[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Aug  16)


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年8月16日受付
 今週はNASAなどから配信されたニュースでスペースワッチプロジェクトで ケンタウロス族やユニークな小惑星が発見されたこと、及びLinearすい星分裂関連の続報をお送りします。

1.目次

 (1) スペースワッチの学生ケンタウロス族とユニークな小惑星を発見
    (STUDENTS ON SPACEWATCH FIND CENTAURS AND UNIQUE ASTEROIDS)

 (2) Linearすい星の分裂は科学者に恩恵である。
    (Comet Linear Breakup Is Boon to Scientists)


2.詳細

(1) スペースワッチの学生ケンタウロス族とユニークな小惑星を発見
    (STUDENTS ON SPACEWATCH FIND CENTAURS AND UNIQUE ASTEROIDS)

    * 配信元:NASA
    * 著者 : Agnieszka Przychodzen、UA通信社
    * 配信日:2000年8月11日

[日本語要約]

マンチェスター(イギリス)発 −

 クライドTombaugh が70年前に冥王星を発見したとき、太陽系の全体像は明確で、規則正しく思われた。それは我々の中心星、9つの惑星、小惑星 ベルトと暗くて、うすら寒い太陽系の周辺から時折訪問してくるすい星であった。今日、スペースワッチや類似プロジェクトの先駆的な小惑星調査のおかげで、我々の惑星系システムは太陽を回る無数の小惑星がミツバチの群れのように、沢山のミツバチが飛び回ている巣箱のように見える。

 アリゾナ大学(UA)の月惑星科学研究所の主任研究者ジェフリー Larsen 、 と彼の学部生学生が薄暗いケンタウリ族小惑星と海王星軌道横断天体 ( TNO )の発見にキッツピークにある完成後80年の36インチスペース ワッチ望遠鏡を最近使用した。

 Larsen はイギリス マンチェスターで(開催されている)国際天文学連合 (IAU)の第24回総会でその件について今日話をしている。

 ケンタウリ族は木星と海王星の間で周回し、典型的に5から30天文単位 ( AU )離れている(AU が地球と太陽間の距離である)。「それらの軌道は 非常に楕円で、それら惑星の軌道を交差する。もし誰かが木星に住んでいる なら、これらの物体は地球近傍小惑星( NEA )が地球にそうすると同じ 程度に接近する」と Larsen が解説した。「ケンタウリ族は同様にすい星と 関係があるように思われる。それら軌道の視点から、それらの2者間の 相違を見分けることができない。すい星が太陽に接近するにつれてコマと 尾を得るが、ケンタウリ族は決してそうならない。

 TNOは更に遥かに遠い。それらは冥王星の軌道に相当する円軌道で 少なくとも38 AU の距離で太陽を廻っている。

「火星と木星軌道の間にある主小惑星帯で見つけられている小惑星と同じ 程度に、TNOは少なくとも 冥王星近辺で見出される。TNO は非常に遠いので 見つけることが非常に難しい」、と Larsen が語った。

 Larsen と彼の学生は36インチのスペースワッチ望遠鏡を用いて、黄道面、 あるいは惑星が太陽を公転する軌道面の上下20度を観測した。 彼らは 24等から27等間の非常に淡い被写体を見つけるため以前スペースワッチで 集めたデータを分析した。(比較のため、地球から見える木星は明るく、 マイナス2等星である)。

 1999年5月から8月迄のスペースワッチ観測で、ニコール Danzl 、Arianna グリーソンと大学院生アンネ Descour は5個のTNO 、3個のケンタウリ族と 2個の「散在している円盤(ディスク)の天体(scattered disc objects)」を 発見した。 これらの小惑星は40から150AU の間で、あるいは冥王星より さらに遠くをさまよっている。

 問題をより複雑にしていることに、チームは両方の基準を満たした2つの 小惑星を発見した。それらはケンタウリ族のように惑星の軌道を交差し、 そして散在している円盤状天体のように太陽系からはるか遠くをさまよって いる。これらの2つの発見を基に、ケンタウリ族と散在している円盤天体は 小惑星の単一のクラスであると思われる。

 スペースワッチの天文学者は空のある特定の部分を繰返し走査することで 小惑星を検索している。このような走査は幅が10分の6度(満月の幅とほぼ 同じ)で長さが満月12個分である。一枚の画像を得るのに CCD 検出器で 約30分を要する。天文学者は異なった時点で撮られた画像を比較する。もし 画像に小惑星があるなら、それは写真を横切って移動するように思われるで あろう。小惑星はそれが太陽系の位置によって異なる率で移動する。

 「地球近傍小惑星は1日に30度から10分の3度の間で移動する。衝(小惑星が 太陽から見て、地球の反対側にあるとき)にあるメインベルト小惑星は1日に 平均 10分の2度ほど移動する。海王星軌道横断族(TNO)は非常に遠いので、 地球から観測するとき、それらはほとんど動いていないように思われる」と Larsen が語った。

 UA天文学者トム Gehrels と、現在スペースワッチを指導するロバート・ McMillan は地球に脅威を及ぼすかもしれない小惑星やすい星を調査する ために、1980年にスペースワッチプロジェクトを設立した。

 1989年キロンの発見は−今ではケンタウリ族小惑星として知られているが− 驚きであった。元々、天文学者はそれが太陽系の外苑部に漂流する単一の 天体であると想定した。
しかし1991年にスペースワッチ観測者が2番目のケンタウリ族、 Pholus を 発見した。今日では16個のケンタウリ族小惑星の全体数が知られているが、 スペースワッチはその約半数を発見した。

 1992年に、ハワイ大学の天文学者デイビッド Jewittとカリフォルニア大学 バークレーのジェーン Luuは最初のTNO、約40 AU で太陽を周回する1992 QB1 と名付けられた天体を発見した。「それは冥王星より遥か遠くにあり、 小惑星が太陽系の最も遠い部分さえ存在することを証明した」、と Larsen が 語った。

 これら遠い天体は惑星系システムの起源の鍵を握るかもしれない。 天文学者の興味をそそるものは太陽系で占めるそれらの特有の位置である。 それらは、画架座ベータ星のように、非常に若い星を取り巻いている原始 惑星系円盤のように太陽から同じ距離にある。ケンタウリ族とTNO を図に 表すことで、それらがどの程度数が多いのか、どう分布しているかを 学ぶことで、理論家に太陽系がどう存在してきたかというモデルの構築を 期待する。

 「なぜこれら天体のより明るいものが重要かという他の理由は彼らが分光 技術で研究することが最も容易である」と Larsen が語った。分光分析が 物体の化組成を明らかにする。小惑星スペクトルの(分析)で、天文学者は 原始太陽の星雲の組成を推論することが可能であるかもしれない。

 同様、太陽系形成の引き金となった物理的ルールとどの程度の期間その プロセスに要うしたのか謎のままである。太陽系の周縁部近くに隠されて、 多くの TNOs は惑星、特に木星の重力によって影響を受けなかった。 それらの軌道は初期太陽系の問題で起源時の構成を表すかもしれない。

 これら天体の大きさの分布は太陽系形成のモデルを作るに重要である。 初期の原始太陽系星雲が何をしたとしても、TNO は恐らくそれらの軌道に 残された識別特性がある」、と Larsen が語った。

 冥王星発見の後、天文学者は同じ様な天体を成功なしで調べていた。 多くの(科学者)は冥王星がユニークであったと考えて、冥王星を越えて すい星の Oort 雲から離れて、太陽系の外縁部がかなり大きな天体を 欠いていると信じていた。

 「今日全体像はいっそう混乱しているように見える。我々の太陽系は 数年前には、それらが非常に淡いので見られなかった多くの天体を 存在させているように思われる。我々はまだどれほど遠くにそれらが 及んでいるのか知らない」、と Larsen は言う。

 現在、スペースワッチは存在するかもしれない最も遠い天体を 観測するのに十分遠くを見ることができない。

 「我々は単に TNO ベルトの内縁の観測が可能なだけである。 誰も50 AU を超えて円軌道を描く天体を発見できなかった。これは この距離が(TNO)ベルトの終わりを意味するか? 散在する円盤天体を あまり発見できなかったが、それらが50 AU を超えて存在している。 我々が単に正しく見なかった」ことに私はお金を賭けることを いとわない」、と Larsen は推測している。

***Spacewatch Web ページ
http://www.lpl.arizona.edu/spacewatch/


[原文]

MANCHESTER, England -- When Clyde Tombaugh discovered the planet Pluto 70 years ago, the picture of the solar system seemed clear and orderly. It showed our central star, its nine planets, the asteroid belt, and comets visiting occasionally from the dark and chilly fringes of the solar system. Today, thanks to the pioneering asteroid survey Spacewatch and similar projects, our planetary system appears as a humming hive populated with countless asteroids circling the sun like a swarm of bees.

Jeffrey Larsen, a principal research specialist with the Spacewatch group at the University of Arizona (UA) Lunar and Planetary Laboratory in Tucson, and his undergraduate students recently used the 80-year-old, 36-inch Spacewatch telescope on Kitt Peak in discovering dim Centaur asteroids and Trans-Neptunian Objects (TNOs).

Larsen is talking about it today at the 24th General Assembly of the International Astronomical Union in Manchester, England.

Centaurs orbit between Jupiter and Neptune, typically 5 to 30 astronomical units (AU) away. (An AU is Earth-to-sun distance.) "Their orbits are very elliptical and cross the orbits of these planets, so if anybody lived on Jupiter these objects would be as close as Near Earth Asteroids (NEAs) are to Earth, " Larsen explains. "Centaurs also seem to be related to comets. From the point of view of their orbits, you cannot tell the difference between the two. Comets get comas and tails as they get closer to the sun, Centaurs never do."

Trans-Neptunian Objects are even more remote. They circle the sun at a distance of at least 38 AU in circular orbits comparable with Pluto's orbit.

"There are at least as many of them in Plutoケs vicinity as have been found in the main asteroid belt, a region between the orbits of Mars and Jupiter. TNOs are very difficult to spot because they are very distant," says Larsen.

Larsen and his students looked 20 degrees above and below the plane of the ecliptic, or the plane through which the planets circle the sun, using the 36-inch Spacewatch telescope, the oldest telescope on Kitt Peak. They also analyzed data collected previously by Spacewatch to locate the extremely dim objects from between 24 and 27 magnitude. (By comparison, Jupiter seen from Earth is bright, or at minus 2 magnitude.)

During Spacewatch observations May through August 1999, Nichole Danzl, Arianna Gleason, and graduate student Anne Descour discovered five TNOs, three Centaurs and two 'scattered disc objects'. These asteroids wander between 40 and 150 AU, or farther away than Pluto.

To complicate the matter even more, the team also discovered two asteroids that met both criteria - they crossed planetary orbits like Centaurs and wandered far away from the solar system like scattered disc objects. Based on these two discoveries, the Centaurs and scattered disc objects are now considered a single class of asteroids.

Spacewatch astronomers search for asteroids by taking repeated scans of certain patches of the sky. Such scans are six-tenths of a degree wide (approximately as wide as the full moon) and about 12 full moons long. It takes a CCD detector about 30 minutes to acquire a single image. The astronomers then compare images taken at different times. If there is an asteroid in any of the images, it will appear to ?moveケ across the picture.
Asteroids travel at different rates, depending on where they are in the solar system.

"Near Earth Asteroids move between three-tenths of a degree to 30 degrees a day. Main belt asteroids at opposition (when the asteroids are on the opposite side of the Earth as seen from the sun) move on average about two-tenths of a degree a day. Trans-Neptunians are so distant that, when observed from the Earth, they seem to barely move at all, " Larsen says.

UA astronomers Tom Gehrels and Robert McMillan, who currently leads Spacewatch, founded the Spacewatch Project in 1980 to survey for asteroids and comets that might pose a threat to Earth.

The 1989 discovery of Chiron - known now to be a Centaur asteroid - came as a surprise. Originally, astronomers assumed that it was just a single object drifting on the outskirts of the solar system. But in 1991 Spacewatch observers found the second Centaur, Pholus. Today a whole population of 16 Centaur asteroids is known, and Spacewatch discovered about half of them.

In 1992 astronomers David Jewitt of the University of Hawaii and Jane Luu of the University of California ュ Berkeley discovered the first Trans Neptunian Object, an object named 1992 QB1 which orbits the sun at about 40 AU. "That was further away than Pluto and proved that asteroids inhabit even the farthermost parts of the solar system," Larsen says.

These distant bodies may hold the key to the origin of our planetary system. What intrigues astronomers is their peculiar location in the solar system. They are at the same distance from the sun as protoplanetary discs surrounding very young stars, such as Beta Pictoris. By mapping Centaurs and TNOs, learning how abundant they are and how they are distributed, theorists hope to form a model of how the solar system came into existence.

"The other reason why the brighter of these objects are important is that they are the easiest to study with spectroscopy, " Larsen says. Spectroscopy reveals the chemical composition of objects, and by asteroid spectra astronomers may be able infer the composition of the primordial solar nebula.

Also, the physical rules that triggered the solar system's formation and how long that process took remain a mystery. Hidden near at the periphery of the solar system, many TNOs have not been influenced by the gravitational forces of planets, especially Jupiter. Their orbits may represent the original configuration of matter in the very early solar system.

"The size distribution of these bodies is important for making models of the solar system's formation. Whatever the original protosolar nebula was doing, the TNOs probably have some signature of it left in their orbits," Larsen says.

After the discovery of Pluto, astronomers looked without success for similar objects. Many then thought that Pluto was unique and, apart from the Oort Cloud of comets beyond Pluto, believed that the outer solar system was devoid of any sizable objects.

"Today the picture looks more messy. Our solar system seems to be populated with many objects that even a few years ago were not seen because they are extremely faint. We still do not know yet how far out they go, " Larsen says.

Spacewatch cannot presently look far enough to see the most distant objects that may exist.

"We are only able to see the inner rim of the TNO belt. Nobody has found objects in circular orbits past 50 AU. Does this mean the belt ends at that distance? The scattered disc objects exist past 50 AU, though we have not discovered many of them. I'll be willing to bet money that we just haven't looked right," Larsen speculates.

***Spacewatch web page @ http://www.lpl.arizona.edu/spacewatch/ ****


(2) Linearすい星の分裂は科学者に恩恵である。
    (Comet Linear Breakup Is Boon to Scientists)

    * 配信元:NASA
    * 著者 : レイ・ Villard (space.com)
    * 配信日:2000年8月11日

[日本語要約]

 不運な Linearすい星の急速に、早過ぎる分裂はただ興味深い空の花火 ショーよりはるかに(得るもの)が多かった。

 歴史上初めて、天文学者はすい星核がほこりと氷の混合物が実際どう実装 されているかの詳細な調査(結果)を受けとった。 これはハッブル宇宙望遠鏡で数日前に撮られた壮観なクローズアップ写真と チリにある巨大望遠鏡(VLT)によるフォローアップ観測の結果であった。 ハッブルは最初に氷で覆われた核(すい星のクモの糸のような尾の噴水の 頭部)がばらばらに「ミニすい星」の集まりに陥ったことを示した。 各破片はフットボール競技場より多分小さい。

 すい星核の「サブアセンブリー(中間構成物質)」を見ることはすい星の 内部構造の明確な青写真を提供し、そして重ねられた人形でロシアの Matrushka おもちゃのように、それらが空飛ぶ「礫パイル」か、 あるいは連続したより小片から成り立っているか否かについて論議を 解決するのに役に立つ。

 すい星がどのように成り立っているかを知ることは、地球に衝突する かもしれない強情なすい星をどのようにそらすか、破壊すべきかに ついて、手がかりを提供する。

詳細はここに:

http://www.space.com/scienceastronomy/astronomy/linear_breakup_000810.html


[原文]

The swift and untimely breakup of the doomed Comet Linear is much more than simply a curious celestial fireworks show.

For the first time in history, astronomers have gotten a detailed look at how the amalgam of dust and ice in a comet nucleus is actually packaged. This comes from spectacular close-up pictures taken several days ago by the Hubble Space Telescope and follow-up observations by the Very Large Telescope in Chile. Hubble first showed that the icy nucleus - the fountainhead of the comet's gossamer tail -- fell apart into a cluster of "mini-comets." Each fragment is probably smaller than a football field.

Seeing the "subassembly" of a comet nucleus provides a clear blueprint of the internal structure of comets and helps settle the debate over whether they are flying "gravel piles," or are built up from consecutively smaller pieces, like the Russian Matrushka toy of nested dolls.

Knowing how comets are put together offers clues on how to deflect or destroy a wayward comet that might collide with Earth.

Full story here:

http://www.space.com/scienceastronomy/astronomy/linear_breakup_000810.html


3.訳者の所感

 新しい観測装置(CCDなど)の採用で、太陽系の外縁部(冥王星より遥か遠く、 Oort 雲まで)にある非常に暗い天体が相次いで発見されている。そこは 遥か彼方から、太陽系内部を訪れるすい星の巣(Ninearすい星もここから やって来た?)でもある。
 今回報告されている新発見の天体に海王星軌道横断族(TNO)や「散在している 円盤(ディスク)の天体(scattered disc objects)」などであり、従来天体の存在が 確認されていなかったこの領域の探査が進むことで”太陽系起源の手掛かり”が 得られる夢があり、それを期待したい。さらにその過程で、”すい星シャワー”や ”大量絶滅”などなど定量的に解明されることを待ちたい。
 史上初めてのすい星分裂の詳細な観測が、すい星核に関する詳細な情報源と なったようである。衝突の可能性があるすい星への対応策に手掛かりを与えると 示唆している。続報をフォローしたい。