[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Mar  27 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年3月27日受付


1.概要

SOHO衛星(太陽観測)が数多く発見した、太陽をかすめる彗星 サングレーダ族の起源が2000年以上前に、ギリシャの天文学者、 Ephorus が見た巨大な彗星で、分裂が繰り返され破片であると 報告している。これらの破片は太陽にあまりにも接近するため、 蒸発して自殺する彗星として知られている。


2.詳細

カミカゼすい星( KAMIKAZE COMETS)

* 配信元:スペースサイエンスニュース(Space Science News)
 このニュースはCCNet経由で配信を受けた。
* 日時:2000年2月10日(10 February 2000)
 http://spacescience.com/headlines/y2000/ast10feb_1.htm

[日本語要約]

 SOHO衛星が発見した92個の太陽をかすめるすい星が2000年以上前にひとつの 巨大なすい星の分裂から出来たように思われる。

 2000年2月10日 − ただ4年間の運転で、Solar Heliospheric Observatory (SOHO)宇宙船は102個のすい星を発見した。その衛星は明らかに歴史で最も 成功したすい星ハンターであった。この驚くべき数の大部分が太陽の大気に 飛び込びこんで蒸発する自殺すい星である。

 百年前にドイツ、キール市の、ハインリッヒ Kreutz は、太陽をブザーして いるように見えるいくつかのすい星が共通の起源を持つように思われた。 何故ならそれらの彗星は星々の間で同じ方角から来ていたからである。これらの すい星は今 Kreutzの太陽をかすめる彗星と呼ばれるいる。SOHOの102個の すい星の内、巨大な92個はそのクラス( Kreutz)に属することが 発見された。

 発見されたほとんどのSOHOすい星は大角度分光計コロナグラフ( LASCO ) 機器からのイメージで示されている。これは、明るい太陽のディスクをマスクで おおい隠す間に、1250万マイルに離れた太陽の周りの宇宙空間を見るコロナ グラフを集めたものである。
LASCO は太陽から地球の宇宙環境を混乱させる恐れがある電離ガスの突出を 監視している。予期していなかった贈り物に、それは太陽に落下する物体を 捕捉するのに理想的であると分かった。

 「SOHO衛星は大きなすい星、多分ギリシャの天文学者、 Ephorus が紀元前372年に 見たすい星で、ゆるやかに分裂した破片を見ている」、と天体物理学センターの ブライアン Marsden 博士が語った。
「 Ephorus はそのすい星が2個に分裂したと報告した。これは同じ軌道上を2個の すい星が紀元1100年に太陽を再度訪れたという私の計算と一致している。それらは 分裂を繰り返し、すべてのすい星が同じ方角からやって来る太陽をかすめる サングレーザ族を生み出した。」

 サングレーザの祖先はすい星の標準では巨大な(すい星)であったに違いない。 「 LASCO ですい星を発見する率は我々が期待した以上であった」、と Biesecker が語った。「我々は4つの要因によって既知の太陽をかすめるすい星の 数が増加した。 これはおよそ20,000個の破片があり得ることを意味している。」

 (すい星の)生命は太陽をかすめるサングレーザにとって危険である。すい星の 核を構成する氷とほこりの混合体は地獄でことわざの雪玉のように加熱され、 そして、それが非常に大きい場合に限り、すい星は太陽への周回で生き残る ことができる。 更に、太陽重力の強力な潮汐力の効果で弱くのりで付けされた 中核をばらばらに引き裂くことができる。 多くのSOHOサングレーザを造り出した 破壊はすい星シュメーカ・レビ第9彗星の運命に類似していた。そしてそれは 木星にあまりにも接近し過ぎたので、多くの小片に分解し、結局、1994年に 大惑星に落下した。

 分裂の歴史はすい星の強さに手がかりを与え、そしてそれは、もしすい星が 地球にぶつかる可能性が高く思われるなら、実用的な重要性を持つであろう。 同じく、SOHO衛星すい星だと見られる破片は何度も太陽を訪れたたことがある ハレーすい星のように変成した物体の表面と対照的に新たに露出したすい星の 内部の構成を明らかにしている。

 SOHOすい星発見数はSOHO衛星の太陽風異方向性(SWAN)機器から遅くなった 思いがけない贈り物なしではその(発見)数が少なかったであろう。そして その機器は太陽系で太陽からやってくる水素原子を調査するためであった。 1999年12月に、国際天文学連合はSOHO衛星が1997年の5月から7月までの SWAN全天のイメージですい星1997 K2 (SOHO # 93番)を発見したことを 遡って認めた。
それが太陽に最接近したときでさえ、地球の軌道の外側に残っていたので、 それが完全に蒸発しなかった。

 SOHO衛星(太陽と Heliospheric 天文台)はNASAと欧州宇宙機構と 間の国際的協業のミッションである。 それはNASA、宇宙科学本部のためにゴダード宇宙飛行センターが 管理している。


[原文]

Ninety-two sungrazing comets discovered by SOHO appear to have come from the breakup of a single gigantic comet more than 2000 years ago.

February 10, 2000 -- In just four years of operation, the Solar and Heliospheric Observatory (SOHO) spacecraft has found 102 comets, making it by far the most successful comet-hunter in history. Most of this amazing number are suicidal comets that vaporize as they plunge into the solar atmosphere.

One hundred years ago Heinrich Kreutz in Kiel, Germany, realized that several comets seen buzzing the Sun seemed to have a common origin, because they came from the same direction among the stars. These comets are now called the Kreutz sungrazers. A whopping 92 of SOHO's 102 comet discoveries belong to that class.

Nearly all of SOHO's comet discoveries have showed up in images from the Large Angle and Spectrometric Coronagraph (LASCO) instrument. This is a set of coronagraphs that view the space around the Sun out to 12.5 million miles, while blotting out the bright solar disk with masks. LASCO watches for ejections of electrically charged gas from the Sun that threaten to disturb the Earth's space environment. As a bonus of unanticipated size, it also proved ideal for capturing objects falling to the Sun.

"SOHO is seeing fragments from the gradual breakup of a great comet, perhaps the one that the Greek astronomer Ephorus saw in 372 BC," said Dr. Brian Marsden of the Center for Astrophysics in Cambridge, MA. "Ephorus reported that the comet split in two. This fits with my calculation that two comets on similar orbits revisited the Sun around AD 1100. They split again and again, producing the sungrazer family, all still coming from the same direction."

Their ancestor must have been enormous by cometary standards. "The rate at which we've discovered comets with LASCO is beyond anything we ever expected," said Biesecker. "We've increased the number of known sungrazing comets by a factor of four. This implies that there could be as many as 20,000 fragments."

Life is perilous for a sungrazer. The mixture of ice and dust that makes up a comet's nucleus is heated like the proverbial snowball in hell, and it can survive its visit to the Sun only if it is quite large. What's more, the strong tidal effect of the Sun's gravity can tear the loosely glued nucleus apart. The disruption that created the many SOHO sungrazers was similar to the fate of Comet Shoemaker-Levy 9, which went too close to Jupiter and broke up into many pieces that eventually fell into the massive planet in 1994.

The history of splitting gives clues to the strength of comets, which will be of practical importance if ever a comet seems likely to hit the Earth. Also, the fragments seen as SOHO comets reveal the internal composition of comets, freshly exposed, in contrast to the much-altered surfaces of objects like Halley's Comet that have visited the Sun many times.

The count of SOHO's comet discoveries would be one fewer without a late bonus from SOHO's Solar Wind Anisotropies (SWAN) instrument, which looks away from the Sun to survey atomic hydrogen in the Solar System. In December 1999, the International Astronomical Union retrospectively credited SOHO with finding Comet 1997 K2 (SOHO # 93) in SWAN full-sky images from May to July 1997. It remained outside the orbit of the Earth even at its closest approach to the Sun, and thus did not vaporize entirely.

SOHO (the Solar and Heliospheric Observatory) is a mission of international cooperation between NASA and the European Space Agency. It is managed by the Goddard Space Flight Center for the NASA HQ office of Space Science.


3.訳者の所感

探査衛星の活躍で、宇宙の神秘(謎)が一つずつ明らかにされていくことに エキサイトしています。サングレーザ族彗星については最近の天文年鑑に データなどが紹介されており、一般的な英語になった日本語(Kamikaze) タイトルで興味を引く内容でした。