[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Sept  16  Part-2)


会員の祖父江様からの情報です。
*1999年9月16日受付


1 概要

 NASAから配信されたメッセージでオーストラリアABCが報じたニュースと 其の関連及びアメリカ空軍が最新の望遠鏡を民間に解禁したニュースを送ります。
 ABCによれば予て懸案であった南半球のNEO観測とフォローアップを小型望遠鏡に 最新の電子装置で改造を加え、オーストラリア国立大学とアリゾナ大学の共同プロジェクト で実施すると報じている。アリゾナ大学もこれを同様に報じている。
 NASAによればハワイマウイ島にある宇宙サーベイランス・システムの最新設備を 民間に開放するもので、3.67m望遠鏡、1.2m望遠鏡など各種望遠鏡など対象で 使用申し込みを受け付けている。


2 ニュースの詳細

2─1 オーストラリア天文台のニュース

[日本語要約]

(1) オーストラリアの天文台はNEOに係わる新しいプログラムを考案
    ABCニュース1999年9月2日(木曜日)

 オーストラリアの政府がNEOを見つけるプログラムに大なたを振るった 3年後も、南半球ではそれと比較できるプロジェクトがまだないと考えられて いる。
多くの科学者や天文学者は、地球が大きな小惑星に打たれることと、それが 丁度何時の時点かという事で、必然的だということに意見が一致する。  政府の天文学者、James Biggsはパースの天文台がすでに発見された小天体を 監視するために、プログラムを工夫していると言う。
Biggs博士は、天文台は6ヶ月以内に一晩で最大40ポジションまで追跡ができる ことを期待していると語っている。
 しかし、彼は、潜在的な災害を避けるために検出システムが設定されている ことが重要だと発言している。
「(今までに)実際には宇宙からの衝突がもとで死んだ人は誰もいない。しかし、 理由は、1キロメートルの小惑星が地球を打つのはとても低い確率の事象であるが、 しかし結果がとても高い代償となるということだ」と、Biggs博士は語った。

「それは、甚大な大災害になるだろう。それは(どんな)巨大な地震でも、 そして我々が近ごろ経験したどのような事でも、小さく見える」。

copyright 1999、ABC

(2) 地球キラーを上空で探索する NSW(ニューサウスウェールズ州)の望遠鏡
     ABCニュース 1999年9月6日(月曜日)

 ニューサウスウェールズ西部にある小型で中古の望遠鏡が地球を脅す小惑星 の発見と追跡ができる様改造された。
次の2年間以上、Coonabarabranの近くのシディング・スプリングの望遠鏡は、 地球を助けるため、宇宙に存在する大型の移動物体を捜すべきセンサーと ソフトウェアを装備するであろう。
 改修工事は、キャンベラにあるオーストラリア国立大学とアリゾナ大学の 天文学者の共同研究である。
設備は南天全体を探索することと北天の調査で発見された物体の経路を追跡する ことに就くだろう。

copyright 1999、ABC

(3) アリゾナ大学とオーストラリアの国立大学は小惑星の探査で共同研究
    ニュースサービス アリゾナ大学  1999年9月8日。

 アリゾナ大学の天文学者とオーストラリアの国立大学との間の新しい共同 研究は、地球に向う小惑星の発見と追跡をより容易にするであろう。 アリゾナ大学(UA)の月・惑星と研究所とオーストラリア国立大学(ANU)の 天文学・天体物理学リサーチスクール(RSAA)は、潜在的に危険な小惑星を 探査する為、シディング・スプリング天文台(Coonabarabranの近辺 )の小型 中古望遠鏡に新式の検出器とコンピュータを備えて、磨き直すことに同意した。

 シディング・スプリングのUppsalaシュミット望遠鏡( 26インチ)は、南天全域を アクセスする小惑星探査計画だけに利用される。 LPLの上級研究員S.Larsonは、この週、アップグレード計画を検討するため シディング・スプリング天文台を訪れている。
 南天の探索は、Larsonおよび彼のチームが最近磨き直した40 cm ( 16インチ) UAカタリナ・シュミット望遠鏡を用いて、トゥーソンの北、サンタ・カタリナ山脈 にあるBigelow山から指揮するカタリナスカイサーベイ( CSS )をパターン化する であろう。

 次の2年の間、Uppsalaシュミット望遠鏡の写真は、移動する小惑星を捜して広い視野を 提供するとても敏感な電子の検出器配列を装備しているだろう。
 コンピュータの位置制御と自動検出ソフトウェアは、地球に接近する小惑星を識別する ことを期待して可能な限り広い範囲をカバーするために使用される。

   NASAのNEO観測計画は、次の10年に、直径1キロよりも大きい潜在的に危険な小惑星の 90パーセントを識別し、カタログに載せることを模索している。この南半球の探査は、 現在の探査範囲における重要なギャップをカバーするであろう。

 修理が完成するまで、ANUーRSAAのR.McNaughtは、北半球のサーベイで発見されたが しかし北半球の望遠鏡の届かない南に移動した潜在的に危険な物体のフォローアップ 観測を実施している。 シディング・スプリングの1mの望遠鏡のフォローアップ観測は、物体がある日地球に 衝撃を与えるのかを決定する時、正確な軌道を導くとき決定的になる。

 CSSチームのLarsonと他の人は、1997年に始められた、NASAの資金供給を得て、UA カタリナ・シュミット望遠鏡の更新が完了している。カタリナ望遠鏡は、3x3 -度角の視野があり、一片が月の直径の6倍に相当する空間の四角いパッチがある。その望遠鏡カメラの心臓部は高感度な4,096 x 4,096 -ピクセルのCCDである。望遠鏡は20等級ほどの微かな物体を見ることが出来る。そして其の光度は都市の光の散乱で生成されたり、また地球の上層の大気を輝かせるオーロラのひかりなど空の背景レベルに近似している。


[原文]

(1) AUSTRALIAN OBSERVATORY DEVISES NEW PROGRAMME TO NEAR-EARTH OBJECTS
  ABC News  Thursday September 2, 1999
  From Robert Clements

       *Observatory devises new program to monitor space objects*

There is concern that three years after the Australian Government axed a program to detect near earth objects, there is still no comparable project in the southern hemisphere.

Many research scientists and astronomers agree it is inevitable that the earth will be hit by a major asteroid and it is just a matter of when.

Government astronomer James Biggs says the Perth Observatory is devising a program to monitor objects that have already been detected.

Dr Biggs says it is hoped that within six months the observatory will be able to track up to 40 positions a night.

But he says it is important that a detection system be set up to avert potential disasters.

"No one has been actually known to die from a collision from outer space, but the reason is it's a very low probability event, but a very high consequence if a one kilometre asteroid hits the earth," Dr Biggs said.

"It's going to be a major catastrophe, it will dwarf any of the earthquakes and what have you that we've experienced of late."

Copyright 1999, ABC

(2) NSW telescope to search the skies for earth-killers
    ABC News Monday September 6, 1999
    Robert Clements

A little-used telescope in the west of New South Wales is about to get a revamp so it can spot and track earth-threatening asteroids.

Over the next two years, the telescope at Siding Spring near Coonabarabran will be equipped with sensors and software to help the world search for large moving objects in space.

The refurbishment is a collaboration between astronomers at the Australian National University in Canberra and the University of Arizona.

The facility will have the job of searching the entire southern sky as well as tracking the path of objects which are discovered in northern hemisphere surveys.

Copyright 1999, ABC

(3) University of Arizona, Australian National University collaborate in asteroid search
    News Services: University of Arizona
    September 8, 1999

A new collaboration between astronomers at the University of Arizona and the Australian National University will make it easier to spot and track asteroids headed towards Earth.

The UA Lunar and Planetary Laboratory and the ANU Research School of Astronomy and Astrophysics have agreed to refurbish a little-used telescope at the Siding Spring Observatory (near Coonabarabran) with modern detectors and computers to carry out a search for potentially hazardous asteroids. The Uppsala Schmidt Telescope (26-inch) at Siding Spring will be used for the only asteroid-search program with access to the entire southern sky.

Stephen M. Larson, senior research associate at LPL, this week is at Siding Spring Observatory to discuss the planned upgrade. The southern survey will be patterned after the Catalina Sky Survey (CSS) that Larson and his team conduct from Mount Bigelow in the Santa Catalina Mountains north of Tucson using the recently refurbished 42 cm (16-inch) UA Catalina Schmidt telescope.

Over the next two years, the photographic Uppsala Schmidt Telescope will be equipped with a very sensitive electronic detector array that will provide a large field in search of moving asteroids.

Computer pointing control and automatic detection software will be used to cover as much area as possible in hopes of identifying Earth-approaching asteroids. The NASA Near-Earth Object Observation Program seeks to identify and catalog 90 percent of the potentially hazardous asteroids larger than one kilometer (six-tenths of a mile) in diameter in the next 10 years. This Southern Hemisphere survey will cover an important gap in current survey coverage.

Until the refurbishment is complete, Robert H. McNaught of the ANU Research School of Astronomy and Astrophysics (RSAA) is making follow-up observations of potentially hazardous objects found by Northern Hemisphere surveys but which have traveled south out of the range of the northern telescopes. These followup observations with the 1-meter telescope at Siding Spring are critical in deriving an accurate orbit that will determine if the object might one day impact the Earth.

Larson and others on the CSS team are completing the major NASA-funded upgrade of the UA Catalina Schmidt telescope they began in 1997. The Catalina telescope has a 3x3-degree field of view, or a square patch of sky equivalent to six lunar diameters on a side. The heart of the telescope camera is a sensitive 4,096 x 4,096-pixel charge-coupled device (CCD). The telescope is capable of finding objects as faint as 20th magnitude, close to sky background level generated by scattered city light and auroral glow that brightens Earth's upper atmosphere.


2─2 新政策でアメリカ空軍の望遠鏡の利用が急増する。
    ( NEW PROGRAM ALLOWS INCREASED USE OF U.S. AIR FORCE TELESCOPE)
     R.Baalke < baalke@ssd.jpl.nasa.gov >
     空軍大学新聞発表。 1999年9月3日

[日本語要約]

 マウイ、ハワイ発-一般市民の科学者や天文学者は、ここで開催された5日間の 技術的な会議の期間中に、新しい共同のプログラムのもとで、空軍の最大でかつ 最新の望遠鏡システムで使う機会が与えられるだろうと今週発表された。
 米空軍科学研究所のディレクター、Janni博士は、彼のオフィスとアメリカ科学財団 によって確立された研究プログラムについて300人以上の聴衆を前に話しかけた。 このプログラムは、民間の研究者が近くの高度10,000フィートのハレアカラ山頂に、 設置されている高度な電子-光学用システムとして知られている3.67mの望遠鏡を 使うことを可能になるであろう。

 Janni博士によると、米空軍科学研究所はマウイで作業する民間の研究者のために、 今後2年に亙って年100万ドルを利用できるようにしている。アメリカ科学財団が 貢献する資金については結論が出ていない。

 資金の交付や契約を由る作業で、研究者はこの3.67mの望遠鏡にアクセスできる。 其の望遠鏡は、高速で頭上を通過する衛星を追跡する能力がある世界で最大の 望遠鏡として認められている。この望遠鏡の光が、望遠鏡の接眼(beneath)の レベルで7つの独立した実験装置に鏡を経て(分光)されるので複数のグループや 機器群から使用できる。

 この大型望遠鏡は空軍研究所の指導下のエネルギー理事会が管理しており、全体の 設備はマウイ宇宙サーベイランス・システムとして知られ、宇宙司令部の管理下に おかれている。 この複合施設(他の望遠鏡を収容)は、宇宙にある物体を識別し、 それを正確に位置を示す宇宙監視(サベーイランス)ネットワークの一部である。

 その上、高度な電子-光学系システムは、洗練された機器を装備して:(例えば) 大気による歪の効果を補正するレーザーや、変形型(deformable)光学機器 (その形状を変えることができるミラー)。 来年の夏に完全に稼働したとき、 この能力は科学者に、宇宙にある物体の明瞭なイメージを得られるようにする。

 空軍研究所の司令官、R.ポール少将によると、「これは、空軍と研究者社会 (コミュニティー)両方にとっての勝利-勝利の状況である」。 研究者に最新で最高の望遠鏡の設備にアクセスを提供しているので、これらの 望遠鏡で実施されている研究は空軍の宇宙監視の努力を改善させることになる。」

 複合施設の能力には輻射測定、光度測定、加えて長期波赤外線と可視的な イメージを提供することができるセンサーがある。また1.6mの望遠鏡システム、 1.2mの双子の望遠鏡、0.8mのbeam director-tracker、及び 0.6mのレーザbeam-directorがある。

 6,000人以上の人員と28億ドル以上の予算で、空軍科学研究所は、国防省の最大の 研究所である。その研究所はアメリカ合衆国空軍の唯一の基礎研究を統括する。

 この複合施設の利用に関心のある研究機関はバージニア州アーリントン (Arlington)米空軍科学研究所のH.Carlson博士;( 703 ) 696-7551 か ハワイ マウイの研究所 P.Kervin氏:( 808 ) 874-1541に連絡のこと。


[原文]

  NEW PROGRAM ALLOWS INCREASED USE OF U.S. AIR FORCE TELESCOPE   
   From Ron Baalke 
   New Program Allows Increased Use Of U.S. Air Force Telescope
   University Of U.S. Air Force News Release
    September 3, 1999

MAUI, Hawaii - Civilian scientists and astronomers will be given the opportunity to use the Air Force's largest and most advanced telescope system under a new joint program announced this week during a five-day technical conference being held here.

Dr. Joseph Janni, director of the Air Force Office of Scientific Research, spoke to an audience of more than 300 people about a research program being established by his office and the National Science Foundation. The program will allow civilian researchers to use a 3.67-meter telescope known as the Advanced Electro-Optical System atop nearby Haleakala, a 10,000-foot-high mountain.

According to Dr. Janni, the Air Force Office of Scientific Research is making $1 million available per year over two years for civilian researchers doing work on Maui. The amount being contributed by the National Science Foundation has not been finalized.

Working through grants and contracts, researchers will have access to this 3.67-meter telescope, recognized as the world's largest telescope capable of tracking satellites passing quickly overhead. The telescope can be used by multiple groups or institutions because the telescope's light can be routed through mirrors to seven independent experimental suites on a level beneath the telescope.

Although this large telescope is managed by the Air Force Research Laboratory's Directed Energy Directorate, the overall facility is known as the Maui Space Surveillance System and is under the control of the U.S. Space Command. The complex, which also houses other telescopes, is part of a space surveillance network for identifying and pinpointing objects in space.

Additionally, the Advanced Electro-Optical System is being equipped with sophisticated instrumentation: lasers and deformable optics (a mirror that can change its shape) to remove the distorting effects of the atmosphere. When fully operational next summer, this capability allows scientists to get clear images of objects in space.

According to Maj. Gen. Richard Paul, commander of the Air Force Research Laboratory which includes the Directed Energy Directorate and the Office of Aerospace Research, "This is a win-win situation for both the Air Force and the research community. The research being conducted with these telescopes can lead to improvements in our space surveillance efforts while providing the researchers with access to a new topnotch telescope facility."

Among the capabilities on the complex there are sensors that can provide radiometry and photometry, plus long-wave infrared and visible imagery. There are also a 1.6-meter telescope system, 1.2-meter twin telescopes, a 0.8-meter beam director-tracker, and a 0.6-meter laser beam director. With more than 6,000 people and a budget of nearly $2.8 billion, the Air Force Research Laboratory is the largest laboratory in the Department of Defense. Its Air Force Office of Scientific Research is the sole manager of basic research for the United States Air Force.

Institutions interested in using the complex can call Dr. Herb Carlson with the Air Force Office of Scientific Research in Arlington, Va, at (703) 696-7551 or Paul Kervin with the laboratory's Directed Energy Directorate in Maui, Hawaii, at (808) 874-1541.


3 訳者の所感

 今年度末には当本部の望遠鏡も一部稼働を初め、懸案の南半球で探索 が始まり、NEOの観測能力が飛躍的に高まる。これらの観測網に何が 掛かるのか注目したい。