CCD(シー・シー・ディ)

 光を電気信号に変えることができる電荷結合素子(Charge-Coupled Device)のこと。
小さなたくさんの画素を碁盤の目のようにならべて、全体で画像を記録できるので、ホームビデオカメラやデジタルカメラなどによく使われています。
 天体観測に使われるCCDは、淡い光を捉えるため、光から電気への変換効率の高いものを使います。
 また、普通の温度で長時間の露出すると、ノイズが発生して画質が悪くなるため、素子を冷して使います。
このため、天体観測用のカメラは特に"冷却CCDカメラ"と呼ばれていますが、これを単に"CCD"と呼ぶ場合もあります。