[日本スペースガード協会]

今週のニュース( May  28 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年5月28日受付
今週は5月3日に配信されたCCNetからレオナルド・デイビッド氏の 論文の要約をお送りします。
この論文は実例から比較的頻繁に大気圏に 飛び込む大きな隕石と其れに伴う大火球の警戒システムの必要性を 述べている。

1.詳細

専門家はより優れた小惑星の警報(システム)を要求
EXPERTS DEMAND BETTER ASTEROID ALERT

*著者:レオナルド・デイビッド( Leonard David)
*配信元:CCNet(5月2日Space.comに掲載された論文が配信された)
*配信日:5月3日

[日本語要約]

ワシントン − 目覚まし電話について話そう。

 1994年2月1日、西太平洋の高空で宇宙からの巨大な火球が40キロトンと 同等なエネルギーの爆弾が炸裂した。これは第二次世界大戦の終わりに 広島に投下された原子爆弾の破壊力の2倍であった。

 爆発はそれほど大きかったので、合衆国の軍事衛星と軍の高級将校は 核装置が(すでに)爆発したと信じた。

 指揮命令系統上部に厄介なコード語「 NUDENT 」−軍の核爆発専門語− が伝わった。諜報機関内の知らせでクリントン大統領がその夜、上級 アドバイザーによって起こされたということであった。 ただ後の解析で高高度爆発が核以外の原因で起きたことを確認した。

 地球が(それまで)巨大な宇宙の岩 − 遠くから厄介な、地球圏外 からの侵略者 − の受け皿の端にあったことが分かった。

 そのイベントは TNTで15メガトンに等しい爆発力を放出した1908年の Tunguska 、シベリア上空の隕石の爆発のより小型版であった。 その 爆発は2,000平方キロの森林を平らにした。 同じような目覚まし電話が 年代を通じて地球に振りかかっている。 − そして我々の惑星にそれを 証明する傷跡がある。

年齢の岩

 1年に30回から50回程、火球が地球の大気を貫通し轟音を立ててやって くると科学者が語った。 あなたがこれらの侵入者の大部分について ほとんど聞く チャンスが ないということである。

 1970年代後半から、軍事衛星がこのようなイベントを400回見つけた。 これまでのところデータの大部分は機密のままである。科学者が10回の 火球うち9回が公表されず、科学的な視野から残っていると推定している。

 勿論、6千5百万年前に恐竜を絶滅させたと想定されるメガ爆発がある。 しかし、その規模の1つはまさにまれな現象で、たいていの人々に実感が ないのである。

「逆に、私は人々に1世紀程前に地方と地域に損害を与えた真の衝撃の 証拠を示すことができる」、と空軍コマンドとコントロール司令部次長、 陸軍准将 ピート Worden、が語った。
「我々の早期警報の衛星が地球大気で見る頻繁なキロトン級爆発が更に 説得的である。 これらは社会と指導者が真剣に受け止めるべき脅威である」と彼が語った。

 Worden は彼が単に彼自身が話をしたことを強調した。国防総省は宇宙の岩からの脅威について公式見解を持っていない。

宇宙の岩に対する監視

 しかしこれら天国の訪問者の言葉を明らかにすることは扱いにくい プロセスのように思われる。

「この種類のデータの扱いが組織的で認知されているアプローチとは 思われない」、とニューメキシコ 州アルバカーキ、 Kirtland 空軍基地に あるサンディア国立研究所技師リチャード・スポールディングが語った。

「我々は大気中で非常にまぶしいく、かつ儚い現象を見ることが出来る 衛星の能力を持っている。

 我々が見るのに十分大きなものは何でも注意を払うべき価値がある」、と 彼は SPACE.com に語った。 スポールディングはこのような情報が迅速に発表され、科学界全体で共有 されるべきであると論ずる極秘な衛星データに精通したエキスパートで 拡大している幹部の1人である。 1つの考えは空軍防衛支援プログラム ( DSP )衛星を使って「応答能力」を構築することである。

 これら地球を周回する宇宙船は、どの高度で爆発は発生したのかを位置を 説明して、 空中爆発の「リアルタイムに近い」メッセージを発信することが 出来ると、とリチャード・デイビーズ、西部大惨事センターの社長と会長、 カリフォルニア州Moffett 連邦の飛行場、が語った。 そのセンターはハイテク技術で災害と危機管理を改善に焦点をあてた 非営利の研究グループである。

「「a」は監視レベルを強化するのに既存の能力を使う必要がある」、と デイビーズが言った。「能力はそこで数カ月後に現象の報告ではなく、 即刻(リアルタイム)にこれをすることである。 時々それは長い時間が とられた。

「我々は人口過密地域で、人々が傷つき犠牲となる小規模なTunkuska の ような現象イベントが対象であると」、と彼が語った。「彼らからのいかなる 連絡にも数時間か数日間を要するかもしれない。」

 デイビーズは現在と将来の軍用宇宙船を使用するこのような空からの監視 任務が構築されたグローバル災害情報ネットワーク( GDIN )に組み込む ことができたと言った。 4月27日、クリントン大統領によって樹立されて、 GDIN はその任務が当然の、そして自然や人的(原因)による大惨事からの 生命と資産の損失を減らすために情報技術を活用する復数にまたがる 連邦機関のグループである。

 この問題は海外でも同様注目を引き起こしている。

 宇宙岩の脅威に対して多くの行動の呼びかけへの参加はイギリス 、ソールズ ベリーに本拠地を置くスペースガードUK(イギリス)、科学者と研究者の国際 グループである。

 英国の政府特別委員会が(地球に)向けって来る宇宙物体によって地球が 晒される脅威を調査している。 その(特別委員会は)英国の科学大臣に来月委員会の提言をするはずである。

 宇宙岩に係わる情報を公表するプロセスは「確かに改善されている」と カリフォルニア州エルセガンド、エロスペース会社のコンサルタント、 エドワードTagliaferri 氏が言った。彼は国防省の衛星から収集された赤外線 データを解析して、もし許可があれば、科学コミュニティにそのデータを 公表する。彼はいずれの行政機関がこのデータのリリースを指図するか 言わないであろう。

「現在は、そのことは「ケースバイケース」によってなされている」、と Tagliaferri が語った。それは彼らがこのデータの価値に気付いていないわけで はない。それは作業負荷が彼らにとって重要である」だけである、と彼が語った。

夜にブームとなる物事

 今年の初めある1つの事象(イベント)はやってくる隕石に関し、迅速で かつ正確なデータの必要性を指摘しよう。

 1月18日に、カナダ北西部の遠隔地上空で、隕石が4-5キロトンの爆弾と同等の 爆発力を解放して炸裂した。

「それは大きい物体であった。私は直径が6から9フィート(2-3 メートル)の間と 推定した。 我々は通常5年から10年ごとを除いてそれほど激しく襲われない」、と Tagliaferri が語った。

 それが地球に飛び込んむにつれて、国防省衛星のセンサーはやってくる物体を 捕捉した、と彼が語った。

 ユーコン準州上空の大気をつき進んで、衝撃波がはるか遠くのブリティッシュ・ コロンビアやアラスカの住民を驚かせた。 火球が高度16マイル(25 -Km)で爆発したとき、それは地上では 闇夜を真昼の ように変えた。 その爆発は非常に明るかったので、太陽電池で動いている街灯が それ自ら消灯した。隕石がそれ自身消滅したとき、その街灯はローカル送電網に 負荷をかけ過ぎて直ぐに復旧した。 それは一転して電気的な開閉装置の故障の 原因となった。

 自然現象(イベント)で暗やみにとり残されることは一つの事である。しかし 疑い深くない町民にとっては、町民はそれがテロリストの攻撃であると思わないで あろうか?

「絶対的に、(無いであろう)。これらタイプの現象は模擬の核爆発が本当に なされた(様である)。 この種類の情報を公表することについて時節柄を得て明確な利点がある」、と Tagliaferri が語った。

 同様に、地球全体に政治的な火薬庫がある。火球現象が導火線に火をつける 文字通りの火花を引き起こすことができた。

「あなたがパキスタンとインド、中国とロシア、北朝鮮と韓国のリストを拾い 上げれば−そこにはお互いに不和である沢山の人々がいる。 彼らの1人がそれらが 他の誰かによって始められたと考える現象(イベント)に報復する気に させることができる。 我々は政府と政府が自然の現象(イベント)について信頼 できる方法でコミュニケートすることができるある機構を必要とする」、と彼が 語った。 「これらのものの一つが何処かに当たれば、ある種の重大な興奮や被害、 あるいは両方とも本当に引き起こすであろう。それはただ時間の問題である」、と Tagliaferri が言った。


[原文]

WASHINGTON -- Talk about a wake-up call.

On February 1, 1994, high over the Western Pacific, a huge fireball from space exploded with the equivalent energy of a 40-kiloton bomb -- twice the power of the atom bomb dropped on Hiroshima near the end of World War II.

So large was the blast that U.S. military satellites and military brass believed a nuclear device had detonated.

Up the chain of command went the worrisome code word "NUDENT" -- military jargon for nuclear detonation. Word in intelligence circles was that President Clinton was awoken that night by senior advisors. Only later did analysis confirm that the high-altitude explosion had come from a non-nuclear source.

It turned out the Earth had been on the receiving end of a huge space rock -- a troublesome, extraterrestrial invader from afar.

The event was a smaller version of the 1908 meteorite explosion above Tunguska, Siberia, that unleashed an explosion force equal to 15 megatons of TNT. That blast flattened some 2,000 square kilometers of forests. Similar wake-up calls have peppered the Earth throughout the ages -- and our planet has the scars to prove it.

Rock of the ages

Between 30 to 50 times a year, scientists say, a fireball comes screaming through the Earth's atmosphere. Chances are you never hear about most of these intruders.

Since the late 1970s, military satellites have spotted about 400 such events. So far most of the data has remained classified. Scientists estimate that nine out of ten fireballs remain out of public and scientific view.

Of course, there is the supposed mega-blast that wiped out the dinosaurs 65 million years ago. But one of that magnitude is an exceeding rare event, one that is not real to most people.

"Conversely, I can show people evidence of real strikes inflicting local and regional damage less than a century ago," said Brigadier Gen. Pete Worden, deputy director for command and control headquarters for the Air Force. "Even more compelling are the frequent kiloton-level detonations our early warning satellites see in the Earth's atmosphere. These are threats the public and its leaders will take seriously," he said.

Worden emphasized he was speaking solely for himself. The Defense Department has no official view on threats from space rocks.

The watch for space rocks

But getting the word out on these heavenly visitors appears to be a cumbersome process.

"There doesn't seem to be a systematic and recognized approach for dealing with this kind of data," said Richard Spalding, an engineer at Sandia National Laboratories at Kirtland Air Force Base in Albuquerque, New Mexico.

"We have a capability in the satellites of seeing very bright, transient events in the atmosphere. Anything that's big enough for us to see is something worth paying attention to," he told SPACE.com.

Spalding is one of a growing cadre of experts familiar with hush-hush satellite data who argue that such information should be released faster and shared throughout the scientific community. One idea is to build a "response capability" using Air Force Defense Support Program (DSP) satellites.

These globe-circling spacecraft could issue a "near-real-time" message of an airburst, spelling out the location and at what altitude the explosion may have occurred, said Richard Davies, President and Chairman of the Western Disaster Center, Moffett Federal Air Field, California. The center is a non-profit research group focused on high-tech ways to improve disaster and emergency management.

"There is [a] need to use existing capabilities to increase the level of monitoring," Davies said. "The capability is there to do this in real-time, not report on an event months later. Sometimes it has taken that long.

"We could have a small Tunkuska-like event over a populated area with people hurt and killed," he said. "It might take hours or even days before there is any communication from them."

Davies said that such sky-watching duties using current and future military spacecraft could be folded into the newly-created Global Disaster Information Network (GDIN). Established by President Clinton on April 27, the GDIN is a multi-federal agency group whose duty is to use information technology to reduce loss of life and property from natural and human-made disasters.

The issue is stirring attention overseas as well.

Joining the call for more action on threatening space rocks is Spaceguard UK, an international group of scientists and researchers based in Salisbury, England.

A British government task force is investigating the threat posed to Earth by incoming space objects. It is to make its recommendations to Britain's Minister of Science next month.

The process of releasing information about space rocks "certainly could be improved," said Edward Tagliaferri, a consultant to the Aerospace Corporation in El Segundo, California. He analyzes infrared data gleaned from Defense Department satellites and, if given a go-ahead, releases that data to the scientific community. He would not say which government agency dictates the release of such data.

"Right now, it's done on a case-by-case basis," Tagliaferri said. It's not like they aren't aware of the value of this data. It's just that the workload is significant on their part," he said.

Things that go boom in the night

One event earlier this year points to the need for quick, accurate data regarding incoming meteorites.

On January 18, over a remote area of northwest Canada, a meteorite exploded, releasing the equivalent blast of a 4-5 kiloton bomb.

"It was a big object. I estimate somewhere between six and nine-feet (2-3-meters) in diameter. We don't usually get hit that hard except once every 5 to 10 years," Tagliaferri said.

Defense Department satellite sensors caught the incoming object as it plunged toward Earth, he said.

Plowing through the atmosphere above Yukon Territory, sonic booms startled residents as far away as British Columbia and Alaska.

When the fireball exploded at an altitude of 16 miles (25-kilometers), it turned darkness on the ground to daylight. So bright was the explosion that streetlights operating on solar cells turned themselves off. As the meteorite extinguished itself, the lights immediately turned back on, overloading the local power grid. That in turn caused electrical switching hardware to fail.

Being left in the dark by a natural event is one thing. But to unsuspecting townspeople, might they not consider it a terrorist attack?

"Absolutely. These type of events really do mimic nuclear detonations. There are definite advantages to the timeliness of releasing this kind of information," Tagliaferri said.

Also, there are political powder kegs around the globe. A fireball event could cause a literal spark that lights a fuse.

"When you go down the list of Pakistan and India, China and Russia, North Korea and South Korea - there are enough people who are at odds with each other. One of them could be tempted to retaliate to an event they thought was initiated by somebody else. We need some mechanism where government to government can communicate in a credible manner about a natural event," he said. "One of these things is going to hit somewhere and really cause some serious flap or damage, or both. It's just a matter of time," Tagliaferri said.

Copyright 2000, Space.com


2.訳者の所感

 比較的頻繁に大きな隕石が大気圏に飛び込み大火球を生じていることが 明らかにされた。アメリカの早期警戒システムがこれら大火球を捕捉 しているが詳細が機密のベールに包まれている。これらの詳細が 公開されて、今後の小規模なNEOの検証に反映されることを 期待したい。