[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Mar  23 )


会員の祖父江様からの情報です。

*2000年3月23日受付


1.概要

”科学進歩の為のアメリカ協会( AAAS )”の年次総会で ベニー Peiser 博士は過去10,000年間に地球外に起源がある500回以上の 衝撃事象が地球の文明史に大きな影響を与えたという講演を行った。
小型のすい星や小惑星が大気中で爆発(Tunguskaタイプ) したか、海洋に 衝突しクレーターを残さなかったが地球の気候に大きな影響を与え、結果 文明の盛衰の引き金になったと信じられている。


2.詳細

(1) 小惑星衝撃が歴史に影響を与えたか?
   ( ASTEROID IMPACTS SHAPED HISTORY?)

   * 日時:2000年2月23日(23 February 2000 )
   * 配信元:DISCOVERY.COM (From DISCOVERY.COM)
   http://www.discovery.com/news/briefs/20000223/space_impacts.html

[日本語要約]

 彗星と小惑星の多メガトンの衝撃の役割は非常に重要であったとベニー Peiser、イギリス、リバプールジョン・ムーア大学の社会科学者が語った。

「ここ数年間の注目は(今まで)大きな出来事であった」、と6千5百万年前、 地球に小惑星の衝撃の後に続いた言われている世界的な大惨事−− 恐竜の全滅−−を念頭に置いてPeiser が語った。

 しかし2000平方マイルの森林を平にしたと信じられる1908年のTunguska 爆発に類似したより小さい出来事が歴史上で大きな役割を演じた、と Peiser博士が土曜日、ワシントン D.C. ”科学進歩の為のアメリカ協会” の会合で科学者に説明した。

 軽量のすい星か小惑星が地表に到達する前に大気中で爆発したので、 Tunguska イベントはクレーターを残さなかった、と科学者は信じている。

 歴史で同様な地球外要因の爆発が”地中海青銅器時代文明”の崩壊の引き金と なったこと、アメリカに於いてある特定の文化の不思議な消失の説明、そして 局地的に限定された大惨事に終末予示的な宗教と聖書の参考文献の増加を 説明できるかもしれない、と Peiser が語った。

 それは我々が現在考えている以上に、この様な大惨事の被害を一層 受けやすいことを意味するであろう。

「いつ他の小惑星が接近して来るかという指標を、我々は受け取っ手いない」、 と Peiser が語った。 しかし、天文学者は Peiser博士の危険アセスメントについて懐疑的である。

 マサチューセッツ工科大学の小惑星衝撃の専門家、リチャード Binzel は、 人口の多い地域に衝突する Tunguska サイズのイベントの可能性に関連し、 「私はそれが一度も起きたことがないと断言できない」、と言っている。 「然し地球全体の表面の大きさに比べ破壊の区域は非常に小さい。」

 換言すれば、チャンスはごく少なく、より少ない人口と少数の都市の時代では、 (可能性は)ほとんど無かった。

 恐らく恐竜を殺戮したような世界規模の大惨事の見込みについて、何時の 世紀にでも(衝撃が)起きる可能性は10,000分の1であると Binzel が語った。

危険の見積もりに「我々はもっと保守的であるべき」、と Binzelが語っている。

著作権2000年、 Discovery.com


[原文]

The role of the multi-megaton impacts of comets and asteroids could be very significant, says Benny Peiser, a social scientist from Liverpool John Moores University in England.

"The focus over the years has been the big events," Peiser says, referring to the alleged global catastrophe that followed the impact of an asteroid with the Earth 65 million years ago -- wiping out the dinosaurs.

But smaller events similar in size to the 1908 Tunguska blast that is believed to have leveled 2000 square miles of forest could play a big role in history, Peiser explained to scientists on Saturday at the meeting of American Association for the Advancement of Science in Washington, D.C.

The Tunguska event left no crater because the lightweight comet or asteroid exploded in the atmosphere before reaching the ground, scientists believe.

Similar extraterrestrial blasts in history might have triggered the demise of Bronze Age civilizations in the Mediterranean, account for the mysterious disappearance of certain cultures in the Americas, and explain the rise of apocalyptic religions and biblical references to localized disasters, says Peiser.

It also would mean that we are more vulnerable to such disasters than currently thought.

"We haven't got any indication of when another asteroid might come close," says Peiser.

Astronomers, however, are skeptical of Peiser's danger assessment.

"I can't say it's never happened," says asteroid impact specialist Richard Binzel of the Massachusetts Institute of Technology, regarding the possibility of a Tunguska-sized event hitting a populated area. "But on the entire surface of the Earth the area of destruction is very small."

In other words, the chances are tiny, and were downright miniscule when there were fewer people and fewer cities.

As for the odds of another global catastrophe like the one that supposedly killed the dinosaurs, says Binzel, there's a one in 10,000 chance of it happening in any given century.

"We're just more conservative" in danger estimates, Binzel says.

Copyright 2000, Discovery.com


(2) 人類がこれまでの10,000年の間に500回以上の宇宙の衝撃を経験した
   HUMANITY EXPERIENCED MORE THAN 500 COSMIC IMPACTS DURING THE LAST 10,000 YEARS

   * 日時:2000年2月24日
   * 配信元:CCNet

[日本語要約]

”科学進歩の為のアメリカ協会( AAAS )”の年次総会における講演で、 リバプールジョン・ムーア大学のベニー Peiser 博士は過去10,000年間に 地球外に起源がある500回以上の衝撃事象が地球の(歴史)に区切りを 付けたことを示唆する新しい証拠を提出した。

 これらの出来事の大多数(70%)は平均のエネルギーの生成が TNTで 20メガトン(Mt)から100メガトンの間で大気の衝撃の Tunguska タイプの クラスのものであった。しかし、1ダース以上の海洋性の衝撃を含め、100回 以上の地表の衝撃が繰り返され地球全体で地方全域や小さな国及び初期の 文明を荒廃させたと信じられている。最悪のケースの推定で、Peiser 博士は、 Holocene紀の地質学的及び気象学的の記録で検証可能な8回迄の気候の下降が 直接多数の衝撃出来事と結び付けられるかもしれないと言った。

「社会の進化に区切りをつける増加する彗星や流星活動がエピソードは古代の 文明社会の興隆と没落を決定している潜在的な機関として見られるべきである。 人類文化の出現と崩壊の両方が、更新世 - Holocene紀移行と新石器時代の革命、 青銅器時代文明社会の登場と崩壊、及びローマ帝国の崩壊さえ増加する宇宙 活動と複数衝撃のエピソードに関連づけられるかもしれない。そして それらの宇宙の活動に大量の宇宙塵の事件を含んでいるであろう。 」

 これらの衝撃の大部分は人が住んでいない地域で起きているにもかかわらず、 破壊的な宇宙のカタストロフィーについて歴史の記述がある。 多くの中国の 記録によれば、小さな小惑星の分裂で西暦1490年に Chi 'ing - yang市 で およそ10,000人が犠牲となった。

 Holocene 紀(すなわち氷河期の終わりから)以後、1ダース以上の超高速衝撃 クレーターが今日までに発見された。しかし、社会の進化のこの決定的な期間に 起きた大多数の衝撃がまだ検出されていない。

 Peiser 博士によれば、「14回の周知の Holocene紀の衝撃クレーターは最も確かに 我々の過去をどちらかと言うと人をだますような絵を描いている。 Holocene紀に 遡ぼって大きな衝撃クレーターが検出されていないという事実が、半球や地球規模の 衝撃の大惨事がもしかすると起きていないという信念に結びついている。しかし、 これは広く行き渡った間違った考えである。」

 それでもなおかつ主要な衝撃出来事について Holocene紀を綿密に調べる科学的な コミュニティの関心に残念な欠如がまだある。

「このような歴史の時間での宇宙の大惨事の広範囲にわたる無知は出来事を引き 起こしているクレーターに対する限定された研究に焦点をあわせているためである。 破壊的な衝撃のただ3%だけが陸地に超高速な表面クレーターを造る」、と Peiser 博士が指摘する。Tunguska 級や超 Tunguskas級の衝撃は式から導かれる。 陸地の上空(あるいは海洋)で彗星や小惑星の大惨事を伴う爆発で、それらの (爆発)はしばしば明白な痕跡を後に残さない。

 Peiser 博士は同じくその見積もりが次の10,000年に宇宙からの衝撃の死者数を 予測した新しい衝撃シミュレーションを発表した。 将来、惑星防衛の効率的な 戦略の確立なしでは、13百万人以上の人々が次の10千年期に衝撃カタストロフィーの 直接の結果として死亡することが予測される。 「我々はそうすることができ、そし て本当により小さな、 Tunguska タイプの衝撃を甘んじて受け入れなければならな い。
我々がそれについて出来ることはわずかである。 けれども我々の文明社会の 安定性を脅かすより大きな物体の衝撃を妨ぐ必要がある。 我々は前倒しで 計画を進めなければ、そしてこの脅威を逸らす技術を開発しなければ、 宇宙からの衝撃が将来必然的に主要な大惨事に導くであろう」、 Peiser 博士が強調した。

 地球に接近する物体の現在の束(密度)を考慮したコンピュータ シミュレーションに基づいて、人口を50億人と一定させ、典型的な10,000年の 期間で経験することを予測ができる :

* 110回の致命的な衝撃で合計13百万人の死者(イベント毎に平均120,000人の 死者)。
* 陸上で300回の「 Tunguska 」スタイル空中爆発の内80回で死者が生じている (およそ1世紀に一回の致命的なイベント)。
* 12回の海洋衝撃で毎回平均500,000人の死者と津波を起こした。
* 4回の陸地衝撃ではイベント毎に平均500,000人の死者である。

「これらの推定は次の10,000年に現在の小惑星と彗星の束が時間と量で不変で あるという仮定に基づいている。 しかし、これまで300年の宇宙の静寂と際立って 違った過去にピークレベルの隕石活動があった」ことを示唆する証拠が 多くなりつつある、とPeiser 博士が指摘した。

1月に、UK特別委員会が衝撃危険とそれが主要な衝撃が将来起きるのを 阻止する国際的な努力に貢献する方法に英国の対応を調査するため、 科学の大臣、 Sainsbury 卿によって創設された。


[原文]

In a presentation to the Annual Meeting of the American Association for the Advancement of Science (AAAS), Dr Benny Peiser of Liverpool John Moores University, presented new evidence suggesting that more than 500 impact events of extraterrestrial orgin have punctuated Earth during the last 10,000 years.

The great majority (70%) of these events have been of the Tunguska-type class of atmospheric impacts with an average energy yield of between 20 and 100 Mt TNT. However, more than 100 surface impacts, including more than a dozen oceanic impacts, are believed to have repeatedly devasted whole regions, small countries and early civilisations around the globe. In a worst case estimate, Dr Peiser said that up to eight climatic downturns detectable in the geological and climatological records of the Holocene may be directly associated with multiple impact events.

"Episodes of increased cometary or meteoric activity punctuating societal evolution should be looked upon as potential agencies determining the rise and fall of ancient civilisations. Both the emergence and the collapse of human cultures, the Pleistocene-Holocene transition and the Neolithic Revolution, the onset and collapse of the Bronze Age civilisations, and even the collapse of the Roman Empire may be associated with episodes of increased cosmic activity and multiple impacts that may well have included incidents of cosmic dust loading."

While most of these impacts occurred over unpopulated areas of the globe, there are historical accounts about devastating cosmic catastrophes. According to a number of Chinese records, about 10,000 people were killed in the city of Chi'ing-yang in 1490 AD due to the break-up of a small asteroid.

About a dozen hypervelocity impact craters that date from the Holocene period (i.e. since the end of the ice age) have been discovered to date. The majority of impacts, however, that occurred during this crucial period of societal evolution have not been detected yet.

According to Dr Peiser, "the 14 known Holocene impact craters most certainly paint a rather deceptive picture of our past. The fact that no massive impact crater dating to the Holocene has been detected, has led to the belief that no hemispheric or global impact disaster can possibly have happened. However, this is a widespread delusion."

Yet there still is a regretable lack of interest by the scientific community to scrutinise the Holocene for major impact events.

"The widespread ignorance of such cosmic disasters in historical time is due to the limited research focus on crater producing events. Yet only 3% of fatal impacts produce a hypervelocity surface crater on land", Dr Peiser points out. Tunguska-like impacts or "Super-Tunguskas" are thus taken out of the equation. Due to their catastrophic detonation above ground (or in the oceans), they often leave no obvious fingerprints behind.

Dr Peiser also presented new impact simulations that estimate expected fatalities of cosmic impacts for the next 10,000 years. Without the establishment of effective strategies of planetary defense in the future, more than 13 million people are expected to die as a direct result of impact catastrophes in the next ten millennia. "We can, and indeed have to live with smaller, Tunguska-type impacts. There is little we can do about them. But we need to prevent the impact of larger objects which threaten the stability of our civilisation. Unless we start planning ahead and develop the technology for the deflection of this threat, cosmic impacts will inevitably lead to major disasters in the future", Dr Peiser stressed.

Based on computer simulations that take into account the current flux of near-Earth objects, a typical 10,000 years period with a constant human population of 5 billion can expect to experience:

*110 fatal impacts resulting in a total of 13 million fatalities (an average of 120,000 fatalities per event).

*300 "Tunguska" style airbursts over land, with 80 of these producing fatalities (roughly 1 fatal event per century).

*12 ocean impacts that produce tsunami, with an average of 500,000 fatalities per event.

* 4 land impacts, with an average of 500,000 fatalities per event.

"These estimates are based on the assumption that the current asteroidal and cometary flux will be constant in time and quantity over the next 10,000 years. However, there is growing evidence to suggest that there have been peak levels of meteoritic activity in the past that differed significantly from the cosmic calm of the last 300 years", Dr. Peiser pointed out.

In January, a UK Task Force was set up by Lord Sainsbury, the Science Minister, to look into the way in which Britain should respond to the impact hazard and how it can contribute to the international efforts to prevent major impacts from happening in the future.


3.訳者の所感

この説が事実であれば私達が学んだ”文明の盛衰に関する歴史の謎”を 解き明かす鍵になるかもしれません。
この説を裏付ける(又は否定する)より詳細な研究を期待したい。