赤道直角座標(せきどうちょっかくざひょう)

 正しくは『太陽の赤道直角座標』といい、地球の中心を原点にした太陽の座標で、地球からみた天体の位置の計算をするときに用いられます。

 赤道面をXY面としてX軸を春分点の方向(赤経0h)にとり、Y軸を90゜(赤経6h)にとり、更にZ軸を北極方向にとった座標で、このXYZの原点を地球の中心に置いた場合は地心座標、太陽の中心に置いた場合は日心座標と呼ばれます。
 地球を含めた太陽系内の惑星・小惑星・彗星などは、太陽を一つの焦点とする楕円運動や放物線などの軌道上を動いています。
それらの天体が公転する軌道は、その形・大きさ・向き、更にその軌道上の位置と時刻の関係から、計算で求められます。
 これらの軌道の形をあらわす要素を軌道要素といいますが、軌道要素が分かれば、希望の時刻の日心座標(太陽から見た座標)を計算することが出来ます。
つぎにその天体の日心座標を、地心座標(地球から見た座標)へ置き換えることによって、観測者から見た位置を計算することが出来ます。
 反対に、観測者から見た天体の位置が幾つか集まれば、太陽を中心にした座標に置き換えることによって、その天体の軌道を知ることが出来ます。
太陽の赤道直角座標はこれらの変換をおこなうときに必要になります。

なお、太陽の赤道直角座標XYZのそれぞれの符号(プラス・マイナス)を反対にすれば、それは太陽からみた地球の座標です。