[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Jan  31 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年1月31日受付


CCNet及びNASAから今月(1月)に配信されたニュースから選んで お送りします。


1.概要

1月18日、アラスカの上空25Kmで大火球が爆発したことが目撃された。 米国の防空衛星にも感知された。其の爆発威力はTNT火薬換算で2から 3KTと推定された。
また一昨年に公開された彗星や隕石が地球に衝突するストーリを扱った 2本の映画(ArmageddonとDeep Impact)の興行成績が好調で 約1000億円を稼ぎ出したことが報じられている。


2.詳細

(1)DOD(国防省)火球をカナダユーコン準州の上空で検出
   DOD FIREBALL DETECTION OVER YUKON TERRITORY, CANADA

   * 配信元:NASA(ロン Baalke )
   * 発信者:ピーター・ブラウン
   * 配信日:1月20日

[日本語要約]

火球の検出

2000年1月18日に、DOD(国防省)の衛星に搭載されているセンサーが 16時43分42秒(UTC)に カナダ ユーコン準州ホワイトホースの近くで 隕石の衝撃を検出した。 その物体は北緯 60.25度、西経134.65度の 高度25 km の地点で爆発した。 光学センサーが16時43分42秒( UTC)に 同じ現象を検出した。その現象は1ミクロンの波長で2秒間持続した。 総放射パワーの推定( 6000K 黒体放射モデルの想定で)は 1.1 x 10 の12乗 ジュール である。
10%のエネルギー変換率と仮定し、これをTNT火薬に換算すれば、 およそ2-3 ktと同等のエネルギーに対応する。

***************************************************************
今回の衛星の火球の発表と以前の全ての発表は以下のWWWで ご覧になれます。
http://phobos.astro.uwo.ca/~pbrown/usaf.html

ピーター・ブラウン博士
西オンタリオ大学、物理と天文学部、隕石物理学研究室


[原文]

Fireball Detection

On 18 January 2000, sensors aboard DOD satellites detected the impact of a meteoroid at 16:43:43 UTC near Whitehorse in the Yukon territory, Canada. The object detonated at an altitude of 25 km at 60.25 degrees North latitude, 134.65 degrees West Longitude. Optical sensors detected the same event at 16:43:42 UTC. The event lasted 2 seconds at 1 micron wavelength. Estimates of total radiated power (assuming a 6000K Blackbody model) are 1.1 x 10 exp 12 Joules.

Assuming a 10% energy conversion, this corresponds to approximately 2-3 kT TNT equivalent total equivalent energy.

***************************************************************
PLEASE NOTE THAT THIS SATELLITE BOLIDE RELEASE AND ALL PREVIOUS SUCH RELEASES CAN BE FOUND ON THE WWW AT
http://phobos.astro.uwo.ca/~pbrown/usaf.html

Dr. Peter Brown
Meteor Physics Lab
Department of Physics and Astronomy
University of Western Ontario
London, Ontario


(2)アラスカ州とユーコン準州の国境付近で大気の衝撃
   ATMOSPHERIC IMPACT OVER ALASKA, YUKON BORDER

   * 配信元:NASA(ロン Baalke )
   * 配信日:1月20日

[日本語要約]

流星が2000年1月18日のアラスカ州とユーコン準州の国境の上空で爆発した。 Whitehorse(ホワイトホース)ユーコン(ロイター):火曜日に隕石が 南ユーコンの山岳地帯の上空で爆発し、家を揺り動かし、劇的な光のショーを 遠隔地の住民に見せた、とカナダ地質調査所の係官が語った。

隕石は昼間Carcross(ユーコン準州)と Skagway(アラスカ州)の間の 大気中で爆発したと信じられている。およそ午前9時に当局によればそれらの 事象の目撃者からの報告と音響データを受け取った。

詳細はここのWebサイトを参照してください。
http://news.excite.com/news/r/000118/20/science-meteor


[原文]

Meteor explodes in air near Alaska, Yukon border
January 18, 2000

WHITEHORSE, Yukon (Reuters) - A meteor exploded over the mountains of southern Yukon Tuesday, shaking houses and providing residents of the remote region with a dramatic light show, the Geologic Survey of Canada said.

The meteor is believed to have exploded in the atmosphere midday between Carcross, Yukon and Skagway, Alaska, at about 9 a.m. according to the agency, which received witness reports and sonic data on the event.

Full story here:
http://news.excite.com/news/r/000118/20/science-meteor


(3)スタートとしては悪くはない:総額10億ドルの衝撃映画
   NOT BAD FOR A START: IMPACT MOVIES
   GROSS 1 BILLION BUCKS

   * 配信元:CCNet
   * 発信者:ダニエル・フィッシャー( Daniel Fischer)
   * 配信日:1月7日

[日本語要約]

親愛なるベニー

2000年1月4日迄に、1998年の2編の偉大な NEO 映画は世界的な 劇場の切符売場の売上げだけで(ビデオレンタルとTV放映権を 勘定に入れないで) 合わせて9億300万ドルを稼せいだ。

”Armageddon” は現在$554.4M(5億5440万ドル)で空前の ヒットチャートで# 11番目、他方”Deep Impact”はそのリストで $ 348.6M(3億4860万ドル)を稼ぎそのチャートで# 50番目にある。 そのチャートは次のホームページでアクセスできます。
http://us.imdb.com/Charts/worldtopmovies

「隕石」のような初期の衝撃映画はそこに含まれておらず、従って 総額は10億ドル程である。

ダニエル・フィッシャー


[原文]

Dear Benny,

until Jan. 4th, 2000, the two big NEO movies of 1998 had made together 903 million dollars in worldwide theatrical box office sales alone (not even counting video rentals and TV rights) - an amount to ponder...

Armageddon is now at # 11 of the all-time charts, with $ 554.4m, while Deep Impact is at # 50 with $ 348.6m, according to the list at http://us.imdb.com/Charts/worldtopmovies. Earlier impact movies like "Meteor" are not mentioned there, so the overall sum should be close to one billion dollars.

Daniel Fischer


3.訳者の所感

アラスカ上空の隕石大爆発はアメリカ国防システムに目撃されたことで、 何れ詳細が明らかにされよう。1907年のツングースカ衝撃を小規模に したものかな?25Km上空と比較的高いこと、人が住んでいない場所で あったことが幸いであった。続報が配信されており、今後の展開に 注目したい。
日本でも”Armageddon” や”Deep Impact”が公開され、私も ”Deep Impact”を鑑ました。科学分野の最新の話題を映画に展開できる ハリウッドのバイタリティーに舌を巻きました。これらの映画が 隕石衝突について社会を啓蒙した効果が大きかったように思います。