[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Apr  8 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年4月8日受付
今週は小惑星EROSに関するニュースを中心に5件 お送りします。

1.概要

ニュース(1)はユーコン河付近で発見された隕石は太陽系初期の物であることが判明。ニュース(2)から(5)は探査衛星NEARから小惑星EROSの観測結果を報じている。


2.詳細

(1)ユーコン衝撃からの破片が発見された
   DEBRIS FROM YUKON IMPACT FOUND

   * 著者: PAULA DOBBYN(デイリー・ニューズ)
   * 配信元 : NASA (ロン Balke ),CCNetを経由
   * 配信日:2月28日

[日本語要約]

閃光と大きな爆発音を轟かせた隕石からの破片がユーコンハイウェイ 近くので湖で発見された。

1月にユーコン地区の Carcrossの上空で爆発した大火急からの破片が クロンダイクハイウェーに沿った雪で覆われた湖で発見された。重さ 約6オンスの隕石破片が分析のためヒューストン近郊のジョンソン 宇宙センターに送られた。

少なくとも45億年前と信じられている(隕石の)破片はカナダの高官に よればマスコミ報道で、匿名を求めたそこの住民によって発見された。 カナダと合衆国政府は、しばらく要請を尊重し、ほんの僅かな詳細しか 提供していない。

全体の記事このWebを参照いただきたい。:
http://www.adn.com/stories/T00022402.html


[原文]

Debris from flash-bang meteorite found on lake near Yukon highway By PAULA DOBBYN(Daily News reporter)

Debris from a fireball that exploded over Carcross, Yukon Territory, last month has been found on a snow-covered lake along the Klondike Highway. A meteorite fragment weighing about 6 ounces was sent to the Johnson Space Center near Houston for analysis.

The fragment, believed to be at least 4.5 billion years old, was found by an area resident who requested anonymity and no media coverage, according to Canadian officials. The Canadian and U.S. governments, for now, are honoring the request, so few details are available.

Full story here:
http://www.adn.com/stories/T00022402.html


(2)1カ月後の EROS 探索
   EROS EXPLORATION AFTER ONE MONTH

   * 配信元 : NASA(ロン Baalke )、CCNetを経由
   * 配信日 :3月14日

[日本語要約]

NEAR チームが小惑星 Erosの探索についてエキサイティングな 最初の一カ月間の報告

小惑星 Erosを周回する軌道で約1カ月の後 、NASAの NEAR宇宙船は 地質的特徴の詳細な映像と専門的で科学的な成果を得た驚異的な 科学者である。

NEAR チームのメンバは Eros を生み出したより大きな親天体を起源とする ある地質学的現象の証拠を発見した。Nearチームの捜索で Eros のミステリー を判読するため、彼らは小惑星から最初のレーザーレンジの反射波と 小惑星からのX線を検出した。高解像度のイメージが隆起物、一連の クレータ、及び巨大なレキの存在で科学者を驚かせた。

「観測の最初の月でEros が素晴らしく魅力的な物体であることを証明した」、 とNASAのミッションを管理する ジョンズ・ホプキンス大学応用物理学 研究室の NEAR プロジェクト科学者、アンドリュー、 Cheng 博士が語った。

Eros で NEARの最初のX線発見は鉄、マグネシウム、シリコン、多分 アルミニウムとカルシウムの存在を証明した。それらの検出は3月2日に明るい 太陽フレアの結果で、その時 NEAR は Eros からの131マイル(212キロ) 離れていた。その太陽の爆発は宇宙船のX線分光計がその設計値より4倍遠くの 距離から小惑星を見ることを可能にした。「太陽のX線爆発は小惑星の元素が 反応する原因で、分光計が測定した螢光性X線を放射させた」、とNASA ゴダード宇宙飛行センターでX線 / γ線機器チームを率いるジェイコブ・ Trombka 博士が語った。

「それは600秒間だけの機会の窓であった。しかしその機会はこのミッションに たいする特別に巨大な贈り物であった。より高い高度での検出は我々が50キロ メートル(上空)の運用軌道にいるとき、 基本的な地図を作成する能力に 自信を与える」、と博士が語った。

小惑星からのレーザー反射を最初に検出したことは、Eros表面 から180マイル (290キロ)上空で機能している宇宙船のレーザー距離計は穴やクレーターの 列なった地形の輪郭(断面)を測った。 「もっと多くのデータを蓄積出来れば、我々は(表面の)特徴が侵食、断層線、 地質構造のストレスラインや他の出来事かどうか決定が可能であろう」、 とレーザー距離計科学チームを率いるマサチューセッツ工科大学(MIT)と NASAゴダード宇宙飛行センターのマリア・T・ Zuber 博士が語った。

最近の2週間、 NEAR 多重分光計(multispectral)imagerは2,400枚以上の 映像を送ってきている。 宇宙船は Erosをほぼ円形軌道で小惑星の中心から 約124マイル(200キロ)を周回し、そして今までなされなかった小惑星に より接近した映像を撮っている。 前例がない映像は連なったクレーターの鎖と 直径55ヤード(50メートル)の小さな多数の巨礫、及び表面を横切って 数キロメートル伸びた長いうねをを示している。

クレーター壁の多くに顕著なことは、コーネル大学の Dr.Peter C. Thomasが 語るに、表土(レゴリス)という表面が疎くて破片的な物質の一部であるという 明らかな印しである。 この物質は衝撃クレータ生成事象に反応し、小惑星の反対側で特性が多分 異なるように思われる。 「我々は Eros が直径で約1マイル(1.6キロ)以下の 小さなクレーターで文字通りに覆われていることに気付いた」、とサウスウエスト 研究所のクラーク・R・チャップマン博士が語った。 トーマス博士とチャップマン博士は多重分光l計(multispectral)imagerと 近赤外線分光計科学チームのメンバーである。

4月1日に宇宙船は(高度)62マイルの(100キロの)軌道に降下するであろう。 そしてその映像の解像度は2倍以上となろう。 2001年2月にミッションの終了まで に、 表面全域をが映像化され、測定され、そして解析されているであろう。

最新のイメージ、ミッション進捗と発見の発表については、 NEAR Web サイトを 見てください。
 : http://near.jhuapl.edu


[原文]

NEAR Team Reports Exciting First Month of Asteroid Eros Exploration

After scarcely a month in orbit around asteroid Eros, NASA's Near Earth Asteroid Rendezvous (NEAR) spacecraft is astounding scientists with ever more detailed views of geologic features and with technical scientific accomplishments.

NEAR team members have found evidence of geologic phenomena that could have originated on a much larger parent body from which Eros was derived. In their search to decipher the mysteries of Eros, they have obtained the first ever laser range returns from an asteroid and the first ever x-ray detection of an asteroid. High-resolution images are surprising scientists by the abundance of ridges, chains of craters, and boulders.

"Eros in our first month of observations has proven to be a marvelous and fascinating object," says Dr. Andrew F. Cheng, NEAR Project Scientist from the Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory in Laurel, Md., which manages the mission for NASA.

NEAR's first x-ray detection of Eros demonstrated the presence of magnesium, iron, and silicon and possibly aluminum and calcium. Their detection was the result of a brilliant solar flare on March 2, when NEAR was 131 miles (212 kilometers) from Eros. That solar explosion made it possible for the spacecraft's x-ray spectrometer to view the asteroid from four times farther away than it was designed to do. "The solar x-ray burst caused elements on the asteroid to react and emit fluorescent x-rays that were measured by the spectrometer," says Dr. Jacob I. Trombka of NASA's Goddard Space Flight Center, who heads the x-ray/gamma ray instrument team. "It was only a 600-second window of opportunity but it is a huge bonus for the mission. This detection at the higher orbit gives us confidence in our ability to develop elemental maps when we're at our operational orbit of 50 kilometers," he says.

In what is the first detection of a laser return from an asteroid, the spacecraft's laser rangefinder, operating 180 miles (290 kilometers) from Eros, measured topographic profiles of chains of pits or craters. "As we accumulate more data we will be able to determine if the features are from erosion, fault lines, tectonic stress lines, or other events," says Dr. Maria T. Zuber of the Massachusetts Institute of Technology and NASA Goddard Space Flight Center, who heads the laser rangefinder science team.

In the last two weeks, the NEAR multispectral imager has returned more than 2,400 images. The spacecraft has been in a nearly circular orbit around Eros, traveling approximately 124 miles (200 kilometers) from the asteroid's center, and taking images closer to an asteroid than has ever been done before. The unprecedented images show chains of craters, numerous boulders as small as 55 yards (50 meters) across, and long ridges that extend for several kilometers across the surface.

Conspicuous on many of the crater walls are bright markings that Dr. Peter C. Thomas of Cornell University says are part of the loose, fragmental material on the surface, called regolith. This material appears to vary in properties across the asteroid, perhaps in response to impact cratering events. "We have found that Eros is literally covered with craters smaller than about 1 mile (1.6 km) in diameter," says Dr. Clark R. Chapman of Southwest Research Institute. Both Drs. Thomas and Chapman are members of the multispectral imager and near-infrared spectrometer science team.

On April 1, the spacecraft will begin descending toward a 62-mile (100-kilometer) orbit, where the resolution of the imager will more than double. By the mission's end in February 2001, the total surface will have been imaged, measured and analyzed.

For the latest images and announcements of mission progress and discoveries visit the NEAR Web site
: http://near.jhuapl.edu


(3) EROS表面の興味深い構造的な特徴
    INTERESTING STRUCTURAL FEATURES ON EROS

   * 配信元: NASA(ロン Baalke )、CCNetを経由
   * 配信日:3月9日

[日本語要約]

* 2000年3月7日、 NEARの映像

EROS表面の興味深い構造的な特徴

204km(127マイル)のレンジで撮影されている Erosの鞍領域の内部映像は その映像の右側の表面と比較しクレーターが少ないことを示している。 鞍は多くの興味深い構造的な特徴を顕示している。左側の壁で見える物は 下降傾斜の地形の後に続く一連の密接な間隔の溝がある。 反対に上部の右壁で、鞍の後部に向かって目立った畝である。 巨大な礫は この映像で見えている。20メートル(65フィート)の小さな特徴までこの 映像で識別できる。

* 2000年3月6日、 NEAR の映像

Erosの大きなクレーター

Eros の中心にある大きなクレーターこのモザイク映像は広範囲の127マイル (204キロ)の距離から光学式航法映像シーケンスの期間に撮影された。この 同じ領域は2月14日(2月14日G)におよそ210マイル(330キロ)の距離で 軌道投入の後に映し出された。この写真は初期の映像で100フィート (30メートル)の解像度と比べり65フィート(20メートル)と以下の 小さな特徴を分解する。クレーター(太陽は北東からである)の底の近くで 巨大な礫によって投げられた影が現在見えている。クレーターの壁はそれらの アルベドあるいは反射率で若干の特有な変化を示している。壁の上部は明るい 傾向がある、他方壁の低い部分 とクレーターの底はもっと暗いか、あるいは それほど反射しない物質のパッチを示している。これらアルベドのパターンは 他のクレーター壁でも同様に見えている。 大きなクレーターの右手に、 接近した間隔で2個セットの直角な溝が見えている。


[原文]

* NEAR image of the day for 2000 Mar 7

Interesting Structural Features on Eros

This image of the interior of Eros' saddle area, taken at a range of 204 km (127 miles), displays a paucity of craters compared to the surface on the right hand side of the image. The saddle displays many interesting structural features. Visible on the left wall are a series of closely spaced grooves that follow the terrain downslope. Opposite, on the upper right wall, trending towards the back of the saddle is a prominent ridge. Boulders are visible throughout this image. Features as small as 20 meters (65 feet) are discernable in this image.

* NEAR image of the day for 2000 Mar 6

Large Crater on Eros

This mosaic image of the large crater at Eros' center was taken during an optical navigation imaging sequence from a range of 127 miles (204 km). This same area was imaged following orbit insertion at a range of approximately 210 miles (330 km) on February 14th (Feb 14 G). This picture resolves features as small as 65 feet (20 meters) compared to the resolution of 100 feet (30 meter) in the earlier image. The shadow cast by the boulder near the floor of the crater (the sun is from the northeast) is now visible. The walls of the crater display some distinctive variations in their albedo or reflectivity. The upper part of the walls tend to be bright, while the lower portions of the walls and the crater floor show patches of darker or less reflective materials. These albedo patterns are also visible on other crater walls. To the right of the large crater two sets of closely spaced orthogonal grooves are visible.


(4) EROS の彫刻された表面
   THE SCULPTURED SURFACE OF EROS

   * 配信元 : NASA(ロン Baalke)、CCNetを経由
   * 配信日 :3月2日

[日本語要約]

2000年3月1日 NEARの映像

NEARは宇宙船を操縦する目的のためにEros の数枚のモザイク映像を 毎日撮影した。ここで示された一枚は2000年2月29日、289キロメートル (180マイル)の距離から撮影された。それは小さなもので直径30メートル (100フィート)の特徴を示している。モザイクのすべては繰り返し同じ 領域を見せている。しかし表面に対する光線の変化に加え宇宙船のレンジ (高度)をゆっくりと減少させることでいつもコンスタントに新しい細部を もたらしている。

このモザイクで斜めからの照明は小さな地形をあぶり出すのに理想的で ある。小惑星の多くの部分に幅100メートル(330フィート)、長さ数キロ メートルの線状の谷、「わだち」がある。  類似の特徴が Gaspra の様な他の小惑星で観察された。そしてそれらは 火星の月 ホボス(Phobos)で特に多数ある。それらの起源は完全に理解 されていない。しかしわだちの形成は恐らく何らかの方法が小惑星の 表面下を砕くことを必要とした。


[原文]

NEAR image of the day for 2000 Mar 1

NEAR takes several images mosaics of Eros daily for purposes of navigating the spacecraft. The one shown here was taken February 29, 2000, from a range of 289 kilometers (180 miles). It shows features as small as 30 meters (100 feet) across. All of the mosaics show the same territory over and over, but changes in lighting plus the gradual decrease in the spacecraft's range to the surface are both constantly bringing out new details.

The very oblique illumination in this mosaic is ideal for bringing out small landforms. Many parts of the asteroid have "grooves," linear troughs about 100 meters (330 feet) wide and several kilometers long. Similar features have also been observed on other asteroids such as Gaspra, and they are especially numerous on Mars' moon Phobos. Their origin isn't completely understood, but formation of the grooves probably involves fracturing of the asteroid's subsurface in some way.


(5) 完全な色彩(カラー)の EROS
   EROS IN FULL COLOUR

   * 配信元 : NASA(ロン Baalke )
   * 配信日 :3月1日

[日本語要約]

2000年2月28日のNEAR の映像
Eros の穏和なバタースコッチ色

Eros のこれらのカラー映像は2000年2月12日に軌道に投入される前の 最終アプローチの映像シーケンスの間、1800キロメートル(1100マイル)の 距離から NEARが撮影した。可視光と赤外線の波長域をカバーする映像の 5時間半の長いシーケンスはその時、小惑星の色とスペクトルの特性の全体的な 概略を提供するために撮影された。映像は Eros が助力なしで人間の目に 見えるおおよその色を示している。

目に見える波長で Eros の微妙なバタースコッチ色合いは表面を横断して ほぼ一様である。これらの映像が撮影された後2日間、NEAR の赤外線分光計に よる地図の作成は Eros がより長い波長域でより多くの多種多様さを示する ことが明らかとなった。これらの差異は表面の状態や成分の相違の結果であった。 NEAR の多重分光 imager と赤外線分光計の両方が高度200キロ(120マイル) から Erosの色とスペクトル特性の地図を作成するため3月の間、広範囲に 使われるであろう。返送された映像は小さな方で直径20メートル(68フィート) の細部を示している。 NEAR がこれまでのところ発見した小惑星の多くの 魅力的な地形の眺望を提供している。


[原文]

NEAR image of the day for 2000 Feb 28
Eros' bland butterscotch colors

These color images of Eros was acquired by NEAR on February 12, 2000, at a range of 1800 kilometers (1100 miles) during the final approach imaging sequence prior to orbit insertion. A five and one-half hour long sequence of images covering visible and infrared wavelengths was taken at that time, to provide a global overview of the color and spectral properties of the asteroid. The images show approximately the color that Eros would appear to the unaided human eye.

Eros' subtle butterscotch hue at visible wavelengths is nearly uniform across the surface. Two days after these images were taken, mapping by NEAR's infrared spectrometer showed that Eros exhibits a great deal more variety at longer wavelengths. These variations could be due to differences in texture or composition of the surface. Both NEAR's multispectral imager and infrared spectrometer will be used extensively during the month of March to map Eros' color and spectral properties from an altitude of 200 kilometers (120 miles). The images to be returned will show details as small as 20 meters (68 feet) across, providing a new perspective on the asteroid's many fascinating landforms discovered so far by NEAR.


3.訳者の所感

ユーコン河付近で発見された隕石は太陽系が生まれた45億年前の 物と判明。詳細な分析結果の報告が待たれる。
EROSの周回軌道に投入された探査衛星NEARから送られてくる映像は 素晴らしく鮮明です。歪な形状で、表面に多くのクレータがあり、過去に 幾多の衝突があったことを想像させます。
当該ニュースに画像を添付で出来ませんので、出来れば直接NASAの Webをアクセスして見てください。素晴らしい映像を楽しむことが出来ます。
http://near.jhuapl.edu/iod/archive.html