[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Aug  31 )


会員の祖父江様からの情報です。
*1999年8月31日受付


今週は次の3件のニュースをお送りします。
(1) 地球は歴史的に彗星に乱打された
   (Earth battered through history by comets)
(2) DP-1続報(Deep Space 1 Mission Log)
(3) 小惑星1999JM8のレーダ像(NEW RADAR IMAGES OF ASTEROID 1999 JM8)


1.概要

  ”地球史は彗星に乱打された。Earth Battered Through History by Commet” は過去6千年間、5回ほど彗星が何らかの気候変動に影響を与え、文明の盛衰に 影響を与えているという報告で、San Jose Marcury紙に掲載された記事です。 「最近の証拠で大量絶滅が彗星や小惑星の衝撃と同時に起きたという結論」を支持す る研究者が増えつつあり、同時に「天体からの衝撃が生命の進化に大きな影響を与え た」、とてダービンの進化論の一部見直しがあると報じている。
 「レーマン博士のDP-1の任務ログ(Mission Log)はDP-1についてNASAが発行して いる報告の一つで、今回の報告は探査船DP-1が小惑星Brailleに遭遇してから彗星 Borrellyに向かうまでの経緯と飛行について述べている。
 小惑星 1999 JM8のレーダイメージは、最接近したおり大電波望遠鏡でその姿を捉 えた報告で、そのイメージは歪な形状をしている。


2.詳細

2─1 地球は歴史的に彗星に乱打された

* 件名: 地球は歴史的に彗星に乱打された
       Earth battered through history by comets
* ニュース元:サンノゼ・マーキュリー・ニュース、1999年8月17日(火曜日)
* 著者:R、ボイド記者(マーキュリー・ニュース・ワシントン事務所)

[日本語要約]

地球は、歴史的に彗星に乱打され、衝突が地球規模の危機と、大量絶滅を 引き起こしたと研究者が語った。

ワシントン発--最近の科学の発見は、エジプト、バビロンやローマの様な偉大な 帝国が、人類の歴史に区切りをつけた周期的な暗黒時代になって、何故崩壊した のか理由を明らかにしている。

過去6,000年の間に最低5回、主な環境災害は、世界中の文明の土台を壊した。 ある研究者はそれらの災害が、5年前の夏、彗星が分裂して木星に見事衝突した様に 彗星や彗星の破片との衝突に関係することが明らかとなったと語った。

数メガトンの爆発エネルギーを生成する衝突は何年間も地球の周りを回る煙や塵の 巨大な雲を生み出し、太陽を薄暗くして、温度を低下させて、飢餓、病気、および 死を拡散した。

●将来のための警告
(この)発見は科学者や歴史家の過去を見る視点を変えている。そして我々の未来の 世紀に惑星で何が起きるのかについて警告を発している。

いちばん最近のこのようなグローバルな危機は、地球が宇宙の残骸の群れに 打たれた時、紀元530年と540年、ヨーロッパの暗黒時代の初期に起きた。

まさに出版直前の本「大災害、太陽が消えた日」でイギリス人歴史家キーは、 紀元535年に始まった2年間の長い冬について述べている。 カリフォルニアからアイルランドやシベリアまで木は成長を止めた。 収穫は出来ず、疫病や凶作でイタリア、中国及び中東では10人に一人が倒れた。

キーは、6世紀のシリア人主教、エフェソスの著作を引用して、「太陽は暗くなっ た。 それぞれの日々は約4時間日が出て、そして其の光は単に弱々しい影だった。 同時代のイタリア人の歴史家、Cassiodorusは、書いた:「我々は、正午に体の影が 見られないことに驚いた。我々は熱くない夏があった。」更に同時代の中国人 年代記編者が伝えるところでは、「黄色い塵の雪が雨の様に降った。」

研究者は、同様な環境災害が紀元前3200年、紀元前2300年、紀元前1628年、 および紀元前1159年に起きたと言っている。それぞれは、地球で広く散在 する部分で都市社会の崩壊に至った。

人類文明の夜明け以来、地球に災いをもたらした自然災害は破壊的であり、 しかし、有史以前の時代の本当に巨大な大災害と比較すれば空気銃の様な ものである。

●化石からの学習
その当時生存していた殆どの生物種を一掃した最低5回の巨大な事象がある ことを化石の記録が示している。 最も知られたものは、6500万年前に今のメキシコ湾に衝突した直径10Kmの 隕石であった。 衝突は砂塵の雲で惑星を取り巻き、大気を有毒にして、当時地球の支配者であった 恐竜を絶滅させた。衝撃で生成された少なくとも直径160Kmの巨大なクレータの 痕跡が1990年に発見された。

それさえも、地球が被った最も大きい打撃でなかった。生物種の90%を一掃した すべての絶滅の母は約2億4500万年前に起きた。古生物学者は、他の大量絶滅が 約2億1400万と4億4000万年前に起きたと言っている。

証拠が議論されているが、多くの研究者は地球環境の災害の全部では無いが殆どは 宇宙からの爆撃に関連があると主張している。

「最近の証拠は大量絶滅が彗や星小惑星の衝撃と同時に起きたという結論に収斂して おり、銀河系銀河を通過する太陽系の運動によって引き起こされた周期的な彗星の シャワーが衝突に関連する大量絶滅を説明するための一般の理論を提供するかも しれない」とニューヨーク大学の地質学者、Michael Rampino博士は、語った。

「衝突の後、衝突によって作り出された濃い塵雲は大気中に拡散し、日光を遮ったと 博士は言った。「このことは光合成を止めて、気候の寒冷化と暗黒化をもたらし 非常に多くの有機体の大量絶滅に結びついた。

これらの災害は犠牲者にとって大変であったが、生存者には繁栄と多様化を--人類に とっては世界を取り仕切る道を切り開いた。

我々哺乳動物は、恐竜を含めて人類の競争相手の殆どを一掃した約6500万年前の衝 突で地球の食物連鎖の頂点を占めたことは人類の卓越した能力に負うかもしれないと Donald Yeomans、彗星及び小惑星を追跡するNASAの天文学者、が語った。

これらの発見は、改訂進化論に重点が移っている。 140年前にシャルル・ダーウィンが提案した”生命が連続したごく小さい変化によっ て少しづつ進歩するのでなく、一連のスタート及びストップで発展したと、生物学者は 今、信じている。彼らはそれを”区切りをつけられた進化”と呼んでおり、規模が大きな 絶滅で中断された遅い発展の時期と、回復期である。

「それは、何百万年を要するかもしれない、しかし、新しい有機体が空白となった すべての新しいニッチを満たすので、全く新しい生物圏が作り出される、と Rampinoは説明した。

この大異変の進化論をサポートする証拠は、多くの関係筋から集められている。 ヨーロッパや北アメリカで樫や松の年輪の研究で過去5000年間に良い時代や 悪い時期を一年毎の年代記が利用できる。極めて狭い成長リングは、人の大被害と 一致した環境が後退した証明である。

最近グリーンランドや南極の氷河から採取された氷のコアは、過去400,000年間の 環境変化の記録を保存している。

深海底の掘削や陸上の探査で、アリゾナの幅1.6KmのMeteor隕石クレーターの様な 150個所以上の衝突クレーターが発見されており、地球が宇宙からしばしば爆撃の 目標となった実証でもある。 毎年3〜4個のクレータが発見されており、それより多くは地下や海底に埋められ ているように思える。

●今の時期静かだ
NASAと空軍は、我々の惑星と衝突コースにある彗星や小惑星を捜し求めている。 幸運にも、危険なサイズ--直径1Km以上と随意に定義されたものは--少なくとも 次の1世紀の間、我々向かってくるものはなかった。しかし、天文学者は、大きな 衝突が避けられないと言っている。 「地球は、現在不活発な時期を楽しんでいる、とボストン大学地質学者 Shochは、 言った。「しかし、紀元2200年ごろに、彗星の破片の新しい流れが地球を横切る 軌道に入り我々の惑星に現実の脅威となることがありそうだ。

明らかに、物体が大きくなるほど、速度が速くなるほど、より大きな被害をうけ る。 直接の衝突は必要でない。 単に内太陽系で散乱している宇宙の瓦礫の流れの1つを通り抜けることは、 不愉快な結果となるであろう。

歴史時代の文明を破壊する出来事はニアミスであったであろう。何故ならば 過去10,000年程の間に本格的な彗星と衝突しているならば、我々は今日ここに いないであろう、と年輪を研究するイギリス人の考古学者 Baillieは言った。


[原文]

WASHINGTON -- Recent scientific discoveries are shedding new light on why great empires such as Egypt, Babylon and Rome fell apart, giving way to the periodic ``dark ages'' that punctuate human history.

At least five times during the last 6,000 years, major environmental calamities undermined civilizations around the world. Some researchers say these disasters appear to be linked to collisions with comets or fragments of comets like the one that broke apart and smashed spectacularly into Jupiter five years ago this summer.

The impacts, yielding many megatons of explosive energy, produced vast clouds of smoke and dust that circled the globe for years, dimming the sun, driving down temperatures and sowing hunger, disease and death.

●Warning for future
The discoveries are changing the way scientists and historians look at the past -- and offer a warning about what might happen to our planet in centuries to come.

The last such global crisis occurred between AD 530 and 540 -- at the beginning of the Dark Ages in Europe -- when Earth was pummeled by a swarm of cosmic debris.

In a forthcoming book, ``Catastrophe, the Day the Sun Went Out,'' British historian David Keys describes a two-year-long winter that began in AD 535. Trees from California to Ireland to Siberia stopped growing. Crops failed. Plague and famine decimated Italy, China and the Middle East.

Keys quotes the writings of a sixth-century Syrian bishop, John of Ephesus: ``The sun became dark. . . . Each day it shone for about four hours and still this light was only a feeble shadow.'' A contemporary Italian historian, Flavius Cassiodorus, wrote: ``We marvel to see no shadows of our bodies at noon. We have summer without heat.'' And a contemporary Chinese chronicler reported, ``Yellow dust rained like snow.''

Researchers say similar environmental calamities occurred around 3200 B.C., 2300 B.C., 1628 B.C. and 1159 B.C. Each led to the collapse of urban societies in widely scattered portions of the globe.

Destructive as they were, the natural disasters that have plagued Earth since the dawn of human civilization are but popguns compared with the truly titanic catastrophes of prehistoric eras.

●Learning from fossils
There have been at least five of these monster events, each of which wiped out most of the creatures living at the time, the fossil record shows.

The best known was a six-mile-wide meteor that smashed into what is now the Gulf of Mexico 65 million years ago. The collision wreathed the planet in clouds of dust, poisoned the atmosphere and drove the dinosaurs, then rulers of the Earth, into extinction. Traces of the enormous crater, at least 100 miles across, created by the impact were found in 1990.

Even that wasn't the biggest blow the Earth has suffered. The mother of all extinctions, which wiped out 90 percent of living species, happened about 245 million years ago. Paleontologists say other mass extinctions occurred about 214 million, 360 million and 440 million years ago.

Although the evidence is debated, a growing number of researchers contend that most, if not all, of these ecological disasters are connected to bombardments from space.

``Recent evidence is converging on the conclusion that mass extinctions coincided with comet or asteroid impacts, and that periodic comet showers, triggered by the solar system's motions through the Milky Way galaxy, may provide a general theory to explain impact-related mass extinctions,'' said Michael Rampino, a geologist at New York University.

``After an impact, the dense dust cloud that is created by the impact spreads through the atmosphere, cuts out sunlight,'' Rampino said. ``This stops photosynthesis and causes the climate to get cold and dark, leading to the mass extinction of large numbers of organisms.''

These disasters, while terrible for their victims, opened the way for the survivors to flourish, diversify and -- for humans -- take over the world.

``We mammals may owe our pre-eminent position atop the Earth's food chain to a collision some 65 million years ago that wiped out most of our competition, including the dinosaurs,'' said Donald Yeomans, a NASA astronomer who tracks comets and asteroids.

These discoveries are lending weight to a revised theory of evolution. Instead of proceeding gradually by a series of tiny changes, as Charles Darwin proposed 140 years ago, life developed in a series of starts and stops, biologists now believe. They call it ``punctuated evolution,'' periods of slow development interrupted by wholesale extinctions and recoveries.

``It may take millions of years, but as the new organisms fill all the new niches that were emptied out, a whole new biosphere is created,'' Rampino explained.

Evidence supporting this catastrophic theory of evolution is accumulating from many sources:

Studies of oak and pine tree rings in Europe and North America provide a year-by-year chronology of good times and bad dating back 5,000 years. Extremely narrow growth rings are testimony to environmental setbacks that coincide with human catastrophes.

Ice cores recently pulled out of glaciers in Greenland and Antarctica preserve a record of environmental changes over the last 400,000 years.

Deep ocean drilling and surveys on land have detected more than 150 impact craters -- like the mile-wide Meteor Crater in Arizona -- demonstrating that Earth has been the target of frequent bombardment from space. Three or four craters are discovered each year, and many more are thought to be buried underground or in the sea.

●Quiet period now
NASA and the Air Force are searching for comets and asteroids that might be on a collision course with our planet. Fortunately, nothing of a dangerous size -- arbitrarily defined as more than a kilometer (0.6 miles) in diameter -- has been spotted heading our way for at least a century. But astronomers say a major impact is inevitable.

``Earth is currently enjoying a quiescent period,'' said Robert Shoch, a Boston University geologist. ``But around 2200 AD, it is likely that a new flow of comet fragments will enter Earth-crossing orbits and pose a real threat to our planet.''

Obviously, the bigger the object and the faster it travels, the more damage it causes. A direct hit is not required; simply passing through one of the streams of cosmic rubble littering the inner solar system can have unpleasant consequences.

The civilization-shattering events of the historic era ``must have been near misses, because if we had been hit by a full-blown comet in the past 10,000 years or so, we wouldn't be here today,'' said Mike Baillie, a British archaeologist who studies tree rings.


2─2 Deep Space 1続報

* 件名: マルク・レーマン博士のDP-1の任務ログ
     Dr. Marc Rayman's Deep Space 1 Mission Log
* 著者: マルク・レーマン博士(NASA)
* 発行日:1999年8月22日

[日本語要約]

DP-1の任務ステータス情報サイト(mission status information site) を 訪れてくれてありがとう。というのも、300日以上に亙って、この太陽系探検 任務に関する情報について、銀河系銀河面の近辺で、居住可能な惑星で最も 人気があるサイトである。
このメッセージは8月22日(日曜日)1:45 pm(太平洋標準時)に記述された。

高いリスクではあるが、多大な成果が得られる技術を評価する、DP-1の任務は 完了した。
将来の任務が新しいシステムの一号ユーザーであることの費用負担とリスクに 直面する必要がないように、DS1は12種類の高度な技術を評価をした。未来の 任務がそうする必要がないように、DS1はリスクを被る(事を選んだ)。そして 任務は技術を評価する当初のチャレンジ目標を達成したので、次に科学を 実践する内容に方向を転換した。

技術評価の実績と小惑星と遭遇したボーナスなどの証拠(信用)をもって DS1は9月18日にその任務を終了する予定であった。しかし今月初めに、NASAは、 その任務の延長を承認した。

考慮しておくべき重要なことは、最近、下院の委員会でNASAの資金を削減する ことを可決したこと、及びNASAの予算に(削減の)危機が存在する限り、この ミッションの継続が危機にさらされるであろう。予算に関し、議会の論議は 完了していない。もしその結果がNASAにとって好意的でなければ、DS1や 多くの重要でかつ魅力的な宇宙プロジェクトは幕引きとなるかもしれない。

しかし、もし資金が利用できれば、DS1はその高度技術と小惑星Brailleと 遭遇の経験とを組み合わせて、2001年に彗星との2回の非常に魅力的な遭遇を 管理出来よう。この件について、前回の報告で述べた(註1)。 この要請に備えるため、小惑星を通過した一日半以内に、DS1はAutoNavが しっかりと舵とって、そのイオン推進システムの推力を再開した。

それは彗星ウィルソン-ハリントンへの途上であり、宇宙船は1.5年以内に到達 するであろう。先月の小惑星Brailleとの会合から彗星ウィルソン-ハリントン との会合点まで、DS1は宇宙を約19億キロ(11億マイル)以上を移動する。 その宇宙の旅は、ほとんどの時間をそのイオン推進システムの推進力を受けて 太陽の回りを一公転する。今迄のログ(Mission Log)に忠実な読者は知っている が、イオン推進システムはそれ自身が、驚くほど効率的なことを証明した。

2001年9月に、DS1は定期的に内側の太陽系を訪れる最も活動的な彗星の 一つである彗星Borrellyを通過して飛行するであろう。

太陽からDS1の現在の距離で、毎日イオン・エンジンは、宇宙船を僅か時速24Km とその速度を変化させるに充分な推力を加えた。しかし、くる日もくる日も、 絶妙に穏やかな推進力の効果を積み重ねていった。その任務の9ヶ月間の技術評価 の段階で、イオン推進システムは合計2.5ヶ月の間、推進力を与えた。それはこの 重要な技術評価と小惑星Brailleとの遭遇に向けてDS1を推進するのに十分であった。 全行程で、イオン推進システムはキセノンを11.5 kg(約25ポンド)だけ消費した。 しかもその安定した推力は宇宙船の速度を時速2400Km以上に増速するに十分で あった。太陽を回るDS1の軌道は地球からBrailleまで6億キロ以上 (約3億7500万マイル)を要した。

宇宙船は約3週間程推進されており、更に来年の中頃まで前方に、16ヶ月の間、 動力飛行をする。そのとき迄に、宇宙船は残り69 kgのキセノンの全量又は殆どを 消費するであろう。その推進力の累積効果は、宇宙船の速度を秒速4Km (時速1万4400Km)増速するのに充分である。このことは2個の彗星 と計画的に会合し、探索するであろう。ごく小型の宇宙探査機は、それが彗星 Borrellyに達する時までに太陽の回りを、更に18億キロ以上を進むであろう。

DP-1は、地球から太陽迄の距離より約38 %も遠く、月の538倍も遠い。 2億500万キロ(1億2800万マイル)の距離で、ラジオの信号(電波)は往復に 約23分もかかる。

  (註1:8月8日のMission Log ?と推測、未翻訳)


[原文]

          Thank you for visiting the Deep Space 1 mission status
          information site, for over 300 days the most popular site
          on any habitable planet in or near the plane of the Milky
          Way galaxy for information on this solar system exploration
          mission. This message was logged in at 1:45 pm Pacific Time
          on Sunday, August 22.

          Deep Space 1's mission to test high-risk, high-payoff
          technologies is complete. DS1 tested 12 advanced
          technologies so that future missions would not have to face
          the cost and risk of being the first users of the new
          systems. DS1 took the risks so that future missions would
          not have to. And now that the mission has exceeded its
          challenging objectives of evaluating technologies, it is
          turning to the job of conducting science.

          DS1, which has to its credit a wealth of technology testing
          and a bonus asteroid encounter, was scheduled to end on
          September 18. But earlier this month, NASA approved an
          extension to the mission. Now it is important to keep in
          mind that this continuation of the mission is threatened as
          long as NASA's budget remains in jeopardy, as it has been
          since a committee in the House of Representatives voted to
          cut NASA funding recently. The Congressional debate on the
          budget is not yet complete, but if the outcome is not
          favorable for NASA, the consequences to DS1, and many other
          important and exciting space projects, may be grave.

          But if the funding is available, DS1 will combine its
          advanced technologies with the experience of the encounter
          with asteroid Braille to conduct two very exciting
          encounters with comets in 2001, both of which were
          described in the last report. To prepare for this encore,
          less than a day and a half after passing the asteroid, DS1
          resumed thrusting with its ion propulsion system, with
          AutoNav firmly at the helm.

          It is now on its way to Comet Wilson-Harrington, which it
          will reach in less than 1.5 years. DS1 will travel almost
          1.9 billion kilometers, or over 1.1 billion miles, from its
          encounter last month with asteroid Braille to its
          appointment with Comet Wilson-Harrington. The journey will
          take it once around the Sun, with its ion propulsion system
          thrusting most of the time. As devoted readers to these
          logs know, the ion propulsion system has proven itself to
          be wonderfully efficient.

          In September 2001, DS1 will sail past Comet Borrelly, one
          of the most active comets that regularly visit the inner
          solar system.

          At DS1's current distance from the Sun, each day the ion
          engine pushes on the spacecraft enough to change its speed
          by slightly less than 15 miles/hour. But day after day,
          week after week, the effect of the exquisitely gentle
          thrust builds up. During the 9-month technology testing
          phase of the mission, the ion propulsion system thrusted
          for a total of 2.5 months. That was enough to test this
          important technology and to propel DS1 to its encounter
          with asteroid Braille. In all that time, the ion propulsion
          system consumed only about 11.5 kg, or about 25 pounds, of
          xenon, yet its steady push was enough to change the
          spacecraft's speed by well over 1500 miles/hour. DS1's
          orbit around the Sun took it over 600 million kilometers,
          or about 375 million miles, from Earth to Braille.

          The spacecraft has been thrusting for the past 3 weeks, and
          it has another 16 months of powered flight ahead, spread
          out over the next year and a half. In that time, it will
          consume most or all of the remaining 69 kg (152 pounds) of
          xenon. The cumulative effect of that thrusting will be
          enough to change the spacecraft's speed by another 4
          kilometers/second, or nearly 9000 miles/hour. That will get
          the explorer to its planned meetings with the two comets.
          The tiny probe will travel another 1.8 billion kilometers,
          or more than 1.1 billion miles, around the Sun by the time
          it reaches Comet Borrelly.

          Deep Space 1 is now about 38% farther away from Earth than
          the Sun is and 538 times as far as the moon. At this
          distance of 206 million kilometers, or 128 million miles,
          radio signals, traveling at the universal limit of the
          speed of light, take almost 23 minutes to make the round
          trip.

2─3 小惑星1999JM8のレーダー像

 * 件名:NEW RADAR IMAGES OF ASTEROID 1999 JM8
 *  差出人: ロンBaalke [ NASA]

[日本語要約]

最近発見された小惑星 1999JM8は、1999年7月30日に地球から 0.06天文単位 (AU)以内を通過した。JPLのS.オストロのチームは、 ゴールドストーンの深宇宙ネットワーク・アンテナとアレシボ天文台を使って、 この小惑星からレーダー波を反射させることできた。8月1日から9日迄に 得られたレーダー・イメージは、ここで利用できる。
http://neo.jpl.nasa.gov/images/1999jm8.html


[原文]

Recently discovered asteroid 1999 JM8 passed within 0.06 AU from the Earth on July 30, 1999. Using the Goldstone Deep Space Network antenna and the Arecibo Observatory, a team led by Steve Ostro from JPL were able to bounce radar off of this asteroid. The radar images obtained from August 1-9 are available here:
http://neo.jpl.nasa.gov/images/1999jm8.html
Ron Baalke


3.訳者の所感

北半球では、ほぼ夏休みも終わりとなるにつれて、配信されるニュースも増加し、 本来の研究に戻った様子。 特に”地球史は彗星に乱打された。Earth Battered Through History by Commet” については機関誌”あすてろいど”に地質調査所の古宇田さんが連載されている 「衝突と気候変動、文明の盛衰」の記事を補足する材料として参考になった。  DP-1については財政難を乗り越えて、2001年に無事彗星Borrellyに到達し、多 くの発見が齎されることを期待したい。  尚、小惑星1999JM8の詳細は次回報告したい。