赤道座標(せきどうざひょう)

 天体の位置を表す座標のひとつで、地球上で使われる緯度、経度と似ています。
 基準となる原点(始まり)は、春分点(春分の日に太陽が見える位置)です。 春分点から東周り方向を赤経、南北方向を赤緯であらわし、赤緯は天の赤道より北側が+(プラス)、南側が−(マイナス)となります。
地球の自転軸(地軸)の延長線と天球面の交った点を天の極と呼びます。
赤経は0hから24hまでの時分秒単位であらわします。
赤緯は天の赤道が0度、天の北極が+90度、天の南極が-90度で、度分秒の単位を使ってあらわします。
 赤経をギリシャ文字の小文字でα(アルファ)またはR.A.(Right Ascension)、赤緯も同様にδ(デルタ)またはDecl.(Declination)と表すことがあります。