[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Apr  30 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年4月30日受付
今週は先週に引き続き2月7日付けCCNet -エッセイに掲載された S・ Worden 准将の私的論文の2回目の反響を紹介します。

1.概要

 2月8日付のCCNet-SPECIALに掲載された, S・ Worden 准将の 私的論文”NEOS 、惑星の防衛と政府 −国防省からの考察”の反響で、 特に超小型探索衛星の軌道上に配備することに関し、最初の論文は それを支持し、2番目は反対の立場を鮮明に、3番目は其の能力から 用途が限定されれこと、及びコストメリットがないなどの理由でそれに 懐疑的である。更に衝突が明らかとなったNEOにどう対処すべきか という問題については関係者や専門家からの意見を求めている。


2.詳細

(1)軍用超小型人工衛星で小惑星を探査すべきか?
  SHOULD MILITARY MICRO-SATELLITES HUNT DOWN ASTEROIDS?

  * 著者 :ロバート・ロイ Britt (上級科学作家)
  * 配信元 : 2月7日付けのSPACE.COM に掲載、CCNet経由で配信

[日本語要約]

 合衆国軍上級当局者が − 非公式な立場で話をした− 潜在的に地球に脅威を 与える宇宙の岩の捜索が中央集権化され、国防総省はこのプロジェクトの後盾で 主要な力であり得た。

 ピート Worden 、米国国防総省空軍本部のコマンドとコントロール次長は、 超小型衛星の配置が資金を節約し、探索プロセスを促進することで地球近接物体 ー NEOs として知られている小惑星とすい星−の発見と研究に使われるべきで あると提案した。

 この理念は NEOs を監視する数名の国際的な研究者の仲間うちで歓迎された。 しかし超小型衛星が実際に現在の地上ベースの努力より経済的か否かを証明する ことを留保た。

 国防総省はこのトピックが非公式な見解で、この問題に大きく掛わり合うことを 避けた。 Worden は小惑星の脅威に焦点を合わせた学術的な会報、CCNet で 公表された2月7日のエッセイで彼独自の理念を取り上げた。

 「操作の比較的簡素な修正で、将来の宇宙監理システムは科学的な コミュニティが僅かなあるいは全く出費無しで NEOs の包括的なカタログを 作ることが出来る」、と Worden が語った。

 地球への衝撃の見込みがいつも修正され討論される間に、小惑星ハンターを 常に不寝番にしておく大きな岩がある。 現在の推定でどの年度でも文明社会を破壊する衝撃の見込みがおよそ10万分の 1から30万分の1までの範囲と考える。

 Worden 、クレメンタイン月計画に取り組んだ物理と天文学の研究者、は「意志 決定者が乏しい資源をこの様なありそうもない大惨事に単に使うことを好ま ない」から、現在の NEO 探索の努力が難航していると言った。

頑張れ、超小型(マイクロ)

 Worden は、製作が安価で、打上げに経済的な超小型衛星は地球と太陽間を 移動している発見が難しい小惑星を見落とさないようにすることに特に効果が あると語った。

 国防総省は典型的に成功を納めたLINEAR小惑星捜索プログラムの開発を 支援したが、(同省は)潜在的に脅威を与える小惑星の捜索により深い掛かわ りを譲る共同体に絞った。
NASAのジェット推進研究所、 NEOs専門家 ドナルド Yeomansによれば、 宇宙の岩を探し求めている軍機関の理念から生じる潜在的な「嘲笑の要因」の 恐れがある。

 Yeomans は電話インタビューで国際的な NEO コミュニティが軍から多分追加の 支援を歓迎するであろうと言った。しかし彼は超小型衛星の1群が現在の地上の 努力と比較して費用効果が高いであろうかどうか疑っている。

 「あなたが宇宙ベースの偵察を用いるとき何時でも、それは恐ろしく高価である」、 Yeomans は語った。 国防総省で多くが理念に凝ってないとすれば、彼は Worden が「かなり勇敢な姿勢をとって」いると付け足した。

 Worden は彼が多くの同僚の支持を得ていると語っている。 しかし、「それについて同じく非常に熱狂的でないグループがある。」と、 彼は SPACE.com につけ加えた。

 Worden の計画の一部は NEOs の成分と構造を特徴づけるより真剣な努力である。 小惑星の構成は石や鉄の固体ブロックから瓦礫の疎く結び付いたパイルの間である。 実は、どのように小惑星が構成されているか、どのようにその構成要素が一体化 されているか、次回大きな小惑星が地球に向かっているとき何が起きるかについて、 研究者は極めて少ししか知らない。

 小惑星の構成に関する知識は、何時の日か衝突進路上にあることが発見された 小惑星をどのように外すか、破壊するかを決定することに重要であると研究者が 同意している。  Yeomans は他の人達と一緒に付加的な軍の掛かわり合いが良いものであれば、 競合は健全であり、そして他の既存の捜索プログラムを継続すべきであることに 同意した。

 リバプールジョン・ムーア大学のベニー・J・ Peiser 博士は小惑星の脅威に 研究の多くを集中している。そして同じく Worden のエッセイが出版された 会報の司会者である。

 「それに直面しよう」、と Peiser が語った、「合衆国軍なしで、自由世界は ずっと前に失われたであろう。 しかしながら、未来の衝撃大惨事から人類を 保護する努力は、より多くの協力と資金が必要である。 困難な状態の時何時でも、 我々を救うために国防総省に頼ってはいけない。」


[原文]

A high-ranking U.S. Military official -- speaking in a non-official capacity -- says the hunt for potentially Earth-threatening space rocks should be more centralized, and the Department of Defense could be a primary force behind this project.

Pete Worden, deputy director for Command and Control at the U.S. Air Force Headquarters in the Pentagon, suggested an array of micro-satellites should be used to find and study Near Earth Objects -- asteroids and comets known as NEOs -- in an effort to save money and speed up the search process.

The idea was welcomed by some in the community of international researchers who monitor NEOs, but there are reservations about whether micro-satellites would actually prove cheaper than current ground-based efforts.

The Department of Defense has no official view on the topic and has previously sidestepped the issue of greater involvement. Worden raised the idea on his own in a February 7 essay appearing in CCNet, a scholarly newsletter that focuses on the threat of asteroids.

"With relatively simple modifications to operations, our future space surveillance system could produce a comprehensive catalog of NEOs at little or no expense to the scientific community," Worden said.

While the odds of an earthly impact are constantly revised and debated, it's the big rocks that keep asteroid hunters ever vigilant. Current estimates hold that the odds of a civilization destroying impact in any single year range from about 1 in 100,000 to about 1 in 300,000.

Worden, a physicist and astronomy researcher who worked on the Clementine lunar mission, said the current NEO search effort is bogged down because "decision makers simply are unwilling to spend scares resources on such an unlikely catastrophe."

Go micro

Worden said micro-satellites, which are cheaper to build and cheaper to launch, would be particularly effective in rooting out difficult-to-see asteroids that traverse the space between us and the sun.

Though it helped develop the successful LINEAR asteroid search program, the Department of Defense has typically wrung its collective hands over additional involvement in the search for possibly threatening asteroids. According to Donald Yeomans, an expert on NEOs at NASA's Jet Propulsion Laboratory, there is a fear of the possible "giggle factor" that could be produced from the idea of a military agency hunting for space rocks.

Yeomans said in a telephone interview that the international NEO community would likely welcome additional help from the military, but he questions whether an army of micro-satellites would be cost-effective compared to current ground-based efforts.

"Anytime you use space-based reconnaissance it's frightfully expensive," Yeomans said. He added that Worden is "taking a pretty brave stance," given that many in the Department of Defense are not keen on the idea.

Worden says he has the support of many colleagues. But, he told SPACE.com, "there are also a number who aren't very enthusiastic about it."

Part of Worden's plan is a more concerted effort to characterize the composition and structure of NEOs. The makeup of asteroids ranges from solid blocks of stone and iron to loosely bound piles of rubble. In truth, researchers know very little about how asteroids are composed, how they hold themselves together and what would happen the next time a big one heads earthward.

Knowledge about asteroid composition, researchers agree, is crucial to determining how to deflect or destroy one that might someday be found to be on a collision course.

Yeomans agreed with others that while added military involvement would be a good thing, competition is healthy and other existing search programs should be continued.

Dr. Benny J. Peiser of Liverpool John Moores University focuses much of his research on the threat of asteroids, and he also moderates the newsletter in which Worden's essay was published.

"Let's face it," Peiser said, "without the U.S. military, the Free World would have been lost long ago. The efforts to safeguard humanity from future impact disasters, however, will need more cooperation and funding. Don't rely on the Department of Defense to save us every time we're in trouble."


(2)軍の NEO ミッションは必要なし
  NO NEED FOR MILITARY NEO MISSIONS

  * 著者 : ルイ・フリードマン( Louis Friedman )
  * 配信元 :CCNet

[日本語要約]

 彼が明確に資源を緩和に使う努力を拒絶して、もっと多くの知識の必要を 正確に強調するという点で、ピート Worden氏 のエッセイは顕著である。 この枠組を越えてしまうことはNEOの脅威を扱うことを提唱している人々 向かって信頼性を損なうことに繋がっている。

 然し明らかに Worden准将が提案するものは問題が求めている解である。 彼は国防総省(DoD)のミッションを望み、そして NEOs についても、より 多くの知識を必要とすることに基づいた合理的なものを定義している。彼の エッセイから次のステートメントは「合衆国で NEOの論議は、私は議論が どこでもなされていると信じるように、大惨事の NEO 衝撃が非常に稀れで、 そしてそれ故我々の生涯に起こることが殆どありそうもないという事実で苦 しんだ」ことを、明らかにしている。
人は大惨事の衝撃が無いことが論議に苦しむ何かではなく、論議を支援する 何かであると通常思うであろう。人は脅威がミッションを正当化することを 望まないなら、DoD のために役割を見いだそうとする動機を慎重に考察する べきである。 我々、全ては強化された観測計画(実際に惑星協会に民間と 政府計画を提唱の両方からの資金)と探索の宇宙ミッションについて合意する ことができる。しかし天体観測計画と探索ミッションは軍でなく民間が行う ことで、そしてここに定義された軍のミッションがあるべきではない。 これまでのところ、軍は同意した。

 軍と民間の協力は称賛されるはずである。これは民間の宇宙機関を設立する 法令で知的に述べられた。 LINEAR と他の計画がそれを証明している。 然し、 この民間の努力の分野に軍の利点と協業関係を奨励することは軍のミッションの 定義から非常に異なっている。もし決定的な脅威が確認され、世界や国の防衛が 必要とされるならば、我々は軍のミッションに指定できる。しかしその時まで、 NEOs の知識を捜索することについて、軍の機能は科学と国際的な協業を抑制し、 そして天文学と科学から装置と訓練に焦点を転換すべきである。それは NEO の 脅威が軍のミッションになるにはこれ以上の意味をなさない。それより地球 温暖化現象(多分さらに少なく、少なくとも地球温暖化現象の脅威は周知である) の脅威と戦うべきである。 両方ともは扱われる必要があるが、しかし適切に。

ルイ・フリードマン
惑星協会専務理事


[原文]

Pete Worden's essay is notable in that he explicitly rejects efforts to spend resources on mitigation, and correctly emphasizes the need for more knowledge. Going beyond this framework has led to a loss of credibility toward those whose advocate dealing with the NEO threat.

But clearly what Gen. Worden offers is a solution looking for a problem. He wants a mission for the DoD, and defines a rational one, based on the need for more knowledge about NEOs. The following statement from his essay is revealing, "NEO discussions in the United States have, as I believe they have everywhere, suffered from the fact that catastrophic NEO impacts are so rare and hence so unlikely to occur in our lifetimes." One would normally think that the lack of catastrophic impacts is not something for the discussions to suffer, but something that would assist the discussions. Unless one want the threat to be a justification for a mission.

The motivation of trying to find a role for DoD should be carefully examined. We all can agree on increased observation programs (indeed The Planetary Society both funds private ones and advocates government programs), and on space missions of exploration. But astronomical observation programs and exploration missions are civil pursuits, not military ones -- and there should be no military mission defined here. So far, the military has agreed.

Military - civil cooperation is to be applauded. This was wisely stated in the founding act for a civil space agency. The LINEAR and other programs prove that. But encouraging military assets and cooperation in this civil endeavor is very different from defining a military mission. If a deterministic threat is ever identified so that defense of the world, or the country, is required then we can assign a military mission. But until then, making the search for knowledge about NEOs a military function will inhibit scientific and international cooperation, and turn the focus from astronomy and science to devices and exercises. It makes no more sense for the NEO threat to become a military mission, than it does for fighting the threat of global warming (maybe less, at least the global warming threat is a known one). Both need to be dealt with, but appropriately.

Louis Friedman
Executive Director, The Planetary Society


(3)WORDEN准将 のエッセイに関係する重要なポイント
  A FEW KEY POINTS REGARDING GEN. WORDEN'S ESSAY

  * 著者 : エド Grondine(Ed Grondine )
  * 配信元 : CCNet

[日本語要約]

ベニー殿

 私はピート Worden氏の個人的な発言で幾つかの重要なポイントを強調 するのに数分間頂きたい。そして彼が指摘したことは少なくとも、国防総省や 政府の公式な政策であると見なしてはならない。

 Worden はより小さな物体に注意を払うことから始めた。これらのより小さな 物体の衝撃によって起こされた爆発、合衆国の警戒システムで検知された高層 爆発を詳細に良く知られた爆発の全てのように、彼は爆発が引き起こす即刻の 脅威、多くの人が理解しているより遥かに巨大な脅威を完全に熟知している。

 私の意見で、私はこの件で Worden とは違っており、それは国防総省がそれを 完全に地球を基地とする調査を行うことに、単に LINEAR クラスの地上 望遠鏡を当てにすることは不可能であるとしている。この件で、他の CCNet 参加者から意見を聞くことに興味をもったであろう(そして疑いもなく ベニー殿、あなたは既に多くの参加者から非常に強い言葉で意見を聴取して いる)。しかし私の最初の印象は合衆国空軍だけでNEO 検出問題を処理すのに 物体の数が単に多すぎるか、観測時間があまりにも制約されていた。 空軍の NEO 検出計画が何になろうとも、私は国際的な協力が必要であろうし、 そしてNASAと MPC が必要とされるであろうと思う。

 Worden の手紙のなかで大きなニュースは彼が NEO 問題を扱うのを手伝う ために Minotaur 発射台の使用を支持しようとしているということである。 Minotaurs はオービタルサイエンス(軌道科学)会社が軍備管理条約の結果 廃棄された軍の資材(grains)から 建設した小型発射台である。商業市場に 干渉しないように、これらの発射台は発射毎に1000万ドル強の費用で、単に 政府計画に利用可能であるようにしている。 Worden が政府が2つの方法で そのしつこいNEO 問題を扱うのを支援するためにこれらの Minotaur 発射台を 使うことを主張している:最初に、小型の軌道を回る望遠鏡を打上げることと、 第二に小惑星やすい星を捕捉する技術を評価することである。

 軌道上の小型望遠鏡がNEO問題を解くことに良いスタートを用意するかも しれない。まだ、これら小型の軌道にある望遠鏡は限定された検出能力で、 それは単に例えば月を基地とする天文台と比較し、完全にあまりにも短い リードタイムで警報を提供するだけであろう。これら小型の軌道上の望遠鏡 からのデータを圧縮するコストは熟練した要員だけでなく、NEOを追跡する 仕事で必要とする高度な計算機や記憶装置の技術等でWorden の予測より はるかに(コストが)かかる可能性が高い。再度、限られた数の巨大な 望遠鏡と同様、限られた数の熟練軌道技術者という条件のもとで、 国際コミュニティを多分巻き込むべきであろう。

 Worden の第二のポイントでは、これら Minotaur 発射台が捕捉技術の開発に 大きな助けとなることが判明するであろうが、より大きな物体の捕捉は地球から 少し距離をおいてなされなければならない。 約750ポンド(300キロ)の Minotaurs の搭載量能力は捕捉用バスの最終設計をテストに多くを使用するに あまりにも小さい。

 最後に、Worden が指摘するように、より小さい物体は外らすことができるか、 非核の火薬で破壊することができる。しかしより大きな物体は核の爆薬を使用する 必要があろう。そして明らかにこれらの核の爆薬は深宇宙に移送する段階とともに、 地球で準備を整えて格納しておかなければならない。保管施設や施設の安全管理を 保証する階段での合意と同様、 これらを保管する施設の国際協定は責任ある 国家の代表によって交渉されなければならない。

 これまでのところ、これはただ私の意見である。そして私はこれらの問題で、 他の人々から意見を聞くことを楽しみにしている。

 ご多幸を祈りつつ
エド


[原文]

Hello Benny -

I want to take a few minutes to highlight a few key points of Pete Worden's personal observations, which as he pointed out must not be taken as official Department of Defense or US policy, at least not yet, anyway.

Worden started by calling attention to smaller objects. Like all of those intimately familiar with the upper atmosphere explosions detected by US warning systems, explosions caused by the impact of these smaller objects, he knows full well the immediate threat they present, a threat which is much, much greater than many realize.

In my opinion, and I differ from Worden on this, it is going to be impossible to rely solely on ground based telescopes of the LINEAR class from the United States' Department of Defense to perform the Earth based survey in its entirety. I would be interested to hear from other CCNet participants on this, (and no doubt Benny you are already hearing from many of them in quite strong words), but my first impression is that the number of objects is simply too great, and viewing time too limited, for the United States' Air Force to handle the NEO detection problem alone. Whatever the Air Force NEO detection program becomes, I think that international cooperation is going to be necessary and that NASA and the MPC will be needed.

The big news in Worden's letter is that he is going to advocate the use of Minotaur launchers to help deal with the NEO problem. Minotaurs are small launchers constructed by Orbital Sciences corporation from military grains decommissioned as a result of arms control treaties. So as to not interfere with the commercial market, these launchers are being made available solely for government programs, at a cost of a little over $10 million per launch. Worden is advocating using these Minotaur Launchers to help the government deal with its nagging NEO problem in two ways: first, for the launch of small orbiting telescopes; and second, for tests of asteroid and comet intercept technologies.

Small telescopes in orbit may provide a good start for solving the NEO problem. Still, these small orbiting telescopes will have limited detection abilities, and thus be able only to provide warnings with entirely too short lead times - as compared with, say, a lunar based observatory. The cost of data reduction from these small orbiting telescopes is likely to be much greater than Worden anticipates, not only for the skilled personnel, but also the advanced computers and storage technologies the NEO tracking task will require. Once again, given the limited number of skilled orbital mechanicians, as well as the limited number of very large telescopes, international community will likely have to be involved.

On Worden's second point, while these Minotaur launchers may also prove to be of great help in developing intercept technologies, interceptions of the larger objects are going to have to be done some distance away from the Earth. The payload capacity of the Minotaurs, around 750 pounds (say 300 kilos), is simply too small to be of much use in testing the final designs for the intercept buses.

Finally, as Worden points out, smaller objects can be diverted or destroyed with non-nuclear charges. But larger objects will require the use of nuclear charges, and clearly these nuclear charges will have to be stored at the ready on Earth, along with their deep space transfer stages. International agreements on these storage facilities, as well as agreements on steps to assure the storage facility or facilities' security, will have to be negotiated by the responsible national representatives.

So far this is just my opinion, and I look forward to hearing those of others on these matters.

Best wishes to all -
Ed


3.訳者の所感

 1Km未満のNEOに関心が高まりつつある状況で、それをどう 検出するのが効果的か、検出したNEOをどの様に補足するのか、 どう回避するのかなど非常に興味深いテーマであり今後の展開を 期待したい。