[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Jul  16 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年7月16日受付


今週は7月10日にCCNetから配信されたニュースで Torinoスケールの話題を中心にお送りします。

1.目次

 (1)TORINO 縮尺 − 再評価(TORINO SCALE - A REASSESSMENT)
 (2)TORINO スケールの批判を沈静化させる試みは徒労である
 (3)地球に接近する宇宙の岩が偶然発見された。


2.詳細

 (1) TORINO 縮尺 − 再評価(TORINO SCALE - A REASSESSMENT)

   * 配信元: CCNet
   * 著者:ジョナサン Tate (Jonathan Tate)
   * 配信日:7月10日

[日本語要約]

 もしあなたが適切であるとみなすなら、以下の小編は CCNetへの (投稿)を目的としている。それは SGF理事会のメンバー間ですでに 回覧しており、ちょっと波紋を起こさせたいが −私はあまり大きく ならないことを期待しているが。

ジェイ

Torino スケールの代案−再評価、あるいは「完ぺきなものは善人の 敵である」

J.R. Tate 記、イギリス(UK)スペースガード協会

 Torinoスケールが1年以上前にTorino IMPACTシンポジウムで導入 されてから、Torino スケールの運命は二重の軌道の何かに平行して いる様だ。NASA広報の猛烈な(活動)で、Torinoスケールは衝撃 危険を算定することに対する一般的な出版物やメディアに標準的な 参考指標として申し分がない。その間、プロ(天文学者)の仲間内で、 そのスケールは顕著な論争と論議の中心になった。
「 Torinoスケールは役に立たないとか*」 / 「不正確とか*」 / 「紛らわしいとか *"」 (*不適切であれば削除)という非常に多くの おしゃべりがあるが、驚くことに現実的な代替案が提言されていない ことである。これは(次の)2つの理由の1つであろう:

a。 1回も(事実)がない。

b.。 プロ仲間は社会に専門家が発見したことを社会に説明する ことに無頓着である。

 私は前者が本当であると仮定している。

 我々がくよくよ考える必要がない理由(一部、私の過失 )で、 Torinoスケールはその始まり以来、少なくとも2回の適当な機会が あったにもかかわらず、合衆国以外でほとんど使用されなかった。 メディアとの論議がスケールによって提供される以上のより詳細な 記述を必然的に必要としたが、しかし首尾一貫せず、結局混乱した 傾向にあった。

 Torino スケールは改訂されるか、あるいは改善されるか疑う 余地がない。 しかしながら、今日まで多くの個人がそのスケールを批判している にもかかわらず、ただ1件の重要な提案があっただけである。 あなたがたの一部はもしかすると私が今まで取組んでいた Torino スケールの代替案を見たことがないか、読んでいないであろう。私の 提案は、衝撃要因に時間を付加することで、結果的にTorino スケールを修正することにある。Torino スケールがこのような 乗り手(プロ)と一緒に使われるはずであることは今明確である。

 明らかにこの多次元の問題を単純な1(あるいは2)次元システム よる理想的な変換はない。しかし、現在の討論で、社会の認識は我々 ( NEO 共同体)が分裂し、その心(方針)を決められない時に、 我々は利(return)が減少している明らかな位置にきている。我々は いかなるシステムでも絶えずひとひねりして変えることができた。 しかし達成された全てには社会、政治家やメディアからのフラスト レーションと混乱がある。我々はすでに非常に不満足な社会 イメージ(「天文学者は再び彼らの考えを変えて、そして小惑星が 結局地球に衝突しないであろうと言う」)に直面している。そして 常時我々のコミュニケーションシステムを変えること(少なくとも それに近い言葉で)はただ状態をもっと悪くするだけである。

 普通で明確な言葉で潜在的な脅迫についての情報を伝えるという ことが、NEO 共同体と我々が奉仕すると称する社会の最大の利益で あるという私の考えに疑いの余地がない。我々の多くが Torino スケールに反対を声高に主張したが、誰もより良い解決策を思い 付かなかった。だから、それは不完全であるが、我々は自信を 持って、不平を言わずそれを使うべきである。他のものは何でも 良くて社会に害であり、最悪の場合極めて無責任である。

 Torino スケールは評判が良かった。そして NEO 共同体が メディア、社会と緊急サービスに単純な、明確な、そして 効率的なコミュニケーションで団結の感覚を実証する基礎を 提供する。Torino スケールの専門的な出版と世界的なメディア 公開という条件で私は重要な変更そして/あるいは改良が完全に 論じられて、そして出版の前に適切なフォーラムで承認 されるであろうという理解を条件に、今「 Torino スケール」を 受け入れるべきであると信じる。この条項は決して提案をもみ 消すとか、あるいは Torino スケールを「守る」ように意図 されない。しかし単に NEO 共同体の中で混乱、騒動と外見上 明白な無力さを避けるはずである。我々は「顧客」、すなわち 社会とメディアにそのスケールを説明し、使用させることに 最善を尽くすべきである。

 従って私は強く、予測された遭遇に時間(軸)を付加え なければならないという理解で、全体としてNEO共同体に Torinoスケールを受け入れるよう強く促したい。 このことは顧客に現在の衝撃確率の指標を一様にかつ簡単に 解釈することを提供する。従って、結果そのような衝撃事象が 発生しても緩和する行動に時間的余裕がある。

 1年後に、より良い解決案を示すことが出来なければ時間切れ となる。あなたが、この件で私の心を変えようとして、私を 跳び越える前に、次の質問を考慮して欲しい:

a。 あなたはより良い提案を受けとったか?

b。 あなたは世界のマスコミにあなたのがもっと良い 考えであることを確信させることができるか?

 もしいずれかの質問への答えが「ノー」であるなら、NEO 共同体がほとんどユニークな何かをして、そして決定的に 重要性を持っている問題について合意する時期となった。 我々は、今それをするか、あるいは社会の信頼を欠いて、 分裂し、説得力がないグループのままでいて、あるいは これから何年もの間、合意なしで言い争い続けるかの いずれかである。


[原文]

Benny,

The piece below is for the CCNet, if you deem it appropriate. It is already doing the rounds between the members of the Board of Directors of the SGF, and is bound to cause a bit of a stir - though not too much I hope.

Jay

The Torino Scale Alternative - A Reassessment. or "The Perfect is the Enemy of the Good"

By J.R. Tate
Spaceguard UK

Since its introduction more than a year ago at the Torino IMPACT symposium, the fortunes of the Torino Scale have followed something of a twin track. Thanks to a blizzard of NASA publicity the Torino Scale is well on the way to becoming the standard reference for popular publications and the media for assessing the impact hazard. In the meantime, within the professional community the scale has become the centre of significant controversy and discussion. There has been a substantial amount of "the Torino Scale is useless* / inaccurate* / misleading*" (*delete where inapplicable) chat, but surprisingly no realistic alternatives have been produced. This can only be because of one of two reasons:

a. There isn't one.

b. The professional community doesn't care about explaining its findings to the public.

I assume that the former is the case.

For reasons that we need not dwell upon (mea culpa - in part), the Torino Scale has been little used outside the United States, despite the fact that there have been at least two suitable occasions since its inception. Discussions with the media have inevitably involved more detailed descriptions than provided by the Scale, but have tended to be inconsistent and consequently confusing.

There is no doubt that the Torino Scale can be revised or improved. However, there has been only one serious suggestion to date, despite the number of individuals criticising the scale. Some of you may have seen, and possibly even have read the alternative to the Torino Scale that I have been working on. My proposal was, in effect, a modified Torino Scale, with the addition of the time to impact factor. It is now clear that the Torino Scale is to be used with such a rider.

There is obviously no ideal translation of this multidimensional problem into a simple one (or two) dimensional system. However, in the current debate we have reached a clear point of diminishing return when the public perception is that we (the NEO community) is divided and cannot make up its mind. We could continually tweak and change any system, but all that would achieve would be frustration and confusion from the public, politicians and the media. We are already faced by a very unsatisfactory public image ("Astronomers change their minds - again - and say asteroid won't hit the Earth after all") and constantly changing our communication system - at least in the near term - will only make the situation worse.

There is no doubt in my mind that it is in the best interest of the NEO community and of the society that we purport to serve, that we communicate information about potential threats in a common and clear language. Many of us have been vocal in our objections to the Torino Scale, but no one has come up with a better solution. So, imperfect as it is, we should us it with confidence and without complaint. Anything else would be at best a disservice to public and at worst, irresponsible in the extreme.

The Torino Scale has been well publicised, and provides the basis for the NEO community to demonstrate a sense of unity with simple, clear, and efficient communications to the media, public and emergency services. Given the Torino Scale's professional publication and world-wide media exposure I believe that we should now accept the "Torino Scale" as it stands, on the understanding that significant changes and/or improvements will be thoroughly discussed and agreed in the appropriate forum prior to publication. This stipulation is in no way intended to stifle proposals or to "protect" the Torino Scale, but is solely to avoid confusion, turmoil and apparent incompetence within the NEO community. We should all do our best to explain and use the scale to our "customers" - the public and media.

I therefore strongly urge the NEO community as a whole to accept the Torino Scale, on the understanding that the time to a predicted encounter must be added. This will provide our customers with a consistent and easy to interpret indication of the current impact probability, the consequences should such an event occur and the time available for mitigative action.

After a year without any better solutions we are out of time. Before you jump all over me for changing my mind on this, please consider the following questions:

a. Have you got a better suggestion?

b. Can you convince the world's press that yours is a better idea?

If the answer to either question is "no", the time has come for the NEO community to do something almost unique and agree on a matter of crucial importance. We can either do so now, or continue to bicker without agreement for years to come, thereby remaining a divided and unconvincing group, lacking the public's confidence.


(2) TORINO スケールの批判を沈静化させる試みは徒労である
   ATTEMPTS TO SILENCE TORINO SCALE CRITICS ARE FUTILE

   * 配信元: CCNet
   * 著者:ベニーJ Peiser(Benny J Peiser)
   * 配信日:7月10日

[日本語要約]

 ジェイ Tate は NEO 共同体の社会イメージについて心配している。 彼は特に論争の的の「 Torino スケール」に関連し、それが完全な 合意に欠ける限り、社会がこの科学的なグループやあるいはその 発表に対して不信任を持っていると信じている。最近の2個の 小惑星の脅威に関するコメントで、ジェイは「スケールによって 提供される以上のより詳細な記述」でメディアに彼が 「首尾一貫せず、そして結果的に紛らわしい」と考える危険な 情報を用意した研究者を非難する。

 これは地球近傍小惑星( PHAs)2000BF19 と2000EW70 に関し 社会に発表でされた大失敗を論じる適切な場所ではない。しかし、 私はジェイが研究者は単にTorino スケールにメディアや科学 ジャーナリストがどんな追加のコメントも断って参照すべき だけであると期待することは幾分世間知らずであると思う 。

 Torino スケールは科学的な地域共同体が「単純な、明確な、 そして効率的な通信で団結の感覚を証明する」ために道具だと 意図されたかもしれない。真実は、しかしながら、それが一度も 明確な支持を得たことがないことに依然として変わりない。 実際、増加する数の研究者が Torino スケールに固有の欠陥を 嘆いて、顕著な変更と修正を要求した。これら批判家からの 要求で、ジェイがそうするように、彼らが「自信を持って、 苦情なしでそれを使う」べきであることは徒労の動である。 スケールの使用を望まない研究者や同僚を「極めて無責任で ある」と非難することは、私は、完全に不適当で、それ以上 言うのを残念に思う。

 政党活動と対照的に、科学的な討論と研究は公開性、多元的 共存と意見の不一致がシステムの中で相互作用する。これは 科学的な進歩と開発のまさしくその本質である。 なぜ Torino スケールが教義や党の宣言のように扱われるべきで あるか理由がない。 結局、最近の出版物は一般的な評価のために公共の分野に それを持ち込んだ。 現在よりもより広く使用され、受入れ られるか否か、将来だけが告げることができるであろう。

 事実は誰もが彼ら自身の解釈に従って Torino スケールを 使用することが自由ということである。その欠陥の科学的な 批判をもみ消したりその批評にさるぐつわをする試みは、 単に不公平であるだけではなく、科学的な討論と研究の 世界に持ち込んではいけない。


[原文]

Jay Tate is concerned about the public image of the NEO community. He believes that the public has no confidence in this scientific group or its announcements as long as it lacks complete agreement - particularly regarding the controversial "Torino Scale." Commenting on the two last asteroid scares, Jay reprimands researchers who provided the media with "more detailed descriptions than provided by the Scale" dangerous information which he considered "to be inconsistent and consequently confusing."

This is not the right place to discuss the blunders made in the public announcements regarding PHAs 2000 BF19 and 2000 EW70. I do think, however, that Jay is somewhat naive to expect that researchers should only refer the media and science journalists to the Torino Scale - refusing any additional comments furthermore.

The Torino Scale may have been intended as a tool for the scientific community to "demonstrate a sense of unity with simple, clear, and efficient communications." The truth remains, however, that is has never gained unambiguous support. In fact, an increasing number of researchers have lamented the flaws inherent in the Torino Scale and have called for significant changes and revisions. To demand from these critics, as Jay does, that they should now "use it with confidence and without complaint" is a futile exercise. But to accuse researchers and colleagues who do not wish to use the Scale as being "irresponsible in the extreme" is, I regret to say, wholly inappropriate and over the top.

In contrast to party politics, scientific debate and research interact in a system of openess, pluralism and disagreement. This is the very essence of scientific progress and development. There is no reason why the Torino Scale should be treated like a dogma or party manifesto. After all, its recent publication has brought it into the public domain for general assessment. Only the future will tell whether or not it might be more widely used and accepted as it currently is.

The fact is that everyone is free to use the Torino Scale according to their own interpretation. Attempts to stifle scientific criticism of its flaws or to gag its critics are not only unjustified but simply have no place in the world of scientific debate and research.

Benny J Peiser


(3) 地球に接近する宇宙の岩が偶然発見された。

   * 配信元:BBC News(Science-Technology)
   * 著者:デイビッド Whitehouse 博士(BBC News Online science editor)
   * 配信日:2000年7月10日

[日本語要約]

地球の近傍を通過する小惑星族の新しいメンバーが発見された。

宇宙の岩は Fitchburg 、マサチューセッツ州ヒッツバーグの天文家 レオナルド Amburgey氏が7月2日、偶然に発見した。

同氏はコンピュータ制御の望遠鏡に間違った座標を入力し、直径3キロ (1.8マイル)の物体を偶然発見した。

MPCは小惑星に2000NMという一時的な名前を付けた。その小惑星は 地球に脅威を与えない。

天文学者はこの小惑星が過去に発見された最も明るい地球近傍小惑星で あると語った。

プロの(天文学者の)失敗

しかし、それが偶然発見され、現在稼動している半ダースの専門的な 小惑星探査チームが見逃(ミス)したことを心配している。

今のところ、その小惑星は地球から約2千2百万 km (1千3百万マイル) 彼方である。それは8月下旬に太陽に最接近する途上で、7月末に地球の 軌道の内側へ横切るであろう。

小惑星の発見以後、世界中のいろいろな望遠鏡がそのデータを集めている。

天文学者が、その明るさの変化を観測することで、宇宙の岩がどの程度 速く自転しているかというアイデアが得られると期待している。

その軌道の正確な推定はその小惑星が将来地球の近傍を通過する 可能性が高いかどうかを決定するのに役立つであろう。しかしながら、 衝突は起きないであろう。


[原文]

By A new member of the family of asteroids that can pass close to the Earth has been discovered.

The space rock was found by accident on 2 July by astronomer Leonard Amburgey of Fitchburg, Massachusetts.

He typed in the wrong celestial co-ordinates into his computer-controlled telescope and stumbled across the 3-km (1.8 miles) sized object.

The asteroid has been given the temporary designation 2000 NM by the Minor Planet Center in Cambridge, Massachusetts. It poses no threat to Earth.

Astronomers say this is the brightest near-Earth asteroid to be discovered in the past year.

Professional miss

However, they are concerned that it was found by accident and was missed by the half dozen professional minor-planet surveys currently in operation.

At the moment, it is about 22 million km (13 million miles) from Earth. It crosses inside the Earth's orbit at the end of July, on its way to its closest approach to the Sun in late August.

Since the asteroid's discovery, a variety of telescopes from around the world have been collecting data on it.

Astronomers hope that by looking for variations in its brightness they may get some idea of how fast the space rock is spinning.

An accurate estimation of its orbit would also help them determine if it is likely to pass close to the Earth in the future. A collision, however, has been ruled out.


3.訳者の所感

 Torinoスケールは昨年6月華々しく登場したものの、実際に適用される局面で 低調である。そして専門家の間で色々議論がなされている。今回のニュースは このような状況を反映しており、(1)の記事はTorinoスケールを時間軸などある 程度修正を加え、NEO共同体がそれを受け入れるよう求めている。  (2)の記事科学の研究に枠をはめるべきでないとして、(1)の反証である。 これをきっかけにより多方面から議論が活発化して、より建設的な位置に 落ち着くことを期待したい。  (3)の”地球に接近する宇宙の岩が偶然発見された”の記事はプロの 観測網にも盲点があって、地球に近づく小惑星を見落とすことがあるという 警鐘である。観測体制の充実に伴ってこういうケースは少なくなると 思いますが、アマチュアとの相互補完が必要であることの実証であろう。