[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Nov  20 )


会員の祖父江様からの情報です。
*1999年11月20日受付


先週二つの流星雨大出現の予報が話題になっておりました。 獅子座流星群とC / 1999 J3 LINEAR彗星の流星雨で、前者は ヨーロッパで大成功と報告されており、後者の観測は不調の ようでした。


1.概要

獅子座流星群は予報通りヨーロッパと中東で11月18日2時UTごろ 流星の大出現を観測できたようです。日本でも豊川のラジオ電波観測 グループが観測に成功したと報告されております。この予報はイギリスの 天文学者D.Asher博士他が”Tempel-Tuttle彗星が100年前に生成した ほこりの帯によってもたらされたという理論”から導かれた。
国際隕石機構は上記時刻に一時間当たり最大約5000個の割合で、 殆どが暗い流星で、大火球まれであったと報じている。
同モデルは2001年と2002年には更に激しい隕石嵐を予報している。
他方、C / 1999 J3 LINEAR彗星の流星雨の大出現は起きなかった模様。 以下に詳細を!

2.詳細

(1)英国の天文学者が歴史を創る:獅子座流星群の予測が確認された。

   BRITISH ASTRONOMERS MAKE HISTORY: LEONIDS PREDICTION
   CONFIRMED
   * 配信元:THE CAMBRIDGE-CONFERENCE NETWORK (CCNet)
   *著者:ベニーJ Peiser
   *日時:11月19日

[日本語要約]

英国は天気についていつもの嘆きで今朝目覚めた。事態をもっと悪化させた ことは、この国で多くの人々が獅子座流星群隕石嵐のディスプレイを楽しむ ことが出来なかったという事実であった。悪天候が視界を妨げていた。 もううめく代わりに、我々は2人の若い英国の天文学者によって注目に 値する業績を祝うべきである。

デイビッドAsher、Armagh天文台(北アイルランド)に本拠地を置く イギリスの天文学者とロバート・McNaught、Siding Spring天文台 ( Coonabarabran 、オーストラリア)に本拠地を置くスコットランドの 天文学者は正確に百年間の天文学コミュニティを当惑させた科学的な謎を 解くことによって、歴史を創造した。それは見かけたところ不規則な 獅子座流星群隕石嵐を どのように予測すべきかと言うことであった。

大いに予測された獅子座流星群が1899年11月16日の朝に現われなかった とき以来、この不規則な行動は幾分説明することが難しく思われた謎と 見られた。遡って、1899年の予測の不成功は天文学コミュニティにとって 広報の大失敗となった。「...1899年に獅子座流星群の回帰(予測)の 失敗は、大衆の目から見て今までに天文学が経験した最悪の打撃で、 間接的に我々市民の間で科学の広がりに巨大な害をなした」。
(チャールズ Olivier 、流星、1925)

気まぐれな獅子座流星群に関する糸口を得て百年の努力の後に、Asherと McNaughtは大成功を引き寄せた!彼らの「ほこりの帯び理論」に基づいた 1999年獅子座流星群のピーク活動の正確なタイミングに関係し予測が 確認された。McNaught & Asherは( CCNet 1999年11月10日参照) 獅子座流星群のピークの活動が今朝午前2.08UTに起きると予測した。

「 1999年に3公転した帯との遭遇で、最大となる時刻が、およそ5分間の 不確かさで、11月18日02時08分UTに地中海地方と予測された。 最大と なる時刻は予測されたピークが北スカンジナビアで02時14分、南アフリカで 01時58分と地域毎に異なっている。」

国際隕石機構のマークGyssensはIMOの新聞発表(別項参照)で指摘した ごとく、観測されたピーク時間はAsherとMcNaughtが予測した午前2時08分 グリニッジ標準時のピーク時間とほぼ完全に一致した。そしてその活動は およそ100年前に獅子座流星群の親すい星、Tempel-Tuttle彗星に引き 起こされたほこりの帯び(すい星が太陽の周りを 3公転した昔に )の ためであったことを示していた。

これは彼らの理論の印象的な確認であるが、時間当りの最大数 ( Zenithal Hourly Rate、又はZHR )の予測は500個の範囲にあると 予想されていたが、(それが)実証されなかったことを指摘することは 興味深い。実際早期の報告では時間当りのピーク活動が予測数より10倍程 高かったことを示唆している。明らかに獅子座流星群は我々を驚かせ 続けるであろう。

Asher&McNaughtによる歴史な成果はこの小さな欠点で評価を下げる べきではない。 彼らの成功が証明したことは天文学の予測が次第に進歩 しているということである。 我々の宇宙の環境に影響を与える彗星 (cometary) の力学や流星の活動を我々が十分に理解し、そして 究極的に制御することが可能となる時が来るであろう。

お見事、デイビッドとロブ!
ベニーJ Peiser


[原文]

Britain woke up this morning to the usual lamentation about the weather. What made things worse, however, was the fact that most people in the country weren’t able to enjoy the display of the Leonids meteor storm. Bad weather had hampered the view. Yet instead of moaning, we should celebrate a remarkable accomplishment by two young British astronomers.

David Asher, an English astronomer based at the Armagh Observatory (Northern Ireland) and Robert McNaught, a Scottish astronomer based in Siding Spring Observatory (Coonabarabran, Australia) have made history by solving a scientific puzzle that has bewildered the astronomical community for exactly one hundred years: How to forecast the seemingly irregular Leonids meteor storms.

Ever since the widely predicted Leonids failed to appear in the morning of November 16, 1899, their erratic behaviour has been viewed as somewhat of an enigma that seemed difficult to elucidate. Looking back, the unsuccessful prediction of 1899 led to a public relations fiasco for the astronomical community: "... the failure of the Leonids to return in 1899 was the worst blow ever suffered by astronomy in the eyes of the public, and has indirectly done immense harm to the spread of the science among our citizens." (Charles Olivier, Meteors, 1925)

After one hundred years of endeavours to get a grip on the capricious Leonids, Asher and McNaught have pulled off a major success! Their prediction for the 1999 Leonids, based on their "dust trail theory" has been confirmed - at least regarding the exact timing of the peak activity. McNaught & Asher predicted (see CCNet 10 November 1999) the peak activity of the Leonids to occur this morning at about 2.08 am UT.

"For the 3-rev trail encounter in 1999, the time of maximum is predicted to be at Nov 18, 02:08 UT in the Mediterranean region, with an uncertainty of around 5 minutes. The time of maximum is dependent on location, with the peak predicted at 01:58 in South Africa and 02:14 in northern Scandinavia."

As Marc Gyssens from the International Meteor Organization points out in the IMO press release (see below), the observed peak time coincides almost perfectly with the peak time of 2:08 am Greenwich Mean Time predicted by Asher and McNaught, "indicating that the activity was due to the dust trail created the Leonids' parent comet, Tempel-Tuttle, about 100 years ago (i.e., 3 revolutions ago of the Comet around the Sun)."

While this is an impressive confirmation of their theory, it is interesting to note that their prediction of the highest hourly rate (Zenithal Hourly Rate, or ZHR), expected to be in the 500 range, could not be validated: In fact, early reports suggest that the peak activity corresponded with an hourly rate up to ten times higher than the predicted number. Evidently, the Leonids never fail to surprise us.

The historical achievement by Asher & McNaught should not be depreciated by this minor drawback. What their success proves is that astronomical predictions are progressively improving. The time will come when we will be able to sufficiently understand, and ultimately yield control over, the dynamics of cometary and meteoric activity that affect our cosmic environment.

Well done, David and Rob!

Benny J Peiser


(2)獅子座隕石嵐が期待された時間に出現した。

   LEONID METEOR STORM MATERIALIZES AROUND EXPECTED TIME
   * 配信元:国際隕石機構 新聞発表(CCNet経由で)
   * 著者:マーク Gyssens( Internatinal Meteor Organization )

[日本語要約]

マラガ近郊、スペインのシエラネバダ天文台、フランスのプロバンス、 Gorges du Verdonの近郊で見ている経験豊かな眼視観測者は獅子座流星群の 隕石活動がグリニッジ標準時(GMT)で2時を回った頃、毎分最大30個の流星で ピークに達したと報告した。この活動は多くのかすかな流星でほとんど火球が ないことで特徴づけられた。

隕石学者は実際に見られる隕石の数をZenithal Hourly Rate (ZHR) と呼ばれる 標準値に下げた。そして流星が大気圏に入射する角度と空の晴れ具合(quality)を 考慮に入れている。上記で述べた観測者のグループが報告したピークの活動は 約5000個のZHR と一致した。そのことは多くの隕石観測者が期待した数 (約1000個)よりかなり多かった。

カナリー諸島のテネリフ、スペインのバレンシア近郊、そしてヨルダンの他の 観測グループの予備的報告は上で(示された)描写を確認した。

日本とチェコ共和国からのラジオ観測が2時00分から2時10分GMTの間、 同じくピーク時を示した。

観察されたピークの時間はAsherとMcNaughtが予測した午前2時08分GMTの ピーク時間とほとんど完全に一致した。そして、その活動は約100年前の獅子座 流星群の親すい星、Tempel-Tuttle彗星に引き起こされたほこりの帯び (すなわち、太陽を回るすい星の3公転前)のためであったことを示した。

マーク Gyssens
国際隕石機構

以下は観察された獅子座ピーク活動のより専門的な記述である。

-------------------------------------
I M O S h o w e r C i r c u l a r
-------------------------------------

1999年獅子座活動

1999年獅子座流星群の目視観測は11月18日2時05分+/-10分UT(太陽の 経度235.287度+/- 0.007、eq. 2000.0)におよそ5000個のZHRで、特有な ピークを明らかにした。ZHRのレベルは太陽経度の235.26度から235.32度に 対応しおよそ1時30分UTから3時00分UTまで1000個以上であった。

晴れ渡った空でピークを見たすべての観測者は多くのかすかな流星と火球が 相対的に少ないことを報告した。少数の観測者がピークの後で母集団の 指標(大部分のより明るい流星)が低下したことに気付いた。

モハマドOdeh(ヨルダンの天文学ソサエティー)とCasper ter Kuile(バレン シア、スペインの近郊で観察しているオランダのメテオールソサエティー) からの報告は上記で述べられた概略の描写と非常に整合性がある。

加えて Kazuhiro 鈴木氏から報告されたK、前河氏(愛知県豊川隕石天文台) からのラジオデータとPetr PridalとRosta Storkが報告したOndrejov 天文台 (チェコ共和国)からの後方散乱レーダー情報で2時00分から2時10分UTの 間にピーク時があった。

観察された活動が(予測より)際立って高いけれど、Asher/McNaughtが 予測した2時08分UTのピークの時間がせいぜい数分の差で確認された。 ピークの活動が(今まで) 55P/Tempel-Tuttle彗星の3公転の古いほこりの 帯びによって起こされていたと結論することは合理的である。

次の観測者は以下に与えられたZHRプロフィールが得られたイベントの 直後にデータを提供した:

Per Aldrich, C.L. Chan, Asdai Diaz, Yuwei Fan, Fei Gao, Lew Gramer, Andre Knoefel, Wen Kou, Alastair McBeath, Tom Roelandts, Sirko Molau, Renke Song, Wanfang Song, Honglin Tao, Dan Xia, Dongyan Zha, Jinghui Zhang, Yan Zhang, Jin Zhu.

( グループ 観測者は、寄稿した観測者の名前のみ記した。)

日付  周期(UT) ZHR  +  −
---------------------------
11月17日 0600-1000  16   2
11月17日 1600-2010  30   5
11月17日 1900-2200  53   14
11月18日 0030-0100  130   90
11月18日 0100-0115  490  230
11月18日 0115-0130  770  160
11月18日 0130-0145 1040  660
11月18日 0145-0202 4100   840
11月18日 0200-0215 5000  1100
11月18日 0212-0230 2400   280
11月18日 0243-0247 1100   160
11月18日 0320-0330  470   70
11月18日 0420-0430  80   40
---------------------------
ZHRs が2.0の母集団インデックス、1.0の zenithal 指数で計算される。
マーク Gyssens 、1999年11月18日 7時 UT


[原文]

LEONID METEOR STORM MATERIALIZES AROUND EXPECTED TIME
From Marc Gyssens
INTERNATIONAL METEOR ORGANIZATION ; Press release
Leonid meteor storm materializes around expected peak time (UPDATE)

===================================================================

Experienced visual observers watching near Malaga and at the Sierra Nevada Observatory in Spain and near the Gorges du Verdon in the French Provence report that Leonid meteor activity peaked at up to 30 meteors per minute shortly after 2 am Greenwich Mean Time. This activity was characterized by a lot of faint meteors and almost no fireballs.

Meteor astronomers reduce the actual numbers of meteors seen to a standard value, called the Zenithal Hourly Rate (ZHR), which takes into account the quality of the sky as well as the direction from which meteoroids enter the atmosphere. The peak activity reported by the abovementioned groups of observers corresponds with a ZHR around 5000, which is considerably more than what most meteor observers had hoped for (around 1000).

Preliminary reports of other observing groups at Tenerife, Canary Islands, near Valencia in Spain, and in Jordan confirm the picture sketched above.

Radio observations from Japan and the Czech Republic also indicate a peak time between 2:00 and 2:10 am Greenwich Mean Time.

The observed peak time coincides almost perfectly with the peak time of 2:08 am Greenwich Mean Time predicted by Asher and McNaught, indicating that the activity was due to the dust trail created the Leonids' parent comet, Tempel-Tuttle, about 100 years ago (i.e., 3 revolutions ago of the Comet around the Sun).

Marc Gyssens
International Meteor Organization

Below is a more technical description of the observed Leonid peak activity.

-------------------------------------
I M O S h o w e r C i r c u l a r
-------------------------------------

LEONID Activity 1999

Visual observations of the 1999 Leonids revealed a distinctive peak with a ZHR of about 5000 on November 18, 2h05m +/-10m UT (solar longitude 235.287 +/- 0.007, eq. 2000.0). ZHR levels were above 1000 from roughly 1h30m UT to 3h00m UT corresponding to 235.26 to 235.32 degrees in solar longitude.

All observers who were able to view the peak under good sky conditions reported an abundance of faint meteors and a relative absence of fireballs. Some observers noticed a drop in the population index (i.e., a larger fraction of brighter meteors) after the peak.

Reports from Mohammad Odeh (Jordanian Astronomical Society) and Casper ter Kuile (Dutch Meteor Society, observing near Valencia, Spain) are very consistent with the picture sketched above.

In addition, radio data from K. Maegawa (Toyokawa Meteor Observatory, Aichi, Japan) reported by Kazuhiro Suzuki and the backscatter radar data from Ondrejov Observatory (Czech Republic) reported by Petr Pridal and Rosta Stork yield a peak time between 2h00m UT and 2h10m UT.

It seems that the peak time of 2h08m UT predicted by Asher/McNaught is confirmed within a margin of at most a few minutes, although the observed activity is significantly higher. It is reasonable to conclude that the peak activity has been caused by the 3-revolutions old dust trail of 55P/Tempel-Tuttle.

The following observers have contributed data immediately after the event, from which the ZHR profile given below has been derived:

Per Aldrich, C.L. Chan, Asdai Diaz, Yuwei Fan, Fei Gao, Lew Gramer, Andre Knoefel, Wen Kou, Alastair McBeath, Tom Roelandts, Sirko Molau, Renke Song, Wanfang Song, Honglin Tao, Dan Xia, Dongyan Zha, Jinghui Zhang, Yan Zhang, Jin Zhu.

(For groups of observers, only the name of the contributing observer has been mentioned.)

Date   Period (UT)  ZHR  +-
---------------------------
Nov 17  0600-1000   16    2
Nov 17  1600-2010   30    5
Nov 17  1900-2200   53   14
Nov 18  0030-0100  130   90
Nov 18  0100-0115  490  230
Nov 18  0115-0130  770  160
Nov 18  0130-0145 1040  660
Nov 18  0145-0202 4100  840
Nov 18  0200-0215 5000 1100
Nov 18  0212-0230 2400  280
Nov 18  0243-0247 1100  160
Nov 18  0320-0330  470   70
Nov 18  0420-0430  180   40
---------------------------
ZHRs are computed with a population index of 2.0, zenithal exponent of 1.0.
(3) スペインでの獅子座流星群雨( Leonids Rain in Spain )

   * 配信元:NASA(R.Baalke)
   * 著者:マーシャル宇宙飛行センター(Marshall Space Flight Center)

[日本語要約]

1時間当り1500個以上の獅子座流星雨の大出現がヨーロッパと中東で 観測者を感嘆させた。

1999年11月18日、国際隕石機構と獅子座流星群環境オペレーション センターによって報告された初期データによれば、11月18日木曜の朝、 ヨーロッパと中東で獅子座流星雨の激しい大出現があった。地球がすい星 Tempel-Tuttle彗星の岩屑帯を通過したとき、最大の活動が02時00分UT頃 記録された。

「我々は多くの、多くの、そして多くの獅子座流星群が空から降っているの に気付いた」、とスペインのバレンシアと Alicante の間に位置している観測者の チームのために働いていたオランダのメテオールソサエティーのCasper ter Kuile が語った。 「我々の経験豊かな目視観測者が毎分およそ30個の 獅子座流星群を数えた!」

スペインの観測者が気付いた1時間当り1800個以上の隕石の高い率は、 多くの専門家が予測していた時間当り500個から1000個より大きかった。 イスラエルの天文学ソサエティのメンバーは30分で毎分70個の隕石を 記録した。嵐は中東の一部で更に激しかった。他の世界的な観測者の様に、 イスラエルのチームは多くの弱々しい隕石とまぶしい火球が相対的に少ない ことに感動していた。 カナリー諸島とフランスのゴージ du Verdon の近郊の 隕石観察者による初期の報告は流星雨の大出現をこの一般的な写真で 確認した。

隕石嵐は大西洋の西で見られなかった。 北アメリカで、空の観測者は 一時間当りせいぜい40個から50個の比較的少ない獅子座流星群 を見た。 これらの大多数は動きが早くて、そして薄暗かった。

日本とチェコ共和国からのラジオ測定は2時00分と2時10分UTの間で ピークを示し、目視観測者の結果を確認した。 この時間はAsher と McNaught が予測した最大(となる時刻)が2時08分UTと一致した。 彼らの獅子座隕石帯びモデルで、1999年の嵐は獅子座流星群の親すい星、 Tempel-Tuttle彗星が、およそ100年前に太陽を通過した時生成された ほこりの帯によって引き起こされた。 Asher - McNaught モデルは2001年と 2002年に更らに大きな獅子座流星嵐を予測している。


[原文]

Leonids Rain in Spain(Marshall Space Flight Center)
An outburst of over 1500 Leonid meteors per hour dazzled observers in Europe and the Middle East.

November 18, 1999: According to preliminary data reported by the International Meteor Organization and the Leonids Environment Operations Center, there was an intense outburst of Leonid meteors over Europe and the Middle East on Thursday morning, November 18. Maximum activity was recorded around 0200 UT as the Earth passed through the debris stream of comet Tempel-Tuttle.

"We observed many, many, many Leonids falling from the sky," said Casper ter Kuile of the Dutch Meteor Society, who was working with a team of observers located between Valencia and Alicante in Spain. "Our experienced visual observers counted about 30 Leonids per minute!"

The high rate noted by observers in Spain, over 1800 meteors per hour, was substantially greater than the 500 to 1000 per hour that most experts had predicted. The storm was even more intense over parts of the Middle East, where members of the Israeli Astronomical Association recorded 70 meteors per minute for just over a half an hour. Like other global observers, the Israeli team was struck by the abundance of faint meteors and the relative absence of bright fireballs. Preliminary reports by meteor watchers in the Canary Islands and near the Gorges du Verdon in France confirm this general picture of the outburst.

The meteor storm was not seen west of the Atlantic. In North America sky watchers saw relatively few Leonids -- at most 40 to 50 per hour. The majority of these were fast-moving and dim.

Radio measurements from Japan and the Czech Republic confirm the results of visual observers indicating a peak between 2:00 and 2:10 UT. This time coincides with the maximum at 2:08 UT predicted by Asher and McNaught. In their model of the Leonid meteoroid stream, the 1999 storm was caused by a dust trail created when the Leonids parent comet, Tempel-Tuttle, passed by the Sun about 100 years ago. The Asher-McNaught model predicts even bigger Leonid storms in 2001 and 2002.


(4) 「思いがけない」隕石シャワーは出現し無かった

   "Surprise" Meteor Shower Fails to Materialize
   * 配信元:NASA(R.Baalke)
   * 著者:SpaceViews誌
   * 日時:1999年11月14日

[日本語要約]

若干の天文学者によって今週の獅子座流星群の準備運動に、先週見えると 予測された新しい隕石シャワーは、観測者が気付いた単に数個の 流星だけで(シャワーは)実現し無かった。

非公式に Linearids と名前を付けられた「思いがけない」シャワーは 最近発見された長周期すい星C / 1999 J3 LINEAR の軌道通路の極めて 近くを地球が通過した11月11日ごろ見えると予測された。その時はすい星が 同じ場所を(通過した)丁度40日後であった。

詳細な記事はここを参照:
http://www.spaceviews.com/1999/11/14b.html


[原文]

"Surprise" Meteor Shower Fails to Materialize

A new meteor shower predicted by some astronomers to be visible last week as a warmup to this week's Leonids failed to materialize, with only a few meteors noticed by observers.

The "surprise" shower, informally dubbed the Linearids, was predicted to be visible around November 11 when the Earth passed very near the orbital path of newly-discovered long-period comet C/1999 J3 LINEAR, just 40 days after the comet was in the same area.

Full story here:
http://www.spaceviews.com/1999/11/14b.html


3.訳者の所感

昨年の獅子座流星雨は33年ぶりという大きな期待で失望となった。 今年の獅子座流星雨は10月の後半になってから大出現の予報がメールで 配信され期待が高まった。残念ながら、日本では天候の関係で、観測は 不調に終わったが、ヨーロッパの観測者は大出現に興奮状態であった。 観測成功のE-mailが数多く配信されていた。
国際隕石機構の新聞発表で、Maegawa氏他の豊川観測チームの電波 観測が成功し大きな成果を収めた。ヨーロッパの目視観測を裏付け、 電波による観測も重要であることを再確認させた意義は大きい。 目視観測は天候に左右されやすく運任せであるが、電波観測は確実性が 高い。(確か昨年NHKテレビで紹介された!)
予報によれば2000年以降も2001年、2002年と大出現が期待出来 そうであり、来年以降を楽しみに待ちたい!
他方C / 1999 J3 LINEAR彗星の流星雨は明暗を分け、残念な結果 であった。其の理由が何れ報告されよう。
最後に今回の予報の提唱者D.Asher博士(当協会主催、六都科学館で講演) が、何時か日本で再度講演されることを期待したい。