GSC(ジー・エス・シー)

 アメリカのハッブル宇宙望遠鏡の姿勢制御のためにNASA(アメリカ航空宇宙局)によって作成された星表です。
 パロマ天文台(アメリカ)と、アングロ・オーストラリア天文台(オーストラリア)の口径1.2mシュミット望遠鏡という、一度に広い範囲の撮影ができる望遠鏡で撮られた写真をデジタル(数値)化した星表で、約15等級まで約1800万の天体の位置や明るさなどの情報が収められています。
 データは全て、CD-ROMなどのデジタル・メディアによって配布されています。
GSC はGuide Star Catalogの略称です。


GSCのCD-ROM