[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Jan  30 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年1月30日受付


今年度もNEOに関する海外のニュースや 話題をお送りします。タイトルは”今週の話題”でお送りします。 内容は2000年に入って配信されたニュースから選びました。


1.概要

2月14日のバレンタインの日に小惑星EROSに接近するNEAR 宇宙探査船のニュースを3件送ります。
宇宙船の飛行は順調で、2月14日のランデーブの諸テストも正常に 動作を確認。又Erosの衛星についても探索が行われているが、 確認されていない。Erosの映像もNASAのWebサイトで 公開されている。


2.詳細

(1)NEAR探査船ミッション状況報告、2000年1月21日
   NEAR MISSION STATUS REPORT, 21 January 2000

   * 配信元:NASA
   * 日時:1月24日

[日本語要約]

ミッション運転:

NEAR探査船は制御が飛行コンピュータ # 1と飛行姿勢インタフェース ユニット # 2の操作モードで予定通り機能し続けている。 すべての機器は今週、 「オン」ままであった。 S/C 飛行姿勢の方向を Erosの接近オペレーションを行なうに要求されるErosの方向、 地球の方向と太陽の方向に交互に繰り返している。

NEAR探査船は現在 Eros から29,532キロ(18,351マイル)である。

Eros ランデーブシーケンスの第2回目のテストは1月20日に成功裏に完了した。 技術データの再評価で Erosの軌道投入( NISの簡単な近接飛行を含めて)に導く 30時間の手順の第2回目の飛行テストが成功していたことを示していた。

MSI Eros Light Curve2は1月18日に予定通り行われた。

DSN サポートの重要な問題が Eros 接近オペレーションの開始から無かったと 述べるべきで、DSNを高い信頼性でサポートしてくれた人々に感謝したい。

通常の Eros OpNav像が今週撮影された。

1月24日から開始するために最終の準備とNEAR探査船のコマンドをロードする テストが完了した。このコマンドロードは1月30日に予定している全ての活動計画を 含めている。 明日の DSN トラックが通信衛星にリンクするされるであろう。

来たる宇宙船活動:

通常のDSN追跡とOpNavイメージを撮影する他に、次のことが Eros の軌道投入で 計画されている運用上有意義な活動である。来たるべく科学活動に関しする詳細は NEAR探査船タイムラインを調べてください。

  1月21日 NLR / MSI の補助 - タイミング の飛行実験
  1月28日 Eros 衛星サーチB
  2月 2日 ランデブー演習
  2月 4日 Eros 衛星サーチC
  2月 8日 ランデブー演習と運動量バイアス
  2月 9日 Eros 衛星サーチD
  2月14日 Eros 軌道投入


[原文]

From NEAR Mission Status Reports
NEAR Mission Status Reports

MISSION OPERATIONS:

The NEAR spacecraft continued to operate nominally in Operational Mode with Flight Computer #1 and Attitude Interface Unit #2 in control. All instruments remained "ON" during this week. S/C Attitude pointing continues to alternate between Eros pointing, Earth pointing, and Sun pointing as required to conduct Eros approach operations.

NEAR is presently 29,532 Km from Eros (18,351 miles).

The second test of the Eros rendezvous sequence was completed successfully on January 20. Review of the engineering data indicates this second flight test of the 30 hour sequence leading up to Eros orbit insertion (includes NIS Low Phase Flyby) was successful.

The MSI Eros Light Curve 2 was conducted as planned on January 18.

It should be mentioned that no significant problems with DSN supports have occurred since the start of Eros approach operations. Many thanks to those at the DSN for the reliable support.

Regular Eros OpNav images were taken this week.

Final preparations and testing of the NEAR command load to start on January 24 are completed. This command load includes all activities planned through January 30. It will be uplinked during tomorrow's DSN track.

Upcoming Spacecraft Activities:

In addition to regular DSN tracking and taking of OpNav images, the following are operationally significant activities planned through Eros orbit insertion. Please consult the NEAR Flight Timeline for more details regarding upcoming science activities.

   Jan 21  Flight Test of NLR/MSI Co-timing
   Jan 28  Eros Satellite Search B
   Feb 2   Rendezvous Maneuver
   Feb 4   Eros Satellite Search C
   Feb 8   Rendezvous Maneuver and Momentum Bias
   Feb 9   Eros Satellite Search D
   Feb 14  Eros Orbit Insertion


(2)NEAR宇宙探査船は最終評価に合格する
   NEAR SPACECRAFT PASSES FINAL TEST

   * 配信元:NASA
   *配信日:1月24日

[日本語要約]

NEAR宇宙船は、小惑星 Eros のその軌道より先行する30時間のランデーブ 手順を完ぺきにリハーサルして、先週その最終の飛行テストに合格した。

一連の手順にはNEAR が Eros と太陽の間を直接飛行するであろう2月13日の 簡単な近接飛行を含めている。その通過は最適な光でErosの北半球の 鉱物資源の地図を作成するニークな機会となり、10月に同様な運用で 小惑星の南半球をカバーするであろう。

NEAR探査船はErosとの2月14日ランデーブの正しいコース上にあり、 小惑星Erosから約15,250マイル(24,400キロ)宇宙船から離れている。 NEAR探査船チームはNEAR探査船が過去2週間以上に亙って撮影した近接影像に 何も見つけられないが、 Eros の周囲の小さな衛星か宇宙岩屑を捜している。 小惑星の自転の2回目の映像と同様、NEARから最新の映像が今週から NEAR Web サイトで見られるであろう。


[原文]

NEAR Aces Final Flight Test
January 24, 2000

The NEAR spacecraft passed its final flight test last week, flawlessly rehearsing the 30-hour rendezvous sequence that will precede its orbit of asteroid Eros.

The sequence includes a low-phase flyby on Feb. 13, during which NEAR will fly directly between Eros and the sun. The pass affords a unique opportunity to map the minerals on Eros' northern half under optimal lighting; a similar operation in October will cover the asteroid's southern hemisphere.

NEAR remains on course for its Feb. 14 rendezvous with Eros, which is now about 15,250 miles (24,400 kilometers) away from the spacecraft. The NEAR team continues searching for small moons or space debris around Eros, though none appear in the approach images NEAR has taken over the past two weeks. The latest pictures from NEAR -- as well as a second movie of the asteroid's rotation -- will appear on the NEAR Web site this week.


(3)すべての人に最初の小惑星 EROSの 映像:
   バレンタイン日に期待出来るクライマックスの映像
   FIRST EROS MOVIE FOR ALL:
   CLIMAX EXPECTED ON VALENTINES DAY

   * 配信元:NASA、ロン Baalke 発信
   * 配信日:2000年1月21日

[日本語要約]

最初の Eros 自転ムービー( MPEG :3.6MB、QuickTime )

1月12日に NEAR宇宙船に搭載されたマルチスペクトラル イメージャは 小惑星433 Eros にNEAR宇宙船が接近している間に撮影される一連の自転 映像の最初となった。 これらの影像が得られたとき、 NEAR宇宙船は 小惑星から約27,500マイル(44,000キロ)離れていたので、Eros が 非常に小さく見えた。 その映像はErosの一日、言い換えればErosの 自転の1.1回転の1/2回転ごとに撮影された780枚の画像から創られた。 末尾にある時間指標は各フレームが何時(GMT)撮影されたか示す。

この低い解像度でさえ Eros の非常に不規則な形状は外見上 明らかである。 次の4週間に、宇宙船がバレンタインデー(2月14日) に軌道に入るまで、 Eros は次第に大きく見えるようになる。 更に 来月には数本のより高い解像度の映像が得られるであろう。


[原文]

First Eros Rotation Movie: MPEG (3.6 MB) || QuickTime

On Jan 12 the multispectral imager on the NEAR spacecraft acquired the first in a series of rotation movies that will be taken during NEAR's approach to the asteroid 433 Eros. When these images were acquired, NEAR was approximately 27,500 miles (44,000 km) from the asteroid so Eros still appeared very small. The movie was created from 780 images, one every 1/2=B0 of Eros's rotation for 1.1 rotations or Eros "days." The time index at the bottom indicates when each frame was acquired in Greenwich Mean Time.

Even at this low resolution the highly irregular shape of Eros is apparent. Over the next 4 weeks Eros will appear larger and larger until the spacecraft goes into orbit on Valentine's Day (February 14th). Several more movies at progressively higher resolutions will be acquired over the next month.


3.訳者の所感

宇宙探査船NEARが小惑星Erosに接近しており、其の映像も インターネット上で見ることが出来ます。今後もこのニュースを フォローし続けますが、其の映像はNASAのWebサイトから直接 アクセスを試みてください。