[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Sep  2)


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年9月2日受付
 今週は9月1日に配信されたCCNetのニュースの中から8月26日に発見され、 9月1日に月までの距離の12倍に異常接近した小惑星2000 QW7と 超小型人工衛星の会議で日本の学生から提案されたしし座流星群を観測する 人工衛星の話題をお送りします。

1.目次

 (1)  極めて短い警告で「間一髪」
     ( "CLOSE CALL" WITH VERY LITTLE WARNING)

 (2) 小惑星2000 QW7 :心配は無用
    (ASTEROID 2000 QW7: NO CAUSE FOR CONCERN)

 (3) アムール族小惑星が地球に接近
    (AMOR ASTEROID APPROACHES EARTH)

 (4) 日本の学生が隕石観察用人工衛星を提案
    (JAPANESE STUDENTS PROPOSE METEOR-WATCHING SATELLITE)


2.詳細

 (1)  極めて短い警告で「間一髪」
     ( "CLOSE CALL" WITH VERY LITTLE WARNING)

    * 配信元 :CCNet
    * 著者  :マイケル・ペイン(Michael Paine)
    * 配信日 :2000年9月1日

[日本語要約]

ベニー殿
 NEA 2000 QW7 が明日(9月1日)地球の約450万キロ以内にやって来る。 8月26日にNEATに発見されたこの天体は直径約 400m (H = 20.2)である。 NEODys によれば、それは2019年、2038年と2057年に、 同じ様に「地球近傍に」接近するであろう。

(以下の)URLを参照 :
MPC  http://cfa-www.harvard.edu/iau/lists/Dangerous.html
NEODys ( 2000QW7 の探索) http://newton.dm.unipi.it/cgi-bin/neodys/neoibo
MPEC  http://cfa-www.harvard.edu/mpec/K00/K00Q32.html

敬具
マイケル・ペイン


[原文]

Dear Benny,

NEA 2000QW7 comes within about 4.5 million km of the Earth tomorrow (1 Sept). Found by NEAT on 26 August, this object is around 400m in diameter (H=20.2). According to NEODys it will also make "close" approaches in 2019, 2038 & 2057.

URLs:
MPC  http://cfa-www.harvard.edu/iau/lists/Dangerous.html
NEODys (search for 2000QW7)  http://newton.dm.unipi.it/cgi-bin/neodys/neoibo
MPEC  http://cfa-www.harvard.edu/mpec/K00/K00Q32.html

regards
Michael Paine


 (2) 小惑星2000 QW7 :心配は無用
    (ASTEROID 2000 QW7: NO CAUSE FOR CONCERN)

    * 配信元 :CCNet
    * 著者  :ベニーJ Peiser(Benny J Peiser )
    * 配信日 :2000年9月1日

[日本語要約]

 小惑星2000 QW7 は現在地球から 0.032 AU付近におり、中型望遠鏡で 観察可能である。 絶対光度、H は 20.2等星で、それは本当に比較的小さい。 主なポイントは、しかしながら、その軌道は非常に明確で、そして完全に地球の 軌道の外にある。 要するに、近い将来絶対、地球衝撃の可能性がない。

 天体は8月26日にNEATによって見された。そして2日後、小惑星センターは 8月3日、LINEAR によってその天体の発見前観測を承認した。 NEODYS Web サイトは2019年、2038年と2087年に地球へ今回以上の接近を指摘しているが、 しかし NEODYS は軌道の離心率で誤差要因を過小評価したかもしれない。 2019年とその次の「大接近」に対するこの固有の不確かさの影響は 非常におおきなものである。

 2019年9月に天体は最も近づいて0.03 AU 程であるが、それが0.8 AU と はるか遠くにいるのと丁度同じなので(衝突の可能性が無い)、それに 感謝することが重要である。換言すれば、専門的に PHA 考えられているが、 危険な小惑星とは分類されないであろう。

ベニーJ Peiser


[原文]

Asteroid 2000 QW7 is currently around 0.032 AU from the earth and observable with a medium-sized telescope. At an absolute magnitude H = 20.2, it is indeed relatively small. The main point, however, is that its orbit is quite clearly and completely outside that of the earth. In short, there is absolutely no chance of an earth impact in the foreseeable future.

The object was discovered by NEAT on 26 August, and two days ago the Minor Planet Centre recognised prediscovery observations of the object by LINEAR on 3 August. The NEODYS website indicates further approaches to the earth in 2019, 2038 and 2087, but NEODYS may have greatly underestimated the error factor in the orbital eccentricity. The effect of this inherent uncertainty on the 2019 and subsequent "close approaches" is enormous.

While the object could in September 2019 be as close as 0.03 AU, it is important to appreciate that it could just as easily be as far away as 0.8 AU. In other words, the asteroid, though technically a PHA, can scarcely be classified as dangerous.

Benny J Peiser


 (3) アムール族小惑星が地球に接近
    (AMOR ASTEROID APPROACHES EARTH)

    * 配信元 :CCNet
    * 著者  :The Cosmic Mirror(宇宙の鏡)
    * 配信日 :2000年9月1日

[日本語要約]

アムール族小惑星が地球 に接近 、12等星の可能性!

 小惑星2000 QW7は8月26日、NEAT望遠鏡が発見した時13.6等星であった。 それは0.032天文単位、あるいは470万 km、 あるいは地球-月間の距離の 12倍以内と地球に接近する月末にはおよそ12.7等星の明るさになるであろう。 現在 2000 QW7 はみずがめ座で発見できるであろう; 位置推算表のサイドバーにあるリンクで見ることが出来る・・・。 その天体が 非常に地球に接近してくるので、異なった場所では視差効果で、著しく 小惑星の位置が移動する。

 軌道の要素は2000 QW7 がアムール族に属し、そして黄道に 4.2度 傾いた軌道にある。 2000 QW7は主小惑星帯の近くまではるか遠く離れ、 しかし2.7年ごとにそれは地球の軌道にかなり近い位置までやってくる。 現在知られている限り、天体は以前に天文学者に発見されていなかった。 その明るさはそれが直径約800メートルあるかもしれないことを示唆している。 何回かの星の掩蔽がすでに予測された。しかしレーダーデータが利用可能に なるときだけ地上の観測がどんな精度でも確認されるであろう。


[原文]

Amor asteroid approaches Earth, 12 mag possible!

2000 QW7 was at 13.6 magnitudes when the asteroid was found by the NEAT telescope on August 26, and it should brighten to around 12.7 mag at the end of the month when the object approaches Earth to within 0.032 Astronomical Units or 4.7 million km or 12 Earth-Moon distances. 2000 QW7 can be found in the constellation Aquarius right now; see the links in the sidebar for an ephemeris.. Because the object comes so close to Earth, being in different locations can shift the asteroid's position markedly by the parallax effect, by the way.

The orbital elements show that 2000 QW7 belongs to the Amor family and follows an orbit inclined 4.2 degrees to the ecliptic. It ranges as far out as the main belt of asteroids, but every 2.7 years it comes in to a point fairly close to the Earth's orbit. As far as is currently known, the object has not been detected by astronomers before. Its brightness suggests it may be roughly 800 meters across. Several occultations of stars have already been predicted, but only when radar data should become available will the ground tracks be known with any precision.


 (4) 日本の学生が隕石観察用人工衛星を提案
    (JAPANESE STUDENTS PROPOSE METEOR-WATCHING SATELLITE)

    * 配信元 :NASA
    * 著者  :SPACE.com,
    * 配信日 :2000年8月29日(29 August 2000)

  [日本語要約]

  ユタ州 ローガン発;デザインコンテストに優勝した2人の日本人学生が彼らの 考えを軌道に投入することが見られるかもしれない。 学生たちの受賞した概念は 獅子座隕石シャワーのユニークな光景を提供するためにカメラを搭載した 超小型衛星を送ることであった。彼らの教授は彼らが提案した衛星を製作し、 打上げの支援ファンドを求めている。

 「我々は考えを具現化するためあなたの支援が必要である」。そして「隕石を 観測するために設計された最初の衛星を打上げる」、と吉田氏が最近開催された 小型人工衛星の第14回年次総会で出席している数百人の専門家に話をした。

 人工衛星は少なくとも百万ドルの費用がかかるであろう。しかし「私はそれほど 巨額の予算が無い」、と東北大学航空・宇宙エンジニアリング学部の吉田準教授、 が語った。

 彼らは「今人工衛星を製造し、毎年恒例の獅子座流星群が2002年11月、空に さっと現れる前の数ヶ月以内に打上げられるロケットの第2搭載物の場所を 見つける支援が必要である」、と彼が語った。

 66ポンドの(30キログラムの)人工衛星のミッションは、予測された獅子座 流星雨の大出現が2002年11月19日にかけて1週間ほど続くであろう。 吉田は、 以前に、宇宙船を2001年の隕石シャワーに間合わせて製作できなかった と言った。 今年11月の獅子座流星群は去年と同じぐらい壮観であることが 期待できないと補足した。

 吉田は適切な場所で支援を求めていた:約560人の小型人工衛星の専門家が 世界中の大学、宇宙関連機関、軍関係や民間企業から会議にやってきた。 8月24日に閉幕した年度集会はアメリカの航空宇宙研究所とユタ州立大学 宇宙力学研究室によって後援されていた。

 しばしば会議で1年目になされた革新的な提案が翌年には実現に近付く、と 彼が言った。

 支援要請が吉田氏1人の嘆願なので、「私はあなたがたの様に、手を差し 出して、誰かあなたに資金を提供するように頼んでいるが、それらが 成功するのをほとんど見たことがなかった」、と レッドが語った。 「しかしここはそれをする適切な場所である。可能性があるので、なぜ その考えを外に訴えないのか?」

 獅子座ミッションは東北大学の学部学生の浜野 ヒロシ と 安孫子さと子が 考案した。 吉田は日本の宇宙官庁、学界と日本宇宙フォーラムが後援した 年間人工衛星 - 設計コンテストの新規アイデア部門でそれが1等を 受賞したと語った。


[原文]

LOGAN, Utah ・Two Japanese college students who won a design contest may see their idea put into orbit. Their winning concept was to send a camera-equipped microsatellite to provide a unique view of the Leonid meteor shower. Their professor is seeking aid to build and launch their proposed satellite.

"We need your help to make our idea real" and launch the first satellite designed to observe meteors, Kazuya Yoshida told hundreds of experts attending the recent 14th annual Conference on Small Satellites.

The satellite would cost at least $1 million, but "I don't have so huge a budget," said Yoshida, an associate professor of aeronautics and space engineering at Tohoku University in Sendai, Japan.

They now need help building the satellite and finding a place for it as a secondary payload on a rocket launched in the months before the annual Leonid meteors flash through the skies in November 2002, he said.

The 66-pound (30-kilogram) satellite's mission would last only a week, spanning the predicted November 19, 2002, outburst of Leonid meteors. Yoshida said the spacecraft couldn't be built in time for the 2001 meteor shower as earlier hoped. This November's Leonids are not expected to be as spectacular as last year's, he added.

Yoshida was asking for help at the right place: Some 560 small satellite experts came to the conference from universities, space agencies, military organizations and companies around the world. The annual gathering, which ended August 24, is sponsored by the American Institute of Aeronautics and Astronautics and Utah State University's Space Dynamics Laboratory.

Innovative proposals made one year at the conference often move toward reality in subsequent years, he said.

As for Yoshida's one-man plea for help, "I haven't seen too many of those succeed where you are holding out your hand and asking somebody to fund you," Redd said. "But this is an appropriate place to do it. There is a possibility, so why not get the idea out?"

The Leonid mission was conceived by Hiroshi Hamano and Satoko Abiko, undergraduates at Tohoku University. Yoshida said it received first prize in the new idea category at an annual satellite-design contest sponsored by Japanese space agencies, academic societies and the Japan Space Forum.

FULL STORY at http://www.space.com/cgi-bin/email/gate.cgi?lk=T3&date=000829&go=/scienceastronomy/astronomy/leonidsat_000828.html


3.訳者の所感

 忍び足でやってきた小惑星2000 QW7が地球の近辺で突然発見されたことは 今後も同じ様なドラマがしばしば起きるでしょう。専門家が運用する強力なNEO 観測網や世界中の多くのアマチュアがそれを求めて空を眺めていますが、全域を カバー出来ていないようです。幸いにもニアミス(?)ということでレーダーを 使用した観測も行われ、科学的には価値があったようです。
 より効率的にNEOを発見するのに人工衛星という考えもあるようですが、今回 超小型人工衛星の国際会議で東北大学の学生が”しし座流星群”を観測する 衛星を提案し、資金を募っており、面白いアイデアと直感しました。
 ただ流星観測に限定した場合、費用対効果比で課題があるのでは?特に 海外でファンドを仰ぐときには。