[日本スペースガード協会]

国際小惑星監視プロジェクト

主催:日本スペースガード協会
   読売新聞社
   プリティッシュ・カウンシル


「国際小惑星監視プロジェクト」は終了しました。 結果は、読売新聞社のホームページに掲載されています。

「国際小惑星監視プロジェクト」とは

日本スペースガード協会、読売新聞社、ブリティッシュ・カウンシルの共同主催によります「国際小惑星監視プロジェクト」がスタートしました(参加の申し込みはすでに締め切らせていただきました)。 参加を申し込まれた皆さんには、小惑星を探すためのソフト「アステロイド・キャッチャー B-612」(略称 AstCat)と、美星スペースガードセンターで撮影された画像のファイルが入ったCD-ROMをお配りしています。これらを使って、皆さんに小惑星の発見を楽しんでもらうプロジェクトが「国際小惑星監視プロジェクト」です。

【結果報告について】

小惑星を発見してその位置を計測したデータは、日本スペースガードセンターの方に電子メールで送ってください。 日本スペースガードセンターでは、送られたデータをチェックして、その結果を報告者に返送します。 電子メールの送り先は、

eureka@spaceguard.or.jp

です。 こちらのアドレスには、計測結果のみをお送りください。 お問い合わせなどは、astcat@spaceguard.or.jpまでお願いします。


【アステロイドキャッチャーB-612の使い方に関する(補足)説明】

【アステロイドキャッチャー起動時・使用時のトラブル】

【「国際小惑星監視プロジェクト」に関しての問い合わせ先】


このページに関するお問い合わせは
日本スペースガード協会(astcat@spaceguard.or.jp )
までお願いします。
もどる