[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Oct  3)


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年10月3日受付
 去る9月18日にNEO特別委員会の報告書がイギリス政府から発表されました。今週はこの件についてCCNetで配信された紹介記事をお送りします。

1.潜在的に危険な NEO に関するUK特別委員会報告書の発表

 (UK TASK FORCE REPORT ON POTENTIALLY HAZARDOUS NEOS PUBLISHED)

   * 配信元 :UK政府広報部門がリリースしCCNetが配信
          (CCNet - 特別号、2000年9月18日)
   * 配信日 :2000年9月18日
   * 著者  :Benny J Peiser

[日本語要約]

 宇宙関係の担当大臣、Sainsbury 卿は地球と地球近傍天体の衝突によって提起される潜在的な危険を調査するため、今年1月に設立された地球近傍天体特別委員会が今日報告書を発表した。

 この報告書を発表するに際し、Sainsbury 卿は次のように語った。

「有能なハリー Atkinson 博士の議長もとで、特別委員会はこの複雑な問題を掌握すること、及びどのように我々が進めるべきであるかの意見を集約することにおいて優秀な仕事をした。
 私は国際的なパートナーと一緒に協力の提案を含めた特別委員会の方法を歓迎する。
 次の数ヶ月間、私は同僚に相談して特別委員会の勧告に対する政府の回答を考慮するであろう」。

編集者へのメモ:

1.2000年1月に科学大臣、 Sainsbury 卿は潜在的に危険な地球近傍天体( NEOs )についての特別委員会を設立することを発表した。彼は特別委員会が、どのように英国が地球近傍天体に対し国際的な努力に最大の貢献をすべき、政府に提案するよう招聘した:

a.危険の性質と危険の潜在的なレベルを確認すること。
b.国際的な努力に現在のUK貢献を明確にすること。
c.上記のaとbを考慮に入れ、それ以上のとるべき処置は何か、及び社会との対話の問題について HMG に助言すること。

2.特別委員会は、以前は科学技術研究評議会( SERC )前会長でかつ欧州宇宙機構評議会の元会長、ハリー Atkinson 博士が議長を務めた。英国外交官のCrispin Tickell 卿と王立天文学ソサエティー前会長 デイビッド・ウィリアムズ教授はチームを纏め上げた。

3.地球近傍天体はそれらを地球に接近させる軌道をもつ小惑星とすい星である。

4.特別委員会は何回も会合を持ち、2000年8月16日に BNSC の長官にその報告書を提出した。英国国立宇宙センター( BNSC )は特別委員会に事務局を提供した。

5.特別委員会は14ヶ条の勧告をした。それらの勧告はより大きな国際的努力における英国の役割、向ってくるどんな天体でも発見する能力の改善、危険の査定、どんな将来の衝撃でも和らげる処置と提起される多くの問題にうまく対処する新しい国内と国際的な取り決めを包含している。報告は同じく現在の知識の包括的なレビューでもある。

6.報告のコピーと NEOs に関するより詳しい情報は次のWebから入手可能である。
http://www.nearearthobjects.co.uk


[原文]

 
    "The Task Force, under the able chairmanship of Dr
     Harry Atkinson, has done an excellent job in getting
     to grips with this complex issue, and in putting
     together views on how we should proceed. I welcome the
     Task Force's approach, which includes proposals for
     collaboration with international partners. Over the
     next couple of months I will be considering the
     Government's response to the Task Force's
     recommendations in consultation with colleagues".
        -- Lord Sainsbury, 18 September 2000
REPORT OF THE NEAR EARTH OBJECTS TASK FORCE PUBLISHED

UK Government press release, 18 September 2000
From http://www.nearearthobjects.co.uk/

Lord Sainsbury, the Minister with responsibility for space, today published the report of the Near Earth Objects Task Force set up in January this year, to look at the potential risk posed by collision of the Earth with Near Earth Objects.

In publishing the report Lord Sainsbury said: "The Task Force, under the able chairmanship of Dr Harry Atkinson, has done an excellent job in getting to grips with this complex issue, and in putting together views on how we should proceed.

I welcome the Task Force's approach, which includes proposals for collaboration with international partners. Over the next couple of months I will be considering the Government's response to the Task Force's recommendations in consultation with colleagues".

Notes to Editors:

1. In January 2000 the Minister for Science, Lord Sainsbury, announced the setting up of a Task Force on Potentially Hazardous Near Earth Objects (NEOs). He invited the Task Force to make proposals to the Government on how the United Kingdom should best contribute to international effort on Near-Earth Objects; and specifically to:

a. confirm the nature of the hazard and the potential level of risks;
b. dentify the current UK contribution to international efforts;
c. advise HMG on what further action to take in the light of a. and b. above and on the communication of issues to the public.

2. The Task Force was chaired by Dr Harry Atkinson, formerly of the Science and Engineering Research Council (SERC) and past Chairman of the European Space Agency's Council. Sir Crispin Tickell, British diplomat, and Professor David Williams, immediate past President of the Royal Astronomical Society, completed the team.

3. Near Earth Objects are asteroids and comets whose orbits bring them close to the Earth.

4. The Task Force met on a number of occasions and presented its report to the Director General of BNSC on 16 August 2000. The British National Space Centre (BNSC) provided the secretariat for the Task Force.

5. The Task Force has made 14 recommendations. They cover the British role in a greater international effort, improvement of our ability to detect any incoming objects, an assessment of risks, measures to mitigate any future impacts, and new national and international arrangements to cope with the many issues that are raised. The report is also a comprehensive review of current knowledge

6. A copy of the report and further information on NEOs can be found on http://www.nearearthobjects.co.uk


2.訳者の所感

 当該報告書の全文を上記Webページからダウンロード(全文で56ページ) しました。9章で構成されており、全体が簡潔に纏められており、各種表も豊富で、NEO問題を全体的に概括するに丁度良い資料と思います。
 翻訳したものを逐次配信を予定しております。