

この科学的な成果はDS-1にとって大きなボーナスであった。ミッションの主要な 目的は小惑星を調査することではなく、イオン推進力と自立したナビゲーションを 含めての実験的な技術一式をテストすることであった。ミッションは目標を必要と したので、Braille はほとんど任意に選択された、と Britt が言った。

その技術の多くの有効性を証明し、宇宙船の主要なミッションは完了しているが、 しかし宇宙船は第2の活躍の場を得るかもしれない。

NASAはもう2年間ミッションを延長することに決定した。DS-1が2001年に既に 2個のすい星の近傍を通過するよう、仕向けられている。もしそのミッションが 延長されるなら、宇宙船はそれらのすい星を調査することが可能であるであろう。 その内の一つは科学者が極めて少ししか知らないプロセスで小惑星に進化した。


[原文]

Experimental Craft Links Wayfaring Asteroid to Distant Parent Body
By Greg Clark(Staff Writer)
Aug 03 1999 15:45:53 ET

The Deep Space 1 spacecraft, which passed the newly-named asteroid Braille last week, has provided scientists with surprising information about the asteroid's composition, linking the tiny, irregularly-shaped Braille with one of the largest bodies in the asteroid belt, and to meteorites collected on Earth.

Data returned by the Deep Space 1's spectrographic camera shows that Braille is composed of the same elements as the giant asteroid Vesta, which orbits the Sun in the asteroid belt between Mars and Jupiter, project scientists announced today from NASA's Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.

The finding is notable because Braille and Vesta are in completely different orbits, and previously seemed to have no connection to one another. Braille is in an eccentric orbit that passes inside the orbit of Mars. Its own unique chemical composition is shared by about 6 percent of the meteorites found on Earth, leading scientists to conclude that the two asteroids and the meteorites share a common origin.

"This is sort of like winning the triple crown," said Deep Space 1's project scientist Bob Nelson. "It is often said a picture is worth a thousand words, well in this case, a spectrum is worth a thousand pictures. "

The spacecraft didn't get any good pictures of Braille. In fact, it almost completely missed the tiny, tumbling rock, because it had trouble finding it. Braille is an oblong asteroid that measures only 1.5 miles (2.2 kilometers) from end to end. Larry Soderblom leader of the camera-spectrometer group for the Deep Space 1 science team compared its shape to an oddly twisted carnival balloon -- the kind used by clowns and magicians.

So small is Braille, that the spacecraft's cameras couldn't even detect it until two days before closest approach. When the spacecraft's computer did find the rock, it was about 250 miles (400 kilometers) away from where it had been calculated to be, Soderblom said. This sent mission controllers scrambling to aim the craft's scientific instruments back at the dim little asteroid. They accomplished this in the nick of time, but only as the craft was speeding away from Braille.

The discovery that Braille and Vesta are composed of such similar material is leading scientists to speculate that Braille, and other similarly-composed asteroids in the asteroid belt, are in fact parts of Vesta. Dan Britt, a geologist at the University of Tennessee at Knoxville who is a member of the Deep Space 1 science team, said in an interview with space.com that it is "pretty certain" that Braille and Vesta share the same origin.

Vesta is a nearly spherical asteroid with a complex geologic history similar to that of the inner planets. Its surface is composed of basaltic rock that scientists believe was flowed from a molten interior.

"Vesta is by far the largest (asteroid) with this particular (chemical) signature," Britt said. "And the others are small enough that they could arguably be fragments of Vesta."

The fragments could have been smashed off Vesta in a violent collision with another asteroid, Britt said. He said it is unlikely that Vesta and Braille each came from some larger parent body because the surface of Vesta has such a consistent composition. If Vesta had been a fragment of some larger body,it would show much greater variation, with large regions of its surface showing signs of having formed under different conditions -- not surface volcanism.

Vesta even wears a scar -- a large impact crater that resulted from a violent collision. That catastrophic crash could have ejected material that millions of years afterward has found its way to earth as meteorites and into the inner solar system where Braille orbits.

The successful analysis of Braille's composition is a noteworthy step toward understanding the history of asteroids and the solar system, Britt said. Out of some 11,000 named asteroids, scientists understand the composition of only about 5 percent, he said.

This scientific work is a big bonus for Deep Space 1. The mission's primary objective was not really to study the asteroid at all, but to test a suite of experimental technology, including ion propulsion and autonomous navigation. Braille was chosen almost at random, Britt said, because the mission needed a target.

Having demonstrated the validity of much of that technology, the spacecraft's primary mission is over, but it may get a second life.

NASA could decide to extend the mission for another two years. Deep Space 1 is already aimed to pass by two comets in 2001. If its mission is extended, the craft will be able to study those comets, one of which may be evolving into an asteroid -- a process which scientists know very little about.


(4) 訳者の所感

科学上の新しい発見は非常にエキサイティングなことである。このDS-1の 探査による新発見は、小惑星の起源について、回答と同時に新たな謎が 生まれた。このジャーニィの成果が詳しく発表されることを期待したい。 また2001年には DS-1がWilson-Harrington 彗星を訪ずれる予定。その ヴェールを剥いで、真の姿を撮えることを楽しみとしたい。