焦点距離(しょうてんきょり)

 天体望遠鏡には、天体の光を集める役目をする対物レンズや凹面鏡が使われています。対物レンズを使ったものを屈折望遠鏡、凹面鏡を使ったものを反射望遠鏡といいます。
 遠くから来た光は、対物レンズで曲げられたり凹面鏡で反射されたりして、光を集め像を結びます。この光の集まる位置を焦点と呼び、対物レンズや凹面鏡の中心から焦点までの距離を"焦点距離"といいます。