[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Aug  10 )


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年8月10日受付


今週はNASAなどから配信されたニュースでNEAの探索数が中間点に達したこと、日米共同の小惑星探査計画MUSES-Cの再スケジュールと目標小惑星が決定されたこと、及びLinearすい星分裂の続報をお送りします。

1.目次

 (1) 殺人小惑星の探索がマイルストーンに達した
    (Killer Asteroid Hunt Reaches a Milestone)
 (2) ひょいと跳ぶ探査車:2002年に新しい小惑星に向かう
    (Hopping Rover: Bound for New Asteroid in 2002)
 (3) 日本と合衆国の共同ミッションに新しい小惑星の目標を選ぶ
    (NEW ASTEROID TARGET CHOSEN FOR JAPANESE-U.S. MISSION)
 (4) ハッブルはLINEARすい星の欠けている部分を発見
    (HUBBLE DISCOVERS MISSING PIECES OF COMET LINEAR)
 (5) JACOBUS KAPTEYN 望遠鏡は LINEARすい星の死を観測する
    (THE JACOBUS KAPTEYN TELESCOPE OBSERVES THE DEATH OF COMET LINEAR)
 (6)  LINEARすい星が行ってしまう。 しかし全くいなくなった訳ではない!
    (COMET LINEAR: GOING, GOING... BUT NOT QUITE GONE !)


2.詳細

  (1) 殺人小惑星の探索がマイルストーンに達した
    (Killer Asteroid Hunt Reaches a Milestone)

    * 配信元:Space.comからダウンロード
    * 著者:マイケル・ペイン(By Michael Paine), SPACE.com 特別号
    * 配信日:2000年8月7日

[日本語要約]

 NASAの科学者によれば、地球に衝突する可能性がある大きな小惑星の捜索は マイルストーンに達した。巨大な宇宙の岩の約半分が発見されたと推定される。

 NASAの目標は2009年迄に1000ヤード(1キロ)より大きな「地球近傍小惑星 (NEA)」の90パーセントを発見することである。最近、発見率は劇的に改善 された。 NASAが公表した数字で、ニューメキシコの LINEAR システムが 発見統計値を独占している。

 地球近傍小惑星(NEA)は地球と同じ領域で太陽を公転する。多くの場合、 軌道は相当細長く、火星と木星の間の小惑星ベルトの外まで広がっている。 最近の推定では直径で0.6マイル(1キロ)より大きな物体が約900個ほど あることを示唆している。この大きさの宇宙岩との衝突で文明が破壊されるで あろう。今週配信された電子メールニュースレターで、NASAのデイビッド・ モリソンは410個の大きなNEAが発見されていると報告している。彼はこの数値が 丁度中間値を過ぎたことを指摘し、彼は810個の大きなNEAが発見されたとき、 90パーセントの目標が達成されると想定しいる。

 発見済みの物体の数で評価すると、中間点であろう。しかしこれはその目標に 達するに要する時間の尺度と同じでない。発見率のグラフはこの目標が2009年 までに達成されることを示唆しているが、残っていて容易に発見できるNEAが 発見された後、その仕事がより難しくなりそうでる。グラフの目標値を 保持するのに、より多くの望遠鏡が必要とされよう。

 マイルストーンに達したという主張は科学者から入り混ざった反応が出てくる ことが予想される。同様に、小さなNEAや高速で移動するすい星も脅威である。 直径が丁度200ヤード(180m)のNEAの衝突は小国家を破壊し、数ヶ月間地球規模の 気候を変動させ、グローバルに経済を停滞させるであろう。

 今年のはじめに、NASAのドン Yeomans が「現在の[NASA]計画は大きなものを まず発見することで、次に検出技術が改善されれば、より小さな物体に探査範囲を 拡大できる」と SPACE.com に語った。

 しかし、それは残っている脅威のある物体を率の高い割合で発見するには主要な 国際的努力にある。科学者は発見したものをフォローアップすることと、それを 見失わないように保証する主要な国際的プログラムが欠如していることを心配して いる。 天文学者ダンカン・スティールの言葉で、 「それは干し草の山の中に針を投げ返すようである」。


[原文]

According to NASA scientists, the hunt for large asteroids that might collide with Earth has reached a milestone -- it is estimated that about half of these giant space rocks have now been found.

NASA's goal is to find 90 percent of "Near Earth Asteroids" larger than 1000 yards (1 kilometer) by 2009. In recent years the discovery rate has improved dramatically. In figures just released by NASA, the LINEAR system in New Mexico still dominates the discovery statistics.

Near Earth Asteroids (NEA) orbit the sun in the same region as Earth. But in most cases, the orbits are highly elongated and stretch out to the asteroid belt between Mars and Jupiter. Recent estimates suggest there are about 900 of these objects larger than 0.6 mile (1 kilometer) in diameter. A collision with a space rock of this size could destroy civilization. In an e-mail newsletter posted this week, David Morrison from NASA reports that 410 large NEAs have now been found. He points out that this is just past the halfway mark -- assuming that the 90-percent goal is achieved when 810 large NEAs have been found.

This may be a halfway point when measured by the number of objects discovered, but this is not the same as measuring the time it takes to reach the goal. Although the graph of discovery rate suggests this goal can be achieved by 2009, the task will become more difficult once the remaining easily-detected NEAs have been found. More telescopes will probably be needed to keep the graph on target.

The claim that a milestone has been reached is expected to draw a mixed reaction from scientists. Also, smaller NEAs and fast-moving comets are also still a threat. A collision by a NEA just 200 yards (180 meters) across could devastate a small country, disrupt global weather for months and, perhaps, bring down the global economy.

Earlier this year NASA's Don Yeomans told SPACE.com: "The current [NASA] plan is to find the big ones first, then as the detection technology improves, extend the search to smaller and smaller objects."

But it would likely take a major international effort to find a good proportion of the remaining threatening objects. Scientists are concerned about a lack of a major international program to follow-up on discoveries and to ensure they are not lost. In the words of astronomer Duncan Steel, "It is like throwing the needles back into the haystack."


(2) ひょいと跳ぶ探査車:2002年に新しい小惑星に向かう。
   (Hopping Rover: Bound for New Asteroid in 2002)

   * 配信元: NASA
   * 著者:アンドリュー・ブリッジィズ(Andrew Bridges) space.com
   * 配信日: 2000年8月3日

[日本語要約]

 パサディナ、 Calif. 発 − 打上げの遅れが小惑星と前例がないドッキングを しようとしている日本とアメリカ共同のミッションに新しい目標の選定を強制 した。そこで宇宙船は地球に持ち帰るため岩石のサンプルを集め、その表面を 歩き回るごく小さな探査車を放出するであろう。

 Muses Cミッションの発射日は、立案者に宇宙船の新しいの最終目標に小惑星 1998 SF36に照準を確定させるよう促し、2002年11月か12月にずれ込んだ。  「変更は重要で、その意味で、到着日は2005年9月にずれ、6カ月間滞在する かわりに、丁度ちょうど3カ月間に短縮するであろう」、と、NASAのジェット 推進研究所( JPL )、NASA部プロジェクトのマネージャー、 ドナルド Yeomans 、 が語った。

 全体のストリーは以下のWebを参照してください:
http://www.space.com/scienceastronomy/solarsystem/muses-c_asteroid_000803.html


[原文]

PASADENA, Calif. - A launch delay has forced the selection of a new target for a joint Japanese-U.S. mission that will make an unprecedented docking with an asteroid, where the probe will gather rock samples for return to Earth and release a tiny rover to roam its surface.

The launch date for the Muses C mission has now slipped to November or December 2002, prompting planners to fix their sights on the asteroid 1998 SF 36 as the spacecraft's new target destination.

"The change is significant, in the sense the arrival date also slips to September 2005 and we'll stay not six months but just three months," said Donald Yeomans, of NASA's Jet Propulsion Laboratory (JPL), project manager for the NASA portion of the mission.

Full story here:
http://www.space.com/scienceastronomy/solarsystem/muses-c_asteroid_000803.html


(3) 日本と合衆国の共同ミッションに新しい小惑星の目標を選ぶ
   (NEW ASTEROID TARGET CHOSEN FOR JAPANESE-U.S. MISSION)

   * 配信元:NASA
   * 著者: メディア関係オフィス(JPL)
   * 配信日:2000年8月7日

[日本語要約]

 日本の宇宙開発事業団(ISAS)とNASAが小惑星を探査し、地球に そのサンプルを持帰る共同の事業であるMUSES-C プロジェクトはその 小惑星の目標と発射日時が変えられたと発表した。

 2002年11月か12月に打上げて、2005年9月に小惑星に到着及び2007年 6月に地球に帰還する予定である。以前の計画では2002年7月に打上げ、 2003年に目標に到着、そして2006年6月に地球に帰還が組まれていた。

 新しい目標は小惑星1998 SF36である。NASA組立ての科学的搭載 機器は科学データを集め、日本の宇宙船に送信する探査車である。 宇宙船は小惑星のサンプルを集めて地球に帰るであろう。ISASが 組立てる宇宙船は3カ月間小惑星に留まるであろう。

 打上げ期日とそれに続く目標小惑星の変更はMUSES ミッションを 宇宙に運ぶ日本のMV打上げ用ロケットを準備する遅れに起因する。

 軌道周期が約1.5年の小惑星1998 SF36 が2001年3月29日に地球の 640万キロ(4百万マイル)に、更に2004年6月25日に約209万キロ メートル(130万マイル)以内に接近する。大規模な地上観察の キャンペーンが小惑星のおよその大きさ、形、自転状況、及び表面 特性を決定するため、そのような大接近の時期に計画される。

 パサディナにあるNASAのJPLはMUSES-CNと呼ばれるミッションの アメリカ側を管理している。 ISASの役割には探査車と種々の支援 サービスが含まれる。(「 MUSES-C 」は Mu Space Enginearing Spacecraft C型を表し、「N」がNASAの意味である)。JPL MUSES-CN プロジェクトは同じくNASAのエームズ・リサーチ・センターで MUSES-C 再突入断熱材のテストの手配をした。JPL はNASAの遠距離 宇宙(深宇宙)通信網で同じく宇宙船の補助的な追跡の手はずを整え、 そして宇宙船を小惑星に誘導する支援であう。 日本とアメリカの科学者は小惑星の調査とサンプルの持帰を共同で作業 するであろう。

 詳細はここ参照してください。
http://www.jpl.nasa.gov/facts/muses.pdf

 MUSES CN はパサディナにあるJPLがNASA航空宇宙局に代って 管理している。JPL はカリフォルニア工科大学の一部である。


[原文]

The MUSES-C project, a joint effort of Japan's Institute of Space and Astronautical Sciences (ISAS) and NASA to explore an asteroid and return a sample to Earth, has announced that the asteroid target of the project and the launch date have been changed.

The launch is now slated for November or December 2002, arrival at the asteroid in September 2005 and return to earth in June of 2007. Its previous schedule included launch in July 2002, arrival at its previous target in 2003, and return to Earth in June 2006.

The new target is the asteroid 1998 SF36. The NASA-built science payload is a rover that will gather and transmit science data to the Japanese spacecraft. The spacecraft will then gather and return to Earth samples of the asteroid. The ISAS-built spacecraft will stay at the asteroid for three months.

The launch date and subsequent target asteroid changes are due to delays in the provision of the Japanese MV launch vehicle, which will carry the MUSES mission to space.

Asteroid 1998 SF36, whose orbital period is about 1.5 years, will approach to within 6.4 million kilometers (4 million miles) of the Earth on March 29, 2001 and to within about 2.09 million kilometers (1.3 million miles) on June 25, 2004. Extensive ground-based observing campaigns will be planned near these close approach times to determine the asteroid's approximate size, shape, rotation state, and some surface characteristics.

NASA's Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif., is managing the U.S. portion of the mission, which is called MUSES- CN, and includes the rover and various support services for the ISAS mission. ("MUSES-C" stands for Mu Space Engineering Spacecraft C, "N" refers to NASA.) The JPL MUSES-CN project has also arranged for the testing of the MUSES-C reentry heat shield at NASA's Ames Research Center, Moffett Field, Calif. JPL will also arrange for supplemental tracking of the spacecraft by NASA's Deep Space Network, and will assist in navigating the spacecraft to the asteroid. Japanese and U.S. scientists will collaborate on the investigations of the asteroid and the returned samples.

For more information, see http://www.jpl.nasa.gov/facts/muses.pdf .

MUSES CN is managed for NASA's Office of Space Science by the Jet Propulsion Laboratory, Pasadena, Calif. JPL is a division of the California Institute of Technology in Pasadena.


(4) ハッブルはLINEARすい星の欠けている部分を発見
   (HUBBLE DISCOVERS MISSING PIECES OF COMET LINEAR)

   * 配信元 : NASA
   * 著者: マイケル Purdy (Michael Purdy)
   * 配信日:2000年8月7日

[日本語要約]

 NASAのハッブル宇宙望遠鏡は、7月26日に太陽の周りを通過した後、 天文学者が早々に考えていた LINEARすい星の固体核が完全に崩壊の後に 残った「ミニすい星」の小さい艦隊を発見した。
 以前からすい星がばらばらに壊れて、消滅することが知られていたが、 初めて天文学者は太陽に暖められることによってすい星核を解体している クローズアップした光景を得ている。 結果はすい星核が実際に 「 cometesimals 」と呼ばれる小さい氷で覆われた物体の集まりで 構成されているという一般的な理論を支持している。
 すい星の分裂は科学者にそれがどう組立てられるているのかを告げている。 すい星の基本的なビルディング・ブロック(構成要素)、 cometesimals 、は 初期の太陽系でほこりのミクロンサイズの粒子から作られた。

 以下に詳細を掲示
http://oposite.stsci.edu/pubinfo/pr/2000/27


[原文]

NASA's Hubble Space Telescope has discovered a small armada of "mini-comets" left behind from what some astronomers had prematurely thought was a total disintegration of Comet LINEAR's solid nucleus, following its passage around the Sun on July 26. Though comets have been known to break apart and vanish before, for the first time astronomers are getting a close-up view of the dismantling of a comet's nucleus due to warming by the Sun. The results support the popular theory that comet nuclei are really made up of a cluster of smaller icy bodies called "cometesimals". The breakup of a comet tells scientists how it is assembled. Its fundamantal building blocks, the cometesimals, were built up from micron-sized grains of dust in the early solar system.

Read more on:
http://oposite.stsci.edu/pubinfo/pr/2000/27


(5) JACOBUS KAPTEYN 望遠鏡は LINEARすい星の死を観測する
   (THE JACOBUS KAPTEYN TELESCOPE OBSERVES THE DEATH OF COMET LINEAR)

   *配信元: ”アイザック・ニュートングループの望遠鏡”の発表をNASA経由で配信
   *著者: Dr.マーク Kidger (Dr. Mark Kidger)
   *配信日: :2000年7月28日

[日本語要約]

 カナリー諸島、ラパルマ天文台の口径1メートルの Jacobus Kapteyn 望遠鏡で異る広域フィルターで7月23日以来なされた毎夜の観測で 今年 最も明るいLINEARすい星の核が完全に破壊されているような兆候を示た。

 Instituto de Astrofisica de Canariasのマーク・ Kidger 博士が Jacobus Kapteyn 望遠鏡からの結果を報告する。「中央の濃い部分が 非常に圧縮され、その明るさが2晩で約3ファクター減少し、7月23日と 24日の夜、典型的な「滴」型を示した。7月25日の夜には、奇妙な何かが すい星に起きていた。中央の濃い部分は強く引伸ばされて、非常に平坦な 輝きの分布が見られた。濃い部分の明るさがより薄れていき、その長さが 翌日の夜に増大した。7月27日に、副核の存在を示す局部的な輝のいかなる 証拠もなかった。」

 言い換えれば、それは1993年にシュメーカ・レビ第9彗星に起きた様に 個々の破片に壊れたようには見えない。代わりにそれが完全に破砕された。

 濃い部分の膨張速度は約毎秒40メートルで、ガスでなく、固体粒子で あることを示しいる。7月23日と24日の間に事実上見えなくなったガスの 尾は中央の濃い部分の主軸を引き伸ばしたように再編された。

 それが正式な天文名称で呼ばれるすい星 LINEAR 、又はC/1999 S4 (LINEAR)は自動LINEAR小惑星調査の副産物である。 昨年9月、このすい星は木星ほどのはるか遠くに発見され、7月26日に 太陽から1億1400万キロ、7月22日には地球から5千6百万キロを通過した。 すい星 LINEAR はそれが内部太陽系を通ってその最初の経路を描くことを 意味する「新しい」すい星である。新しいすい星の表面はほこりを混ぜた 二酸化炭素のような非常に揮発性の高い氷の非常に薄く、壊れやすい層に よって完全に覆われていると信じられている。

 発見時に、LINEARすい星がその相対的な明るさと太陽から非常に遠かった 事から肉眼で見られる明るさに達する可能性が高い候補と見なされた。 新すい星は特に何カ月も前から、その光度曲線の動きを考える限り予測が 悪名高く難しい。

 現在すい星 LINEAR はおおぐま座からしし座へ南に向っている。夕方の 薄明りにもよるが、それは北西の地平線上に約20度にある。肉眼で見え ないが、すい星は地平線下に沈むであろう8月の第2週まで北の空にあり 続けるであろう。 Jacobus Kapteyn 望遠鏡の観測はすい星が短い時間で 死でいき、数日以内に完全に見えなくなることを示唆している。

 Jacobus Kapteyn 望遠鏡はすい星核の性質とそれらの構造に願わくば 新しい洞察を与え、次の数夜にその崩壊を観測し続けるであろう。

 Jacobus Kapteyn 望遠鏡はアイザック・ニュートングループ( ING ) 望遠鏡の一部である。

マーク Kidger 博士

(註) LINEARすい星の写真は以下のWEBに掲示されています。
  * ING ホームページ: http://www.ing.iac.es/PR/press/ing200.html
  * Mark Kidger博士のすい星のWEB : http://www.iac.es/galeria/mrk/
  * LINEARすい星のWEB : http://www.cometlinear.com


[原文]

Nightly observations made since July 23 in different broadband filters with the 1-m Jacobus Kapteyn Telescope on La Palma, Canary Islands, Spain show what appears to be the complete disruption of the nucleus of comet LINEAR, the brightest comet of the year.

Dr. Mark Kidger, Instituto de Astrofisica de Canarias reports from the Jacobus Kapteyn Telescope: "The central condensation was highly condensed and showed the typical 'teardrop' form in the evening of July 23rd and July 24th, although its brightness decreased by a factor of about 3 between the two nights. In the evening of July 25th something very odd was happening to the comet: the central condensation was seen to be strongly elongated, with a very flat brightness distribution. The condensation's brightness faded further and its length increased on the following nights. On July 27 there was no evidence of any local brightness peaks that would indicate the presence of sub-nuclei."

In other words, it does not appear to have broken into individual fragments in the way that Comet Shoemaker-Levy 9 did in 1993. Instead, it has completely blown apart.

The expansion velocity of the condensation is about 40 m/s, indicating that it is solid particles and not gas. The gas tail, which virtually disappeared between July 23rd and 24th, has reformed as an extension of the major axis of the central condensation.

Comet LINEAR, or C/1999 S4 (LINEAR) as it is called in correct astronomical nomenclature, is a by-product of the automated LINEAR minor-planet survey. Discovered nearly as far out as Jupiter last September, this comet passed 114 million kilometres from the Sun on July 26 and only 56 million kilometres from Earth on July 22. Comet LINEAR is a "new" comet which means that it is making its very first passage through the inner solar system. The surfaces of new comets are believed to be covered almost completely by a very thin, fragile layer of highly volatile ices such as carbon dioxide intermixed with dust.

When discovered, Comet LINEAR was immediately regarded as a candidate likely to reach naked eye visibility based on its relative brightness and large heliocentric distance. New comets though are notoriously difficult to predict as far as their light curve behaviour is concerned, particularly many months in advance.

At present Comet LINEAR is diving southward from the constellation Ursa Major into Leo. It will be about 20 degrees above the west-northwest horizon as evening twilight deepens. Although not visible to the naked eye, the comet will continue to be in northern skies until the second week of August, when it will dip below the horizon. The observations with the Jacobus Kapteyn Telescope suggest though that the comet is dying very quickly and may disappear completely within a few days

The Jacobus Kapteyn Telescope will continue to observe its disintegration over the next few nights, hopefully giving new insights into the nature of comet nuclei and their structure.

The Jacobus Kapteyn Telescope is part of the Isaac Newton Group of Telescopes (ING). The ING is an establishment of the Particle Physics and Astronomy Research Council (PPARC) of the United Kingdom and the Nederlandse Organisatie voor Wetenschappelijk Onderzoek (NWO) of the Netherlands. Apart from the Jacobus Kapteyn Telescope, the ING also operates the 4.2 metre William Herschel Telescope and the 2.5 metre Isaac Newton Telescope. The telescopes are located in the Spanish Observatorio del Roque de Los Muchachos on La Palma which is operated by the Instituto de Astrofisica de Canarias (IAC).

Location: http://www.ing.iac.es/PR/press/ing200.html
Other web sites:
Mark Kidger's comet web pages: http://www.iac.es/galeria/mrk/
Comet LINEAR's web pages: http://www.cometlinear.com


(6) LINEARすい星が行ってしまう。 しかし全くいなくなった訳ではない!
   (COMET LINEAR: GOING, GOING... BUT NOT QUITE GONE !)

   * 配信元:”アイザック・ニュートングループの望遠鏡”の発表をNASA経由で配信
   * 著者:Dr. Mark Kidger
   * 配信日:2000年8月4日金曜日

 Jacobus Kapteyn 望遠鏡によるLINEARすい星の継続的な監視はすい星が 太陽に接近したので、それが崩壊したことを示した。より大口径の アイザック・ニュートン望遠鏡から最新で、最良のイメージは、 どのように、なぜすい星が崩壊したかということについて我々に 最も明確な考えを与えた。

 以前は完全に正常に見えていたが、7月25日夜、すい星は素早い変身を 経験するためと見られた。当初は小型のすい星核ははっきりせず、引伸ば され、よりかすかな物体に変化した。これはすい星の破壊の理由について、 多くの推測を引き起こした。ラパルマ(La Palma )天文台のアイザック・ ニュートングループの望遠鏡やその他望遠鏡でさらなる観測は最初の 発見を確認し、すい星の破壊の理由について、核のすべての氷が蒸発した という新しい洞察を提供した。

 すい星核が氷のセメントで固められて、種々のサイズのもつ物質が 固まった混合体でである。すい星が太陽系を横切る旅の間に太陽の近を 通過するとき、氷の要素(主に水の氷と一酸化炭素の氷)が昇華し、 背後にすい星のほこりの尾を形成する緩く結合した素材を残し、他方 昇華した氷はそのガス状の尾を形成する。このプロセスの結果や、 木星のような惑星や太陽から強力な重力の引きが原因で、すい星核が 時折2個かそれ以上の破片に分解する。しかし、すい星 LINEAR の ケースで見られたものは異なっていた。

 すい星 LINEARの最近一連のイベントが説明する画像の解析から、 マーク Kidger 博士は、この小さなすい星が全体的に見て恐らく氷を使い 果たし、宇宙に徐々に飛散する粒子が緩く結び付いた塊を後に残した、と 結論した。測定(結果)はすい星の活動が、氷が徐々に昇華するにつれて、 ここ数週間低下していたことを示したので、このモデルは観測とよく 一致している。すい星が太陽に最接近した間に、爆発活動が記録された。 そして、全の氷が使い果たされ、そして固体を保持するものが無くなった とき、すい星の核はばらばらに壊れ始めた。

 分裂後2.5メートルのアイザック・ニュートン望遠鏡で撮影された 最新の画像には、すい星の元核を示す徴候が無く、直径数メートル以上の いかなる活動的な副核も存在していないことを示している。残っている 核の大きな残留物は際立って昇華しないか、さもなければそれらは既に これらのイメージで検出されたであろう。これは Kidger 博士が提案した 一連のイベントが裏付けている。他のすい星も消滅することが知られて いる。しかしすい星 LINEAR はその行動が捉えられた初のすい星である。

 すい星 LINEAR は多くの人々に壮観な夜の光景にならなかったが、天文 学者にすい星の死として描かれる重要で、ユニークな現象を提供した。

(註) LINEARすい星の写真は以下のWEBに掲示されています。
  * ING ホームページ: http://www.ing.iac.es/PR/press/ing200.html
  * LINEARすい星のコマ: http://www.ing.iac.es/PR/press/ing300.html
  * LINEARすい星の尾: http://www.ing.iac.es/PR/press/ing300.html


[原文]

Continuous monitoring of Comet LINEAR by the Jacobus Kapteyn Telescope showed that it was disintegrating as it approached the Sun. The latest and best images from the larger aperture Isaac Newton Telescope now give us the clearest idea so far of how and why the comet disintegrated.

Having previously appeared completely normal, on the night of July 25th the comet was seen to undergo a rapid change. The initially compact comet nucleus evolved into a fuzzy, extended and much fainter object. This caused much speculation as to what the reason for the disruption of the comet might be. Further observations with the telescopes of the Isaac Newton Group at the Roque de los Muchachos Observatory, La Palma, Spain as well as telescopes elsewhere have confirmed the initial discovery and provided new insight into what the reason for the comet disruption could be: the evaporation of all the ice in the nucleus.

Cometary nuclei are a mixture of solid lumps of material of various sizes, held together by a cement of ices. When comets pass close to the Sun during their journey across the solar system the icy elements (mainly water ice and carbon monoxide ice) sublime, leaving loose material behind that forms the dust tail of the comet, while the sublimed ice forms its gas tails. As a result of this process, or due to the strong gravitational pull from a planet such as Jupiter, or from the Sun, a comet nucleus may sometimes split into two or more fragments. What was seen in the case of Comet LINEAR, however, was different.

From analysis of the images that lay out the recent sequence of events for Comet LINEAR, Dr. Mark Kidger from the Spanish Instituto de Astrofisica de Canarias concludes that this small comet probably ran out of ice altogether, leaving behind a loose conglomerate of particles that are now gradually dispersing into space. This model fits the observations well, as measurements have shown that the activity of the comet had been declining for several weeks as ice gradually sublimed away. During the comet's closest approach to the Sun, a burst of activity was recorded. Then, when all the ice was exhausted and nothing was holding together the solids, the nucleus began to fall apart.

The latest images taken with the 2.5 metre Isaac Newton Telescope after break-up show no sign of the comet's original nucleus, nor of any active sub-nuclei larger than a few metres across. Any large remnants of the nucleus that remain cannot be subliming significantly or they would have been detected in these images. This corroborates the sequence of events proposed by Dr. Kidger. Other comets are known to have disappeared, but Comet LINEAR is the first one to have been caught in the act.

Comet LINEAR has maybe not been a spectacular night-time sight for most people, but for astronomers it presents an important and unique event of what can be described as the death of a comet.

The Isaac Newton Group of telescopes (ING) is an establishment of the Particle Physics and Astronomy Research Council (PPARC) of the United Kingdom and the Nederlandse Organisatie voor Wetenschappelijk Onderzoek (NWO) of the Netherlands. The ING operates the 4.2 metre William Herschel Telescope, the 2.5 metre Isaac Newton Telescope, and the 1.0 metre Jacobus Kapteyn Telescope. The telescopes are located in the Spanish Observatorio del Roque de Los Muchachos on La Palma which is operated by the Instituto de Astrofisica de Canarias (IAC).

PICTURES
[Picture 1] Close view of the coma
Location: http://www.ing.iac.es/PR/press/ing300.html
[Picture 2] Comet LINEAR's tail
Location: http://www.ing.iac.es/PR/press/ing300.html
[Picture 3] Isaac Newton Telescope
Location: http://www.ing.iac.es/PR/press/ing300.html


3.訳者の所感

 NEAの探索が目標値の半分に達したと報じられていますが、そのフォローアップが 十分なされて、それらの所在が把握できているのでしょうかね?常として新規発見に 注力されているような印象を受けておりますが?関心が高まりつつあり、NEA探索の 専用望遠鏡も強化・拡充されており、改善されると思います。
 日米共同のプロジェクトで小惑星のサンプルを持ち帰る”MUSES-C 計画”で 対象なる小惑星と日程が再設定されたと報じています。予定通りに運び成功の ニュースを期待したいものです(7年と先が長いですが)。
 Linearすい星は結局双眼鏡で見られませんでしたが、代りにWEBから強力な 望遠鏡による写真をダウンロードして楽しみました。インターネット時代に天体現象を リアルタイムに楽しむ(アマチュアにとって)素晴らしいツールと感じております。 最新機器を備えた世界中の観測機関が情報を公開する傾向にあるので、アマチュア (観測機器を持たなくても)もその恩恵を受けることが出来き非常にありがたい。  画像処理ソフトをマスターして楽しみを倍加させたいと思っております。