[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Jul  18 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年7月18日受付


今週は7月14日にCCNetから配信されたニュースで Torinoスケールの話題を中心にお送りします。

1.目次

 (1) Torinoスケール論争は継続する:「社会目から科学的批判を遠ざけなさい」
 (2) 科学界は統一されたイメージを提示するべきである
 (3) 議長の書簡:


2.詳細

(1) Torinoスケール論争は継続する:「社会目から科学的批判を遠ざけなさい」。
   THE TORINO SCALE CONTROVERSY GOES ON('KEEP SCIENTIFIC CRITICISM OUT OF PUBLIC EYE!')

   * 配信元:CCNet
   * 著者:アンディー Nimmo
   * 配信日:2000年7月14日

[日本語要約]

親愛なる Peiser 博士、

新しいイギリス(UK)スペースグループで宇宙開発評議会(8つのグループの混成チームのUK親(Pro-)宇宙対議会活動を調整する目的の組織)の議長として、私は、宇宙からの危険を考慮する限り、Torinoスケールをより一般的に使用させるジェイ Tate の申立ての弁護に飛び込まなければならないと感じている。 ジェイはスケールの科学的な批判の終了を要求していないし、それ以上の修正も同様要求していない。 彼が要求していることは もしより良い案が無いか利用できるようになるまで そのスケールのより一般的な使用のためである。

もし社会宣言が可能な限り単純かつ簡単明瞭にしてくなら、それは確かに政治家、ジャーナリストなどに対応している人たちに大きな助けとなる。 科学的意見の不一致は、新しいかより良いスケールが開発されるまで、科学界の中に留めるべきで、しかし同時に、公衆に対し可能な限り同じ立場を保持し、そして社会の意識に無用な混乱を避けるべきである。

このように混乱している状況はそれより先の科学調査の資金確保が遅れる原因となり、そしてもし何かなら、潜在的に危険なイベントを阻止するか、あるいは更に多くを見つけるかなど、何をすべきかについて政治家に決定をもたらすことである。

敬具


[原文]

Dear Dr Peiser,

As chairman of the new UK space group, the Space Development Council, an amalgam of 8 groups for the purpose of co-ordinating UK pro-space lobbying, I feel I must jump to the defence of Jay Tate's plea for a more general use of the Torino Scale as far as astro-hazards are concerned. Jay is not calling for an end to scientific criticism of the Scale, nor for no further modification of it. What he is calling for is for more general use of the Scale unless or until a better scheme becomes available.

It certainly would be a great help to those of us trying to deal with politicians, journalists etc., if public pronouncements were kept as simple and straightforward as possible. Let us keep the scientific disagreements within the scientific community - whereby new and better scales can be developed, but at the same time, keep as uniform a position as possible in public, and thereby avoid unnecessary confusion in the public mind.

All such confusion does is cause delays in granting funds for further scientific investigations, and in politicians decisions as to what, if anything, to do to find out more or prevent potentially hazardous events.

Yours sincerely,


(2) 科学界は統一されたイメージを提示するべきである
    SCIENTIFIC COMMUNITY SHOULD PRESENT UNIFIED IMAGE

   * 配信元:CCNet
   * 著者:リチャード・A・コワルスキー(Richard A. Kowalski )
   * 配信日:2000年7月14日

[日本語要約]

ベニーとジョナサン殿

NEO と小惑星の共同体に係る社会の認識で私の主な心配は衝撃体から可能性のある危険を記述する共通の「スケール」を使うことができないだけでなく、しかし我々の共同体の政治について我々の「汚い洗濯物」を空気にさらし続けることである。

私は Torinoスケールが教義や党の宣言のように扱われるべきでないということに同意する。しかし我々が持っているこの「小さい戦争」は純粋で単純な政治であり、そしてそれは恥じである。

ジョナサンは我々がその一周年記念日が近付くにつれて、 Torinoスケールに代案がなかった理由を尋ねている。 CCNet上のあなた回答で、あなたは代案を用意しなかったことや、あるい読者に既存の選択肢を指示しなかった。

たとえ限定された範囲で天文学的な事柄を地域社会を教育する小さい努力をしている誰かとして、私は Torinoスケールがどのように複雑であっても、私に連絡してきた人々に衝突の脅威を説明するのに使用することに少々失望した。
科学者はどちらかと言えば簡単なことを過剰に分析し一般社会にいくつかの事を簡潔に説明しないことを発見した。 私は要約されていない Torinoスケールがこの基準を合っていると言う。 しかしながら、私がそれを廃棄することを意味しない、しかしその代わりに私は論議の基盤にそれを使用している。

すぐに頭をよぎるスケールの2つの単純化した物すべてが警告の主要な3レベルを含めており、それは Binzel のスケールに一致する。
緑、黄色や赤あるいは文字で「心配に及ばず」、「注意」、そして最後に「さようならのキスを」がある。 第二に、もちろん、からかい半分であるが、人はあなたの聴衆のために論議を Taylor できることを示す。

私は我々が NEO 研究者が何の研究をして、何を発見したのかについてより統一したイメージを提示することが必要であるというジョナサンに同意する。

私が潜在的な衝撃体( MPMLや CCNetに掲示された記事に基づいて)に関する地方紙の記事を読んで悲しくなる。そしてほとんどの記事が我々NEO共同体が NEOs とそれらを発見しようとする我々の努力の代わりに内部で我々自身の問題を扱えない無力さに焦点をあてている。

その批判家の誰もが実用的な代案を思い付かなかったので、 Torinoスケールを受け入れる時期である。

− リチャード・コワルスキー
マイナーな惑星メーリングリスト


[原文]

Benny and Jonathan,

My main concern with the public's perception with the NEO and minor planet community is not that we can't use a common "scale" to describe any possible danger from an impactor, but that we continue to air our "dirty laundry" about the politics of our community.

I agree that the Torino Scale should not be treated like a dogma or party manifesto, but this "little war" we are having is politics, pure and simple and that is a shame.

Jonathan asks why there has been no alternative to the Torino Scale as we approach it's one year anniversary? In you response on CCNet, you do not provide an alternate or direct your readers to any existing alternatives.

As someone who has made some small effort to educate the local public on things astronomical, even with only a limited scope, I was a bit disappointed at how complex the Torino Scale was for me to use to explain the collision threat to those who contact me. I have found that professional scientists often "over analyze" rather simple things or do not explain couple things simply for the general public. I would say the unabridged Torino Scale meets this criteria. However, that does not mean I would junk it, but instead I use it as the basis for my discussions.

Two simplifications of the scale that immediately come to mind all involve three major levels of alert, which match Binzel's scale. Green, Yellow and Red or even the text "Don't worry about it", "Pay Attention" and finally "Kiss your ass good-bye". The second one is of course, tongue in cheek, but shows that one can taylor the discussion for your audience.

I do agree with Jonathan that we do need to present a more unified image of what we as NEO researchers are doing and what we are finding.

It's sad when I read a local newspaper article about a potential impactor (which was based on a post from MPML or CCNet) and the majority of the article focuses on our communities inability to deal with our own problems internally instead of NEOs and our efforts to find them.

It is time to accept the Torino Scale since none of it's critics have come up with a working alternative.

Richard Kowalski
Minor Planet Mailing List


(3) 議長の書簡(MODERATOR担 NOTE)

   * 配信元:CCNet
   * 著者:ベニー・ペイサー(Benny J Peiser)
   * 配信日:2000年7月14日

[日本語要約および原文]

これまでのところ、出版された Torinoスケールの科学的な批判に興味を持つ 読者は以下の Web サイトで反論と修正の提案を見ることができる:
Readers interested in the scientific criticism of the Torino Scalewhich has been published so far, can find the objections and suggestions for revision at the following web sites:

(a) マイケル・ペイン(Michael Paine)
 もし洗練されないなら、 Torinoスケールは信頼を失うかもしれない。

 TORINO SCALE MIGHT LOSE CREDIBILITY IF NOT REFINED
 http://abob.libs.uga.edu/bobk/ccc/cc072399.html

(b) ジェーンズ - オルセン(Jens Kieffer-Olsen)
 危機のスケールは衝撃の前にリードタイムを明らかにする。

 HAZARD SCALE SHOULD ALSO ACCOUNT FOR LEAD TIME BEFORE IMPACT
 http://abob.libs.uga.edu/bobk/ccc/cc082399.html

(c) ロバート・ロイ Britt(Robert Roy Britt)
 Torinoスケール:役割調査で大惨事の基準。

 TORINO SCALE: DISASTER YARDSTICK IN SEARCH OF A ROLE
 http://explorezone.com/archives/99_11/04_torino_scale.htm

(d) ブライアン マースデン(Brian Marsden)
 Torinoスケールの可能な救済策。

 POSSIBLE REMEDIES FOR THE TORINO SCALE
 http://explorezone.com/archives/99_11/10_marsden_comment.htm

(e) ジョアキン・ペレス(Joaquin Perez)
 Torinoスケールは傷物である。

 TORINO SCALE IS FLAWED
 http://abob.libs.uga.edu/bobk/ccc/cc042600.html

(f) ジェイ テート(Jay Tate)
 Torinoスケール − 実用的な代案。

 THE TORINO SCALE - A WORKING ALTERNATIVE
 http://abob.libs.uga.edu/bobk/ccc/ce050200.html

(g) アライン・モーリ(Alain Maury)
 多くのスケールか、あるいは私が決して Torinoスケールを使用しない理由。

 MORE SCALES, OR WHY I WILL NEVER USE THE TORINO SCALE
 http://abob.libs.uga.edu/bobk/ccc/cc050800.html


3.訳者の所感

 Torinoスケールについては色々な論評がなされています。今回は7月14日付けの CCNetからの論評を紹介しました。これらの論評では問題があっても代替案が 無ければとりあえず使ってみようと言う意見です。
 議長の書簡で紹介されております論評についても(c)及び(d)は1999年12月13日付けの スペースガードニュースに紹介されており、併せてご参照ください。他の論評についても 逐次取上る予定です。
 尚、トリノスケールのニュースについて1999年9月16日(P1)及び1999年8月6日付けの スペースガードニュースでも取上げております。