[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Nov  3 )


会員の祖父江様からの情報です。
*1999年11月3日受付


今週は流星雨に関するニュースを ピックアップしています。
第一回目は長周期彗星C/1999J3 (周期63000年)による流星雨が11月11日に起きると予報され、 ニュースが配信されております。
第二回目は獅子座流星雨を予定しています。

1.概要

2件とも、長周期彗星 C/1999J3によって起きる流星雨の予報だ。 予報によれば、東部標準時間午後2時41分 (日本標準時12日午前3時41分)に、 隕石シャワーがピークとなる。その放射点は赤経 11時(h) 40分(m) 、赤緯+ 53 度 (星 Phecda 、北斗七星の椀の左下の星)に現れると計算されている。
何個の流星が出現するかの具体的な記載はないが、1985年の ジャコビニ彗星(ZHRで600個から800個)及び1933年のジャコビニ嵐 ( ZHR 3000個から29000個)の中程と報じている。

2.詳細

(1)11月11日に潜在的な「思いがけない」隕石シャワーがあるか?
   POTENTIAL 'SURPRISE' METEOR SHOWER ON NOVEMBER 11?

   標題 :上記
   配信元 : NASA(Ron Baalke氏) から転送されたジョー・ロー氏のメッセージ
   配信日 :1999年10月20日

[日本語要約]
最近発見されたすい星 LINEAR (C / 1999J3 )は11月11日に新しい 隕石シャワーに寄与するかもしれない。

11月11日の夕方(晩)、 有望な「 Linearid 」ディスプレに関する状況は最も面白 い。 地球が東部標準時間午後2時41分 (日本標準時12日午前3時41分)に C / 1999J3 のascendingノードを最も近くを通過する時、 ヨーロッパは夕方の闇で 申し分がないが、不運にも − 北アメリカは日中である。

この有望な放射点は、星 Phecda 、北斗七星の椀の左下の星の直ぐ近に現れる。 私の計算では、赤経 11時(h) 40分(m) 、赤緯+ 53度となった。ヨーロッパでさ え、 放射点はシャワーがそのピークに達するかもしれない時に、北の地平線 (北緯 40度 において)上に ほんの5度 だけ登る!。

それでもなお・・・地球の軌道と親すい星との軌道の間隔は0.011天文単位( a.u) を 少し越える程である。 どのようなタイプの活動が予想されるかについて、1985年の ジャコビニ彗星(Giacobinids) が、地球がちょうど26.5日でそのノードに 21P / Giacobini - Zinner(彗星)の後に続くという状態で、日本デ短い間、ZHRで 600個から800個の流星雨の大出現をみたことは注目すべきである。その時、 すい星の軌道と地球の間の間隔は0.033 天文単位− あるいは地球と C / 1999J3の来たるべきケース の間隔の3倍であった。

1933年に、大ジャコビニ( Giacobinid )嵐( ZHR:ゼロアワーで 3000個から 29000個) が起きたとき、これらの値は80日と0.005天文単位であった。 地球は39.9日で、 LINEARのasdendingノードに近づいている。 それ故、有望な LINEAR に関連する 状況は上で述べた2つの事例のおよそ真中であろう。

大Giacobini - ZinnerとLINEARとの間の大きな違は地球がGーZすい星軌道の 内側にあるすい星の岩屑帯を横切ったことであり、それに対し、我々はLINEAR彗星の 外側の岩屑帯を横切るであろう。更に、 LINEAR を取り巻くほこりの分布は全く 未知である。 同様に、 Giacobini - Zinner は6.5年のよく知られている短周期すい 星で、 多くの機会に太陽を回ることが観察されているに対し、 LINEAR は63,000年の新たに 発見された長周期の天体である。

それにもかかわらず・・・ 私は、特に11月11日の夜明け前の時間(放射点が北東の 空に高くなった時)、同様に前の晩遅い時間に、この流星シャワーから起こり得る 隕石について空を慎重に監視することを、全ての観測者に強く促したい。 もし素晴 らしく 見ごたえのある流星雨の大出現が起きたなら、西及び中央アジアの観測者は それを見るのに最良のチャンス(彼にとって、現地時間 11月12日の真夜中過ぎから 夜明け前迄の時間)になると思われる。

我々が地球が11月11日UT19.6時(日本時間12日4.6AM)にすい星の上昇的なノー ドに 最接近することを知っているが、これは予想されるLINEARディスプレイの実際のピー クが 数時間前や後に起きないということを意味しない。 この例が1998年の Giacobinids 彗星 で 1年前に起きた:地球が 21P / Giaconini - Zinner のノードと交差すると予測され た時間は 10月8日UT20:53 時であった。けれどもシャワーは7.5時間以上も早く、 実際には UT13:15時にそのピークに達していた。

それで、私はすべての興味がある観測者が 11月11日 UT 19.6時 に予測された中 心点を 交差する時間を挟んで24時間の高度な警戒下にあるべきことを強く提言したい。

誰が知っているのか? それは、ちょうど1週間後にピークに達することになってい る 獅子座流星群の面白い準備運動であったことが判明するかもしれない。

− joe rao


[原文]

POTENTIAL 'SURPRISE' METEOR SHOWER ON NOVEMBER 11?

The recently discovered Comet LINEAR (C/1999J3) may serve to give rise to a new meteor shower on November 11.

The circumstances concerning a prospective "Linearid" display on the evening of November 11th is most intriguing. The moment when Earth passes closest to the ascending node of C/1999J3 at 2:41 p.m. EST/11:41 a.m. PST. Unfortunately -- daylight for North America, although well into evening darkness over Europe.

The radiant for this prospective display very near to the star Phecda, the lower left star in the bowl of the Big Dipper. From my own calculations, I come up with an RA of 11h 40m, Dec. +53 deg. So even for Europeans, the radiant stands only about a mere 5-degrees above the northern horizon (at latitude 40N) at the time that the shower may reach its peak!

Nonetheless . . . the separation between the Earth's orbit and that of the parent comet is just over 0.011 a.u. As to what type of activity might be expected, it should be noted that the 1985 Giacobinids briefly produced an outburst of ZHR's of 600 to 800 from Japan, with the Earth following 21P/Giacobini-Zinner to its node by just 26.5 days. The separation between the orbit of the comet and Earth was 0.033 -- or three times the separation between the upcoming case of Earth and C/1999J3.

In 1933, when a major Giacobinid storm (ZHR = 3000 - 29000) occurred, these values were 80 days and 0.005 a.u. Earth is following LINEAR to its ascending node by ~39.9 days. Hence, the situation regarding the prospective LINEARIDS is roughly midway between the two above cases.

Among the chief differences between Giacobini-Zinner and LINEAR is that Earth intersected comet debris on the inside of Comet G-Z's orbit, whereas we would intersect debris on the outside of comet LINEAR. In addition, the dust-distribution surrounding LINEAR is completely unknown. Also, Giacobini-Zinner is a well-known short-period comet of 6.5 years and has been observed to circle the Sun on many other occasions, whereas LINEAR is a newly discovered long-period object of ~63,000 years.

Nonetheless . . . I would strongly urge all observers to carefully monitor the skies for possible meteors from this shower, especially during the pre-dawn hours of November 11 (when the radiant is high up in the northeast sky), as well as later that evening. It appears that should any significant outburst occur, those in western and central Asia would have the best chance of viewing it (for them, in the after-midnight/pre-dawn hours of November 12 local time).

Although we know that the Earth will be closest to the comet's ascending node at ~19.6 UT on November 11, this doesn't mean that the actual peak of a prospective LINEAR display could not occur many hours earlier or later. An example of this occurred one year ago with the 1998 Giacobinids: the time when Earth was predicted to cross the node of 21P/Giaconini-Zinner was 20:53 UT on October 8; but the shower actually reached its peak at 13:15 UT -- more than 7.5 hours earlier.

Thus, I would strongly suggest that all interested observers should be on high-alert for a 24-hour interval on either side of the predicted nodal crossing time of 19.6 UT/November 11.

Who knows? It might prove to be an interesting warm-up for the Leonids, which are due to peak just a week later!

-- joe rao


(2) 今年、C / 1999 J3 すい星からの隕石シャワーがあるであろうか?
   WILL THERE BE A METEOR SHOWER FROM COMET C/1999 J3 THIS YEAR?

   標題 :上記
   配信元:CCNet(Nov.1 1999)
   著者:ピーター Jenniskens

[日本語要約]

長周期すい星C / 1999J3 の隕石流星雨が大出現する可能性に興奮している。 そのすい星は我々(地球)が世界標準時間(UT )11月11.82日に通過する地点を、 地球の軌道の0.0115天文単位(AU)離れた外側を、地球にかなり接近して 通過することが期待されている。

これは、周期が63,000年の長周期すい星である。 このタイプのすい星は 「遠いすい星」タイプの大出現、すなわち近日点への すい星の回帰と関連しない大出現を引き起こす。 その代わりに、惑星は時折、すい星の軌道にあるほこりの帯が地球の軌道に 入る原因である。典型的には60年毎に1回か2回である。 シャワーは短くて (1-2時間以内)、そしてそれらはすい星軌道のノードの近くで起きる。

なぜシャワーがすい星の回帰と関連しないかの理由は長周期の軌道である 範囲の放出速度で噴出する個々の粒子の軌道周期が大きな差となるからである。 それ故、ほこりは一周目の期間でさえ、すい星の軌道に沿って急速に広り、 そして短い時間でほとんど検出出来なくなるほど希薄となる。

このすい星からのシャワーが過去に起きたかもしれない。そしてそれはすい星 軌道の decending ノードが同じ太陽系の経度であったはずである。 惑星の摂動の 最大の影響は0.0115 AU だけ軌跡を動かすことが必要であった。 それ故、惑星の 木星や土星が正しい方角に一列に並んでいる年が最良のチャンスである。

それ故、惑星がたまたま地球軌道のすぐ中にあるほこりの帯の位置に有利に はたらかないなら、今年すい星C / 1999J3の活動がないであろう。 それはそうではない。

にもかかわらず、意外な(事象)に(目を)備えておきなさい! 同じく、この 「遠いすい星」タイプの大出現は年間を通じてすべてが比較的 しばしば見られている。そして多くのシャワーが未発見で残っている。

ピーター Jenniskens


[原文]

WILL THERE BE A METEOR SHOWER FROM COMET C/1999 J3 THIS YEAR?

There has been some excitement about the possible meteor outburst activity of long period comet C/1999J3. The comet is expected to pass fairly close to Earth's orbit, at 0.0115 AU outside of the Earth's orbit, and at a location that we will pass on November 11.82 UT.

This is a long-period comet, with a period of some 63,000 years long. This type of comets cause "far-comet" type outbursts, i.e. outbursts that do not correlate with the return of the comet to perihelion. Instead, the planets cause a dust trail in the comet orbit to move in the Earth's path once in a while. Typically once or twice every sixty years. The showers are brief (less than 1-2 hours) and they occur close to the node of the comet orbit.

The reason why the showers do not correlate with the return of the comet is because the long period orbit causes large differences in orbital period for individual grains that are ejected with a range of ejection velocities. Hence, the dust spreads rapidly along the comet orbit during even a single orbit, and quickly dillutes so much as to be hardly detectable.

A shower from this comet may have occurred in the past, which should have been much at the same solar longitude as the decending node of the comet orbit. The maximum effect of planetary perturbations is needed to move the trail by 0.0115 AU. Hence, the years when the planets Jupiter and Saturn lined up in the right direction will have had best chance.

Hence, it is unlikely that there will be activity from comet C/1999J3 this year, unless the planets happen to favor a position of the dust trail that is right in Earth's path. That is unlikely.

Nevertheless, keep an eye out for the unexpected! Also, this type of "far-comet" outbursts must occur relatively frequently all throughout the year, many showers of which remain to be discovered.

Peter Jenniskens


3.訳者の所感

大流星雨といえば、空一面に隕石が降り注ぐ絵に描かれていた光景を 思い浮かべます(誰の作品か記憶にありません)。このような大出現は 別として、素晴らしい観測機器がある今日、ある程度の流星雨が記録され 我々一般にも映像が提供されることを期待したい。
尚、日本で観測は難しいようですが(?)、予報が外れる(昨年のケース) こともありますので、チャレンジして見てください。