[日本スペースガード協会]

今週のニュース(2001.08.08)


>Date: Tue, 31 Jul 2001 
会員の祖父江です。暫く中断しておりました今週のニュースをお送りします。
今週は7月23日午後(夕方)にカナダやアメリカ東部で目視された大火球につ
いてのニュースをお送りします。この大火球はすい星か小惑星の破片が原因
と推測されている。
(アメリカ隕石協会の纏めによれば、2001年2月以来大火球の目撃情報が75回、
同協会に報告されている。)

1.詳細

いん石はトウモロコシをポプコーンにしなかった。(Meteorites Don't Pop Corn)

   *配信元 :NASA
   *配信日 :2001年7月27日
   *著者  :NASA科学ニュース(NASA Science News)編集者

<訳>

7月23日にアメリカ人の目をくらませた火球はすい星や小惑星の破片であった、
と科学者が語った。しかし、報告と正反対に火球は多分トウモロコシ畑を焼き
払わなかった。
   
2001年7月27日:数週ごとに、地球のどこかで、燃えるような輝きが異様な影
を投じ、衝撃波を放って空を横断し飛び去った。天文学者がそれらを火球や
「火急爆発」と呼ぶ。それらは惑星大気で崩壊される小さな小惑星がもたらす
異常に明るい流星である。しばしばそれらは数キロトンのTNTのような物を高
空で爆発させ− 小さな隕石を広範囲に吹き飛ばす。
   
それは通常誰も気づかず、いつでも起きる、と専門家は語った。 結局、我々
は大きな惑星に住んでおり,地球表面の極めてわずかな部分にしか人々が居住
していない。宇宙からのデブリは海やまばらに人が住んでいる陸地 − ある
いは天文観測者がただ注意を払っていない時に人目につかずに落下する。
   
しかし、今週の月曜日は異なっていた。 7月23日に、火球が合衆国東海岸に
予期せずに現われた時、数十万万という人々が見ていた。 それは現地時間の
午後6時15分であった。太陽は未だ沈んでいなかった。しかし見物人が真昼間
に火球を見るに問題がなっかた。カナダからバージニアまでの目撃者はカラ
フルな火球が満月より明るく輝いたことと、それが通過した後暫く煙の帯が
残っているのを見たことに同意した 。
   
「ある種の報告とは反対に、これは隕石シャワーではなかった」、とジェッ
ト推進研究所、NASA地球近傍天体計画のマネージャー、ドナルド Yeomans 
が語った。地球がすい星のデブリ帯を通過し、そして無数の何千という宇宙
塵が地球の大気で燃え尽きるとき、隕石シャワーが生起する。 月曜日の火
球の中心は単独の天体で−多分小さな小惑星やすい星であった。
   
アメリカの隕石協会によって集められた何百の目撃報告が火球は直接ペンシ
ルベニア州の上空で東から西の軌道で動いたことを立証した。 「隕石がTNT
で約3キロトンの威力もって大気中で爆発したとき、15 km / s(34,000 mph)
かそれ以上の速度で移動していた」、とビルクーク、マーシャル宇宙飛行セ
ンターの宇宙環境チームのメンバ、が語った。もしこれが岩質小惑星ならば、
それは直径が恐らく1〜2メートルの間で、重量が30トンかそれ以上と測定さ
れたであろう。
   
「そのサイズの小惑星は毎月かそこら地球の大気に突入する」、と Yeomans 
が語った。
   
「空中爆発からの圧力波はウィリアムズポートの西にある町で若干の窓を粉
々にした」、とクークが続けた。 「ガラスを破壊するには約5ミリバール
(0.5 kPa )の過剰圧力が必要で、それはそれらの家が爆発地点から100キロ
以内にあったことを意味している。」
   
その天体のかなり大きい破片が爆発から生き残ったかどうか誰も知らない。 
しかしもしそれらが残存していたなら、隕石は恐らくウィリアムズポートの
西の森林で、丘陵地帯に落下したであろう− 多分その地域にある多くの州立
公園の1つにであろう。
   
ペンシルベニア州博物館のボブ・ヤングが語っているが「同博物館のプラネ
タリウムスタッフの1人がTrout Runという北部ペンシルベニアの小さな町が
隕石よって破壊されたと聞いた!彼女は彼女の美容師からその物語を聞いた
とき、 その目撃者は約100マイル離れていた。」他の報告は火球がペンシル
バニア州レイコミング(Lycoming) 郡でトウモロコシ畑を焼き払い、焼けた
岩で田舎地方を散乱させたことを認めている。
   
事実はと、いかなる量の隕石でも地表に到達したことはありそうもない と、
Yeomans が語った 。大気の摩擦が破片の大部分をほこりに縮小したであろう。
たとえ破片が残存したとしても−空でそれらが燃えるように見えても−新鮮
な落下隕石は熱くないから、隕石はトウモロコシ畑を燃やさないであろうと、
彼は付け加えた 。
   
地球の大気に突入する宇宙からの物体は−それ自身が宇宙のようで−非常に
冷たく、そしてその物体が地表に向かって熱く見える帯びが燃え上がると比
べ冷えたままである。「外側のレイヤは大気の摩擦によって暖められ、それ
らが降下するにつれて、小さな部分(ビット)が剥離される」、と Yeomans 
が説明している。 これは削摩(アブレーション)と呼ばれ、それは熱を取り
除く素晴らしい方法である。(宇宙船が地球の大気に再突入するとき、ある
商用断熱材は宇宙船を冷却するアブレーションとして使用する)「岩質小惑
星は非熱伝導体である」、と Yeomans が続けた。 「高熱の外部レイヤが剥
離されたとしても、隕石の中心領域は冷えたままである。」
   
小惑星は地球の大気中では音速よりも速く運動する。 結果として、火球頭部
の空気圧はその背後(尾部)の空気圧をより十分に高圧になっている。 「そ
の圧力差が非常に大きいので、実際にその天体を押し潰すことが出来る」、
とクークが言う。 「このことは恐らくペンシルベニア上空の空中爆発を引き
起こしたことである。」
   
破片が摩擦によって大気を加熱するにつれて、このような爆発からの小さな
破片はそれらの運動エネルギーの大部分を喪失する。 それらは急激に減速し、
亜音速になる。 空中爆発(そしてアブレーション)からのほこりまみれなデ
ブリは、風で地球全体に運ばれ、何週間や数カ月間も大気中に残留している
胡桃から野球ボールサイズの破片は時速数百キロメートルですぐに地面をた
たくかもしれない。
   
「落下直後に発見された小さな岩質隕石はそれに触れても熱くないであろう」
とYeomans が言う。それらは地面を焦がさないし、火事にならないであろう。
 他方、「クレーターを残すに十分大きな何かによって打たれたなら、破片は
本当に非常に熱いかもしれない。」 とクークが指摘する。50メートルより大
きな石質隕石が大気圏を抜けて強打することが出来る。そしてこのような損
害を与えることが可能かもしれない − しかしそれはペンシルベニア上空を
飛んだ物体よりはるかに巨大であった。
   
どんな種類の宇宙デブリが7月23日の火球を起こしたか誰も知らない。 それ
は氷で覆われたすい星の小破片であったかもしれない、そしてその場合生き
残ったほこり粒子より大きなものはありそうもない。それは同じく岩質小惑
星かも知れないが−最もありそうな候補には −多分ニッケルと鉄質いん石で
あったかもしれない。 「鉄の物体は地球への降下から生き残る可能性がいっ
そう高い」、と Yeomans が言う、「けれどもそれは稀である。」
   
破片が決して発見されないであろう、とクークが指摘する。 「我々はまだこ
の天体の正確な軌道を知らない」、と彼が説明した。 「そして目標地帯(中
部ペンシルベニア)は深い森林地帯で− デブリを模索することは無駄骨を折
るようなものである。」
   
あるいはトウモロコシ畑で針を(捜すようなもの)であろうか?
   
「私は融解などで剥がれた破片がその付近に落下した可能があると考えてい
る」、とクークが言った。
「しかしただ狭い範囲にだけ影響をうけたことが奇妙である。 私はそこが
衝撃地点の候補地とすることに疑問がある。」
   
「私も同様、そこを捜さない」、と Yeomans が同意した。 「それは私にと
って多少陳腐な響きでトウモロコシ畑の物語を酷評した・・・。」
   
   <原文>
   A fireball that dazzled Americans on July 23rd was a piece of a comet or an
   asteroid, scientists say. Contrary to reports, however, it probably didn't
   scorch any cornfields.
   
   July 27, 2001: Every few weeks, somewhere on Earth, a fiery light streaks
   across the sky casting strange shadows and unleashing sonic booms.
   Astronomers call them fireballs or "bolides." They're unusually bright
   meteors caused by small asteroids that disintegrate in our planet's
   atmosphere. Often they explode high in the air like kilotons of TNT --
   blasting tiny meteorites far and wide.
   
   It happens all the time, say experts, but usually no one notices. We live on
   a big planet, after all, and very little of Earth's surface is inhabited by
   people. Most debris from space falls unseen over oceans or
   sparsely-populated land areas -- or during times when sky watchers simply
   aren't paying attention.
   
   Last Monday was different, however. On July 23rd hundreds of thousands of
   people were looking when, unexpected, a fireball appeared over the US east
   coast. It was 6:15 p.m. local time. The Sun hadn't set, but onlookers had no
   trouble seeing the fireball in broad daylight. Witnesses from Canada to
   Virginia agreed that the colorful fireball was brighter than a Full Moon,
   and some saw a smoky trail lingering long after it had passed.
   
   "Contrary to some reports this was not a meteor shower," says Donald
   Yeomans, manager of NASA's Near Earth Object program at the Jet Propulsion
   Laboratory. Meteor showers happen when Earth passes through the debris
   trails of comets and countless thousands of cosmic dust specks burn up in
   Earth's atmosphere. At the heart of Monday's fireball, however, was a
   solitary object -- perhaps a small asteroid or a piece of a comet.
   
   Hundreds of eyewitness reports collected by the American Meteor Society
   establish that the fireball was moving on an east-west trajectory that
   carried it directly over the state of Pennsylvania. "It was traveling
   perhaps 15 km/s (34,000 mph) or faster when it exploded in the atmosphere
   with the force of about 3 kilotons of TNT," says Bill Cooke, a member of the
   Space Environments team at the Marshall Space Flight Center. If this was a
   rocky asteroid, then it probably measured between 1 and 2 meters across and
   weighed 30 or so metric tons.
   
   "Asteroids that size enter Earth's atmosphere every month or so," says
   Yeomans.
   
   "The pressure wave from the airburst shattered some windows in towns west of
   Williamsport," Cooke continued. "Breaking glass requires an overpressure of
   about 5 millibars (0.5 kPa), which means that those homes were within 100 km
   of the explosion."
   
   No one knows if any sizable fragments of the object survived the blast. But
   if they did, the meteorites probably landed in the wooded, hilly terrain
   west of Williamsport -- perhaps in one of the many state parks of that area.
   
   Says Bob Young of the State Museum of Pennsylvania: "One of our planetarium
   staff was told that the little northern Pennsylvania town of Trout Run was
   destroyed by the meteor! The witness was about 100 miles away when she heard
   the tale from her hairdresser." Other reports credit the fireball for
   scorching a cornfield in Lycoming County, PA, and littering the countryside
   with burnt rocks.
   
   In fact, says Yeomans, it's unlikely that any substantial meteorites reached
   the ground. Atmospheric friction would have reduced most of the fragments to
   dust. Even if fragments did survive, he added, they wouldn't burn cornfields
   because --despite their fiery appearance in the sky-- freshly-fallen
   meteorites are not hot.
   
   Objects from space that enter Earth's atmosphere are -- like space itself --
   very cold and they remain so even as they blaze a hot-looking trail toward
   the ground. "The outer layers are warmed by atmospheric friction, and little
   bits flake away as they descend," explains Yeomans. This is called ablation
   and it's a wonderful way to remove heat. (Some commercial heat shields use
   ablation to keep spacecraft cool when they re-enter Earth's atmosphere.)
   "Rocky asteroids are poor conductors of heat," Yeomans continued. "Their
   central regions remain cool even as the hot outer layers are ablated away."
   
   Asteroids move faster than the speed of sound in Earth's atmosphere. As a
   result, the air pressure ahead of a fireball can substantially exceed the
   air pressure behind it. "The difference can be so great that it actually
   crushes the object," says Cooke. "This is probably what triggered the
   airburst over Pennsylvania."
   
   Small fragments from such explosions lose much of their kinetic energy as
   they heat the atmosphere via friction. They quickly decelerate and become
   sub-sonic. Dusty debris from airbursts (and ablation) can linger in the
   atmosphere for weeks or months, carried around the globe by winds. Walnut-
   to baseball-sized fragments might hit the ground right away at a few hundred
   kilometers per hour.
   
   "Small rocky meteorites found immediately after landing will not be hot to
   the touch," says Yeomans. They will not scorch the ground or start fires. On
   the other hand, notes Cooke, "if we got hit by something large enough to
   leave a crater, the fragments might be very hot indeed." A stony meteorite
   larger than 50 meters might be able to punch through the atmosphere and do
   such damage -- but that's far larger than the object that flew over
   Pennsylvania.
   
   No one knows what kind of space debris caused the July 23rd fireball. It
   might have been a small piece of an icy comet, in which case it's unlikely
   that anything larger than dust grains survived. It might also have been a
   rocky asteroid -- the most likely candidate -- or perhaps a nickel-iron
   meteorite. "Iron objects are more likely to survive a descent to Earth,"
   says Yeomans, "but they are rare."
   
   It's possible that fragments will never be found, notes Cooke. "We still
   don't have a precise trajectory for this object," he explains. "And so much
   of the targeted area (in central Pennsylvania) is heavily forested --
   searching for debris will be like looking for a needle in a haystack."
   
   Or should that be a needle in a cornfield?
   
   "I suppose it's possible that some ablative fragments fell into that field,"
   says Cooke, "but it is strange that only a small area was affected. I doubt
   it's a good candidate impact site."
   
   "I wouldn't start looking there either," agrees Yeomans. "That scorched
   cornfield story sounds a little too corny for me...."
   

2.訳者の所感

 太陽が出ている間に目撃される大火球は、相当大きな流星現象で訳者も一度目撃
したことがあります。アメリカ隕石協会が目撃情報を集めており,寄せられた情報か
ら、その大火球の軌跡がある程度正確に復元(推測)されされるでしょう。空中爆
発によって開放されたエネルギーはTNTで数キロトンと推定されています。今回の落
下地点は北米の大森林地帯で人里離れており被害が報告されていないようです。
 同協会の纏めによれば,今年北米で目撃された大火球が75件あり、非常に多いと感
じました。日本と比較し国土の広大さ,及び気象条件の差があり、日本では新聞やTV
で話題となる大火球があまり多くないと感じておりますが?
                                         
          以上