[日本スペースガード協会]

今週のニュース( May  30 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年5月30日受付


1.概要

今週は4月から5月かけてNASAから配信されたNEARシュメーカ 宇宙船の話題をお送りします。

目次

(1) NEAR ミッションは次の段階に移った
(2) NEARシュメーカ宇宙船は、より表面に近い軌道を巡航
(3) 燃焼がNEAR シュメーカを理想的な科学観測軌道投入
(4) 5月1日、今日のNEAR イメージ
(5) 5月9日、今日のNEAR イメージ
(6) 5月19日 、今日のNEAR イメージ
(7) 5月26日、今日のNEAR イメージ


2.詳細

(1)NEAR ミッションは次の段階に移った(4月11日)

   NEAR Mission Moves to the Next Stage
   http://near.jhuapl.edu/news/flash/000411.html

[日本語要約]

4月11日に5秒間のエンジン燃焼がNEAR シュメーカを小惑星 Eros からおよそ62マイル(100キロ)の円軌道に投入後、 NEAR ミッションは順調にその次の段階に移った。エンジン燃焼の時に、 宇宙船は地球からおよそ1億2800万マイル(2億600万キロメートル) であった。

これまでのところ Eros でその最良の外見を得て、宇宙船は時速 5マイル以下で小惑星のまわりを3周回って、11日間この軌道距離に 残るであろう。4月22日にもう1回の操作が宇宙船を主要な科学的軌道に 入れるため降下を開始する。それは、宇宙船が Eros の中心からの 31マイル(50キロメートル)となる時、4月30日に始まる。

NEAR シュメーカは、科学者の当初の期待以上に宇宙岩の表面、形状と 組成のデータを提供し、2月14日に小惑星と会合以降、 Eros を 5回 周回した。


[原文]

The NEAR mission moved smoothly to its next stage after a 5-second engine burn on April 11 nudged NEAR Shoemaker into a circular orbit about 62 miles (100 kilometers) from asteroid Eros. At the time of the engine burn, the spacecraft was about 128 million miles (206 million kilometers) from Earth.

Getting its best look at Eros so far, the spacecraft will remain at this orbital distance for 11 days, moving around the asteroid three times at just under 5 miles per hour. Another maneuver on April 22 will start lowering the spacecraft into its prime scientific orbit, which starts April 30, when the spacecraft is 31 miles (50 kilometers) from Eros' center.

NEAR Shoemaker has circled Eros five times since meeting up with the asteroid on Feb. 14, providing data on the space rock's surface, shape and composition that has exceeded scientists' early expectations.


(2) NEARシュメーカ宇宙船は、より表面に近い軌道を巡航(4月24日)

   NEAR Shoemaker Cruising into Closer Orbit
   http://near.jhuapl.edu/news/flash/00apr24_1.html

[日本語要約]

4月22日、短いエンジン燃焼でNEARシュメーカ宇宙船は小惑星 Eros の 周りにその理想的な科学的軌道の方向にゆっくりと移動を始めた。 東部夏時間 午後1時50分に、宇宙船はその制動用推力を点火して、それが 過去11日間占めていた62マイル(100キロ) の軌道から移動した。

それが2月14日に Eros と遭遇して以来、地球から約1億1900万マイル (1億9000万キロ)の彼方にいる宇宙船で起きた燃焼はNEARシュメーカに とって5回目の「軌道修正の操作」であった。

4月30日に、NEAR シュメーカはEros の中心から31マイル(50キロ)の 円軌道を回り始めるであろう。宇宙船の科学計器 6台全てが数週間作動 (オン)状態であったが、これはそれらの計器内2台 − レーザー距離計と X 線・γ線分光計 − が最良に機能するよう設計されている距離である。 他の計器の性能も NEAR シュメーカが差し渡し21マイルの回転している 宇宙岩をより近づいて見るために移動したので、同様に改善されている。


[原文]

A short engine burn on April 22 started NEAR Shoemaker on a gradual journey toward its ideal scientific orbit around asteroid Eros. At 1:50 p.m. Eastern Daylight Time, the spacecraft fired its breaking thrusters and moved down from the 62-mile (100-kilometer) orbit it occupied for the previous 11 days.

The burn -- which occurred with the spacecraft about 119 million miles (190 million kilometers) from Earth -- was the fifth "orbit correction maneuver" for NEAR Shoemaker since it encountered Eros on Feb. 14. On April 30, NEAR Shoemaker will begin a circular orbit 31 miles (50 kilometers) from Eros' center. Though all six of the spacecraft's scientific instruments have been turned on for several weeks, this is the distance from which two of those devices -- the Laser Rangefinder and X-Ray Gamma Ray Spectrometer -- are designed to work best. The performance of the other instruments also improves as NEAR Shoemaker moves in for closer looks at the 21-mile-long rotating space rock.


(3) 燃焼がNEAR シュメーカを理想的な科学観測軌道投入(4月30日)

   Burn puts NEAR Shoemaker in Ideal Science Observation Orbit
   http://near.jhuapl.edu/news/flash/00apr30_1.html

[日本語要約]

東部夏時間4月30日午後12時15分に、NEARシュメーカ宇宙船は成功裏に 今日まで最大の軌道修正操作の1つを完了した。ヒドラジンエンジンの 燃焼は約2分20秒間継続し、宇宙船を62X31 - マイル(100 X 50キロ) 軌道から Erosの北極と南極上空(を結ぶ)31マイルの円軌道に移動した。 これは、宇宙船が2000年2月14日に Eros の軌道に乗って以来ら、 宇宙船の推進装置がその位置を調整するために点火された6回目である。

燃焼は同じく宇宙船が太陽に指向した状態で機能するように、より速く 回転する4個の運動量円盤(回転車輪)を遅くすることで、成功裏に 宇宙船の運動量の増加を減少させた。もし運動量を減少させられなければ、 それは宇宙船の誘導システムがその制御を持続できなくなるレベルに高まる ので、その自立システムはそれを安全なモードにする。 これを避けるため、 運動量の廃棄(ダンプ)が毎週か10日に(一度)定期的に行われる。

次の2カ月間宇宙船は31マイルの軌道に留まるであろう。そこで宇宙船は イメージャーにゆっくりと宙返りしている小惑星の最接近した視野を与え、 レーザー距離計とX -線・γ線分光計計器にそれらが設計された最適な 距離からデータを集め始めるチャンスを与えるであろう。 すべての計器は 今時点で正常である。

4月30日の燃焼はNEAR シュメーカをそれ以前の速度から3マイル/時 減速して7マイル/時で移動するようにしてある。重力が非常に僅かなので、 Eros の表面から放うられた野球ボールがたやすく小惑星の重力圏から 逃げ出してしまうが、まだ宇宙船の飛行に影響を与える引力が十分ある。 宇宙船がEros により接近するので、重力の引きがより強くなる。そして より近くに接近することは毎回エンジンの燃焼を一層正確にすることが 必要になる。 次回の軌道修正の操作は7月7日に行うことが予定されている。


[原文]

On April 30, at 12:15 p.m., Eastern Daylight Time, the NEAR Shoemaker spacecraft successfully completed one of its largest orbit correction maneuvers to date. The hydrazine engine burn lasted approximately 2 minutes, 20 seconds and moved the spacecraft from a 62 X 31-mile (100 X 50 kilometer) orbit to a 31-mile circular orbit over Eros' north and south poles. This is the sixth time the spacecraft's thrusters have been fired to adjust its position since it began orbiting Eros on February 14, 2000.

The burn also successfully reduced spacecraft momentum buildup by slowing the four momentum wheels that spin faster and faster as the spacecraft works to stay sun pointing. If the momentum isn't reduced it can build to a level where the guidance system can't maintain control of the spacecraft so its autonomous systems send it into safe mode. To avoid this, momentum dumps are routinely conducted about every week to 10 days.

For the next two months the spacecraft will remain in a 31-mile orbit, giving the imager its closest view yet of the slowly tumbling asteroid and the Laser Rangefinder and X-Ray Gamma Ray Spectrometer instruments a chance to begin collecting data from a distance optimum for their design. All instruments are operational at this time.

The April 30 burn left NEAR Shoemaker travelling at 7 miles per hour-a reduction of 3 miles per hour from its previous speed. Although gravity is so slight that a baseball tossed from the surface of Eros would easily leave the asteroid's gravitational confines, there is still enough of a pull to influence the spacecraft's flight. A greater gravitational pull as the spacecraft comes closer to Eros and the closer proximity make it necessary for each engine burn to be increasingly more accurate. The next orbit correction maneuver is expected to take place July 7.


(4) 5月1日、今日のNEARイメージ

   NEAR image of the day for 2000 May 1
   http://near.jhuapl.edu/iod/20000501/index.html

[日本語要約]

ダウンした、ダウンした、ダウンした

NEAR シュメーカ宇宙船が Eros の周りを低い軌道へと降下を 続けているので、段々小さな表面の詳細が明白になっている。 このイメージは、 4月29日に、 NEARを50キロ(31マイル)の 軌道の高さに入れるためエンジン点火の直前に軌道高度 84キロメートル(52マイル)から撮影された。イメージは小さなもので 直径7メートル(23フィート)の特徴を描写している。そして巨礫は 大きさで何十メートルというものを示している。 光景全体は 直径3.2キロ(2マイル)である。


[原文]

Down, Down, Down

As the NEAR Shoemaker spacecraft continues its descent to lower orbits around Eros, smaller and smaller surface details are becoming visible. This image was taken April 29, 2000, from an orbital height of 84 kilometers (52 miles), just before the engine firing that placed NEAR in a 50-kilometer (31-mile) altitude orbit. The image shows features as small as 7 meters (23 feet) across and boulders a mere tens of meters in size. The whole scene is 3.2 kilometers (2 miles) across.


(5) 5月9日 今日のNEAR イメージ

   NEAR image of the day for 2000 May 9
   http://near.jhuapl.edu/iod/20000509/

[日本語要約]

鞍の壁

Eros で最も興味深い特徴の1つが「鞍」、小惑星のピーナツのような 形の押し跡である。 鞍の内側にある衝撃クレーターの低い密度は 地質学的プロセスが(すでに)Eros 歴史でその区域が相対的に遅く 変化したことを示している。

NEAR シュメーカ宇宙船は年5月5日に、高度52キロメートル (32マイル)の軌道から鞍の内側のこのイメージを獲えた。全体の 光景は直径約1.8キロ(1.1マイル)、そのイメージは 小さい方で 直径4メートル(13フィート)の特徴を示している。

イメージの頂点から底辺まで連続している明るい特徴は険しい、 太陽に面する坂である。ある場所では、それは海底崖であるように 思われる、他方イメージの中心の近くでそれは幅 200メートル (656フィートの)の谷の内壁として見える。イメージの右上の 巨礫はほぼ直径40メートル(131フィート)である。


[原文]

The Saddle Wall

One of the most interesting features on Eros is the "saddle," an indentation in the asteroid's peanut-like shape. The low density of impact craters inside the saddle indicates that geologic processes had modified the region relatively late in Eros' history.

The NEAR Shoemaker spacecraft captured this image of the inside of the saddle on May 5, 2000, from an orbital altitude of 52 kilometers (32 miles). The whole scene is about 1.8 kilometers (1.1 miles) across, and the image shows features as small as 4 meters (13 feet) across. The bright feature running from the top to the bottom of the image is a steep, Sun-facing slope. In some places it appears to be an escarpment, while near the center of the image it appears as an inside wall of a 200-meter (656-foot) wide trough. The boulder in the upper right of the image is nearly 40 meters (131 feet) across.


(6) 5月19日 、今日のNEARイメージ

   NEAR image of the day for 2000 May 19
   http://near.jhuapl.edu/iod/20000519/

[日本語要約]

素敵な小惑星

NEAR シュメーカから返送されたイメージは Eros が 、多くの 小惑星や小惑星的な衛星のようで、 表面が「わだち」と 呼ばれる線形の谷(トラフ)によって刻まれたことを示している。 類似の特徴は小惑星アイダ(Ida)やガスペラ( Gaspra ) そして火星の月フォボス( Phobos )でも確認できる。しかし、 Eros の高解像度のイメージは前例がない詳細で、そのわだちの 起源が調査されることが可能になる。

何本かのわだちを示すこのイメージは5月17日、高度52キロメートル (32マイル)の軌道から撮影された。全体の光景は直径約1.4キロ (0.8マイル)で、小さいものは4メートル(13フィート)の特徴を 示している。


[原文]

A Groovy Asteroid

Images returned by NEAR Shoemaker show that Eros, like a number of other asteroids and asteroid-like moons, has a surface cut by linear troughs called "grooves." Similar features have been identified on asteroids Ida and Gaspra and on Mars' moon Phobos. However, the high-resolution images of Eros allow the origin of its grooves to be investigated in unprecedented detail.

This image showing several grooves was taken May 17, 2000, from an orbital altitude of 52 kilometers (32 miles). The whole scene is about 1.4 kilometers (0.8 miles) across, and shows features as small as 4 meters (13 feet).


(7) 5月26日、今日のNEARのイメージ

   NEAR image of the day for 2000 May 26
   http://near.jhuapl.edu/iod/20000526/

[日本語要約]

粒子状の地形

Eros のある部分は広範囲に線の様な溝によって彫まれれて いるので、その表面が木質のようで、それにほとんど(穀物が) 1粒あるように見える。 5月25日に、NEAR シュメーカ上の イメージは高度52キロメートル(32マイル)の軌道から上手に 刻まれた地域のこの 1枚の写真を撮った。全体の光景は直径が 約1.8キロ(1.1マイル)で、そしてそれは小さいもので直径 4メートル(13フィート)の特徴を示している。平行した向きを 持つ多数の短いわだちが地形を横切っている。 1例で、矢印で 表わされる短いわだちは長さが160メートル(525フィート) 、 幅が40メートル(130フィート)である。


[原文]

Terrain with a Grain

Some parts of Eros are so pervasively sculpted by linear grooves that the surface appears almost to have a grain to it, like wood. On May 25, 2000, the imager on NEAR Shoemaker took this picture of one such highly sculpted region from an orbital altitude of 52 kilometers (32 miles). The whole scene is about 1.8 kilometers (1.1 miles) across, and it shows features as small as 4 meters (13 feet) across. Dozens of short grooves with parallel orientations cross the terrain. One example, the short groove marked by the arrow, is 160 meters (525 feet) long and 40 meters (130 feet) wide.


3.訳者の所感

 NEARシュメーカ探査衛星は故シューメカ博士に因んで最近命名された。 この探査衛星は(1)小惑星Erosと会合し、其の周回軌道に乗せたことにより 宇宙船の制御技術が実証されたこと、(2) 軌道高度50Km程度の位置から 継続的な観測が可能となり小惑星の化学組成や物理的特性が明らかに なったことなど大きな成果が達成されている。
 これらの成果が今後の小惑星やNEAの探求やNEOの脅威が現実となる 時、役立つであろう。
 次のステップは小惑星に軟着陸し具体的なサンプルを持ち帰る宇宙探査 が具現化を期待したい。