[日本スペースガード協会]

今週のニュース( Oct  5)


会員の祖父江様からの情報です。
*2000年10月5日受付
 前回に引き続きイギリス政府から発表されたNEO特別委員会の報告書(潜在的に危険なNEO に関するUK特別委員会報告書)の中から”幹部向け要約”と”勧告の要約”の部分をお送りします。

1.目次

  (1) 幹部向け要約(Exective Summary)
  (2) 勧告の要約(Summary of Recomendations)


2.詳細

   * 配信元 :UK政府広報部門からダウンロード
          (ダウンロード元: http://www.nearearthobjects.co.uk )
   * 配信日 :2000年9月18日
   * 著者  :UK特別委員会(UK TASK FORCE )

(1) 幹部向け要約(Exective Summary)

[日本語要約]

 膨大な数の小惑星やすい星が太陽の回りをまわっている。 ただそれらの ごく少数のその端数だけが地球の近くに小惑星などをもたらす経路に 沿っている。 これら地球近傍天体は大きさが小石から小山まで達し、 そして高速で移動する。

 このような天体はその形成以来地球に衝突し、そして生命を可能にした 炭素と水をもたらした。同様にそれらは地球表面の広範囲にわたる変化と 恐竜のような生きている有機体の時折の絶滅をもたらした。その脅威は 最近認識され、受け入れられた。 このことは 1994年にシュメーカ・レビ 第9彗星の破片が木星と劇的な衝突や、衝撃の結果生じる月や他の惑星 及び地球のクレーターの確認(更に)、 これらの通常かすかな天体の研究を 可能にした望遠鏡工学の進歩を通して起きた。

 衝撃は人類や他の生命体に重大な危険を意味する。人類のためにこのような 衝撃の帰結を和らげる手段が今存在する。危険分析で最大の不確かさは地球の 近くに小惑星をもたらすその軌道に関する不完全な知識から生じている。 小惑星の軌道について情報が多くなれば、かなり正確な予測をすることができる。すい星からの危険は小惑星からそれの10から30パーセントの間にある。長周期すい星の潜在的な衝撃の事前の警告は小惑星が数十年から数世紀と比べて 1年程と短いかもしれない。 短周期すい星は小惑星とあわせて考慮することが できる。

 地球近傍天体からの脅威は、その中に現在の知識が不適当で初期観測の 以後危険の確認、大惨事の管理(もし最悪のケースなら最悪の事態をもたらす)、外らすことを含めた緩和策及び社会との信頼できるコミュニケーションなど主要な問題が起きてくる。特別委員会はこれらの問題が討議され、かつ決定が なされる適切な組織体、すなわち国際的で国家を含めてヨーロッパに位置づける ことが政府レベルでとるべきステップであると信じている。 英国はグローバルな努力であるべき重要な貢献をなすことが出来る位置にいる。

 特別委員会の勧告は第 9 章で支援策の論議が用意されている。

[原文]

Enormous numbers of asteroids and comets orbit the Sun. Only a tiny fraction of them follow paths that bring them near the Earth. These Near Earth Objects range in size from pebbles to mountains, and travel at high speeds.

Such objects have collided with the Earth since its formation, and brought the carbon and water which made life possible. They have also caused widespread changes in the Earth’s surface, and occasional extinctions of such living organisms as the dinosaurs. The threat has only recently been recognised and accepted.This has come about through advances in telescope technology allowing the study of these usually faint objects, the identification of craters on the moon, other planets and the Earth as a result of impacts, and the dramatic collision of pieces of the comet Shoemaker-Levy 9 with Jupiter in 1994.

Impacts represent a significant risk to human and other forms of life. Means now exist to mitigate the consequences of such impacts for the human species. The largest uncertainty in risk analysis arises from our incomplete knowledge of asteroids whose orbits bring them near to the Earth.With greater information about them, fairly accurate predictions can be made. The risk from comets is between 10 and 30 per cent of that from asteroids.The advance warning period for a potential impact from a long period comet may be as short as a year compared to decades or centuries for asteroids. Short period comets can be considered along with asteroids.

The threat from Near Earth Objects raises major issues, among them the inadequacy of current knowledge, confirmation of hazard after initial observation, disaster management (if the worst came to the worst), methods of mitigation including deflection, and reliable communication with the public. The Task Force believes that steps should be taken at government level to set in place appropriate bodies ‐ international, European including national ‐ where these issues can be discussed and decisions taken.The United Kingdom is well placed to make a significant contribution to what should be a global effort.

The recommendations of the Task Force are given with supporting arguments in Chapter 9.


(2) 勧告の要約(Summary of Recomendations)

[日本語要約]

 勧告1項から9項まで国際的な努力の中で英国の科学的な役割及び勧告10項から14項まで、国際的に、ヨーロッパと英国で主題のすべての局面の調整を扱う。

地球近傍天体の調査と発見

勧告1。
 現在、体系的に他の望遠鏡で観測されているより十分小さな天体の 探査に、南半球に最新の3メートルクラスの探査用望遠鏡を建設するため 政府が、なるべくヨーロッパで、パートナーを探すべきであることを勧告する。 望遠鏡は地球近傍天体の仕事を専門に行い、適切な場所に設置される べきである。

勧告2。
 我々は、新型英国VISTA望遠鏡のような、広視野の施設が他の目的で 得た観察のデータを夜毎の原則で地球近傍天体を検索させる取り決めが なされることを勧告する。

勧告3。
 我々は、政府がその将来の宇宙探査の1つ GAIAが地球近傍天体のため 空の探索に利用できる特定の役割に欧州宇宙機関の注意を引くことを 勧告する。地球近傍天体研究のため GAIA やNASAのSIRTF計画や 欧州宇宙機構の BepiColombo のような宇宙探査計画の潜在能力は 計画の定義とそれら計画が完了するスケジュールを考慮するべきである。

正確な軌道決定

勧告4。
 我々は英国がパートナーであるラパルマの1メートル Johannes Kapteyn 望遠鏡を、地球近傍天体のフォローアップ観察の専用にすることを勧告する。

成分と全体の性質

勧告5。
 我々は英国が地球近傍天体の分光的なフォローアップのため適切な財政 基準のもとで提供される少ない時間の取り決めを確立するため適切な 望遠鏡を共有するパートナーと交渉が行われることを勧告する。

勧告6。
 我々は政府が同意見の国と、地球近傍天体の詳細な特性を確立するのに 地球近傍天体のさまざまなタイプにそれぞれ訪れる比較的安価な超小型 衛星を基に、多くの調整された宇宙ランデーブミッションを開始する事例を 調査することを勧告する。

天文学的な観測の調整

勧告7。
 我々は政府が他国政府や国際天文学連合及び他に興味を持った団体と 共に、もし潜在的な脅威が発見されたなら行政機関にたいし当該センターの リンクを含め、強靭な国際的な足場に立脚し小惑星センター(MPC)の 運営管理と資金を課す方法を求めることを勧告する。

衝撃の研究及び環境と社会への影響

勧告8。
 我々は政府が研究評議会、大学とヨーロッパの科学財団を含めて、関連する 英国とヨーロッパの研究所が地球に(生じる)地球近傍天体から衝撃の結果に ついて複数の学問にわたる研究の促進を支援すべきであることを勧告する。

緩和可能性

勧告9。
 我々は政府が他国政府と、衝撃の結果を緩和し、向ってくる天体を そらすことについての実用的な可能性を追求するため制御の元で研究を 調整することを勧告する。

国際的な組織

勧告10。
 我々は政府が緊急に他国政府と国際的組織(特に国際天文学連合)と一緒に 国際的な行動のフォーラムと地球近傍天体の科学的な局面のオープンな討議の フォーラムを設立することを求める勧告をする。なるべくこれらフォーラムには 国際的な組織を集めるべきである。 それは気候変動に関する政府間パネルと ある類似性があるので、それによって科学、衝撃や緩和策などをカバーする (政府間パネル)かもしれない。

ヨーロッパでの機構

勧告11。
 我々は政府がヨーロッパがどのように地球近傍天体に対処する国際的な 努力に貢献することができるのかを、ヨーロッパの活動を調整し、特定の 分野で補完的な役割で合衆国とパートナーになることを働きかけ、同じ 見解をもつヨーロッパの政府と討議することを勧告する。 我々はヨーロッパ 宇宙機構とヨーロッパ南天文台、ヨーロッパ連合及びヨーロッパ科学 財団が2001年にヨーロッパ宇宙機関の担当大臣会議でにおいて論議に 遅れないでこの目的のために戦略を実現することを勧める。

英国の機構

勧告12。
 我々は政府が必要な省庁間の機関で支援され、地球近傍天体の政策の 調整と処理を主導する独立した部署を任命することを勧告する。

地球近傍天体の英国全国センター

勧告13。
 我々は政府や他に関係する当局及び社会とメディアに助言的なサービスを 提供し、国際的な活動において英国の掛かり合いを容易にするため、 そのミッションで英国の主題の仕事を促進し、調整するために地球近傍 天体の英国センターを設立することを勧告する。 そうすることにおいて、 特に素粒子物理学、天文学研究評議会、自然環境研究評議会、大学、 天文台及び英国に関係する他の組織を含め研究評議会を召集するで あろう。

勧告14。
 我々は地球近傍天体に対する英国センターの最も重要な機能のひとつは 必要性が生じたときに明確で、直接かつ簡潔な言葉でバランスがとれた 情報を公共サービスに提供することを勧告する。 このようなサービスが 一方では議会、一般社会とメディアに他方では学界、科学界や環境 保護団体など非常に異なった聴衆に答えなくてはならない。このすべてが、 完全な使用はインターネットでなされるべきである。 第一ステップとして、 特別委員会は実現可能性の研究がこのようなセンターの機能、 委託範囲及び資金を決定するために確立されることを勧告する。

[原文]

Recommendations 1 to 9 cover the United Kingdom’s scientific role within an international effort and Recommendations 10 to 14 the coordination of all aspects of the subject internationally, in Europe and in Britain.

Survey and discovery of Near Earth Objects

Recommendation 1.
We recommend that the Government should seek partners, preferably in Europe, to build in the southern hemisphere an advanced new 3 metre-class survey telescope for surveying substantially smaller objects than those now systematically observed by other telescopes. The telescope should be dedicated to work on Near Earth Objects and be located on an appropriate site.

Recommendation 2.
We recommend that arrangements be made for observational data obtained for other purposes by wide-field facilities, such as the new British VISTA telescope, to be searched for Near Earth Objects on a nightly basis.

Recommendation 3.
We recommend that the Government draw the attention of the European Space Agency to the particular role that GAIA, one of its future missions, could play in surveying the sky for Near Earth Objects. The potential in GAIA, and in other space missions such as NASA’s SIRTF and the European Space Agency’s BepiColombo, for Near Earth Object research should be considered as a factor in defining the missions and in scheduling their completion.

Accurate orbit determination

Recommendation 4.
We recommend that the 1 metre Johannes Kapteyn Telescope on La Palma, in which the United Kingdom is a partner, be dedicated to follow-up observations of Near Earth Objects.

Composition and gross properties

Recommendation 5.
We recommend that negotiations take place with the partners with whom the United Kingdom shares suitable telescopes to establish an arrangement for small amounts of time to be provided under appropriate financial terms for spectroscopic follow-up of Near Earth Objects.

Recommendation 6.
We recommend that the Government explore, with like-minded countries, the case for mounting a number of coordinated space rendezvous missions based on relatively inexpensive microsatellites, each to visit a different type of Near Earth Object to establish its detailed characteristics.

Coordination of astronomical observations

Recommendation 7.
We recommend that the Government ‐ together with other governments, the International Astronomical Union and other interested parties ‐ seek ways of putting the governance and funding of the Minor Planet Center on a robust international footing, including the Center’s links to executive agencies if a potential threat were found.

Studies of impacts and environmental and social effects

Recommendation 8.
We recommend that the Government should help promote multi-disciplinary studies of the consequences of impacts from Near Earth Objects on the Earth in British and European institutions concerned, including the Research Councils, universities and the European Science Foundation.

Mitigation possibilities

Recommendation 9.
We recommend that the Government, with other governments, set in hand studies to look into the practical possibilities of mitigating the results of impact and deflecting incoming objects.

Organisation internationally

Recommendation 10.
We recommend that the Government urgently seek with other governments and international bodies (in particular the International Astronomical Union) to establish a forum for open discussion of the scientific aspects of Near Earth Objects, and a forum for international action. Preferably these should be brought together in an international body. It might have some analogy with the Intergovernmental Panel on Climate Change, thereby covering science, impacts, and mitigation.

Organisation in Europe

Recommendation 11.
We recommend that the Government discuss with like-minded European governments how Europe could best contribute to international efforts to cope with Near Earth Objects, coordinate activities in Europe, and work towards becoming a partner with the United States, with complementary roles in specific areas. We recommend that the European Space Agency and the European Southern Observatory, with the European Union and the European Science Foundation, work out a strategy for this purpose in time for discussion at the ministerial meeting of the European Space Agency in 2001.

Organisation in United Kingdom

Recommendation 12
We recommend that the Government appoint a single department to take the lead for coordination and conduct of policy on Near Earth Objects, supported by the necessary inter-departmental machinery.

British National Centre for Near Earth Objects

Recommendation 13
We recommend that a British Centre for Near Earth Objects be set up whose mission would be to promote and coordinate work on the subject in Britain; to provide an advisory service to the Government, other relevant authorities, the public and the media, and to facilitate British involvement in international activities. In doing so it would call on the Research Councils involved, in particular the Particle Physics and Astronomy Research Council and the Natural Environment Research Council, and on universities, observatories and other bodies concerned in Britain.

Recommendation 14.
We recommend that one of the most important functions of a British Centre for Near Earth Objects be to provide a public service which would give balanced information in clear, direct and comprehensible language as need might arise. Such a service must respond to very different audiences: on the one hand Parliament, the general public and the media; and on the other the academic, scientific and environmental communities. In all of this, full use should be made of the Internet. As a first step, the Task Force recommends that a feasibility study be established to determine the functions, terms of reference and funding for such a Centre.


3.訳者の所感

 当該報告書の全文をWebページからダウンロード(全文で56ページ)し、 逐次翻訳を進めています。
 勧告は14項目に纏められており、英国の体制を充実させ、他の国々との 協力関係を強化する方向性を打ち出している。国際的に観測設備の充実と 観測体制が強化されますが、今後の大きな課題として、具体的に地球に 脅威を与える小惑星が現実的となったとき、どのように社会と向き合うか、 緩和策があるか否か、あるとすればそれは何で、どう実施するのかなど 国際的なレベルで、検討できる環境が整いつつあるのかなという 印象を受けました。
 翻訳出来次第、逐次配信を予定しております。