[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Feb  8 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年2月8日受付


今週はNASA配信で NEAR宇宙船に関する4件のニュースです。


1.概要

NEAR宇宙船はマイナートラブルがあったものの2月3日に 小惑星Erosに向けた軌道修正が成功し、一路Erosに向けて 順調に飛行を続け、2月14日にErosの周回軌道に 投入される予定。クレータが明瞭に認められるErosの映像もWebで 公開されている。


2.詳細

(1) NEAR ミッション状況報告(NEAR Mission Status Reports)
   2000年2月4日(February 4, 2000)

   * 配信元:Ron Baalke(NASA)
   * 配信日:2000年2月4日

[日本語要約]

ミッション運転:

NEAR宇宙船は2月2日5時(00 UTC)に地球安全(モード)に入った。 NEARは搭載されている加速度計がその日遅くに予定されたランデーブの 燃焼が設定された時、短い自動運動量(momentum)の投棄を実行した。 搭載されている自立系は自動運動量の廃棄の結果、NEARを地球安全 モードに置いた。すべての機器を予防処置のため自立系が切断した。 2月2日17:00(UTC)に計画されていた Erosとのランデブー操作は 翌日まで延期された。少量の燃料が消費された。

NEARは2月2日に操作モードに復旧した。そして加速度計の設定に 関連する偏差を調査するに重要なデータが衛星送信された。

2月2日のデータ回復の実施と並行して、ミッション運転、ミッション 設計、ナビゲーション及び誘導とコントロールの各チームがランデーブ 操作を再設計するのに、加速度計の偏差(オンの儘)に関する仕事の 具体化、新しい手順の完全なテスト、及びそのレビューを円卓で 行うために密接に協力して作業をした。その後、修正されたランデーブ 操作手順(TCM 22と参照)は2月2日夜間に宇宙船にアップロードされ、 稼働状態に置かれたる)。TCM 22が2月3日17:00 UTCに実行された。 粗い表示はランデーブの操作が非常に成功していたということである。 操作の影響を正確に測定するために追跡とデータ解析に数日間を 要するであろう。

NEARは現在 Eros から7433キロ(4619マイル)離れている( ランデーブの操作で1日の遅れを修正)。

今週行われた科学的な活動に次の事項がある。

 − 1/28/2000、Eros 衛星シートB
 − 1/29/2000、MSI / NIS 光カーブ4
 − 1/31/2000、NIS 鏡面テスト
 − 1/31/2000、MSI 支援イメージ
 − 2/1/2000、 NIS 鏡の幾何的配置テスト実験
 − 2/1/2000、 MSI 支援イメージ

通常の Eros OpNav のイメージが今週撮影される。

来たる宇宙船の活動:

通常の DSN 追跡と OpNav イメージを撮影するほかに、次のことが Erosに軌道投入を通して計画される操作上重要な活動である。来たる 科学活動に関する詳細は NEARの飛行予定表を調べて下さい。
  2月4日  航法用 Erosのランドマーク映像。
  2月8日  ランデブー操作と運動量バイアス(22:00:00 UTC )。
  2月9日  Erosの衛星サーチD。
  2月14日  Erosの軌道投入


[原文]

MISSION OPERATIONS:

The NEAR spacecraft entered Earth safe on February 2nd at approximately 05:00 UTC. NEAR executed a brief auto momentum dump when onboard accelerometers were being configured for the rendezvous burn planned for later that day. Onboard autonomy placed NEAR in Earth Safe Mode as a result of the auto momentum dump. All instruments were turned off by autonomy as a precautionary measure. The Eros Rendezvous maneuver planned for February 2 at 17:00 UTC was postponed until the following day. No significant amount of fuel was consumed.

NEAR was recovered to operational mode on February 2 and data critical to investigate the accelerometer setup related anomaly was downlinked.

In parallel with the data recovery exercise on February 2, Mission Operations, Mission Design, Navigation, and Guidance & Control teams worked closely together to redesign the rendezvous maneuver, implement a work around to the accelerometer anomaly (leave them on), fully test the new sequence, and conduct round table reviews of it. Afterwards, the modified rendezvous maneuver sequence (referred to as TCM 22) was uploaded to the spacecraft during the evening of February 2 and enabled. TCM 22 was executed on February 3 at 17:00 UTC. Coarse indications are the rendezvous maneuver was very successful. It will take several days of tracking and data analysis to get a precise measurement of the maneuver's affect.

NEAR is presently: 7433 km (4619 miles) from Eros (corrected for one-day delay in rendezvous maneuver).

Science activities conducted this week include:

  - Eros Satellite seat B on 1/28/2000
  - MSI/NIS Light Curve 4 on 1/29/2000
  - NIS Mirror Plane Test on 1/31/2000
  - MSI Support Images on 1/31/2000
  - NIS Mirror Geometry Test on 2/1/2000
  - MSI Support Images on 2/1/2000

Regular Eros OpNav images were taken this week.

Upcoming Spacecraft Activities:

In addition to regular DSN tracking and taking of OpNav images, the following are operationally significant activities planned through Eros orbit insertion. Please consult the NEAR Flight Timeline for more details regarding upcoming science activities.
  Feb 4 Navigation Eros Landmark Movie
  Feb 8 Rendezvous Maneuver and Momentum Bias (22:00:00 UTC)
  Feb 9 Eros Satellite Search D
  Feb 14 Eros Orbit Insertion


(2) 2000年2月3日、NEAR ランデブーの燃焼が成功。
   NEAR Rendezvous Burn a Success、February 3, 2000

   * 配信元: Ron Baalke(NASA)
   * 配信日: 2000年2月3日

[日本語要約]

予備的な表示は NEAR宇宙船が Eros に向かって安定した軌道上にあることを 示している。ブレーキ操作の後、今日は大きな小惑星に向う宇宙船の接近速度と 軌道を調整した。

東部標準時の正午に、NEAR探査船の中規模な推力を90秒間点火し宇宙船を43 mph ( Erosに相対的)から18 mph まで減速した。巧みな操縦でNEARの軌道をその目標に 1マイル(100キロ)の10分の6程近付くように移動させる。

そのオペレーションは NEAR探査船が昨日の早朝、安全保持の(モード)に入った 後 中止になった2月2日予定のランデーブ燃焼の若干修正されたバージョンであった。 応用物理学研究室の運行管理者は、2月2日操縦のオリジナルを2つに分け、昨夜遅く NEARに新しいコマンドを送った。 2月8日の2回目の点火はNEARの接近速度を 22 mph に上げて、宇宙船を小惑星に向かう当初の軌道に戻すことである。

「我々はすぐに戻って来て、そして方向転換の燃焼を工夫することが可能であっ た」、 と NEARミッション管理者のボブ・ファーカー部長が語った。 「それは本当に ミッション計画の回復力を示している。」

すべての重要な科学的操作は 2月13日の低いフェーズの近接飛行を含めて 予定通りである。近接飛行はNEARを太陽と Eros の間に直接置くで、最適な 照明下で小惑星の鉱物資源を地図化するユニークな機会を与えた。

NEARはEros から5,047マイル(8,123キロ)離れており、宇宙船は バレンタインデーにErosに到達して、周回軌道に乗るであろう。


[原文]

          Preliminary indications show the NEAR spacecraft is on a
          steady path to Eros, after a braking maneuver today
          adjusted its approach speed and trajectory toward the
          large asteroid.

          At noon EST, NEAR's medium-sized thrusters fired for 90
          seconds and eased the spacecraft from 43 mph (relative
          to Eros) to 18 mph. The maneuver also moves NEAR's
          trajectory about six-tenths of a mile (100 kilometers)
          closer to its target.

          The operation was a slightly modified version of the
          rendezvous burn scheduled for Feb. 2, which was canceled
          after NEAR went into "safe" hold early yesterday
          morning. Mission operators at the Applied Physics
          Laboratory sent new commands to NEAR late last night,
          dividing the original Feb. 2 maneuver into two parts. A
          second burn on Feb. 8 will bump NEAR's approach speed to
          22 mph and put it back on its original track to the
          asteroid.

          "We were able to come back right away and devise a
          turnaround burn," says NEAR Mission Director Bob
          Farquhar. "It really shows the resiliency of the mission
          plans."

          All critical science operations - including a low-phase
          flyby on Feb. 13 - remain on schedule. The flyby will
          put NEAR directly between the sun and Eros, affording a
          unique opportunity to map the asteroid's minerals under
          optimal lighting.

          NEAR is now 5,047 miles (8,123 kilometers) away from
          Eros, which it will reach and begin orbiting on
          Valentine's Day.

(3) NEAR探査船の科学:更新(NEAR Science Update)
   2000年2月4日(February 4, 2000)

   * 配信元: Ron Baalke(NASA)
   * 配信日: 2000年2月4日

[日本語要約]

2月2日に、NEAR探査船は短いしゃっくり(一時的中断)の後に標準的な科学 オペレーション(調査)を再開した。予定されたロケットエンジンの燃焼を 準備する間に宇宙船は安全保持(の状態)に入った。安全保持は即時の調整を 必要とする予想外の事象に前もってプログラムした宇宙船の自立的な対応である。 この場合、宇宙船は全ての定情的な運転を止めて、中感度のアンテナを地球に 向け、地球からの命令を待ち受けた。安全保持からの回復と通常運転への 復帰は2月2日午後に実施された。宇宙船は 2月3日東部標準時正午 (17:00UT)に成功裏に逆推進エンジンの燃焼が行われた。

搭載されている加速度計に電力が供給されていたので、安全保持の原因は 宇宙船の姿勢制御システムに入力された間違ったデータであった。そして 小型自立エンジンが発火するという結末になった。しかし燃料消費は少量で あった。今日、成功したエンジン燃焼で、NEAR宇宙船は2月14日に予定通り、 Eros に到着する(正しい)コースに戻っている。

しかしながら、宇宙船が安全保持の状態の間、予定された科学観測が 出来なかった。我々の編成チームと運転チームの一部による 英雄的な努力の後に、Eros のイメージシーケンスと赤外線分光計鏡幾何的 テストを含めて、観測の最もクリティカルな機能を回復するために新しい コマンド群が宇宙船にロードされた。 エンジン燃焼が完了された今、 イメージシーケンスは宇宙船の軌道を確実にする光学式ナビゲーションに 使用されるであろう。 赤外線分光計テストは走査鏡に使用する機器の観測方向を 正確に決定するために必要であった。 この鏡は潜望鏡のように機能する。我々は 140度弧を通して測定器の視野を走査するために鏡を回転する。 実験は走査鏡位置に対する視野の方角を目盛る光源としてErosに使用するであろ う。 テストが上手く働くために、 Eros に近くても遠くても駄目で、故に今週テストを することが必要である。イメージシーケンスの回復と鏡幾何的実験の両方が次の 数日間に実施するよう予定されている。


[原文]

          On February 2, the NEAR spacecraft resumed normal
          science operations after a brief hiccup. During
          preparations for a scheduled rocket engine burn, the
          spacecraft entered a safe hold. The safe hold is a
          pre-programmed, automatic response by the spacecraft to
          an unplanned event which requires immediate corrective
          action. In this case, the spacecraft stopped all routine
          operations, pointed its medium gain antenna at Earth,
          and awaited further instructions. Recovery from the safe
          hold and return to normal operations occurred on the
          afternoon of February 2, and the spacecraft successfully
          executed a revised engine burn on February 3 at noon EST
          (17:00 UT).

          The cause of the safe hold was incorrect data input to
          the spacecraft attitude control system as onboard
          accelerometers were powered up, which resulted in a
          small autonomous engine firing. Fuel expenditure was
          insignificant. With the successful engine burn today,
          the NEAR spacecraft is back on course for arrival at
          Eros as planned on February 14.

          We did, however, lose science observations that were
          scheduled to take place during the time that the
          spacecraft was in safe hold. After another heroic effort
          on the part of our sequencing team and operations team,
          a new set of commands has been loaded on the spacecraft
          to recover the most critical of these observations,
          which include image sequences of Eros and an infrared
          spectrometer mirror geometry test. The image sequences
          will be used for optical navigation to pin down the
          trajectory of the spacecraft now that the engine burn
          has been completed. The infrared spectrometer test was
          needed to determine accurately the look direction of the
          instrument, which uses a scan mirror. This mirror
          functions like a periscope - we turn the mirror to scan
          the instrument field of view through a 140 degree arc.
          The test will use Eros as a source of light to calibrate
          the viewing direction versus the scan mirror position.
          For the test to work, Eros cannot be too close or too
          far - hence the need to perform the test this week. Both
          the recovery image sequences and mirror geometry test
          are scheduled to occur over the next few days.

(4)2000年2月3日の NEAR イメージ。
   NEAR image of the day for 2000 Feb 3

   * 配信元: Ron Baalke(NASA)
   * 配信日: 2000年2月3日

[日本語要約]

ブレー操作後のNEARナビゲーションイメージ 今日、2月3日、重要なブレーキ操作の直後、NEAR宇宙船のimager はおよそ5,590マイル(8,950キロ)の距離から小惑星433 Eros のこの 影像のスナップを撮った。このような影像で、Eros の位置は背景の 星の正確な位置に対して宇宙船の相対的な位置を追跡させている。

1画素毎に0.6マイル(0.9キロ)のイメージ解像度で、小惑星の表面の 細部が確認され始めている。小さな衝撃クレーターが小惑星の上端 近くで見えて、そして明暗界線の近くの「鞍」のアウトラインの凹凸が 一層明確になっている。この鞍は Eros にその特有の「ピーナツ」形を 与える小惑星の刻み目である。

ジョンズ・ホプキンス大学の応用物理学研究室で組立てられ、 管理されているが、 NEARは低コストで小規模な惑星探査ミッションを NASAのディスカバリープログラムの一環で打上げられた最初の 宇宙船であった。 詳細は次のNEAR Web ページを参照して頂きたい。
http://near.jhuapl.edu


[原文]

                 Post-braking maneuver NEAR navigation image
          Immediately after a critical braking maneuver today,
          February 3, the imager on the NEAR spacecraft snapped
          this image of the asteroid 433 Eros from a distance of
          approximately 5,590 miles (8,950 km). In images like
          this one, the position of Eros is being tracked against
          the star background to accurately locate the relative
          position of the spacecraft.

          At this image's resolution of 0.6 miles (0.9 km) per
          pixel, details of the asteroid's surface are beginning
          to be resolved. A small impact crater is visible near
          the upper edge of the asteroid, and irregularities in
          the outline of the "saddle" near the terminator are
          becoming clearer. This saddle is an indentation in the
          asteroid that gives Eros its characteristic "peanut"
          shape.

          Built and managed by The Johns Hopkins University
          Applied Physics Laboratory, Laurel, Maryland, NEAR was
          the first spacecraft launched in NASA's Discovery
          Program of low-cost, small-scale planetary missions. See
          the NEAR web page at http://near.jhuapl.edu for more
          details.

3.訳者の所感

NEAR宇宙船による小惑星Erosの本格的な調査が進み 小惑星の化学的組成、起源などが解き明かされることを期待したい。 詳細な映像を楽しみにしています。