[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Mar  30 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年3月30日受付


1.概要

今回は4件で、1件目は地球に接近する小惑星や彗星の 統計数を再評価しているというニュースです。新たな観測 器材の導入で小さな物体や暗い物体の蓄積されたデータから 其の起源を巡る新たな発展を示唆している。2件目から4件目は NEAR探査衛星がErosの周回軌道に乗ったこと、及び鮮明な 画像や詳細なデータが送られていること、其の起源について 新たな解釈が生まれていることなど伝えている。


2.詳細

(1) すい星と小惑星の統計値の再検討
   A REVIEW OF COMET AND ASTEROID STATISTICS

   * 著者:T. Gehrels
   * 配信元:CCNet(次の論文の要約が配信された。)
    EARTH PLANETS AND SPACE,1999, Vol.51, No.11, pp.1155 - 1161 UNIVERSITY OF ARIZONA
   * 配信日:2000年2月15日

[日本語要約]

 地球に接近する小惑星の統計値を最初に要約する。次に100メートル以下の 強調されたひん度に着目する。
これらの任意の危険を重ね合わせることで26-36百万年( Rampino、1998年) 周期で銀河系の潮汐力によってオルト雲の新しいすい星が周期的になるかも しれない。 新型望遠鏡と探知システムが導入されているので、新規小惑星や すい星が以前にも増してしばしば発見されるようになった。それらの (新型システムは)主に危険な物体を発見するために意図されたが、しかし 最初はメインベルト小惑星の統計数値の研究がなされた。 海王星の軌道を 横切る(trans-Neptunian)物体に加え、超海王星( cis - Neptunian )の 小惑星「ケンタウロス族」が識別された。そしてそれは短周期のすい星の 進化に関連があり、それによって地球に接近する(小惑星)束の一因に なっているかもしれない。 新しい装備が導入されていることで、我々は 数十年以内に世界的な危険を殆ど計数化されることを知っている。我々は 光度20等よりも微かな小惑星の天体測光の追跡観測(体制)が 不足していることを認識している。


[原文]

The statistics of Earth-approaching asteroids are first summarized, and an enhanced frequency of objects smaller than 100 meters is noted. Superposed on these random hazards may be a periodic one of new comets due to galactic tides of the Oort Cloud with a period of 26-36 Myr (Rampino, 1998). New asteroids and comets are being found evermore frequently because new telescope-and-detector systems are coming on line. These are intended primarily for the discovery of dangerous objects, but a beginning has been made with the study of statistics of main-belt asteroids. In addition to trans-Neptunian objects, cis-Neptunian ''Centaurs'' are recognized, which may be a link in the evolution of short-period comets and thereby contribute to the flux of Earth approachers. With the new equipment coming on line, we are beginning to see that the global hazard will be mostly quantified within a few decades. We do see a shortage in astrometric follow up fainter than about the 20th magnitude. Copyright 2000, Institute for Scientific Information Inc.


(2) EROSのクレータ数の多さが地球に接近する小惑星の起源の 新しいシナリオを確認した
    LARGE NUMBER OF CRATERS ON EROS CONFIRMS NEW SCENARIO FOR THE ORIGIN
     OF NEAR-EARTH ASTEROIDS

   * 著者:Alessandro Morbidelli 及び ビル Bottke
   * 配信元:CCNet
   * 配信日:2000年2月15日

[日本語要約]

 最近Near宇宙船から地球に送られた Eros のイメージは表面がクレータで 覆われていることを示している。そしてあるクレータは非常に大きく、 Erosの大きさを相対的に下げている。 これは、地球に接近する小惑星が 3:1(3対1)平均運動共鳴や nu6 永続的共振のような強力な共振の中を 経て地球の惑星領域に達している主小惑星帯の小惑星の破片であるという 一般的な信念が驚きであるように思われる。 NEAの中間の平均寿命が 1000万年のオーダで( Gladman et al.,Science、277、197-201、1997年)、 NEAsは一般にまばらなクレータの表面が予想されていた。 しかしながら、 Eros がその衝突で生まれた後、メインベルトに長い時間 衝突(域)に 結びつけられて費やしたかもしれないように思われる。

 量的に観測された軌道とNEAsのサイズの分布を再現できるる Abano で 最近のDPSに提出されたモデルを使って、我々はこの不整合性を説明が できると信じる。我々の計算は最大のNEAsの25から50%がそれら小惑星の 軌道の離心率のゆっくりと増加した後のみ、惑星を横切る軌道の領域に 到達することを示している。
( Migliorini et. al.,Science,281,2022- 2024、1998年; Morbidelliと D・ Nesvorny 、 Icarus 、139、295-308、1999年 に論じられた)。
NEA個体数の残りが「古典的な」高速軌道共振を通して惑星を横切る 軌道に至っている(例えば、3:1あるいは nu6 共振)。百万年間に高速と 低速な軌道共振を通過するに必要な個体数は、しかしながら、共鳴 - 供給 プロセスにおける衝突の主要な役割と一致しない。この理由で、我々は 多くのメインベルト帯の小惑星が隣接の領域から共振領域にゆっくりと 漂流するシナリオに賛成する。この放射状の漂流は恐らく物体の衝突寿命に 作用する「 Yarkovsky 」熱抗力によって起きている( Farinella と Vokrouhlicky 、Science、283、1507-1510、1998年; Bottke et.al.2000年、 Icarus、印刷中 ) しかし、代替メカニズムは現在研究中である。 これらの新しいモデルの結果を考慮に入れて、我々は、多くのあるいは多分 ほとんどのNEAsは衝突 ライフタイムに相当する年代であると信じている。 そして多分 Eros の表面に高密度なクレータがあることを説明出来る。

追伸(P.S.): Bottke,Jedicke,Morbidelli,Gladman及び Petit共著 による論文が雑誌Scienceの発表のため校正している。
詳細については、以下に連絡していただきたい。
 Alessandro Morbidelli
 Bill Bottke < bottke@astrosun.tn.cornell.edu>


[原文]

The images of Eros recently sent back to Earth by the Near spacecraft show a surface covered with craters, some of which are quite large and degraded relative to Eros's size. This might seem surprising, given the general belief that Near-Earth Asteroids are fragments of main belt bodies that reached the terrestrial planet region via injection into powerful resonances like the 3:1 mean-motion resonance or the nu6 secular resonance. Since the median lifetime of NEAs is of order 10~My (Gladman et al., Science, 277, 197-201, 1997) NEAs are generally expected to have sparsely cratered surfaces. However, it appears that Eros may have spent a long time collisionally coupled to the main belt after its collisional birth.

Using a model presented at the last DPS in Abano which can quantitatively reproduce the observed orbital and size distribution of NEAs, we believe we can explain this inconsistency. Our computations show that 25-50% of the largest NEAs arrive on terrestial planet-crossing orbits only after a slow increase of their orbital eccentricity (discussed in Migliorini et al., Science, 281, 2022--2024, 1998; Morbidelli and D. Nesvorny, Icarus, 139, 295-308, 1999). The rest of the NEA population should reach planet-crossing orbits through a "classical" fast track resonance (e.g., 3:1 or nu6 resonance). The number of bodies that are required to pass through the fast- and slow-track resonances per million year, however, is inconsistent with a dominant role of collisions in the resonance-feeding process. For this reason, we favor a scenario where many main belt asteroids slowly drift into resonance from neighbouring regions; this radial drift is probably caused by "Yarkovsky" thermal drag forces which act over the collisonal lifetime of the bodies (Farinella and Vokrouhlicky, Science, 283, 1507-1510, 1998; Bottke et al. 2000, Icarus, in press), though alternative mechanisms are under study. In light of these new model results, we believe that many or perhaps most NEAs should have an age comparable to their collisional lifetime, presumably explaining the densely cratered surface of Eros.

P.S. A paper on this topic by Bottke, Jedicke, Morbidelli, Gladman and Petit is under revision for publication in Science

For further information, please contact

Alessandro Morbidelli
Bill Bottke < bottke@astrosun.tn.cornell.edu>


(3) EROS 軌道からの NEAR の歴史的な最初のイメージ
    NEAR'S HISTORIC FIRST IMAGE FROM EROS ORBIT

   * 配信元:NASA発信のニュースをCCNetから配信をうける。
   * 日時:2000年2月15日

[日本語要約]

2000年2月14日、NEARからのイメージ
http://near.jhuapl.edu/iod/20000214g/index.html

 今日(2月14日)東部標準時午前10時33分に NEAR 宇宙船は、小惑星の 最初の人工衛星になって、成功裏に433 Eros の軌道に投入された。丁度 1時間後に、NEAR は小惑星にカメラを向けて、そして表面上空210マイル (330キロ)からこの写真を撮った。ミッションナビゲータとオペレータは このイメージを使用するであろう。そした NEAR のコースを図示するため 宇宙船の位置を正確に測って、後に小惑星の表面上のランドマークを traingulateするため他を使用するであろう。

 直径100フィート(30メートル)程の小さな特徴を見ることができる。この 視野は宇宙船がその接近中の1週間以上見つけていた3マイルの(5キロの) 衝撃クレーターを示している。 その(クレータの)縁に重ねられた2個のより 小さなクレーターは直径約1.2マイル(2キロメートル)である。 大きがの完全に170フィート(50メートル)の巨大な礫が大きなクレーターの床に 鎮座している。表面の他の主だった特徴はクレータの壁の上部近くに露出し 重なった浅い下層表面、及び表面を横切っている浅い溝と、クレータの縁を 切り込みである。


[原文]

NEAR image of the day for 2000 Feb 14
http://near.jhuapl.edu/iod/20000214g/index.html

Today at 10:33 AM EST the NEAR spacecraft was successfully inserted into orbit around 433 Eros, becoming the first artificial satellite of an asteroid. Just over an hour later, NEAR pointed its camera at the asteroid and took this picture from a range of 210 miles (330 km) above the surface. Mission navigators and operators will use this image and others to be taken later to traingulate on landmarks on the asteroid's surface, precisely measuring position of the spacecraft to plot NEAR's course.

Features as small as a 100 feet (30 meters) across can be seen. This view shows the 3-mile (5-kilometer) impact crater which the spacecraft has spied for over a week during its approach. The two smaller craters superimposed on its rim are each about 1.2 miles (2 kilometers) across. An enormous boulder a full 170 feet (50 meters) in size sits on the large crater's floor. Other key features of the surface are shallow subsurface layering exposed near the tops of crater walls, and shallow grooves crossing the surface and cutting the crater's rim.


(4) EROS 軌道からの最初の光
    FIRST LIGHT FROM EROS ORBIT

   * 配信元 :Space Science News から CCNet経由で配信を受ける。
   * 日時 :2000年2月15日

[日本語要約]

 Eros 軌道からの最初の光: Eros 軌道の NEAR宇宙船から最初の クローズアップ写真が地球に到いた。ここでは小惑星表面の大きな クレーターの美しいイメージと今日の午後、NASA報道関係者への 説明会からのハイライトを含んでいる。全体のストりーは次のWebで!
http://www.spacescience.com/headlines/y2000/ast14feb_1a.htm


[原文]

Space Science News for February 14, 2000
First Light from Eros Orbit: NEAR's first close-up pictures from Eros orbit have arrived at Earth. This story includes a beautiful image of a large crater on the asteroid and highlights from this afternoon's NASA press briefing. FULL STORY at
http://www.spacescience.com/headlines/y2000/ast14feb_1a.htm


3.訳者の所感

最初のニュースは、新しい観測機材が導入されるにしたがって、 小惑星に関するデータも蓄積され、其の評価で地球に接近する 小惑星の理論に迫るか?興味深い。(関心のある方は元の論文を 参照してください。)
2番目以降のニュースはNEAR探査衛星が2月14日にErosの周回 軌道に投入され、詳細な写真と観測データが送られたニュースです。 表面のクレー他の分析から、地球に接近する小惑星の起源の謎を 解明する手掛かりを示唆している。
NEARは詳細な観測データと写真を今後も送り続けるので、多くの 謎が解明されることを期待したい。